「 作業療法 」 一覧

no image

住宅手当などの福利厚生が充実した作業療法士の求人・転職先

作業療法士(OT)の中には、「福利厚生制度が整っている職場に転職したい」と考えている人も少なくありません。 福利厚生制度にこだわっていない人でも、インターネットやハローワークで作業療法士の求人情報を見 …

理学療法士の離職率は高い?離職理由を知り、転職を成功させるポイント

理学療法士(PT)であれば、理学療法士の離職率について気になるのではないでしょうか? 一般的に、医療や介護業界の離職率は高いといわれています。実際に、医療・介護業界は他業界と比較すると離職率が高い傾向 …

no image

育休後にブランク明けで再就職・転職する理学療法士が持つ不安

「子供も大きくなったし、そろそろ理学療法士(PT)として復帰しようかな」と考えてはいるものの、ブランク明けでの復職に不安を抱えていませんか? 理学療法士の中には、産後に数年間のブランクがあり再就職する …

ブランクで不安を抱える理学療法士が復職を成功させる転職求人の探し方

理学療法士(PT)としてブランク明けで復職を考えているときには、さまざまな不安を抱えているのではないでしょうか? 例えば、「仕事と子育ての両立は大丈夫か?」「勉強はついていけるか?」「不採用になるので …

土日祝日休みの理学療法士転職求人の特徴と注意点

理学療法士(PT)の中でも「土日休み」「土日祝日休み」という条件にこだわって転職先を探す人は多いです。特に家族持ちで子どもが小さい理学療法士であれば、なおさら土日休みが理想的だと感じるでしょう。 理学 …

理学療法士の平均残業時間と残業代、残業なし求人の特徴

あなたは「理学療法士(PT)の残業が多いかどうか?」について考えたことがあるのではないでしょうか? 医療従事者の中で理学療法士の残業は少ない方だといえます。診察に直接関わる医師や看護師と違って理学療法 …

福利厚生が充実した理学療法士求人への転職を成功させるには

理学療法士(PT)として転職する際、転職先の条件として福利厚生は気になるのではないでしょうか? 通勤手当や住宅手当などの福利厚生は、職場によって大きく違います。福利厚生の充実度によって月収で数万円、年 …

no image

認定言語聴覚士とは?認定言語聴覚士を取得する条件やポイント

言語聴覚士(ST)の資格を取得すると、ほとんどの人は「日本言語聴覚士協会」の会員になります。日本言語聴覚士協会は、日本における言語聴覚士の社会的立場を確立することや、社会的認知を高めることを目的に作ら …

no image

言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力

言語聴覚士(ST)の中には、「リハビリ特化型のデイサービス」や「リハビリ特化型のデイケア」と呼ばれるような短時間デイサービスへ転職する人もいます。このような短時間デイサービスは、7~9時間滞在するよう …

no image

認定・専門理学療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる

理学療法士(PT)の免許を取得すると、ほとんどの人は「日本理学療法士協会」の会員になります。日本理学療法士協会とは、理学療法士の人格や専門的な技術の向上と、日本における理学療法の普及を目的とした組織で …

no image

作業療法士が介護保険施設へ転職するメリット:リハビリ求人

作業療法士(OT)の転職先としては、病院やクリニックといった医療機関だけではなく、デイサービスや介護老人保健施設といったような介護保険施設もあります。 多くの作業療法士は、病院やクリニックといった医療 …

no image

言語聴覚士が特別支援学校に転職する条件とポイント

言語聴覚士(ST)の多くは、病院などの医療機関に勤めています。その一方で、聾学校などの特別支援学校やことばの教室といったような教育機関に勤務している人もいます。 ただ、特別支援学校で働く場合には、言語 …

no image

認定・専門作業療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる

作業療法士(OT)になると、多くの人は「日本作業療法士協会」の会員になります。このような協会は、医師や看護師、理学療法士などにもあるもので、その職種における社会的な立場を確立することや、職種の仕事を一 …

no image

作業療法士の免許取得後に持っていると転職で有利になる資格

作業療法士(OT)になるためには、専門学校もしくは大学に通い、作業療法士国家試験を受講するための課程を修了することが必須になります。さらに、規定された期間病院や施設での臨床実習を合格した後、卒業試験そ …

no image

整形外科クリニックへ作業療法士が転職する際の注意点と苦労すること

作業療法士(OT)が転職する職場の1つとして、整形外科クリニックがあります。整形外科クリニックは、外来が専門であり整形外科疾患の患者さんを主な対象としている診療所です。 整形外科クリニックに勤める作業 …

no image

作業療法士(OT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット

作業療法士(OT)の中には、総合病院に勤務している人はたくさんいます。その一方で、整形外科クリニックやデイサービスなどの経験しかなく、総合病院で働いたことがない人もいます。 そして、総合病院での経験が …

no image

作業療法士が短時間デイサービスに転職する際に注意すべきこと

作業療法士(OT)における転職先の1つとして、短時間デイサービス(リハ特化型デイサービス)があります。リハ特化型デイサービスにおいて働く場合、多くの作業療法士が勤めている病院とは、システムや対象者など …

no image

作業療法士(OT)が訪問リハビリへ転職するメリット・デメリット

作業療法士(OT)が活躍する場の一つとして訪問リハビリがあります。訪問リハビリでは、患者さんが通う病院やデイサービスなどとは違い、作業療法士が患者さんや利用者さんの家を訪ねてリハビリを行います。つまり …

no image

言語聴覚士養成校の教員における給料について:リハビリ求人

言語聴覚士(ST)が働く職場としては、病院など臨床の現場が大半を締めますが、言語聴覚士養成校の教員として勤務している人もいます。学校の先生というと、リハビリ職者には専門外の業務内容になりますが、そこに …

no image

言語聴覚士(ST)が養成校教員へ転職する条件とポイント

言語聴覚士(ST)として働く人の多くは、病院や介護保険施設といった現場で勤務しています。その他にも、言語聴覚士が活躍する場としては、障害者福祉施設や保健所、保健センターなどが挙げられます。 言語聴覚士 …