作業療法士(OT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由

作業療法士(OT)が転職する際に、ハローワークやインターネット上の求人サイトを利用する人は多いです。一方で、転職サイトを使って転職する作業療法士も少なくありません。
そして、転職サイトを利用したことがない作業療法士の中には、「求人サイトと転職サイトの違いがわからない」という人も多くいます。
そのため、多くの人は登録する手間がかからない求人サイトを使って転職します。
しかし実際には、求人サイトよりも転職サイトを利用して転職した方が、希望する条件の揃った職場への転職が成功しやすいといえます。
そこで今回は、「作業療法士が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由」について述べます。

転職サイトとは

転職サイトを使ったことがない作業療法士の中には、「そもそも転職サイトとは何か?」ということを知らない人も多くいます。
転職サイトとは、無料登録をすることで担当のアドバイザーが付き、あなたの転職活動をサポートしてくれるサービスになります。アドバイザーは、求人情報の紹介はもちろんのこと、履歴書や面接のポイントといったようなアドバイスもしてくれます。
また転職サイトによっては、病院側に対して給与などの条件面の交渉や面接同行などを行ってくれるところもあります。
一方で求人サイトとは、サイト上に作業療法士の求人情報を紹介しているサイトのことをいいます。つまり求人サイトは、求人情報を探すことはできますが、転職活動のサポートを受けることはできません
このように、転職サイトは求人サイトと違って、さまざまな転職活動支援を無料で受けることができるサービスになります。

転職サイトをお勧めする理由

作業療法士が転職する場合、求人サイトを利用して「自分自身で求人情報を探す」という方法と、転職サイトを使って「アドバイザーに求人情報を紹介してもらう」という2つの手段があります。
ただ、作業療法士が転職する際には、転職サイトを活用したほうが圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。
作業療法士が転職サイトを利用すべき理由には、以下に述べる3つがあります。

求人情報数が多い

転職サイトは、求人サイト上には載っていないような「非公開求人」を多く抱えています。そのため、転職サイトに登録して求人情報を紹介してもらうと、あなたの希望する条件に合った求人が見つかりやすくなります。
また転職サイトは、「好条件求人を得意としている」や「企業との強いつながりがある」など、サイトごとに特徴があります。
そのため、あなたが希望する条件に合った作業療法士専門の転職サイトを利用することで、多くの求人情報の中から、より良い求人を得ることができるようになります。
このように、紹介される求人数が多いことは、作業療法士が転職サイトを利用することで得られるメリットの1つです。

アドバイザーが付く

転職サイトでは、一人ひとりに担当のアドバイザーが付きます。そして、あなたの希望を聴取した上で、あなたに合った求人情報を紹介してくれます。
一方で求人サイトを利用して求人情報を探す場合には、あなた自身が検索しなければいけません。また、見つけた求人情報が「本当に希望に沿っているのか」ということを吟味する必要があります。
このように、「求人情報を読み取る」という作業は、一見すると簡単なように見えますが、実際には非常に難しいものです
そして、求人情報を誤って解釈してしまうと、転職後にミスマッチが生じる可能性が高くなります。
こうしたことを防ぐためにも、転職サイトのアドバイザーを活用することは有効です。アドバイザーは、作業療法士の転職支援の経験が豊富であるため、求人情報を読み取る力も高いです
そのため、正しく求人情報を解釈した上で、あなたの希望に沿ったものかどうかを判断してくれます。その結果、転職後にミスマッチが起こる可能性が少なくなります。
また、アドバイザーは、病院側に対して給与などの条件交渉を行ってくれます。アドバイザーという第三者を介して交渉することで、話をスムーズに進めることができるようになります。
このように、作業療法士と病院の間にアドバイザーが仲介してくれることは、作業療法士が転職サイトを活用すべき理由の1つといえます。

転職活動を代行してくれる

作業療法士が転職サイトに登録することで、担当のアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。
アドバイザーは、求人情報の探索から面接や施設見学の日程調整なども行ってくれます。つまり、ハローワークや求人サイトを使った場合は自分自身で行わなければいけないことの多くを、アドバイザーが代行してくれます。
そのため、転職サイトを利用することで、転職活動にかかる手間が少なくなります
転職するときは、働いている職場の退職活動や引越しなど、かなり忙しくなる場合がほとんどです。そうした中で転職活動を行わなければいけないため、落ち着いて治療を行えなかったり、転職活動もままならなかったりする人も少なくありません。
そうした場合に、アドバイザーに転職活動を代行してもらえることは、想像している以上に助かります。
このように、転職活動を代行して行ってもらえることは、作業療法士が転職サイトを利用すべき理由の1つです。
今回述べたように、作業療法士が転職する際には、求人サイトより転職サイトを利用することをお勧めします。転職サイトの特徴を活かすことで、効率的にあなたに合った求人情報を見つけることができます。その結果、転職を成功させることにつながります。
そのため、転職する際にはぜひ転職サイトを活用して、転職を成功させるようにしましょう。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法