PT・OT・STのマイナビ登録方法と登録後の注意点・対策:口コミ

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職する際、転職サイトを活用する人は少なくありません。
そして、PT・OT・STを対象とした転職サイトの中でも「マイナビコメディカル」は、「アドバイザーが実際に見学、ヒアリングを行ったところを紹介する」という特徴があります。そのため、「定着率がより高い職場へ転職したい」という人にはお勧めの会社です。
ただ、マイナビコメディカルへ登録した後には、いくつか注意しなければいけないことがあります。
そのため、マイナビコメディカルを利用する時の注意点や、そのことに対する対処法を知らずに登録すると、マイナビコメディカルのサービスを上手く活用できずに転職で失敗する可能性も出てきます。
そこで今回は、「PT・OT・STがマイナビコメディカルへ登録方法と登録後の注意点、対策」について解説します。

PT・OT・STが「マイナビコメディカル」へ登録する方法

「マイナビコメディカル」は、PT・OT・STが利用する転職サイトの中でも、比較的登録が容易なサイトです。情報の入力自体は1分程度で完了します。

マイナビコメディカルのトップページ

まずマイナビコメディカルでは、以下のページが登場します。

mynavi ptotst

そして、「理学療法士(PT)」「作業療法士(OT)」「言語聴覚士(ST)」のいづれか、あなたが当てはまる職種にチェックを付けて、希望の勤務地を選択します(ここでは東京にしています)。

mynavi ptotst

最後に「次へ進む」をクリックします。

希望転職時期、お名前:マイナビコメディカル

次は転職希望時期と名前の入力です。

mynavi ptotst

転職希望時期は必須ではないため、「未定」でも問題ありません。名前を入力した後は「次へ進む」をクリックします。

生年月日、住所:マイナビコメディカル

次に生年月日と住所を入力します。

mynavi ptotst

住所は最後まで入力しないと次へ進めません。生年月日と住所を入力した後は「次へ進む」をクリックします。

電話番号、メールアドレス:マイナビコメディカル

最後に、電話番号とメールアドレスの入力です。

mynavi ptotst

ここで次へ進むをクリックすると、以下のような確認画面に変わります。

mynavi ptotst

もし細かい希望条件などがあれば、ここで記載してください。また、マイナビからのメルマガを希望する場合は、メルマガ希望のチェック欄をクリックしましょう。
最後に、「この内容で登録する」をクリックします。そうすると、以下のような確認画面が出てくれば登録完了です。

mynavi ptotst

マイナビコメディカルへの登録までの流れは以上になります。PT・OT・STが利用できる転職サイトの中でも、非常に手間が少なかったように感じました。
ただ、登録時に入力する情報は少ないため、登録後に行うアドバイザーとのやり取りをしっかり行うことが大切になります。アドバイザーにできるだけ細かい情報を伝えることで、よりあなたの希望に沿った求人を紹介してもらうことができるようになります。

PT・OT・STがマイナビコメディカルを利用する時の注意点

マイナビコメディカルの特徴は、「転職支援を行った人の定着率にこだわっている」ということです。そうした理由から、マイナビで紹介される就職先は、基本的にはアドバイザーが実際に見学して、経営者や採用担当者から話を聞いた職場のみになります。
このように、現場調査を行った職場しか紹介していないため、マイナビで紹介してもらえる求人数は、地方によって大きな差があります。
例えば、PT・OT・STであれば、他の転職サイトと比較しても、関東や関西の求人数は多い傾向にあります。その一方で、北陸や九州、甲信越地方などは、紹介してもらえる数が少ないです。


「マイナビコメディカル」の対応地域

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県


マイナビは、日本で40年も人材関連のビジネスを行っている、日本最大の転職情報サイトです。そうしたことから、「他の転職サイトよりたくさんの求人情報を紹介してもらえるだろう」と考えて登録する人は少なくありません。
そのため、就職希望先によっては、マイナビに登録した後に「思ったより求人を紹介してもらえない」と感じるケースもあります。
このように、マイナビコメディカルは、紹介する求人の質にこだわっているために、「あなたが希望する地域によっては、あまり求人情報を得られない可能性がある」ということに注意してください。

PT・OT・STがマイナビコメディカルを利用する時に起こりやすい問題への対策

マイナビコメディカルは、転職を支援した人の定着率にこだわっているため、基本的にはアドバイザーが調査した職場しか紹介してくれません。そのため、地方によっては現場見学やヒアリングができていないために、「紹介できる求人数が少ない」ということもあります。
そうはいっても、PT・OT・STであれば、関東や関西といった中心都市に関しては、求人情報をたくさん抱えているため心配要りません。
ただ、もし登録した後に「紹介してもらえる求人が少ない」と感じた場合には、あなたの転職希望地はアドバイザーによる現地調査が進んでいない可能性があります。
そうした際には、まずはアドバイザーに相談するようにしてください。アドバイザーへ直接、「紹介してもらえる求人数が少ないのですが、この地域は求人が少ないのでしょうか? 」と聞くと、基本的にアドバイザーは正直に答えてくれます。そして、実際にそのような現状であれば、アドバイザーに対応策を相談することも1つの手段です。
転職をサポートしてきた経験が豊富なアドバイザーであれば、あなたの地域に合った求人の探し方を知っている可能性があります。
しかし、全てのアドバイザーがそのように対応策をアドバイスしてくれるとは限りません。そのときには、諦めて他の転職サイトを利用するようにしましょう
PT・OT・STを対象とした転職サイトは、マイナビコメディカルだけではありません。dodaやMEDFiT、PTOT人材バンクなど複数の転職サイトがあります。マイナビコメディカルだけでなく、複数の転職サイトへ登録することで、さまざまな地域の求人情報を紹介してもらえるようになります。
今回述べたように、マイナビコメディカルは、質の高い求人を紹介してもらえる可能性が高いです。ただ、それゆえに地域によっては扱っている求人数が少ないところもあります。
そのため、登録後に「紹介してもらえる求人数が少ない」と感じたときには、アドバイザーに直接尋ねるか、他の転職サイトを併用するようにしましょう。そうすることで、「地域による求人数の差」という問題を解消することができます。
また、最初からこうした問題を防ぐためにも、転職サイトへの登録は複数行うことをお勧めします。


「マイナビコメディカル」の対応地域

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県

mynavi



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法