デイサービスへ転職する理学療法士求人の仕事内容、年収

理学療法士(PT)の転職先の一つとしてデイサービス(通所介護)があります。病院以外で働きたいと考えたとき、デイサービスは選択肢の一つとなります。

ただデイサービスへの転職を検討する際には、いくつか考えるべきことがあるのです。例えば、一言でデイサービスといっても半日型と1日型のデイサービスがあります。半日型か1日型かで対象となる利用者さんが異なり、求められる役割も違うため、どちらを選ぶのかは重要です。

またデイサービスの中でも、施設側が理学療法士を雇う理由によって求人の年収額は大きく変わります。個別機能訓練加算だけを目的としている場合、理学療法士以外の職種でも応募できる求人は年収が低くなるのです。

デイサービスへ転職するときには、こうした点を理解し考慮した上で転職先を探すことが大切になります。そこで今回は、「デイサービス(通所介護)へ転職する理学療法士求人の仕事内容、年収」について解説します。

デイサービスの理学療法士求人と仕事内容、役割

デイサービス(通所介護)でも、リハビリに力を入れているデイサービスでは理学療法士の求人を募集しています。デイサービスでの理学療法士は機能訓練指導員と呼ばれ、利用者さんのリハビリを実施する上で必要な評価や計画を立てて、訓練を実施する役割があります。

ただ一言でデイサービスといっても、前述の通り「半日型デイサービス」と「1日型デイサービス」の2つがあります。それぞれで利用者さんの介護度や、理学療法士に求められる役割や仕事内容は違います。

そこで以下に、半日型デイサービスと1日型デイサービスにおける理学療法士の仕事内容と役割について解説します。

半日型のデイサービスはリハビリ重視

半日型のデイサービスは、いわゆる「リハビリ特化型」のデイサービスになります。デイサービスは通所介護と呼ばれるように基本的には介護サービスですが、半日型のリハビリ特化型のデイサービスは介護ではなくリハビリに力を入れている施設です。

例えば以下は、東京にある半日型のデイサービスの理学療法士求人になります。

求人票に「リハビリ特化型デイ」と書いてあるように、リハビリに力を入れているデイサービスです。さらに「歩行訓練特化型」と記載してあることからも、歩行訓練に特化したデイサービスだとわかります。

こうした半日型のデイサービスでは、利用者さんに対する個別のリハビリ評価と訓練が理学療法士の主な仕事内容になります。例えば、屋外を一人で歩けない利用者さんに対して「何が原因で屋外歩行が難しいのか?」「どうすれば歩けるようになるのか?」を評価してリハビリを実施します。

また半日型のデイサービスは1日型のデイサービスと違って、食事や入浴サービスを実施していません。以下の求人のように「入浴・食事介助なし」と記載されているのは、基本的に半日型のデイサービスだと考えてください。

こうした食事や入浴サービスがなく、リハビリに力を入れているのが半日型のデイサービスの特徴になります。当然、利用者さんもリハビリ目的で利用されるので、介護度が低くリハビリに対するモチベーションが高い人が多いです。

そのため、介護度が低く運動に対するモチベーションが高い利用者さんへのリハビリを希望する理学療法士であれば、半日型のデーサービスへの転職をお勧めします。

1日型のデイサービスは介護(入浴、食事)を重視

その一方で1日型のデイサービスは、リハビリよりも介護を目的とした利用者さんが多い傾向にあります。

例えば、食事介助や入浴介助などです。家族だけでは入浴介助が難しい利用者さんや、家族が日中に仕事していて昼食を食べさせる人がいない利用者さんなどが1日型のデイサービスを利用します。いわゆる「レスパイト」での利用も多い傾向となります。

ただ中にはリハビリに力を入れているデイサービスもあり、そうしたデイサービスは理学療法士を募集しています。例えば以下は、千葉県にある1日型のデイサービスの求人です。

この求人は1日型のデイサービスではありますが、求人票に「リハビリに特化した」とあります。こうしたデイサービスにおける理学療法士の役割は、基本的には利用者さんのリハビリです。ただ、半日型のデイサービスよりも介護度が高い利用者さんが大半を占め、リハビリもそれに準ずる内容が求められます。

例えば、ベッドからの起き上がりや椅子からの立ち上がり動作といった、日常生活レベルでの動作獲得を目指すリハビリです。屋外歩行などを実施する半日型のデイサービスと比べると、求められる運動レベルは低くなります。

また施設がリハビリに力を入れているとはいえ、利用者さんの主な利用目的は介護です。そのため、リハビリに対する意欲は低い人が多いと考えておいてください。

1日型はレクリエーションを担当する可能性もある

さらに、1日型のデイサービスでは理学療法士がレクリエーションを担当する場合もあります。例えば、なぞなぞやお手玉を使ったものなどです。

レクリエーションを任せられる場合、数十人の利用者さんの前に立って話をしなければいけません。人前で話すことが苦手であれば、非常に負担が大きな役割になります。

例えば以下の大阪にあるデイサービスの求人には、求人票に「レクリエーションの企画や準備、実施等」と記載されています。

このように求人票に記載されていれば、「理学療法士がレクリエーションを担当することもあるのだ」と覚悟した上で転職できるので問題ないでしょう。ただ、大半のデイサービスの求人にはレクリエーション担当の有無は書かれていません。転職後、いきなりレクリエーションをお願いされることもあります。

そのため1日型のデイサービスへの転職を検討しているなら、必ず事前に転職サイトの担当エージェントを介して、理学療法士のレクリエーション担当の有無について尋ねておきましょう。

介護報酬改定により、理学療法士の仕事量・役割がやや増加

令和3年度の介護報酬改定により、新たにLIFE(科学的介護情報システム)の導入が必要となりました。LIFEを用いて厚生労働省にデータを提出すると算定できる加算ができたのです。

LIFE関連で理学療法士が直接関わる加算は「個別機能訓練加算Ⅱ」と「科学的介護推進体制加算」になります。両者共に理学療法士の専門的な知識が必要となり、理学療法士が在籍しているデイサービスではその大部分を理学療法士がデータ入力することになります。

そのため、理学療法士の仕事量は増加することとなります。デイサービスによってはその分理学療法士の給料を上げる施設もあるかもしれませんが、加算の点数の低さからあまり期待はできません。

理学療法士がデイサービスに転職をする際は、「LIFE関連の加算算定の有無」「データ入力は誰がするのか」を転職エージェントを通じて確認するようにしましょう。

理学療法士がデイサービスへ転職するメリット

デイサービスの大きな特徴として「土日休みで残業が少ない」ということが挙げられます。これは、半日型でも1日型でも共通の特徴です。病院のように入院患者さんがおらず医者などとのカンファレンスもないため、土日休みで残業が少ないのです。最近では土曜日も営業しているデイサービスもありますが、日曜日も営業しているデイサービスは数少ないでしょう。

例えば以下は、東京にあるデイサービスの求人になります。

求人票に「土日休み + 残業もほぼなし」と明記されています。実際にデイサービスでは業務時間の最後にカンファレンスが行われ、そのまま直帰できるという職場が多いです。

早く家に帰れて休みも固定されているので、家庭持ちの理学療法士には大きなメリットだといえます。また業務自体もゆっくりして余裕があるため精神的にも肉体的にも負担が小さく、病院やクリニックと比較すると仕事が楽です。

このように土日休みで残業が少なく業務自体も楽であるのは、理学療法士がデイサービスへ転職する大きなメリットだといえます。

デイサービスへ転職した理学療法士求人の給料・年収

なおデイサービスにおける理学療法士の給料ですが、病院やクリニックなどと同じくらいであると考えてください。理学療法士の平均年収が400万円前後であり、デイサービスの年収もそれくらいになります。

例えば以下は、先ほど挙げた1日型のデイサービスの求人です。

詳細を確認すると、以下のようにボーナスや手当が記されています。

月給が資格手当も含めて25万円で、交通費が全額支給とあります。一般的な交通費は2万円前後なので、2万円と仮定して計算します。そうすると、年収は以下のようになります。

(月給25万円 + 交通手当2万円) × 12ヶ月 + (賞与25万円 × 2.8ヶ月) = 394万円

先に述べたように、理学療法士の平均年収が400万円前後なので、平均的な年収額だといえます。

個別機能訓練加算目的のデイサービス求人は年収が低い

しかし全てのデイサービスが年収400万円前後かというと、そうではありません。条件によっては年収がガクッと下がる求人もあるのです。中でも「個別機能訓練加算」の算定だけを目的に求人を出しているデイサービスでは、給料が低い傾向にあります。個別機能訓練加算は、理学療法士以外の職種を雇うことでも算定できるためです。

個別機能訓練加算とは、利用者に対してリハビリを実施することで算定できる加算です。つまりサービスとしてリハビリを取り入れることで利用者さんの満足度が上がるだけでなく、加算によってデイサービスの売上が上がります。

ただ、個別機能訓練加算を算定するだけであれば理学療法士でなく、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師でも、同じように加算が算定できます。

柔道整復師、あんまマッサージ指圧師の給料相場は理学療法士より安いです。そのため個別機能訓練加算だけを目的とした求人は年収相場が下がるのです。

例えば以下は、千葉県にあるデイサービスの求人になります。「理学療法士」ではなく「機能訓練指導員」の募集となっています。

さらに詳細を確認すると、以下のように応募要件が「理学療法士、作業療法士、あんまマッサージ指圧師、柔道部整復師のいずれか」とあります。

つまり、理学療法士ではなく個別機能訓練加算のみを目的とした求人だといえます。この求人の年収額を通勤手当2万円で計算すると以下の額になります。

(月給16万円 + 通勤手当2万円 + 処遇改善手当2万3,500円) × 12ヶ月 + (賞与16万円 × 2ヶ月) = 276万2,000円

1つ目の求人の年収が約400万円であるのに対して、応募要件が理学療法士必須でない2つ目の求人は年収276万円と非常に低いことがわかります。

このように、理学療法士ではなく個別機能訓練加算を目的としたデイサービス求人は年収が低いことを理解しておきましょう。

理学療法士がデイサービス求人への転職を成功させるには

理学療法士がデイサービス(通所介護)へ転職するとき、まず半日型と1日型のデイサービスのどちらを希望するかを決めることが大切です。「介護度が低い方のリハビリを行いたい」「レクリエーションは絶対にできない」というのであれば、1日型ではなく半日型のデイサービスがおススメです。

またデイサービスへ転職すると、業務が楽で残業も少なく日祝日が休みであるというメリットがあることも知っておきましょう。ただ個別機能訓練加算を目的として、理学療法士以外の職種も応募可能な求人は年収が大きく下がるという点は注意しなければいけません。

こうしたことを理解した上でデイサービスへの転職活動を行い、あなたの希望に合った求人への転職を成功させましょう。


リハビリ転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメ転職サイトの特徴と違い →


注目の人気記事

管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。

→ 管理人による転職体験記

転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。

→ 転職サイト利用の流れ

転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。

→ 転職サイトを有効活用する方法

  • マイナビ
  • 人材バンク
  • メドフィット