PTOT人材バンクの口コミと登録方法、登録後の注意点

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職する際、転職サイトを活用する人は少なくありません。また、転職する時には給料・年収の交渉や面接対策など、心配なことも多いはずです。

そこで利用するのが転職情報サイトです。転職先の紹介や転職のための準備など、気になるのは、どこまでサポートしてくれるのかということ。

特に、医療職である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのコメディカルは、医療業界、福祉・介護業界の転職サポートに特化した専門の転職情報サイトを利用することをおすすめします。

今回は、求人情報が豊富なPTOT人材バンクの特徴と登録方法、注意点をまとめました。

PTOT人材バンクの特徴(学生でも登録可能、紹介先が豊富)

PTOT人材バンクの特徴は大きく2つあります。

1つ目は、現在学生をしている人でも登録可能なことです。学生のうちから登録することで、就職先が求めている情報や、就職先での働き方、給与などに関する情報を収集することができます。学生のうちから、就職活動の専門家のアドバイスを無料で受けることができる大きなメリットがあります。

2つ目は紹介先が豊富なことです。PTOT人材バンクでは、転職希望者が求める職場をすぐに紹介できない場合、過去に人材を紹介した実績のある会社に、求人の意向が無いか問い合わせてくれます。そのため、転職希望者の要望に合った、求人サイトに載る前の求人情報をいち早く紹介してくれるというメリットがあります。

PTOT人材バンクは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を対象とした転職サイトの中でもリハビリ事情に詳しく、「専門的な能力を高めたい」「特定の分野について学べる職場へ転職したい」という人にはお勧めの転職サイトです。また、「研修が充実している職場」や「○○という治療法に特化している病院」など、専門性に特化した希望に合った転職先を紹介してもらいやすいです。つまり、スキルアップを目的に転職したいと考えている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士にはお勧めです。

ちなみにP T O T人材バンクという名称ですが、言語聴覚士(S T)ももちろん利用することができます。

ただ、PTOT人材バンクの登録後にはいくつか注意しなければいけないことがあります。そのため、PTOT人材バンク利用時の注意点や、そのことに対する対処法を知らずに登録すると、PTOT人材バンクのサービスを上手く活用できずに転職で失敗する可能性も出てきます。

そこで今回は、「理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のPTOT人材バンク登録方法と登録後の注意点・対策」について解説します。

PTOT人材バンクの詳しい登録方法

この記事ではP T O T人材バンクの登録方法を順番にわかりやすく解説していきます。

トップページ

PTOT人材バンクへ登録する →

上記のリンクをクリックすると、以下のページが表示されます。

ここから、簡単な5つのステップで登録することができます。

ステップ1:資格、職種、就業形態

保有している資格、希望の職種、希望の就業形態を選択します。

学生の場合は、卒業予定の年数を選択するタブが表示されます。未定の場合は未定を選択しましょう。学生のうちから登録できるのはPTOT人材バンクの特徴です。

ステップ2:経験年数、転職意向、転職時期

経験年数、転職意向、転職時期を選択します。「ご転職意向」の欄では、転職のモチベーションを選択します。以下のような選択肢があります。

ステップ3:氏名、ふりがな、生まれた年

氏名、ふりがな、生まれた年を選択します。

住所、番地建物名を入力します。郵便番号は必須ではありません。郵便番号を入力すれば、郵便番号以下の住所が自動入力されます。

ステップ5:携帯電話番号

携帯電話番号を入力します。

メールアドレスは任意入力です。メールアドレスを入力すると、以下のようなメールが届きます。

メールには、担当のキャリアパートナーの氏名や今後の流れの案内が記載してあります。PTOT人材バンクでは、担当キャリアパートナーが複数人設定されていることが特徴です。

P T O T人材バンクを利用して理想の転職を実現するためのコツ

よりよい転職を実現するために、PPTOT人材バンクを上手に活用することが重要です。

そのための注意点やコツを紹介します。

担当スタッフからの連絡内容

登録完了後、数日以内に担当スタッフから電話連絡があります。

その際に尋ねられる内容は以下の通りです。

  • 職歴や経歴
  • 転職理由
  • 希望の転職先の条件(給与、通勤時間、病院や施設などの業務形態、その他要望)

希望の転職先の条件が具体的であれば、担当キャリアサパートナーもリサーチしやすいため、事前に考えておくと良いでしょう。

また、PTOT人材バンクでは、学生や、今の職場をすぐに退職するつもりがなくても登録できるため、希望の転職先をゲットするために、早くから登録しておくことができます。

無料サービスの活用(履歴書添削、面接アドバイス、給与交渉)

PTOT人材バンクでは、履歴書の添削や面接の練習、アドバイス、転職に関するお悩み相談など、無料で受けることができ、担当スタッフから具体的なアドバイスをもらうことができます。

転職希望先との給与交渉も代わりに行ってくれるため、より良い転職のために是非活用しましょう。

PTOT人材バンクの利用時の注意点

転職支援サイトを利用する場合、あなたの転職へのモチベーションに合ったサイトを活用したいものです。しかしながら、どの転職サイトを利用しても、それぞれに注意点や対策が必要な事があります。注意点や対策も踏まえることで、うまく転職サイトを活用できます。

アドバイザーと相性が合わなかった

ただ、PTOT人材バンクに登録したPT・OT・STの中からは、「アドバイザーと合わなかった」「アドバイザーから傷つくことを言われた」といった情報を聞くことが少なくありません。こうしたアドバイザーへの不満は、PTOT人材バンクに限ったことではありませんが、他と比較してPTOT人材バンクには、こうした口コミが多いです。

例えば、精神的な問題で転職を考えてPTOT人材バンクへ登録した人に対して、「先方へ全ての事情を話さなければいけないので、お力添えができません」というようなことをアドバイザーから言われた人もいます。他には、「○○という病院だけは避けてください」と伝えたにも関わらず、その後に「アドバイザーから○○という病院を数十分もかけて勧められる」という経験をした人もいます。

このようにPTOT人材バンクへ登録した後には、「アドバイザーと合わない可能性がある」という注意点があります。

メール・電話がしつこい

PTOT人材バンクに登録後、担当との初回面談のあとに提供される求人情報メールがあります。このメールの内容が、希望に合うものではない情報も送られてくることがあり、メールがしつこいと感じてしまう事があります。そういった場合は、転職希望条件の見直しや担当に伝えることで

PTOT人材バンク利用時に起こる問題への対策

それでは、PTOT人材バンクに登録した後にこうした問題が起こったときには、どのように対処すれば良いのでしょうか?
ここからは、PTOT人材バンク登録後に起こる問題への対処法について記します。

相性が合わないならアドバイザーを変えてもらう:PTOT人材バンク

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士でPTOT人材バンクに登録した人には、アドバイザーの対応に不満を持つ人が少なくありません。

PTOT人材バンクに限らず、転職サイトを活用する場合には、「アドバイザーと合わない」ということを完全に避けることは不可能です。転職サイトでは、在籍するアドバイザーの中から、あなたが担当者を選ぶことはできません。また、アドバイザーも人間ですので、相性の良し悪しは必ずあります。
そのため、転職サイトを活用している限り、「アドバイザーに不満を持つ可能性」をゼロにすることはできません。

ただ、転職支援サービスを受けている中で、「アドバイザーと合わない」と感じた場合には、担当のアドバイザーを変更してもらうことで、そうした問題を解消することができます。アドバイザーの変更というと、相手に悪いような気がして遠慮する人がいます。しかし実際には、PTOT人材バンクへ連絡をして事情を話すことで、あなたが想像しているよりスムーズに担当の変更を行ってもらえます。

このように、担当のアドバイザーに不満を感じた場合には、アドバイザーを変更してもらうことで、「アドバイザーと合わない」という問題を解消することができます。

電話がしつこいとはっきり伝える:PTOT人材バンク

また電話がしつこい場合には、アドバイザーに「電話がかかっていたら都合が良いときにかけ直すので、何度も電話をしないでください」とはっきり伝えましょう。それだけで、電話の回数はかなり減ります。

もし既に転職が決まっていたり、他の転職サイトを利用したりして、PTOT人材バンクを利用しないのであれば、「これまで協力していただいてありがとうございました。おかげさまで転職先が見つかりました。また転職するときにはお世話になります。」と伝えると良いです。「転職する意思がない」「次回も利用したい」という2点をはっきりと伝えれば、アドバイザーもすんなり納得してくれます。
とにかく、電話がしつこい場合には電話を無視し続けるのではなく、あなたの意思をはっきりと伝えるようにしましょう。

PTOT人材バンクを退会して他の転職サイトを利用する

ただ、転職したいのに「変更してもらったアドバイザーとも相性が合わない」「しつこく電話しないでほしいと伝えのに何度も電話がかかってくる」という場合には、PTOT人材バンクを退会して他の転職サイトを利用すると良いです。
アドバイザーに電話で「PTOT人材バンクを退会したい」と一言伝えれば退会できます。またアドバイザーと話したくなければ、PTOT人材バンクに直接電話しても良いです。
もしくは、「退会フォーム」から登録を消すこともできます。

PTOT人材バンクの退会フォームはこちらからPTOT人材バンク退会フォーム
PTOT人材バンクの退会と平行して、他の転職サイトへの登録も済ませておきましょう。例えば、マイナビコメディカルやdoda、Medfitはセラピストに特化した転職サイトになります。
この中でも、マイナビコメディカルが一番人気が高くおススメですが、マイナビコメディカルは対応地域が限られています。

まとめ

PTOT人材バンクは現在学生をしている人でも登録可能であり、学生のうちから就職先での働き方や給与などに関する情報を収集することができることは、より良い社会生活をスタートする上で大きな差になります。

また、過去に人材を紹介した実績のある会社に、求人の意向が無いか問い合わせるなど、紹介先を豊富にラインナップしていることが特徴です。

自分の希望に沿った転職を実現できるよう、PTOT人材バンクを活用してみましょう。

PTOT人材バンクへ登録する →

オススメ転職サイトの特徴と違い →

ptotzinzaibank


リハビリ転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメ転職サイトの特徴と違い →


注目の人気記事

管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。

→ 管理人による転職体験記

転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。

→ 転職サイト利用の流れ

転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。

→ 転職サイトを有効活用する方法

  • マイナビ
  • 人材バンク
  • メドフィット