PTOT人材バンクの口コミと登録方法、登録後の注意点

ptotzinzaibank

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職する際、転職サイトを活用する人は少なくありません。

 

そして、PT・OT・STを対象とした転職サイトの中でも「PTOT人材バンク」は、リハビリ事情に詳しく、「専門的な能力を高めたい」「特定の分野について学べる職場へ転職したい」という人にはお勧めの転職サイトです。

 

ただ、PTOT人材バンクの登録後にはいくつか注意しなければいけないことがあります。

 

そのため、PTOT人材バンク利用時の注意点や、そのことに対する対処法を知らずに登録すると、PTOT人材バンクのサービスを上手く活用できずに転職で失敗する可能性も出てきます。

 

そこで今回は、「PT・OT・STのPTOT人材バンク登録方法と登録後の注意点・対策」について解説します。

 

PT・OT・STがPTOT人材バンクへ登録する方法

PTOT人材バンクへの登録は、比較的安易であり、1分程度で終わります。また、登録までの過程も迷うところがあまりなく、スムーズに完了します。以下にその手順を説明します。

 

トップページ:PTOT人材バンク

トップページでは、あなたの職種を選択して、メールアドレスを入力するのみです。そして入力後は、「登録して非公開求人を探す」をクリックします。

 

ptotzinzaibank

 

PTOT人材バンクの登録フォームページ

次に、あなたの情報を入力する登録フォームページが現れます。ここでは、以下の10項目を入力します。

 

 ・保有資格
 ・希望職種
 ・経験年数
 ・入職希望時期
 ・名前
 ・生年月日
 ・住所
 ・電話番号
 ・メールアドレス
 ・パスワード(半角英数8文字以上)

 

ptotzinzaibank

 

ptotzinzaibank

 

ptotzinzaibank

 

そして、最後にページ下部にある「次へ進む」をクリックします。

 

ptotzinzaibank

 

登録完了ページ:PTOT人材バンク

登録フォームで入力が終了し、「次へ進む」をクリックすると、以下のような登録完了ページが現れます。

 

ptotzinzaibank

 

メール受信:PTOT人材バンク

そして、「[ご登録ありがとうございます]PTOT人材バンクの○○です。□□様この度は〜」のようなメールを受信していれば、登録が完了しています。

 

以上のように、PTOT人材バンクは登録作業が単純で、入力も選択式が多いため時間は1分程度で終了します。

 

PTOT人材バンク利用時の注意点

PT・OT・STが利用する転職サイトの中でも、PTOT人材バンクはリハビリ業界に詳しいため、リハビリとしての専門性を高めたい人や、特定の分野について学びたい人にはピッタリの転職支援会社です。

 

他の転職支援会社と比較して、そうしたリハビリ業界の内部事情を知っているため、「研修が充実している職場」や「○○という治療法に特化している病院」など、専門性に特化した希望に合った転職先を紹介してもらいやすいです。

 

つまり、スキルアップを目的に転職したいと考えている人にはお勧めです。

 

アドバイザーと相性が合わなかった

ただ、PTOT人材バンクに登録したPT・OT・STの中からは、「アドバイザーと合わなかった」「アドバイザーから傷つくことを言われた」といった情報を聞くことが少なくありません。こうしたアドバイザーへの不満は、PTOT人材バンクに限ったことではありませんが、他と比較してPTOT人材バンクには、こうした口コミが多いです。

 

例えば、精神的な問題で転職を考えてPTOT人材バンクへ登録した人に対して、「先方へ全ての事情を話さなければいけないので、お力添えができません」というようなことをアドバイザーから言われた人もいます。

 

他には、「○○という病院だけは避けてください」と伝えたにも関わらず、その後に「アドバイザーから○○という病院を数十分もかけて勧められる」という経験をした人もいます。

 

このようにPTOT人材バンクへ登録した後には、「アドバイザーと合わない可能性がある」という注意点があります。

 

PTOT人材バンクからの電話がしつこい

また、「PTOT人材バンクからの電話がしつこい」という声もよく聞きます。これは、私も実際に経験したことです。

 

登録後に電話がかかってくるのは当たり前なのですが、都合で出られないときに何度もかかってきました。具体的には、子供と公園で遊んでいて電話に出られなかったときにも、数分置きに電話があったり、仕事が終わって着信履歴を見ると何回もしつこく電話があったりしていました。

 

確かに、他の転職サイトを利用したとき以上に電話はしつこいと感じました。

 

このように、「電話がしつこくかかってくる可能性がある」ということも、PTOT人材バンクを利用する際の注意点だといえます。

 

PTOT人材バンク利用時に起こる問題への対策

それでは、PTOT人材バンクに登録した後にこうした問題が起こったときには、どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

ここからは、PTOT人材バンク登録後に起こる問題への対処法について記します。

 

相性が合わないならアドバイザーを変えてもらう:PTOT人材バンク

PT・OT・STでPTOT人材バンクに登録した人には、アドバイザーの対応に不満を持つ人が少なくありません。

 

PTOT人材バンクに限らず、転職支援会社を活用する場合には、「アドバイザーと合わない」ということを完全に避けることは不可能です。転職支援サイトでは、在籍するアドバイザーの中から、あなたが担当者を選ぶことはできません。また、アドバイザーも人間ですので、相性の良し悪しは必ずあります。

 

そのため、転職サイトを活用している限り、「アドバイザーに不満を持つ可能性」をゼロにすることはできません。

 

ただ、転職支援サービスを受けている中で、「アドバイザーと合わない」と感じた場合には、担当のアドバイザーを変更してもらうことで、そうした問題を解消することができます。

 

アドバイザーの変更というと、相手に悪いような気がして遠慮する人がいます。しかし実際には、PTOT人材バンクへ連絡をして事情を話すことで、あなたが想像しているよりスムーズに担当の変更を行ってもらえます。

 

このように、担当のアドバイザーに不満を感じた場合には、アドバイザーを変更してもらうことで、「アドバイザーと合わない」という問題を解消することができます。

 

電話がしつこいとはっきり伝える:PTOT人材バンク

また電話がしつこい場合には、アドバイザーに「電話がかかっていたら都合が良いときにかけ直すので、何度も電話をしないでください」とはっきり伝えましょう。それだけで、電話の回数はかなり減ります。

 

もし既に転職が決まっていたり、他の転職サイトを利用したりして、PTOT人材バンクを利用しないのであれば、「これまで協力していただいてありがとうございました。おかげさまで転職先が見つかりました。また転職するときにはお世話になります。」と伝えると良いです。

 

「転職する意思がない」「次回も利用したい」という2点をはっきりと伝えれば、アドバイザーもすんなり納得してくれます。

 

とにかく、電話がしつこい場合には電話を無視し続けるのではなく、あなたの意思をはっきりと伝えるようにしましょう。

 

PTOT人材バンクを退会して他の転職サイトを利用する

ただ、転職したいのに「変更してもらったアドバイザーとも相性が合わない」「しつこく電話しないでほしいと伝えのに何度も電話がかかってくる」という場合には、PTOT人材バンクを退会して他の転職サイトを利用すると良いです。

 

アドバイザーに電話で「PTOT人材バンクを退会したい」と一言伝えれば退会できます。またアドバイザーと話したくなければ、PTOT人材バンクに直接電話しても良いです。

 

もしくは、「退会フォーム」から登録を消すこともできます。

 

PTOT人材バンクの退会フォームはこちらからPTOT人材バンク退会フォーム

 

PTOT人材バンクの退会と平行して、他の転職サイトへの登録も済ませておきましょう。例えば、マイナビコメディカルやDODA、Medfitはセラピストに特化した転職サイトになります。

 

この中でも、マイナビコメディカルが一番人気が高くおススメですが、マイナビコメディカルは対応地域が限られています。

「マイナビコメディカル」の対応地域

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県

 

そのため、あなたが転職したい地域がマイナビコメディカルの対応地域であればマイナビコメディカルを利用することをおススメします。もし対応地域外であれば、他の転職サイトを検討しましょう。

 

ptotzinzaibank

 

どうしてもPTOT人材バンクが合わないときは、遠慮せずに他の転職サイトを利用すれば良いです。

 

今回述べたように、PTOT人材バンクへ登録したPT・OT・STには、「担当のアドバイザーと合わなかった」「電話がしつこい」という不満を持つ人が少なくありません。

 

そうした場合には、担当のアドバイザーを変更してもらうようにしましょう。そうすることで、アドバイザーとの相性の問題を解消することができます。また、基本的に転職サイトは2〜3社登録しておくことが大切です。そうすることで、1人のアドバイザーが合わなくても、他の人を頼ることができます。

 

PTOT人材バンクは、リハビリ業界の事情に詳しいため、スキルアップに適した転職先を紹介してもらえる可能性が高いです。そのため、上手く活用してあなたに合った転職先を紹介してもらうようにしてください。

 

ptotzinzaibank

ptotzinzaibank



サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト