理学療法士(PT)を辞めたいと思ったときに転職すべき職場

rigakuryouhousitensyoku

 

理学療法士(PT)資格所有者の中には「理学療法士という仕事を辞めたい」と考えている人、もしくは既に辞めてしまった人も存在します。

 

このような人たちの中には「理学療法士を辞めて良かった」と感じている人もいますが、「理学療法士の方が楽だった」という人が多いのが現状です。実際に、私の知人で理学療法士を辞めて他へ業界転職した人には、「転職して後悔している」と言っている人も少なくありません。

 

そうならないためにも、理学療法士を辞めたいと考えている人は、しっかりと現状を見直した上で行動を選択することが大切です。

 

そこで今回は「理学療法士(PT)を辞めたいと思ったときに転職すべき職場」について解説します。

 

理学療法士を辞めたい・転職したいと思う理由

理学療法士の資格所有者の中には、理学療法士を辞めたいと考えている人、もしくは実際に辞めた人がたくさん存在します。そして以下に記すように、理学療法士を辞めたいと思う理由は人それぞれ異なります。

 

理学療法士業界に不安があるから辞めたい・転職したい

理学療法士は、資格所有者の数が年々増えており、供給過多の状況に向かっている現状があります。実際に、理学療法士の給料はどんどん低くなってきており、求人数も減少傾向にあります。

 

例えば、2006年における理学療法士の平均年収は424万円であったのに対して、2016年には390万円まで下がっています。また、理学療法士の養成校を卒業したあと就職できずに、数ヶ月〜1年の期間を「既卒」の状態で過ごす人が存在する実状があります

 

さらに、理学療法士として数年働いても、ほとんど昇給しないような職場も少なくありません。

 

こうした現状を目の当たりにして、理学療法士業界に不安を感じる人は多いです。特に、男性理学療法士で家族を養っているような立場にある人は、このような理由で理学療法士を辞めたいと考える傾向にあります。

 

理学療法士業界に不安を抱えている人は、具体的に以下のような思考を持っています。

 

・現在の給料に不満がある
・結婚したり子どもができたりしたときが不安……
・老後の生活に不安がある
・20年後にも同じように仕事ができているのだろうか……
・退職金や年金は大丈夫なのだろうか……

 

職場が合わなかったから理学療法士を辞めたい・転職したい

理学療法士の中には「経営者や上司の考え方に不満がある」という理由で、理学療法士を辞めたいと考える人も少なくありません。そうしたケースのほとんどは「理学療法士を辞めずに職場を変える」という選択をしますが、理学療法士を辞める人も存在します。

 

例えば、「経営者が売上しか考えておらず患者さん本意ではなかったため、それが原因で医療業界を辞めたくなった」「経営者や役員にはヘコヘコして、部下に偉そうな上司に嫌気がした」などの理由です。

 

その他にも、「自分(上司)が学んでいる手技を押し付けられた」「自分(上司)が患者さんを良くしているという自信満々なのが嫌だった」といったことが原因で理学療法士を辞める人もいます。

 

このように、経営者や上司の考え(職場)と合わずに理学療法士を辞めた人は多いです。

 

先輩や同僚、後輩と合わなかったから理学療法士を辞めたい・転職したい

経営者や上司ではなく、先輩や同僚、後輩と合わずに理学療法士を辞めたいと考える人も少なくありません。

 

例えば「先輩や同僚、後輩が、全く勉強せず適当に理学療法を実施している姿に嫌気がさした」「患者さんに対して偉そうにしている同僚の態度を見て、理学療法士が嫌いになった」といった理由です。

 

このように、一緒に働く先輩や同僚、後輩と合わないことも理学療法士を辞める原因となっています。

 

身体的・精神的な負担を感じているから理学療法士を辞めたい・転職したい

身体的・精神的な負担を感じて、理学療法士を辞めたいと考えている人も多くいます。

 

例えば「患者さんの移乗や、患者さんに対する徒手療法を毎日実施していたために慢性的な腰痛になった」「残業が多く、毎日帰宅が遅くなり疲労が蓄積して辛い」といったような、身体的な負担が原因で退職や転職を考える人も存在します。

 

その他にも「重度の患者さんばかりを担当して、理学療法士に対するプレッシャーを強く感じた」といった精神的な負担を理由に、理学療法士を辞める人もいます。

 

理学療法士の仕事は、患者さんの生活に深く関わることになります。そのため理学療法士の中には、患者さんへ感情移入をしてしまい、精神的な負担を負ってしまう人が少なくありません。

 

このように、身体的・精神的な負担も、理学療法士を辞めたいと感じる原因の一つです。

 

理学療法士という仕事に向いていないと感じるから辞めたい・転職したい

理学療法士の中には「理学療法士という仕事に対して性格が向いていない」と感じて転職を考える人も存在します。

 

理学療法士は、どのような職場であっても患者さんと接する仕事です。例えば、整形外科クリニックであれば1日に20人前後の人を担当することになります。そのため、人と話すことや接触することが苦手な人は、理学療法士の仕事は向いていません。

 

また、理学療法士が担当する患者さんの中には、数日間お風呂に入っていないような人もいます。さらに、理学療法士がオムツ交換をしないといけないような職場もあります。

 

こうしたことから、特に潔癖症の人は「理学療法士の仕事が辛い」と感じることが多いでしょう。

 

このように「性格が理学療法士の仕事に合わない」という理由で、理学療法士を辞めたいと感じる人も少なくありません。

 

他の仕事を経験してみたいと思ったから理学療法士から転職したい

理学療法士の中には、「純粋に医療・介護療界とは違う業界に興味があって他業界へ転職したい」と考えている人も少なからず存在します。

 

例えば「営業をしてみたかったから保険の営業に転職した」や「飲食店を経営したいから飲食業界への転職を考えている」といったような人です。実際に、私の知人には、理学療法士から生命保険の営業へ転職した人もいます。

 

このように、理学療法士が嫌になったわけではなく「他にやりたいことができた」という理由で理学療法士を辞める人も存在するのです。

 

理学療法士に向き不向きの性格

既に述べたように、「理学療法士の仕事に性格が向かない」と考える人は少なくありません。そして実際に、理学療法士の仕事には向き不向きがあります。

 

そこで以下に、理学療法士に向いている性格・向いていない性格について記します。

 

理学療法士に向いている性格

理学療法士の仕事は人と接する仕事です。これは「人と話をする」と「人に触れる」という、どちらの意味でもあります。

 

例えば、理学療法士は患者さんからしっかりと話を聞くことで、相手のニーズを把握します。そして、そのニーズを元にリハビリの目標を立てるのです。また、痛みなどの原因を探すときには、問診を取ることが重要になります。

 

このように、理学療法士の仕事は患者さんとのコミュニケーションが大切です。

 

さらに、患者さんに対して徒手療法を実施する際には、当然ながら相手の身体に触れることになります。言葉とは違いますが、身体に触ることもコミュニケーションの一つです。

 

こうしたことからも、人とコミュニケーションを取ることが好きな人は、理学療法士に向いています。

 

また、理学療法士に限ったことではありませんが、特に医療従事者は常に新しい情報を学ばなければいけません。そして、常に「なぜ?」という疑問を持つことが、患者さんに対してより良いリハビリを提供することにつながることになります。

 

例えば、関節痛で悩まされている患者さんを担当した場合には、「どの組織が痛みの原因となっているのだろうか?」「それでは、なぜその組織に負担がかかっているのだろうか?」といったことを追求していくことが大切です。

 

そのため、勉強好きで探究心が強い人も理学療法士に向いているといえます

 

その他にも、以下のような性格の人は理学療法士に向いています。

 

・人の役に立ちたい
・困っている人を見ると放っておけない
・医療に魅力を感じる
・好奇心が強い
・人の話を聞くことが好き

 

理学療法士に向かない性格

理学療法士に向いている性格の人もいれば、当然ながら理学療法士の仕事には向かない性格の人も存在します。

 

例えば、既に述べたように理学療法士は人と接する仕事であるため、人とコミュニケーションを取ることが苦手な人は、あまり理学療法士には向いていません。また、勉強することや物事を考えることが嫌いな人も同様です。

 

実際、理学療法士は養成校を卒業して国家資格を取得した後の方が、勉強しなければいけないことが多いです。そして、そのためには参考書を買ったり勉強会に参加したりとお金もかかります。

 

私も、卒業後は毎月参考書と勉強会に数万〜十数万円のお金を費やしていました。また、仕事が終わった後や休みの日などは、図書館や大学などに通って勉強するような日々を送っていました。

 

正直なところ、こうした勉強にお金と時間を使うのは、純粋な興味や探究心がないと難しいです。

 

このように、「コミュニケーションが苦手な人」や「勉強嫌いで探究心が弱い人」は、理学療法士の仕事には向いていないといえます。

 

その他にも、以下のような性格の人は理学療法士には向きません。

 

・自分さえ幸せであれば良い
・人の話を聞くのが嫌い
・潔癖症で人の体に触れるのが苦手

 

 

身体的・精神的に負担を感じている理学療法士が転職すべき職場

既に述べたように、理学療法士の中には、「身体的・精神的な負担を感じて仕事を辞めたい」と考えている人もいます。ただそうした人たちには、理学療法士を辞めるのではなく職場を変えることをお勧めします。

 

理学療法士を辞めたいと思っている人の中には「理学療法士から他業界に転職しよう」と考えてる人もいるはずです。そして実際に、理学療法士から全く違う業種へ転職した人も少なからず存在します。

 

例えば、私の知人は「このまま理学療法士を続けていては家族を養っていくことができない」という理由で、40歳代で保険の営業へ転職しました。

 

しかし、こうした異業種への転職は容易なことではありません。医療や介護業界以外の仕事は、あなたが考えているより厳しいのが現状です。具体的には、毎日の残業や休日出勤などが当たり前であったり、成績が悪いと減給されたりするような職場も少なくありません。

 

実際に、さまざまな業界の人から話を聞いてみると、労働条件だけを考えても理学療法士は決して悪い仕事ではないと思います。

 

ただそうはいっても、現在の職場で身体的・精神的な負担を感じている場合には、そのまま働き続けることは問題です。そうした際には、身体的・精神的に負担が小さな職場への転職をお勧めします。そうした職場へ転職することで、強い負担を感じることなく理学療法士の仕事を続けることができます。

 

理学療法士がデイサービスへ転職すると楽なのか?

理学療法士が働く職場の中でも、デイサービスは「身体的・精神的な負担が小さく楽な職場」として認識されている傾向にあります。しかし、当然ながらデイサービスにも大変な職場は多く存在します。

 

例えば、介護度が高い利用者さんばかりのデイサービスであれば、リハビリを行う際にも移乗が必要です。そのため、体重が重い利用者さんを担当することになると、身体的な負担は大きくなります。

 

また中には、いわゆる「ワンマン経営」であるデイサービスもあります。そうした職場には、労働環境が劣悪であるところが少なくありません。

 

具体的には「サービス残業が当たり前」「経費削減のためには、利用者さんに対するサービスの質を下げるのは仕方がない」といった考えを持っているような経営者であれば、その職場で働くと身体的にも精神的にも大変です。

 

そもそも、介護保険報酬は年々下がっている傾向にあります。その中でも、特に個人経営のデイサービスは経営が厳しくなっているのが現状です。

 

こうしたことからも、デイサービスは決して楽な職場ではないといえます。ただ、大手が経営しており全国で何店舗も運営しているようなデイサービスは、比較的楽な職場である傾向があります。

 

理学療法士が介護老人保健施設(老健)へ転職すると楽なのか?

理学療法士が働く職場の中で、デイサービスと並んで介護老人保健施設(老健)は「業務が楽である」というイメージを持たれがちです。

 

確かに、老健で勤める理学療法士の中には「老健の業務は楽」と言っている人も少なくありません。老健の多くは病院と在宅の中間施設という名ばかりの施設で、実際には長期滞在施設となっており、理学療法士にもターミナルケアを求められます。

 

そして、機能改善というよりは「機能維持」が目的となり、同じようなリハビリプログラムを毎日提供している施設が存在するのも事実です。そうなると、特に勉強する必要も深く考える必要もないため、仕事は楽になります。

 

ただそうした状況にある人たちは、逆に仕事にやりがいを感じなくなってしまい、理学療法士を辞めたいと考える傾向にあります

 

また、老健は介護保険施設であるため、当然ながら介護報酬を請求するために書類作成業務が多いです。老健で働く理学療法士の中には、そうした書類作成に対して大きな負担を感じている人も少なくありません。

 

このように、一言で老健といっても、デイサービスと同じように労働環境は職場によってそれぞれ異なります。そのため、「老健だから楽」というイメージは払拭すべきだといえます。

 

理学療法士としての仕事が楽な転職先の探し方

ここまで述べたように、理学療法士の中では「仕事内容が楽」というイメージを持たれているデイサービスや老健であっても、負担の大きさは職場によって違います。また、一般的に「忙しい職場」と思われがちな整形外科クリニックでも、忙しくない職場は存在します。

 

例えば、私が勤めていた整形外科クリニックは、管理職でなければほとんど毎日定時に帰宅していました。さらに、日曜日は固定休の週休2日制であり、ゴールデンウィークや盆、年末年始なども休みでした。

 

このように、「老健だから楽」「デイサービスだから楽」「整形外科クリニックだから忙しい」ということはなく、どのような施設形態であっても、職場によって忙しさはことなるのです。

 

 

そうした中で、身体的・精神的に負担が小さな職場を見つけるためには、いくつかのキーワードを元に転職先を探すことが大切です。具体的には、以下に記すキーワードを元に求人を探すようにしましょう。

 

・完全週休2日制
・有給消化率100パーセント
・年間休日120日以上
・残業なし

 

また、以上のキーワードに加えて、職場内の人間関係が良好であることも重要です。

 

人間関係に関しては、逆に「アットホームな職場」「社員同士が仲良く和気あいあいとしています」といったことが、求人情報に書かれているような職場は注意が必要です。

 

こうした職場では、「会社のためであれば残業は当たり前」「みんなで助け合うために日曜出勤は当然」「休みでも会社のイベントに出席しなければいけない」といったように、何かと拘束されることが多くなります。

 

このような、いわゆる「ブラック企業」と呼ばれる職場には、その他にも以下のようなことを求人で強調している傾向があります。

 

・頑張り次第で幹部になれる
・頑張った分だけ収入アップできる
・少数精鋭の組織である
・明るい社風
・若手が活躍している

 

以上のように、不安をかき消したり、欲を煽り立てたりするようなフレーズが載っている求人を出している会社は避けるようにしましょう。こうしたブラック企業に転職してしまうと、「仕事の負担が小さな職場に移りたくて転職したのに、逆にもっと忙しくなった」という事態になりかねません。

 

そうしたことを避けるためにも、まずはここまで挙げたキーワードやフレーズに注意してください。

 

そして、なおかつ確実に仕事が楽な職場への転職を成功させるためには、理学療法士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。転職サイトであれば、業界事情に詳しい専門のアドバイザーが求人を紹介してくれるため、あなたの希望に合った転職先を見つけることができます。

 

確かに、先ほど挙げたような「完全週休2日制」や「残業なし」などのキーワードを元に求人を探せば、比較的負担が小さな職場の求人が見つかります。ただ、それでもあなた自身で求人を探して転職活動をした場合には、ミスマッチが生じる可能性もあるのです。

 

こうしたミスマッチが起こる可能性を最小限にして、負担が小さい楽な職場へ転職するためには、転職サイトを有効に活用するようにしましょう。

 

今回述べたように、理学療法士が働く職場の中でも、仕事が楽で負担が小さな職場は存在します。しかし、表面に出ている求人だけでは、そうした職場を見抜くことは安易ではありません。

 

そのため、転職によるミスマッチを避けたい場合には、転職サイトを使ってアドバイザーに求人を紹介してもらうことをお勧めします。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

理学療法士(PT)を辞めたいと思ったときに転職すべき職場 関連ページ

理学療法士(PT)の免許取得後に持っていると転職に有利な資格
理学療法士(PT)として勉強しておくべきこと:解剖学、鑑別診断学
理学療法士が非常勤(パート)として転職して働くメリット
理学療法士(PT)が仕事と家庭の両立に向く理由:リハビリ求人
理学療法士(PT)が整形外科クリニックへの転職で評価される力
手術のある病院へ理学療法士が転職する利点:リハビリ求人
理学療法士(PT)の給料事情と収入アップを狙う具体的な方法
理学療法士(PT)の資格を生かした転職先:リハビリ求人・転職
男性理学療法士(PT)の施術における注意点:リハビリ求人
整形外科クリニックへ転職する女性理学療法士(PT)の注意点
理学療法士(PT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット
訪問リハビリの非常勤(パート)理学療法士(PT)の注意点
理学療法士が短時間デイサービスへ転職する際に注意すべきこと
PTが整形外科病院への転職で注意すべきこと:リハビリ求人
女性の理学療法士(PT)がリハ中に注意すべきこと:リハビリ求人
理学療法士(PT)の役割と魅力:リハビリ求人・転職
認定・専門理学療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
理学療法士(PT)が介護保険施設へ転職するメリット・デメリット
未経験者でも募集している理学療法士求人・転職情報の探し方
育児中理学療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
住宅手当などの福利厚生が充実した理学療法士の求人・転職先
理学療法士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
理学療法士が残業なしで定時に帰宅できる転職先の特徴と探し方
理学療法士(PT)が有給消化率の高い求人を探す方法
理学療法士が土日休み、完全週休2日制の求人情報を探す方法
育児中のブランク明け理学療法士が非常勤(パート)で再就職する
育休後にブランク明けで再就職・転職する理学療法士が持つ不安
シフト制・有給ありの非常勤(パート)理学療法士求人・転職情報
離職率の低い職場へ理学療法士が転職すべき理由:リハビリ求人
人間関係トラブルで転職を考えている理学療法士がとるべき行動
理学療法士が履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント
理学療法士は派遣として働けるのか?PTが派遣として働く条件
「年間休日120日以上」の理学療法士求人の探し方:リハ転職
急性期病院へ理学療法士(PT)が転職する魅力:リハビリ求人
理学療法士(PT)が大学病院へ転職するメリットと求人の見つけ方
理学療法士(PT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート理学療法士(PT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
理学療法士が養成校教員へ転職する条件とポイント、教員の給料
理学療法士(PT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人
理学療法士(PT)が抱える今後の不安要素と将来性:診療報酬など
PTと類似資格(OT、柔整師、ATなど)における役割の違い
理学療法士(PT)の臨床と教員における相違点:リハビリ求人
リハビリ特化型デーサービスへ転職する理学療法士が抱えやすい悩み

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト