理学療法士が忙しい急性期へ転職する魅力や求人内容

急性期病院というと、理学療法士に人気のある転職先の一つです。ただ、訪問リハビリや回復期の病院と比較すると求人が少ない上に、求人の内容がわかりづらいです。

例えば、一般的に「忙しい」というイメージがある急性期病院ですが、実際の忙しさは問い合わせてみないと求人からでは読み取れません。他の病院よりも忙しくない急性期病院もたくさんあります。

また急性期病院だから転職したにも関わらず、転職後すぐに関連のクリニックへ転勤させられる人もいます。そのため異動の有無や転職後の勤務先の詳細を確認せずに転職すると、こうした問題が起こる可能性があります。

ミスマッチを防ぐためにも、急性期病院へ転職するときには、求人情報の読み方を知っておくことが大切です。そこで今回は「理学療法士が転職できる急性期病院求人の読み取り方」について解説します。

理学療法士を募集している急性期病院求人と仕事内容

急性期とは、病気の発症もしくは手術後すぐの時期をいいます。理学療法士が急性期に関わることで、合併症や過度の安静による廃用を防ぐことができるのです。

理学療法士の募集がある急性期病院の求人としては「運動器疾患(整形外科)」「心血管疾患」「脳血管疾患」「呼吸器疾患」があります。仕事内容はそれぞれで異なるため、以下に確認していきます。

整形外科は専門と転勤の有無を確認すべき

整形外科の急性期病院は、整形外科疾患による手術後のリハビリを実施している病院です。そのため、理学療法士も整形外科疾患の患者さんを担当することになります。

例えば、変形性膝関節症に対する人工関節の手術や腰椎椎間板ヘルニアの手術、靭帯損傷の再建術、半月板損傷の修復術などは代表的な疾患です。運動器疾患の急性期病院へ転職した理学療法士は、こうした患者さんに対するリハビリがメインとなるのです。

例えば以下は、東京都にある整形外科疾患の急性期病院の求人になります。

求人票にあるように、「術前術後の評価、術後の運動器リハビリテーション」が主な仕事内容になります。

例えば膝の手術をする患者さんであれば、「手術前にどれくらい膝が曲がっていたか?」「手術直後はどれくらい膝が曲がるか?」「膝がもっと曲がるようになるにはどうしたらいいのか?」を考えてリハビリを進めていきます。

また急性期の整形外科病院であれば、術後の傷の状況を確認しながらリハビリを進めていかなければいけません。

整形外科の急性期病院の求人で注意しなければいけない点は2つあります。一つ目は、「ドクターの専門は何か?」ということです。

先ほどの求人であれば、「脊椎専門」と書いてあります。つまり、腰や首などの手術がメインとなるため、理学療法士が担当する患者さんも脊椎疾患が多くなるのです。あなたが何の疾患のリハビリを行うかがドクターの専門によって決まります。

そのため、病院に勤めるドクターの専門は、求人票や転職サイトの担当を介して必ず確認しましょう。

二つ目は「転勤の可能性」です。先の求人票にあるように、整形外科の急性期には、転勤をしなければいけない病院が多くあります。ほとんどがクリニックやデイサービスなどを併設しているからです。

このことを確認せずに転職すると「整形外科の急性期で働きたいと思って転職したのに、クリニック勤務になってしまった」となりかねません。そうしたことを避けるためにも、整形外科の急性期病院へ転職するときには、転勤の有無に関しても必ず確認しておかなければいけません。

脳血管疾患の急性期における理学療法士求人と役割

理学療法士が関わる急性期病院として整形外科と同じくらい多いのが、脳血管疾患になります。脳梗塞や脳卒中などを発症した患者さんのリハビリを実施する病院です。

例えば以下は、埼玉県にある脳血管疾患の急性期病院の求人になります。

求人票に書かれているように、脳血管障害の方へのリハビリが理学療法士の主な仕事内容になります。例えば、脳梗塞で手足が麻痺してしまった人の歩行訓練や、脳出血で意識がなくなった人の起き上がり訓練などは理学療法士の役割です。

脳血管疾患の急性期では、特に注意しなければいけないことがあります。それは「患者さんへの接し方」です。

脳血管疾患になると、急に手足が動かなくなったり、声が出なくなったりします。病気が発症して間もない急性期には、自分に起こっていることが把握できずに不安でパニックに陥っている人が多いです。そのため、理学療法士は心のケアも考えた接し方をしなければいけません。

求人には書いてありませんが、脳血管疾患の急性期病院へ転職するときには、リハビリの知識・技術はもちろんのこと、メンタルケアも求められるのです。

心血管疾患の急性期病院はリスク管理能力が求められる

整形外科や脳血管疾患と比較すると少ないですが、心血管(循環器)疾患を専門とした急性期病院の理学療法求人もあります。

例えば以下は、東京都にある心臓病疾患専門病院の理学療法士求人です。

心血管疾患に対する急性期のリハビリを行っているところは多いですが、こうした心臓病疾患を専門とした求人は稀です。

心血管疾患の急性期では、心不全や心筋梗塞を発症した患者さんに対するリハビリが理学療法士の主な仕事内容になります。例えば、心拍数や血圧などを監視しながら、エアロバイクやトレッドミルなどで運動を実施したり、寝たきりで筋力が落ちてしまわないように筋トレをしたりします。

基本的に求人票には書かれていませんが、心血管疾患の急性期病院は他の病院と比較してリスク管理の能力が求められます。わずかな負荷設定のミスが命に直結するためです。

ただ、そうしたリスク管理が必要な患者さんが多いため、医師や看護師も頻繁にバイタルチェックなどを実施します。そのため、他職種で連携してリスク管理が徹底しているという意味では、リスク管理に関して過度に不安を持たなくてもいいです。

こうしたリスク管理の連携に関しては、他の急性期病院では経験できないことなので循環器専門の急性期病院へ転職する魅力ともいえます。

呼吸器疾患の急性期求人は患者さんの割合を確認すべき

理学療法士は呼吸器疾患の急性期にも関わります。ただ、整形外科や脳血管疾患、心血管疾患のように専門病院の求人はほとんどありません。呼吸器を専門とするドクターの数が圧倒的に少ないためです。

そのため、呼吸器における急性期病院の理学療法士求人を探すときには、求人を細かく見ていくことが重要になります。例えば、以下は埼玉にある急性期病院の求人です。

求人票の表面には、呼吸器と小さくしか書いてありません。ただ、詳細を確認すると、はっきりと呼吸器リハビリを実施していることが明記されています。

ただ、基本的に呼吸器リハビリを行っているといっても、メインが呼吸器である病院は少ないです。この求人のように脳神経外科や整形外科をメインとし、全体の1割程度が呼吸器疾患の患者さんとなります。

また、求人票に患者さんの疾患別の割合が明記されていることはほとんどありません。記載してあっても、以下のように詳細に小さく書いてある程度です。

そのため、急性期病院へ転職して呼吸器疾患の患者さんを担当したいのであれば、転職サイトの担当エージェントを介して、必ず「呼吸器疾患の患者さんの割合」を確認しましょう。

ちなみに、呼吸器疾患の急性期における理学療法士の役割は、体に負担がかからないような呼吸法の指導や無理のない範囲でのストレッチ、廃用予防のための運動指導などになります。

急性期病院の理学療法士は忙しい?

なお急性期病院というと、忙しいというイメージをもっている人が多いです。リスク管理のために血圧を頻繁に計ったり、ドクターやナースとの連携を小まめにとったりするからです。また急性期は、患者さんの変化や入れ替わりが激しく、バタバタしているイメージを持っている人も多いです。

しかし実際には、急性期の病院だから忙しいということはありません。例えば以下は埼玉県の急性期の理学療法士求人です。

求人票に「残業少ない」とあるように、急性期で残業が少な目の職場です。

また急性期病院といっても、忙しい職場とそうでない職場があります。これは急性期病院に限ったことではありません。そうした際のチェックポイントは、1日の担当者数(単位数)です。

急性期病院において、15~18単位であれば比較的余裕があると考えてください。これが、20単位を超えてくると業務中はバタバタすることになります。

例えば以下は、神奈川県横須賀市にある急性期病院の求人です。

求人票に「1日平均18単位」とあるため、そこまで忙しくない病院だと考えられます。これが20単位を超えてくると、業務中に忙しいのはもちろんのこと、残業も増えてくることになります。

一日の平均単位数が求人に明記されている場合、それを参考に忙しさを予測すると良いです。ただ、1日における単位数は求人票に書いてないことがほとんどになります。事前に転職後の忙しさを把握するためにも、必ず転職サイトの担当エージェントを介して1日の平均単位数を確認しましょう。

急性期病院の理学療法士求人における年収

なお急性期病院の理学療法士求人の年収は、他の求人と同じくらいと考えてください。理学療法士の求人は年収が300~400万円であり、急性期病院も同等の額になります。

例えば、以下は神奈川県の急性期病院の理学療法士求人です。

年収が340万円~となっているので、他の急性期病院以外の求人と同程度だといえます。

ただ、これまでの求人も含めて見るとわかるように、急性期病院の月収は非常に低いです。高くても月収が30万円を超える病院はありません。さらに以下の千葉にある急性期病院のように、21万円を下回る病院もあります。

この月収だと、社会保険料などを引かれると手取りが17万円程度になるのです。また福利厚生や賞与などを考慮しなければ、年収は約240万円と非常に低くなります。

それでは、なぜ急性期病院は月収が低いのに年収は他の病院と変わらないのでしょうか? 急性期病院の年収は月収ではなく、福利厚生や賞与によって引き上げられるのです。

年収は必ず福利厚生・賞与を考慮すべき

急性期病院求人の年収を考えるとき、必ず福利厚生や賞与まで含めて考えましょう。急性期病院は、クリニックや訪問リハビリと比較して、福利厚生や賞与が非常に充実しています。月収は低くても、福利厚生や賞与(ボーナス)を合わせると、年収額は他の施設と変わらなくなるのです。

例えば以下は、神奈川県にある急性期病院の求人になります。

求人票で福利厚生の手厚さを推しています。実際に求人票の詳細を確認すると、賞与や福利厚生が以下のように記載されています。

賞与が4ヶ月分、交通費上限が5万円です。クリニックや訪問リハビリであれば、賞与は良い職場で2~3ヶ月分が普通です。交通費に至ってはなし、あっても上限2万円が良いところになります。これだけでも、急性期病院の賞与と福利厚生が充実しているのがわかるはずです。

例えば、月収が21万円で賞与が4ヶ月分、交通費が月に5万円支給されると仮定します。そうなると年収は「21万円 × 16ヶ月(賞与4ヶ月分を含む) + 5万円 × 12ヶ月 = 396万円」となるのです。

月収が21万円だと給料が非常に低く見えますが、ボーナスと交通費が充実していると年収は400万円近くになるのです。急性期病院の年収を考えるときには、必ず賞与と福利厚生まで考えるようにしましょう。

希望に合った急性期病院の理学療法士求人へ転職する

ここまで述べたように、一言で急性期病院といっても、仕事内容や求められる能力はそれぞれで異なります。また忙しさに関しても病院によって違います。さらに、年収も賞与や福利厚生によって大きく変わるのが急性期病院です。

こうした急性期病院での転職を成功させるためには「どのような患者さんのリハビリをしたいのか?」「1日にどれくらいの担当数が希望か?」「年収はどれくらいが理想か?」を、転職サイトの担当のエージェントに明確に伝えておくことが大切になります。

考えることや求人の見るべきポイントが多いのが急性期病院です。まずはあなたの理想の求人を明確にして、希望に合った急性期病院への転職を成功させましょう。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法