言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由

言語聴覚士(ST)が転職する際には、まず求人を探す必要があります。そして、希望に合った求人情報が見つかった後、履歴書による書類審査や面接試験を受けることになります。
そのため、言語聴覚士が転職を成功させるためには、はじめに求人情報の探索が重要になってきます。
そして、言語聴覚士が求人を探す際には、インターネット上の求人サイトを使って「自分自身で検索する」、もしくは転職サイトを利用して「求人情報を紹介してもらう」という2つの方法があります。
多くの言語聴覚士は、インターネット上の求人サイトを利用して自分自身で求人情報を探します。
ただ、転職で成功したい場合には、求人サイトを使って求人情報を探すよりも転職サイトを利用することをお勧めします。転職サイトを上手く活用することで、効率的に転職活動を進めることができます。
そこで今回は、「言語聴覚士が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由」について述べます。

求人サイトと転職サイト

言語聴覚士の中には、「求人サイトと転職サイトの違いがわからない」という人も多くいます。
求人サイトとは、「インターネット上に求人情報を掲載しているサイト」のことを指します。一方で転職サイトとは、「担当のアドバイザーが付き、求人情報の紹介や履歴書、面接などの転職活動をサポートしてくれるサービスを提供しているサイト」になります。
つまり、求人サイトは求人情報の探索から面接まで、全てをあなた1人で行わなければいけません。それに対して転職サイトでは、アドバイザーがあなたの転職活動を手伝ってくれます。
このように転職サイトの特徴は、アドバイザーが付くことにあります。
既に述べたように、アドバイザーは求人情報の探索だけでなく、履歴書の書き方や面接のポイントなど、転職活動全般に渡ってサポートしてくれます。さらに、転職サイトによっては、条件面の交渉や面接同行といったサービスを行っているところもあります。
言語聴覚士が転職時に利用する求人サイトと転職サイトには、以上のような違いがあります。

言語聴覚士が転職サイトを利用すべき理由

言語聴覚士が求人情報を探す場合、インターネット上の求人サイトを使って「自分自身で探索する」もしくは、転職サイトを利用して「アドバイザーに紹介してもらう」という2つの方法があります。
実際には、求人サイトを使って自分自身で求人情報を探している人が多いです。しかし、効率的に転職活動を行いたい場合には、求人サイトよりも転職サイトを活用することをお勧めします。
言語聴覚士が転職サイトを利用すべき理由は、主に「求人数」「アドバイザーの存在」「転職にかかる負担」の3つの面から説明できます。

求人数

転職サイトは、ハローワークや求人サイトには掲載されていないような「非公開求人」を多く抱えています。そのため、その分紹介してもらえる可能性がある求人数も増えます。
このような非公開求人を紹介してもらえることは、転職サイトを利用することで得られるメリットの1つといえます。

アドバイザーの存在

転職サイトの特徴として、「アドバイザーによるサポートを受けることができる」ということが挙げられます。言語聴覚士が転職サイトに登録すると、求人情報の探索から履歴書の書き方、面接まで、転職に関わる全ての活動をアドバイザーがサポートしてくれます。
そして、アドバイザーがあなたから聴取した情報と今までの経験などから、あなたにマッチした求人情報を見つけて紹介してくれます。
もしあなたが、自分自身で求人を探した場合には、主に求人票に書かれている情報を元に、希望に合った求人かを判断しなければいけません。ただ、求人票に記載されている内容だけから正しい情報を読み取ることは簡単なことではありません
例えば、求人票に「週休2日制」と書いてあるとします。多くの言語聴覚士は、週休2日制と記載してあると、毎週2日間休むことができると考えます。
しかし実際には、週休2日制という言葉は「月に最低1回以上、週に2日間休みがある週がある」ということを意味しています。つまり、求人票に週休2日制と書いてあっても、毎週必ず2日間休めるわけではありません。
このように、求人票を正しく読み取るには、ある程度の知識が必要になります。そのため、普段から求人票を見ることのない言語聴覚士は、求人情報を誤って解釈してしまうことが少なくありません。
また、誤解したまま転職を行うと、転職後にミスマッチが起こる可能性が高くなります。
一方でアドバイザーは、こうした知識を持っているため、求人情報を正しく読み取る能力があります。そして、あなたにマッチした求人を紹介してくれるため、転職後のミスマッチが少なくなります。
以上のように、アドバイザーが存在することで、あなたにマッチした求人を紹介してもらえることは、転職サイトを利用して得られるメリットの1つだといえます。

転職にかかる負担

言語聴覚士が転職サイトに登録すると、アドバイザーがあなたの転職活動を手伝ってくれます。そのため、あなたが行わなければいけないことが少なくなります。
具体的には、以下に記す転職活動に関する手間が少なくなります。
 ・求人情報の探索
 ・面接、施設見学日程の調整
言語聴覚士が転職する際には、現職場の退職や引越しなど、忙しくなる人が多いです。その中で求人を探さなければいけないため、求人情報をゆっくり落ち着いて探索する時間がありません。
そのため、アドバイザーが求人情報を見つけて紹介してくれるサービスは、非常に助かります。
このように、転職サイトを利用すると、アドバイザーがサポートしてくれるため、転職活動にかかる負担が減ります。このことも、言語聴覚士が転職サイトを活用すべき理由の1つです。
今回述べたように、言語聴覚士が転職する場合には、求人サイトよりも転職サイトを利用することをお勧めします。
こうした転職サイトの特徴を上手く活用することで、転職に成功できる可能性が高くなります。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法