転職を検討している言語聴覚士(ST)がマイナビを使うべき理由

sttenshoku

 

「職場を辞めたいけど、どこに転職したらいいんだろうか?」と悩んでいませんか?

 

転職先が決まっていないと、辞めようにも辞めれないと思います。もちろん、言語聴覚士(ST)の免許をもっているあなたであれば、転職先に困ることはないでしょう。

 

ただ、だからといって適当に転職先を決めるのは避けるべきです。特に言語聴覚士の離職率が高い職場へ転職してしまうと、せっかく転職したのに、またすぐに職場を変えることになりかねません。

 

言語聴覚士として必要以上に転職を繰り返すと、今後転職を行う場合に大きなマイナス要素となってしまいます。そうしたことを避けるためにも、離職率の高い職場への転職は避けるべきです。

 

そして、離職率が低い職場へ転職したいのであれば、「マイナビコメディカル」を利用することをおススメします。転職サイトの中でも、マイナビコメディカルは定着率が高い転職先の紹介に力を入れているためです。

 

そこで今回は、「言語聴覚士が離職率の低い職場へ転職すべき理由」と「転職を検討している言語聴覚士がマイナビを利用すべき理由」について述べます。

 

言語聴覚士として転職するなら離職率が低い職場を選ぶべき

あなたが言語聴覚士としての転職を考えているのであれば、何よりも離職率が低い転職先を見つけるようにしましょう。離職率が高い職場へ転職すると、短期間で再転職を考える可能性が高いためです。

 

転職を繰り返すと履歴書に残る

言語聴覚士が転職活動を行う際、必ず履歴書を最初に送付します。そして、履歴書による書類審査を通過して初めて面接試験を受けることができます。

 

そのため、履歴書による書類審査を通ることができなかった場合は、何もアピールすることなく不採用となります。

 

履歴書において病院経営者が最も重視することは「転職暦」だといいます。具体的には、3年以内の転職を繰り返している人に対しては、かなり慎重に採用を検討する経営者が多いようです。

 

それは、経営者は「言語聴覚士は、3年以上働いて初めて病院に収益をもたらす」と考えているためです。

 

3年以内の離職は転職時に不利になる

言語聴覚士に限ったことではありませんが、就職して1〜2年目は、仕事に慣れることや教育が必要になるため、時間的コストや人件費が通常以上に必要となります。そのため、言語聴覚士が生み出す収益だけでは病院に利益をもたらすことができません。

 

つまり、3年目以上働いてやっと言語聴覚士としての給料分の収益を生み出すことができるようになるといえます。

 

こうした理由から、言語聴覚士で3年以内の転職回数が多い場合、履歴書の書類審査だけで不採用通知を受ける可能性が高くなります

 

離職率が高い職場に転職すると転職回数が増える

当然、言語聴覚士が離職率の高い職場へ転職すると、短期間で再転職を考える可能性が高くなります。その結果、短期間での再転職を行ってしまうことになり、履歴書にその経歴が残ってしまいます。

 

そうしたことを避けるためにも、あなたが転職を考えているのであれば、離職率の低い職場を見つけて転職すべきだといえます。

 

言語聴覚士が転職するときにマイナビを使うべき理由

ここまで述べたように、言語聴覚士として転職するのであれば、離職率が低い職場を見つけるべきです。

 

そうはいっても、「離職率なんかわからないのでは?」という疑問をもったのではないでしょうか?

 

離職率を調べるのは困難

確かに、それぞれの職場における離職率は求人票などには載っていません。当然ですが、ホームページなどに離職率を掲載している職場もないです。そのため、あなた自身が離職率を調べることは難しいといえます。

 

転職したいと考えている職場に知り合いがいても、離職率はわからないでしょう。

 

「結構短期間で辞めているよ」「長く働いている人が多いと思うよ」といった主観的な情報しか得られないはずです。

 

それでは、離職率が低い職場を見つけて転職することはできないのでしょうか?

 

言語聴覚士専門の転職サイトを使うと離職率が低い職場に転職できる

ここまで述べたように、あなた自身が離職率を調べることは難しいです。ただ、言語聴覚士の転職支援サービスを提供している「転職サイト」であれば、ある程度の離職率を把握しています。

 

転職サイトとは、転職を希望している言語聴覚士に求人を紹介したり、履歴書や面接のアドバイスをしたりするサービスです。登録すると、担当のアドバイザーが付いて転職全般に関する相談・アドバイスを行ってくれます。

 

転職サイトは、これまでたくさんの言語聴覚士の転職を支援してきています。

 

当然、転職サイトは利用者に良い転職先を紹介することが仕事であるため、紹介する転職先の離職率をある程度把握しており、離職率が低い職場を優先的に紹介してくれます。

 

そのため、あなた自身が離職率について調べなくても、転職サイトを利用すれば離職率の低い職場へ転職できるのです。

 

離職率の低い職場へ転職したいならマイナビがおススメ

言語聴覚士専門の転職サイトを利用すれば、必然的に離職率が低い職場へ転職できるようになります。

 

ただ一言で転職サイトといっても、転職サイトによって特徴は異なるのが実際です。

 

そして、離職率が低い職場を紹介してもらいたいのであれば、「マイナビコメディカル」をおススメします。マイナビコメディカルは、転職後の定着率の高さをウリにしている転職サイトです。

 

そのため、紹介先の定着率には徹底したこだわりをもっています。

 

例えば、マイナビが紹介する職場は、基本的にマイナビのスタッフが現場を訪れて経営者や担当者と直接話をしています。つまり、マイナビの基準を満たしていない職場が紹介されることはないのです。

 

こうしたことから、あなたが言語聴覚士として転職を考えているのであれば、マイナビを利用することをおススメします。

 

mynavi

 

今回述べたように、言語聴覚士として転職するのであれば、何よりも離職率が低い職場への転職を優先すべきです。

 

ただ、このような離職率に関しては、求人情報などから読み取ることは困難です。また、いくら自分自身で調べてもてもわからない場合がほとんどです。

 

そのときには、転職サイトのアドバイザーを活用することで、問題を解消しやすくなります。中でも、マイナビコメディカルは離職率が低い職場の紹介に力をいれているためおススメです。

 

ぜひマイナビコメディカルをを上手く活用して、離職率が低い職場への転職を成功させてください。

 

mynavi



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

離職率の低い職場へ言語聴覚士(ST)が転職すべき理由 関連ページ

言語聴覚士の給料・給与・年収について:リハビリ求人・転職
言語聴覚士の病院における役割と医療機関へ転職するメリット
言語聴覚士として働く際に注意すること:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)の資格を活かせる転職先と職域
女性が言語聴覚士(ST)として働くメリット・デメリット
言語聴覚士として勉強しておくべきこと:解剖学と脳神経
言語聴覚士として保健所、保健センターに転職するメリット
言語聴覚士がパート(非常勤)として転職するメリット
言語聴覚士が介護保健施設(老健等)へ転職するメリット・デメリット
言語聴覚士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力
認定言語聴覚士とは?認定言語聴覚士を取得する条件やポイント
住宅手当などの福利厚生が充実した言語聴覚士の求人・転職先
言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機
言語聴覚士(ST)が残業なしで定時に帰宅できる転職先とは
育児中のブランク明け言語聴覚士が非常勤(パート)で再就職する
言語聴覚士が土日休み、週休2日の求人・転職情報を探す方法
未経験者でも募集している言語聴覚士求人・転職情報の探し方
シフト制・有給ありの非常勤(パート)言語聴覚士求人・転職情報
言語聴覚士(ST)が有給消化率の高い求人情報を見つける方法
言語聴覚士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
人間関係で転職・退職を考えた言語聴覚士(ST)が取るべき行動
育休後にブランク明けで再就職・転職する言語聴覚士が持つ不安
言語聴覚士(ST)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
言語聴覚士が「年間休日120日以上」の求人へ転職する方法
言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート言語聴覚士(ST)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)が大学病院へ転職するメリットと求人の見つけ方
高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職
言語聴覚士(ST)が養成校教員へ転職する条件とポイント
言語聴覚士(ST)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト