言語聴覚士が介護保健施設(老健等)へ転職するメリット・デメリット

 

言語聴覚士(ST)が行うリハビリの対象者には、比較的高齢である人が多いです。そのため、転職先としては、デイサービスや老人保健施設(老健)、老人福祉施設といったような、介護保険施設がたくさんあります。

 

このような介護保険施設では、病院やクリニックといったような医療機関とは違った役割が言語聴覚士には求められます。そのため、介護保険分野であるからこそ学べることや、得られるメリットというものもあります。その一方で、老健やデイサービスで働く言語聴覚士だからこそ感じる苦労もあります。

 

そして、言語聴覚士として介護保険施設で働きたいと考えている場合は、このような特徴を理解した上で転職先として選択することが大切です。

 

そこで今回は、「言語聴覚士が介護保険施設で働くメリット・デメリット」について述べます。

 

STが介護保険施設へ転職することで得られるメリット

言語聴覚士が介護保険施設へ転職すると、病院などの医療機関とは違った視点で仕事をする必要があります。そうした中で、「社会復帰という考え方」や「コミュニケーション」について深く学べることは、特に言語聴覚士として大きなメリットだといえます。

 

そこで以下に、介護保険施設へ転職することで得られる利点について記します。

 

社会復帰という考え方が身に付く

言語聴覚士が活躍する場には、病院やクリニックといった医療機関や老人保健施設といったような介護保険施設などがあります。そして同じ言語聴覚士という職種であっても、それぞれの職場で求められる役割は異なります。

 

例えば、医療機関であれば、病気や事故などによって一時的に体の機能が低下している人を対象とすることが多いです。つまり、治療をすることで大きく症状が改善する人に対するリハビリを行うことになります。

 

そのため、言語聴覚士には、できるだけ問題が残らないことを目標に治療を行っていくことが求められます。つまり、「治療者」としての役割が強くなるといえます。

 

その一方で、介護保険施設では、医療保険での治療が終了と見込まれた脳卒中や心筋梗塞、先天的疾患といったように、完全に障害が改善することが難しいような人たちを対象にリハビリを行います

 

つまり、医療機関と違って、介護保険施設における対象者には「短時間で大きく症状が変わる」ということは、そうそう望めることではありません。

 

そこで言語聴覚士は、「そのような障害を抱えた上で、どのようにして社会生活に復帰するか」ということを考えなければなりません。こうしたことから、介護保険施設に勤める言語聴覚士には、社会復帰を支援するという「リハビリテーションの専門家」として役割が強く求められます。

 

このように介護保険施設で働く場合は、主にリハビリテーションという視点から対象者について考えることが多くなります。

 

そのため、地域リハビリテーションや在宅に関することなど、社会復帰という考え方について自然と身に付くことになります。このことは、言語聴覚士が介護保険施設で働くことで得られるメリットの一つだといえます。

 

コミュニケーション能力が身に付く

また、言語聴覚士が介護保険施設で働いていると、利用者さんの家族と接する機会が多くあります。

 

ご家族などの介護力にもよりますが、介護保険施設を利用している人の多くが、在宅復帰に向けてリハビリを行います。そして既に述べたように、「いかに利用者さんが障害を抱えた状態で社会復帰できるようにするか」ということが重要になります。そしてその際には、一緒に生活する家族の協力が必ず必要になります。

 

例えば、脳梗塞によって嚥下障害が残ったまま家に帰る場合は、家族の人が、食べることができるものや、食べるときの注意点などを理解しておく必要があります。

 

また、言語障害が残ってしまったような場合には、コミュニケーションが上手く取れないことも多々あります。そのため、利用者さんの家族が、接し方がよくわからずに悩んでしまうというケースも少なくありません。

 

このような場合には、利用者さんの家族に対するアドバイスや相談業務を行うことも、介護保険施設で働く言語聴覚士としての大切な役割になります。

 

そして、言語聴覚士によるリハビリを必要とする人のほとんどは幼児や高齢者であるため、その他の施設においても家族へアドバイスや説明する機会が多いです。そのため、このような相談する力というものは、今後転職する際にも必ず役に立つものです。

 

このように、コミュニケーション力を自然と身に付けることができることも、言語聴覚士が介護保険施設で働くことで得られるメリットの一つです。

 

STが介護保険施設へ転職することで起こりえるデメリット

言語聴覚士が介護保険施設で働くと、社会復帰という視野が広がったり、コミュニケーション能力が高くなったりするというメリットがあります。その一方で、介護保険施設だからこそ起こりえる苦労もあります。

 

そうしたことは、デメリットというわけではありませんが、転職する際には事前に理解しておく必要があります。そこで以下に、言語聴覚士が介護保険施設へ転職することで起こりえるデメリットについて記します。

 

介護職としての役割も求められる

病院やクリニックといった医療機関で言語聴覚士として働く場合、基本的にはリハビリにおける専門職としての役割のみを求められます。具体的には、患者さんの身体機能を改善したり、補助具などを利用して在宅復帰に向けた支援を行ったりすることが、言語聴覚士の主な仕事になります。

 

医療機関では、このような治療家とリハビリテーションを支援する専門家としての役割だけに集中して仕事を行うことができます。

 

その一方で、介護保険施設で働く場合、言語聴覚士に求められる役割はそれだけではありません。

 

特に介護保険施設では、「人手不足」という問題に悩まされているところが少なくありません。そのため、リハビリの専門職である言語聴覚士であっても介護職としての仕事を任される場面も多々あります。

 

例えば、利用者さんの送迎や入浴介助、食事介助といったようなことを任せられることもあります。そのため、言語聴覚士であっても、介護保険施設で働く場合には、こうした介護に関することも勉強しておく必要があります。

 

また、そのような現状があるため、個別のリハビリを集中して行えないことも多くあります

 

病院やクリニックなどの医療機関では、20分や40分などの決まった時間はマンツーマンで患者さんのリハビリを行うことができます。しかし介護保険施設では、言語聴覚士も介護に関する仕事も行わなければいけないようになるため、マンツーマンで行うリハビリ時間が取れないこともあります。

 

それだけではなく、介護保険施設の利用者さんは基本的には高齢であるため、常に転倒の危険性があります。そのため、特に介護保険施設ではリハビリ中でも周囲の状況に目を配っておかなければいけません。

 

このように、言語聴覚士が介護保険施設で働く場合、仕事内容が多岐にわたるため、専門職としての業務が疎かになってしまう可能性が高くなります。

 

こうしたことから、「患者さんとのリハビリは集中して行いたい」と考えている言語聴覚士は、このような現状があることを理解した上で転職先として介護保険施設を選択することが大切です。

 

治療家としての役割は求められない

介護保険施設を利用する人には、病気が発症して長い期間が経っている人が多いです。そのため、いくら言語聴覚士がリハビリを行っても、明らかな機能改善が望めないことがほとんどです。

 

病院などの医療機関では、「患者さんが抱えている障害をいかに残さないように治療するか」というような、治療家としての役割が言語聴覚士には求められます。

 

一方で介護保険施設では、そのような治療家としての側面より、リハビリテーションを支援する専門家としての役割が言語聴覚士には主に求められます。つまり、「障害を抱えた状態でどのようにして社会に適応していくか」ということを考えなければいけません。

 

そのため、やりがいがあることに違いはありません。また既に述べたように、そうした社会復帰に関して広い視野を持てるようになることは、言語聴覚士としてメリットだといえます。
ただ、言語聴覚士として治療家の役割を担いたいと考えている人にとっては、介護保険施設での仕事は物足りなく感じるかもしれません。

 

さらに、そのような現状を利用者さんも理解しているため、あまりリハビリに積極的ではなかったり、慰安のためのマッサージを求められたりすることも少なくありません。

 

例えば、あなたが利用者さんの嚥下機能を向上させようと考えて「嚥下訓練を行いましょう」と言っても、「きついからしたくない」「そんな訓練より肩が凝っているからマッサージして欲しい」というような答えが返ってくる可能性もあります。。

 

介護保険施設では、このように身体機能の改善に限界がある人が多いため、治療家としての役割が言語聴覚士に求められることが少なくなります。このような現状を理解しておかないと、転職後に「思ったような治療ができない」と後悔することになります。

 

今回述べたように、言語聴覚士が介護保険施設へ転職すると、「社会復帰に関する視野が広がる」「コミュニケーション能力を身に付けることができる」というメリットがあります。その一方で、「介護職の役割が求められる」「治療家としての役割が求められにくい」というデメリットもあります。

 

介護保険施設への転職を考えている場合には、こうしたメリット・デメリットの両面を理解した上で、転職先の一つとして検討することが大切です。

 

PT・OT・STおススメの介護転職サイト



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

言語聴覚士が介護保健施設(老健等)へ転職するメリット・デメリット 関連ページ

言語聴覚士の給料・給与・年収について:リハビリ求人・転職
言語聴覚士の病院における役割と医療機関へ転職するメリット
言語聴覚士として働く際に注意すること:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)の資格を活かせる転職先と職域
女性が言語聴覚士(ST)として働くメリット・デメリット
言語聴覚士として勉強しておくべきこと:解剖学と脳神経
言語聴覚士として保健所、保健センターに転職するメリット
言語聴覚士がパート(非常勤)として転職するメリット
言語聴覚士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力
認定言語聴覚士とは?認定言語聴覚士を取得する条件やポイント
住宅手当などの福利厚生が充実した言語聴覚士の求人・転職先
言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機
言語聴覚士(ST)が残業なしで定時に帰宅できる転職先とは
育児中のブランク明け言語聴覚士が非常勤(パート)で再就職する
言語聴覚士が土日休み、週休2日の求人・転職情報を探す方法
未経験者でも募集している言語聴覚士求人・転職情報の探し方
シフト制・有給ありの非常勤(パート)言語聴覚士求人・転職情報
離職率の低い職場へ言語聴覚士(ST)が転職すべき理由
言語聴覚士(ST)が有給消化率の高い求人情報を見つける方法
言語聴覚士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
人間関係で転職・退職を考えた言語聴覚士(ST)が取るべき行動
育休後にブランク明けで再就職・転職する言語聴覚士が持つ不安
言語聴覚士(ST)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
言語聴覚士が「年間休日120日以上」の求人へ転職する方法
言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート言語聴覚士(ST)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)が大学病院へ転職するメリットと求人の見つけ方
高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職
言語聴覚士(ST)が養成校教員へ転職する条件とポイント
言語聴覚士(ST)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト