作業療法士が行う身体障害領域のリハビリ:リハビリ求人・転職

 

作業療法士(OT)が仕事を行う場として、一般的に身体障害領域、精神障害領域、発達障害領域、老年期領域の4つの分野があります。作業療法士が転職する際は、この中のどの領域に関わりたいかで、転職先を決めることもあります。

 

4つの分野の中でも、身体障害領域に対する作業療法を行いたいと言う人は少なくありません。

 

そこで今回は、身体障害領域に対する作業療法について述べます。

 

働く場所と対象疾患

身体障害領域の分野で、作業療法士が働く場所は多くあります。整形外科病院や整形外科クリニック、総合病院、デイケア、身体障害者センターなど、さまざまです。以下に、その他の例も記します。

 

 ・急性期病院
 ・療養型病院
 ・身体障害者更生施設
 ・身体障害者授産施設
 ・地域の保健所、保健センター

 

このように、さまざまな場所で、作業療法士は身体障害とそれに付随して生じる認知面の問題に対して作業療法を行います。

 

具体的な対象となる疾患も多岐にわたります。以下にその例を記します。

神経・筋疾患

・脳出血や脳梗塞などの脳血管障害

・頭部外傷

・パーキンソン病

・筋萎縮性側索硬化症(ALS)

・筋ジストロフィー

整形外科的疾患

・脊髄損傷

・骨折、外傷、切断

心疾患

・心筋梗塞

・狭心症

呼吸器疾患

・慢性閉塞性肺疾患

その他

・熱傷

・腫瘍

・先天性奇形

・糖尿病

 

以上のように、いろいろな職場で、さまざまな疾患を持った人の身体障害に対して、作業療法を行います。

 

身体障害領域に対する作業療法

身体障害領域における作業療法は、理学療法と同様で、主に「心身機能・身体構造」「活動」「参加」の3つを対象に行います。

 

心身機能、身体構造

筋や関節の機能改善、痛みの予防や軽減、身体各部の協調性向上を目的に作業療法を行います。

理学療法士は、徒手療法などを用いて、このような機能改善を図りますが、作業療法士は、主に作業活動を通して行います。

 

例えば、脳血管障害によって麻痺がある人に対し、字を書く、物を作るといったような作業を一緒に行うことで、肩や肘、指などの可動域を維持したり、動作の協調性向上を図ります。もちろん、理学療法士と同じような徒手療法なども行いますが、このような作業を通じて行うのが作業療法士の特徴です。

 

また、動きやすい方法を教えたり、作業を通して持続的な運動を促すことで、円滑な動作の獲得や身体の耐久性
向上を図ります。

 

このようにして動作を達成することは、対象者の達成感につながり、心理的な効果も発揮します。

 

活動

整容や入浴、排泄などの日常生活から、家事、外出、趣味などの活動に関して、対象者が困難となっている動きを確認し、その人にあった動作方法などを指導します。

 

そのことで、動作中に起こる痛みの軽減や、動きの円滑化、転倒防止などを図ります

 

例えば、脊髄損傷によって体幹、上肢に麻痺がある人の食事においては、姿勢を保つことや、スプーンを使用することが困難なことがあります。そのような場合に、姿勢の保ち方や手の動かし方など練習したり、自助具を用いて動作の円滑化などを図ったりすることで、より食事をスムーズに行えるように援助します。

 

このことで、先ほども述べたように、動作を達成した達成感が生まれ、対象者の意欲向上にもつながります。

 

参加

また、実際の生活に戻り、家庭内や地域で周囲の人との交流を行いながら、生活に生きがいや役割を持って生活できるように支援します。

 

例えば、脳梗塞後の後遺症で麻痺があり、入浴が困難な人がいます。そのような人に対して、入浴用のイスや手すりなど使用や、家族への最適な介助方法を指導することで、住み慣れた家に戻れるようにします。

 

その結果、家族というコミュニティに参加することができるようになります。

 

さらに、レクリエーション活動などを通して、楽しい時間を過ごすことで生活意欲を高めたり、仲間ができたりします。、このようにして、家族だけではなく、地域というコミュニティへの参加も援助します。

 

リハビリテーションの最終的な目標の多くは、このように対象者の「参加」までつなげることです。

 

そのために、作業療法を通して、「心身機能・身体構造」「活動」を援助することで、より円滑に「参加」につながるようにしていくことが、作業療法士の仕事になります。

 

その中でも、特に身体障害領域では、今回述べたような現場や仕事内容を行います。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

作業療法士が行う身体障害領域のリハビリ:リハビリ求人・転職 関連ページ

作業療法士(OT)の給料・年収について徹底解説:リハビリ求人
作業療法士(OT)が認知症に対する作業療法を勉強するメリット
作業療法士が整形外科病院へ転職するメリット・デメリット
作業療法士が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント
離島に転職する作業療法士が注意すべきこと:リハビリ求人・転職
作業療法士(OT)が養成校教員へ転職するメリット・デメリット
パート(非常勤)で作業療法士として働くメリット:リハビリ求人
作業療法士が仕事と家庭の両立を行いやすい理由:リハビリ求人
作業療法士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
作業療法士(OT)が訪問リハビリへ転職するメリット・デメリット
作業療法士が短時間デイサービスに転職する際に注意すべきこと
作業療法士(OT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット
整形外科クリニックへ作業療法士が転職する際の注意点と苦労すること
作業療法士の免許取得後に持っていると転職で有利になる資格
認定・専門作業療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
作業療法士が介護保険施設へ転職するメリット:リハビリ求人
住宅手当などの福利厚生が充実した作業療法士の求人・転職先
作業療法士は残業が当たり前?残業なしで帰宅できるOT求人の見つけ方
育児中のブランク明け作業療法士が非常勤(パート)で再就職する
作業療法士が土日休み、週休2日の求人・転職情を探す方法
シフト制・有給ありの非常勤(パート)作業療法士求人・転職情報
作業療法士が有給消化率の高い求人を見つける方法
未経験者でも募集している作業療法士求人・転職情報の探し方
離職率の低い職場へ作業療法士(OT)が転職すべき理由
育休後にブランク明けで再就職・転職する作業療法士が持つ不安
人間関係で転職・退職を考えた作業療法士(OT)が取るべき行動
育児中作業療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
作業療法士は派遣として働けるのか?OTが派遣として働く条件
「年間休日120日以上」の作業療法士求人の探し方:リハ転職
作業療法士(OT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート作業療法士(OT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
高給与・高年収・高時給の作業療法士(OT)求人:リハビリ転職
作業療法士(OT)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
作業療法士(OT)が養成校教員へ転職する条件とポイント
作業療法士(OT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト