高給与・高年収・高時給の作業療法士(OT)求人:リハビリ転職

作業療法士(OT)で転職する人の中には、収入(給与・年収)アップを狙って職場を変える人も少なくありません。学校を卒業して数年は勉強ができれば収入(給与・年収)を意識しない人が多いですが、経験を重ねるごとに収入(給与・年収)に不満を抱える人は増えます。
就職して数年経つと、結婚して家族ができて生活に必要なお金が増える人が多くなります。また、そうなると講習会や本の購入など、自己研鑽のために使えるお金が少なくなります。
その結果、現在の収入(給与・年収)に不満を持つようになり、転職を考えます。
ただ、作業療法士が転職によって収入(給与・年収)をアップさせることは容易ではありません。そのような好条件求人は、数が多くないため簡単には見つかりません。
そのため、収入(給与・年収)がアップしやすい作業療法士求人の特徴や見つけ方を知っておくことが大切になります。そうすることで、転職での収入(給与・年収)アップに成功する可能性が高くなります。
そこで今回は、「収入(給与・年収)アップが期待できる作業療法士求人の特徴と見つけ方」について述べます。

キャリアアップで収入(給与・年収)アップ

作業療法士が収入(給与・年収)を上げるための1つとして、「職場でのキャリアアップを狙う」という方法があります。そのため、現職場でのキャリアアップが狙える場合には、転職をしないということも1つの選択肢だといえます。
一方で、現職場でのキャリアアップが難しく、転職による収入(給与・年収)アップを希望する場合には、以下に挙げる2つの特徴を持つ求人情報を探すことをお勧めします。

作業療法士管理職者を募集している求人

作業療法士求人の中には、作業療法士の管理職者を募集しているものもあります。当然そうした求人は、給与面の条件が良いものがほとんどです。
例えば、ある地方で一般職の作業療法士求人は年収が350万円前後であるのに対して、管理職者募集の求人では年収が500万円を超えるようなものもありました。このように、管理職者募集の求人を見つけて転職すると、高い確率で収入(給与・年収)アップが期待できます。
ただ、こうした管理職者募集の求人は、基本的に「経験年数」や「年齢」などに条件が付いていることが多いです。
そして、ハローワークや求人サイトを見ると明らかですが、作業療法士の管理職者を募集しているような求人情報は、圧倒的に数が少ないです。
このように、一般的に見つけにくい求人情報を探す場合には、作業療法士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。
転職サイトでは、ハローワークやインターネット上の求人サイトには掲載されていないような「非公開求人」をたくさん抱えています。
また、転職サイトに依頼しているような職場は、紹介してもらう応募者を厳選しているところも少なくありません。このように、応募の条件を満たした人材だけを紹介してもらえる転職サイトでは、管理職者の求人が見つかりやすいです。
そのため、作業療法士が管理職者として転職して収入(給与・年収)アップを狙う場合には、転職サイトを活用することをお勧めします。

キャリアアップが図りやすい職場

作業療法士が収入(給与・年収)アップを希望して転職する際には、管理職者募集の求人を探すことは、1つの有効な方法です。ただ、管理職者を募集しているような求人情報は多くありません。
そうした場合には、一般職として転職した後にキャリアアップを狙うことで収入(給与・年収)を上げることができます。
そのため、あなたは作業療法士がキャリアアップしやすい転職先を見つけて転職することで、収入(給与・年収)アップが実現しやすくなります。そして、作業療法士がキャリアアップしやすい職場には、「病院がリハビリに力を入れている」「作業療法士が少ない」という2つの特徴があります。
病院がリハビリに力を入れているような職場では、あなたが頑張るほど好評価を受けてキャリアアップできる可能性が高いといえます。
一方でリハビリに力を入れていないような職場であれば、あなたがどれだけ作業療法士としての専門性を高めても、良い評価を受けにくいです。そのため、キャリアアップしにくくなります。
これは、経営者視点からすると、どれだけ作業療法士としての専門性が高くても、病院への売上は変わらないためです。
作業療法士の売上は、保険点数によって時間当たりで決まっています。つまり、経験年数が1年目であろうと10年目であろうと、1日に売上ることができる額は基本的には変わりません
こうした理由から、作業療法士としてキャリアアップを狙うのであれば、職場自体がリハビリに力を入れているような職場へ転職することをお勧めします。
また、作業療法士の絶対数が少ない職場もキャリアアップを狙いやすいといえます。特に、あなたより若いスタッフが多いようなところでは、あなたが管理職者となる可能性はさらに高くなります。
そのため、作業療法士の数が少ないということも、キャリアアップをしやすい職場の特徴として挙げることができます。
以上のように、作業療法士は「リハビリに力を入れている」「作業療法士の数が少ない」という2つの特徴を持つ職場の求人を探して転職することで、転職後にキャリアアップを図りやすくなります。

好条件求人を見つけて収入(給与・年収)アップ

作業療法士が収入(年収・給与)を上げるために、管理職者を募集している職場と、キャリアアップしやすい職場のどちらかへ転職することでキャリアアップすることは、有効な手段だといえます。
このように、役職というポストに就き、キャリアアップをすることで収入(給与・年収)アップを狙うことができます。
一方で、そうした管理職というポストに就かなくても転職することによって収入(給与・年収)を上げる方法はあります。作業療法士の中には、役職に向かない人や、役職に就きたくないという人もいます。
そのような場合には、一般職でも収入(給与・年収)が高いような好条件求人を探して転職することで、大きく収入(給与・年収)アップを狙うことができます。
例えば、急な退職が続いたため、急いで作業療法士を募集しているところや、長い間求人を出しているけれど場所や交通機関の問題で応募がない職場などでは、給与面などの条件が優れているところが多いです。
しかし、こうした好条件の求人は、タイミングや運が良くなければ見つかりません。また、今述べたように交通など環境面に難点がある職場であることが多いです。
そうした場合に、作業療法士専門の転職サイトを利用すると、好条件求人が見つかりやすくなります。また、あなた自身がインターネットやハローワークで探すよりも、環境面などになるべく不都合がないようなあなたに合った好条件求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。
転職サイトでは、既に述べたように多くの「非公開求人」を抱えています。さらに、経験豊富なアドバイザーが厳選して求人を紹介してくれるため、あなたの希望に合った好条件求人が見つかりやすくなります。
このように作業療法士が好条件求人を探して収入(給与・年収)アップを狙う場合には、転職サイトを活用することをお勧めします。
作業療法士専門の転職サイトを上手く利用することで、効率的に好条件求人を見つけることができます。
今回述べたように、作業療法士が収入(給与・年収)アップを目的に転職を行う場合には、「キャリアアップ」もしくは「好条件求人」を狙って転職することで、希望に合った転職を実現することができます。
そして、キャリアアップや好条件求人への転職を成功させるためには、作業療法士専門の転職サイトを活用することも有効な一つの手段となります。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法