作業療法士が介護保険施設へ転職するメリット:リハビリ求人

 

作業療法士(OT)の転職先としては、病院やクリニックといった医療機関だけではなく、デイサービスや介護老人保健施設といったような介護保険施設もあります。

 

多くの作業療法士は、病院やクリニックといった医療機関に勤めていますが、介護保険施設で働いている人も少なくはありません。また、医療機関で勤務している作業療法士の中にも、将来は介護保険分野で仕事をしたいと考えている人もいます。

 

ただ、介護保険施設というと、作業療法の対象者に対して「慢性的な症状を持っている」「作業療法を行ってもなかなか改善が望めない」というイメージが先行し、治療への物足りなさを感じ、転職先として選択肢にも入れていない人もいます。

 

しかし、介護保険施設で働くことで得られるメリットも多くあります。

 

介護保険施設へ転職することで得られるメリットを知ることで、転職先の選択肢だけでなく、今後作業療法士としての働き方を広げるきっかけにもなります。

 

そこで今回は、介護保険施設に転職することで作業療法士が得られるメリットについて述べます。

 

作業療法士が介護保険施設へ転職するメリット

作業療法士が介護保険施設へ転職すると、いくつかのメリットを得ることができます。こうした転職するメリットを知ることで、より介護保険分野への興味が強くなるはずです。

 

以下に、作業療法士が介護保険施設へ転職するメリットについて記します。

 

介護保険に強くなる

介護保険施設を利用されている人は、基本的に介護保険認定を受けられています。そのため、複数の介護サービスを使っている人がほとんどです。

 

作業療法士には、そのような利用者さんの社会復帰を支援する役割があります。低下してしまった身体機能の改善も必要ですが「介護保険サービスという社会資源を活かすことで、いかに社会へ適応できるようにするか」ということも考える必要があります。

 

特に介護保険施設を利用している人は、症状が長期化している人がほとんどであるため、劇的な身体機能の改善は望めないことが多いです。そのため、障害が残った状態でも、環境を整えたり、介護サービスを利用したりすることで社会生活をスムーズに送れるようにすることが必要になります。

 

つまり、介護保険施設で働く作業療法士には、治療家としての側面よりリハビリテーションの専門家としての役割が求められます

 

その結果、必然的に介護保険サービスについて詳しく学ぶようになるため、介護保険に関してとても強くなります。作業療法士が介護保険について深く理解していると、さまざまなメリットがあります。その内のいくつかを以下に挙げます。

 

・利用者さんを多角的な視点から支援できる
・介護保険施設へ転職する際にアピールポイントとなる
・将来的に介護保険分野で独立しやすくなる
・他職種とのコミュニケーションが取りやすくなる

 

このように、作業療法士が介護保険に詳しくなると、専門職としてのスキルが向上することはもちろんのこと、転職や将来的な独立にまで影響します。以上のメリットだけでも、作業療法士として介護保険施設へ転職することは有意義だといえます。

 

コミュニケーション能力が向上する

作業療法士が介護保険施設で勤務する場合、人との関わりが多くなります。介護保険施設では、利用者さんだけでなく家族や担当ケアマネ、相談員など、さまざまな人と接する機会が増えます。

 

介護保険施設で働く場合は、このように幅広い職種の人とコミュニケーションを取る必要があるため、幅広い知識を持っておかなければいけません

 

またそれだけではなく、利用者さんの家族などへの説明を行う際には、わかりやすく話すことを意識する必要があります。利用者さんの家族は、専門的な知識を持っていません。しかし、通所施設であれば利用者さんの現生活、入所施設であれば在宅復帰後の生活は、家族の人が主に介護を行うことになります。

 

そのため、利用者さんの家族が状態や介護方法をしっかりと理解していないと、本人、家族共に非常に苦労することになります。

 

このような事態を防ぐためにも、作業療法士は利用者さんの家族とのコミュニケーションを大切にしなければいけません。家族の方との関係性を作ることはもちろんのこと、利用者さんの現状を理解してもらうことや、一緒に生活する上での注意点、リハビリの方法など、さまざまなことを上手く伝えなければいけません。

 

作業療法士が介護保険施設で働いていると、このように多くの人々とコミュニケーションを取る機会があるため、必然的にコミュニケーション能力が向上します

 

このようにコミュニケーション能力が身に付くことも、作業療法士が介護保険施設で働くメリットの1つだといえます。

 

介護保険施設で注意すべきこと

作業療法士が介護保険施設で働く場合、当然ながら病院などと求められる役割も違います。また、それに伴って注意すべきことも異なります。介護保険施設への転職を考える際には、そのことを理解しておかないと、転職後にミスマッチが起こることになりかねません。

 

そこで以下に、作業療法士が介護保険施設で働く際に注意すべきことについて述べます。

 

仕事内容が多岐に渡る

作業療法士の中でも、デイサービスや老人保健施設といった介護保険施設で働いている人は多いです。このような介護保険施設では、病院やクリニックといった医療機関と違い、身体機能的な改善よりも環境の整備といったようなリハビリテーション的な視点で利用者さんと接することが大切になります。

 

そのような意味でも、理学療法士や言語聴覚士といったような他のリハビリ関連職と比較しても生活面へのアプローチに詳しい作業療法士にとって介護保険施設は力を発揮しやすい職場だといえます。

 

しかしそのような介護保険施設では、「人手不足」という問題に悩まされているところが少なくありません。そのため、作業療法士であっても、入浴介助や送迎といったような介護職員の仕事を任されることも多いです。

 

そのような現状があるために、利用者さん一人ひとりへの対応が疎かになりがちです。病院であれば、20分や40分といったように決められた時間は、マンツーマンで患者さんに集中してリハビリを行うことができます。そのため、一人ひとりしっかりとリハビリを行うことができます。

 

一方で介護保険施設では、人手不足のために一人ひとりに集中して作業療法士がリハビリを行う時間を取れないことも多々あります

 

また、リハビリをしているときでも常に周囲の状況に気を配る必要があります。これは病院でも同様ですが、特に介護認定を受けられている高齢者が利用者である介護保険施設では、転倒のリスクなどが高いため注意が必要です。

 

このように介護保険施設では、作業療法士としての仕事だけでなく、さまざまな役割が求められます。そのため、どうしても利用者さん一人ひとりへの対応が疎かになってしまいがちです。

 

作業療法士の中には、「リハビリを行うときはマンツーマンで集中したい」と考えている人も多いと思います。ただ、介護保険施設ではこのような現状があるということは理解しておいてください。

 

独自の方針やルールが存在する

さらに介護保険施設では、それぞれの施設による独自の方針やルールが存在しているところが多くあります。これはどのような職場でも同様ですが、特に介護保険施設では注意しなければいけません。

 

例えば、ある施設では利用者さんの自発的な行動を促すために、ティッシュボックスやゴミ箱の設置場所に工夫が行われていました。わざと遠くにティッシュ箱やゴミ箱を置くことで、利用者さんの運動を促すというものです。

 

また他にも、施設内独自のお金を作り、運動や掃除、片付けをすることでその分の報酬がもらえるという制度を作っているところもあります。そしてそのようにして得たお金は、施設内で飲み物やお菓子といったものに替えることができます。そのことがモチベーションとなり、結果的に運動を促すことにつながります。

 

このように、介護保険施設では独自の方針やルールを定めているところが多くあります。そのため、あなたが作業療法士として介護保険施設に転職する際は、必ずそのような方針やルールを確認するようにしてください。

 

そのような独自の取り組みや方針、ルールを知らずに転職すると、転職後に失敗することにつながります。

 

今回述べたように、介護保険施設へ作業療法士が転職することで「介護保険に強くなる」「コミュニケーション能力が向上する」という2つのメリットが得られます。このことは、作業療法士としてのスキルアップはもちろんのこと、将来の働き方にもプラスに作用することです。

 

また、介護保険施設ならではの注意点を知っておくと、転職後のミスマッチを防ぐことができるようになります。

 

PT・OT・STおススメの介護転職サイト



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

作業療法士が介護保険施設へ転職するメリット:リハビリ求人 関連ページ

作業療法士(OT)の給料・年収について徹底解説:リハビリ求人
作業療法士(OT)が認知症に対する作業療法を勉強するメリット
作業療法士が行う身体障害領域のリハビリ:リハビリ求人・転職
作業療法士が整形外科病院へ転職するメリット・デメリット
作業療法士が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント
離島に転職する作業療法士が注意すべきこと:リハビリ求人・転職
作業療法士(OT)が養成校教員へ転職するメリット・デメリット
パート(非常勤)で作業療法士として働くメリット:リハビリ求人
作業療法士が仕事と家庭の両立を行いやすい理由:リハビリ求人
作業療法士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
作業療法士(OT)が訪問リハビリへ転職するメリット・デメリット
作業療法士が短時間デイサービスに転職する際に注意すべきこと
作業療法士(OT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット
整形外科クリニックへ作業療法士が転職する際の注意点と苦労すること
作業療法士の免許取得後に持っていると転職で有利になる資格
認定・専門作業療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
住宅手当などの福利厚生が充実した作業療法士の求人・転職先
作業療法士は残業が当たり前?残業なしで帰宅できるOT求人の見つけ方
育児中のブランク明け作業療法士が非常勤(パート)で再就職する
作業療法士が土日休み、週休2日の求人・転職情を探す方法
シフト制・有給ありの非常勤(パート)作業療法士求人・転職情報
作業療法士が有給消化率の高い求人を見つける方法
未経験者でも募集している作業療法士求人・転職情報の探し方
離職率の低い職場へ作業療法士(OT)が転職すべき理由
育休後にブランク明けで再就職・転職する作業療法士が持つ不安
人間関係で転職・退職を考えた作業療法士(OT)が取るべき行動
育児中作業療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
作業療法士は派遣として働けるのか?OTが派遣として働く条件
「年間休日120日以上」の作業療法士求人の探し方:リハ転職
作業療法士(OT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート作業療法士(OT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
高給与・高年収・高時給の作業療法士(OT)求人:リハビリ転職
作業療法士(OT)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
作業療法士(OT)が養成校教員へ転職する条件とポイント
作業療法士(OT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト