転職サイト利用の流れ

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者の中には、転職サイトを利用して転職活動を行う人がいます。

ただ、薬剤師や看護師などと比較すると、PT・OT・STで転職サイトを活用している人は少ないです。そもそも、リハビリ職者の中では転職サイトの認知度は低く、転職サイトの存在を知らない人も多いです。

そのため、ほとんどのPT・OT・STは、ハローワークや求人サイトを使って転職を行います。

しかし、PT・OT・STが転職する際には、ハローワークや求人サイトよりも転職サイトを利用した方が良いといえます。転職サイトは、ハローワークや求人サイトと同様に無料で利用できる上に、アドバイザーが転職活動のサポートをしてくれます。

また、一般的には見ることができない「非公開求人」をたくさん抱えているところが多いため、好条件の求人情報を紹介してもらえる可能性が高いです。

こうした転職サイトのメリットを考えると、PT・OT・STが転職する際には、転職サイトを活用した方が良いといえます。ただ、転職サイトを使ったことない人にとっては、転職サイトを利用するイメージが沸かないと思います。

そこで今回は、「PT・OT・STが転職サイトを利用する際の流れ」について述べます。

転職サイトの登録から転職までの流れ

PT・OT・STがハローワークや求人サイトではなく転職サイトを使用した場合、ハローワークや求人サイト利用時とは、転職までの流れが異なります。
転職サイトを利用した際の流れを簡単に記すと、以下のようになります。

1. 登録
2. ヒアリング
3. 求人情報の紹介
4. 応募
5. 書類選考
6. 面接日程調整
7. 面接
8. 内定
9. 退職活動
10. 入職

転職サイトにおける一番の特徴は、キャリアアドバイザーによるヒアリングが行われることです。アドバイザーが、あなたの希望する条件や勤務地などを聴取して、あなたと求人のマッチングを行ってくれます。

また、入職までに必要な転職活動全般に関してアドバイザーがアドバイスをくれるため、1人で悩む必要がなくなります。

以下に、転職までの手順についてそれぞれ解説します。

1、登録

PT・OT・STが転職サイトを利用するためには、まず転職サイトに登録しなければいけません。

転職サイトへの登録は、詳細な情報の入力が求められるサイトもありますが、30秒から1分程度で完了するところがほとんどです。

基本的に、転職サイトの利用は全て無料です。

2、ヒアリング

転職サイトへ登録した後は、担当のアドバイザーからヒアリングが行われます。
あなたの希望する条件や勤務地、キャリアプラン、ライフプランなどが聴取されます。そして、ヒアリング内容を考慮した上で、あなたに適した求人情報だけを紹介してもらうことができます(マッチング)。

そのため、ヒアリングではできるだけ詳細な情報を伝えるようにしましょう。そうすることで、よりあなたの希望に合った求人情報を紹介してもらうことができます。

また、PT・OT・STの転職サイトでは、電話もしくはメールでのヒアリングが行われることが基本です。

ただ、ヒアリングはできる限りメールではなく電話で行うようにしてください。メールだと伝わりにくいことがありますし、電話で対応したほうが、求人情報を紹介してもらえる優先順位が高くなります。

3、求人情報の紹介

ヒアリングを元に、アドバイザーからあなたに合った求人情報を紹介してもらうことができます。

紹介方法は、基本的にはあなたが希望した方法で行ってくれます。電話で伝えてもらうこともできますし、メールで知らせてもらうこともできます。

ただ、どちらにしても気になる求人情報があった場合には、時間を作ってアドバイザーに電話するようにしてください。

4、応募

アドバイザーから紹介してもらった求人で、気に入った情報があれば、実際に応募します。

応募方法は、WEBでの応募やアドバイザーを通した方法などがあります。基本的には、アドバイザーが教えてくれるため、アドバイザーの指示に従うようにしましょう。

5、書類選考

求人先へ応募した後は、履歴書や職務経歴書を送付して書類審査を受けます。

PT・OT・STの多くは、履歴書や職務履歴書の作成で悩みます。例えば、悩みの例としては「志望動機はどのように書けば良いのか?」「職務経歴書は書いた方が良いのか?」などが挙げられます。

転職サイトを利用している場合には、こうした履歴書や職務経歴書に関する悩みもアドバイザーに相談することができます。

6、面接日程調整

書類審査を通過した後は、面接を受けることになります。

PT・OT・STが転職サイトを利用している場合、面接の日程調整はアドバイザーが行ってくれます。あなたが都合の良い日や時間をアドバーバイザーへ伝えておくと、アドバイザーが求人先と交渉をして日程を調整してくれます。

7、面接

面接の日程が決まれば、あとは面接を受けるだけです。

PT・OT・STの中には、面接が苦手という人も多くいます。ただ、転職サイトを使っている場合には、面接においても、アドバイザーが指導してくれます。
例えば、「志望動機の答え方」や「PT・OT・STに対してよく行われる質問とその返答例」などをアドバイスしてもらえます。

また転職サイトの中には、あなたが希望すれば、アドバイザーが面接に同行してくれるところもあります。面接同行を使うことで、面接時の緊張度は大きく下がります。

8.内定

書類審査、面接の内容で、求人先とあなたの条件が一致すると内定になります。

9、退職活動

転職先が決まった後は、現在働いている職場を退職しなければいけません。

PT・OT・STが転職する際に、思った以上に苦労するのが退職活動です。例えば、「退職届の書き方」や「退職届の提出方法」「退職届を出す時期」などに悩む人は多いです。

また、患者さんの引継ぎなども行わなければいけないため、とても忙しくなります。

そうした際に転職サイトを利用していると、アドバイザーがサポートしてくれます。転職だけでなく退職活動に関しても、PT・OT・STの転職を支援した経験が豊富なアドバイザーが、あなたの悩みに対してアドバイスをしてくれます。

10、入職

無事に職場を退職することができれば、後は新しい職場への入職です。

PT・OT・STが転職サイトを利用した場合の、登録から転職までの流れは以上のようになります。

このように、転職サイトを利用すると、ハローワークや求人サイトとは違って、担当のアドバイザーが多くのことをサポート・代行してくれます。しかも利用は無料であるため、転職時には、転職サイトを使わないともったいないといえます。

ただ、転職サイトは上手く活用しないと全く意味を成さないため、適切な活用方法を学んだ上で登録するようにしてください。
転職サイトを有効に活用するための方法



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法