「 言語聴覚士(ST)の求人・転職 」 一覧

no image

高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職

言語聴覚士(ST)が転職を考える1つの理由に、「収入(給与・年収)への不満」が挙げられます。言語聴覚士の場合、長年働いていても、管理職に就かない限りは大きく収入(給与・年収)が上がることは期待できませ …

no image

言語聴覚士(ST)が大学病院へ転職するメリットと求人の見つけ方

あなたは「言語聴覚士(ST)として大学病院で働きたい」と考えているのではないでしょうか? 確かに、言語聴覚士における転職先の選択肢の一つとして大学病院があります。ただ、「言語聴覚士の大学病院の求人は少 …

no image

パート言語聴覚士(ST)が扶養内で働く条件:リハビリ求人

言語聴覚士(ST)の資格所有者には女性が多く、中には非常勤として勤務している人も少なくありません。特に、結婚や出産を機に、正社員から非常勤へ移行する人はたくさんいます。 そして、非常勤として働く中で多 …

no image

言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由

言語聴覚士(ST)が転職する際には、まず求人を探す必要があります。そして、希望に合った求人情報が見つかった後、履歴書による書類審査や面接試験を受けることになります。 そのため、言語聴覚士が転職を成功さ …

no image

言語聴覚士が「年間休日120日以上」の求人へ転職する方法

言語聴覚士(ST)で転職をする人の中には、転職先の年間休日数という条件を気にする人が少なくありません。資格所有者に女性が多い言語聴覚士は、子供の行事などに参加できるように、休日が充実した職場で働きたい …

no image

言語聴覚士(ST)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い

言語聴覚士(ST)が転職する際には、正社員として働く人もいれば、非常勤として勤務する人もいます。特に、言語聴覚士には女性が多いため、非常勤として、育児や家事と仕事の両立を図る人が少なくありません。 そ …

no image

言語聴覚士(ST)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

言語聴覚士(ST)には、公務員として働いている人もいます。そして、言語聴覚士の中には、公務員としての扱いを受けることができる職場への転職を望んでいる人も少なくありません。 ただ、言語聴覚士が公務員とし …

no image

育休後にブランク明けで再就職・転職する言語聴覚士が持つ不安

言語聴覚士(ST)の資格所有者は、女性が半数以上を占めています。そのため、出産を機に一度退職をして、臨床を離れる人も多くいます。そしてそのようなの中には、子供が幼稚園や小学校に行くようになって再就職・ …

no image

人間関係で転職・退職を考えた言語聴覚士(ST)が取るべき行動

言語聴覚士(ST)における転職理由の1つに「職場内での人間関係」が挙げられます。このように、職場で人間関係が悪化したことがきっかけで転職を考える人は少なくありません。また、このような理由で転職を行う際 …

no image

育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め

言語聴覚士(ST)の資格所有者は、半数以上が女性です。そして、言語聴覚士の中には、出産後に常勤として復帰する人が多くいます。 そうした育児をしながら言語聴覚士として復職する場合、働く職場は慎重に選ばな …

no image

言語聴覚士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由

言語聴覚士(ST)が転職する際、転職先に求める条件は人それぞれ異なります。中には給料の高い職場を望む人もいますし、給与が低くても休日数が多いところを希望する人もいます。 このように、転職先に望む条件は …

no image

言語聴覚士(ST)が有給消化率の高い求人情報を見つける方法

言語聴覚士(ST)が転職する際、転職先には「有給消化率の高い職場」を選ぶことをお勧めします。他にも転職する際には、「給料が良い」「教育システムが整っている」など、転職先へ希望する条件には、さまざまなも …

no image

離職率の低い職場へ言語聴覚士(ST)が転職すべき理由

「職場を辞めたいけど、どこに転職したらいいんだろうか?」と悩んでいませんか? 転職先が決まっていないと、辞めようにも辞めれないと思います。もちろん、言語聴覚士(ST)の免許をもっているあなたであれば、 …

no image

シフト制・有給ありの非常勤(パート)言語聴覚士求人・転職情報

言語聴覚士(ST)は資格所有者の多くが女性である職種です。そのため、家庭や育児との両立のために常勤ではなく非常勤(パート)として働いている人も多くいます。 そして、非常勤(パート)として働く際に労働条 …

no image

未経験者でも募集している言語聴覚士求人・転職情報の探し方

言語聴覚士(ST)の資格所有者は、半数以上が女性になります。そして、中には卒業して国家試験に受かった後、結婚や出産といったやむをえない事情から就職しない人もいます。そして、そのまま数年が経過して再就職 …

no image

言語聴覚士が土日休み、週休2日の求人・転職情報を探す方法

言語聴覚士(ST)が転職する際に、「土日休み・完全週休2日制」という条件を求める人は少なくありません。特に、子供がいて家庭を持つような言語聴覚士の人には多い要望です。しかし、このような好条件求人は簡単 …

no image

育児中のブランク明け言語聴覚士が非常勤(パート)で再就職する

言語聴覚士(ST)は、資格所有者の半数以上が女性である職業です。そのため、言語聴覚士の中には結婚や出産によって臨床の現場を長期間離れるような人もいます。そして、そのまま仕事を辞める人もいますが、多くは …

no image

言語聴覚士(ST)が残業なしで定時に帰宅できる転職先とは

言語聴覚士(ST)の中には、残業なしで定時に帰宅できる職場へ転職したいと考える人も少なくありません。 特に、言語聴覚士の資格所有者は女性が大半を占めているため、夫や子供といったように家庭を持つ女性も少 …

no image

言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機

言語聴覚士(ST)の転職活動において、「志望動機」は履歴書や面接で必ず必要になるものです。 ただ、履歴書や面接における言語聴覚士の志望動機は、ほとんどの人がマニュアル化されたものを書いていたり答えたり …

no image

住宅手当などの福利厚生が充実した言語聴覚士の求人・転職先

言語聴覚士(ST)で転職をする際に、求める条件の1つに「福利厚生制度が充実している」ということが挙げられます。 特に福利厚生制度の充実を求めていない言語聴覚士であっても、転職時に求人情報の福利厚生欄を …