PT・OT・STが知人の紹介で転職するメリット・デメリット

ptotst

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職を行う際には、さまざまな方法があります。

 

例えば、リハビリ職者の中には、ハローワークや求人サイトを利用して求人情報を探す人もいれば、転職サイトへ登録する人もいます。また、友人から紹介してもらったり、直接病院や施設へ問い合わせたりする人もいます。

 

ただ、ほとんどの人はこうした転職手段を比較・検討することなく、自分自身が知っている方法を使って転職活動を行います。しかし実際には、それぞれの手段をしっかりと比べた上で、あなたに適した転職手段を選択した方が、良い転職につながる可能性が高くなります。

 

そこで今回は、「リハビリ職者(PT・OT・ST)が知人の紹介で転職するメリット・デメリット」について述べます。

 

PT・OT・STが知人の紹介で転職するメリット

PT・OT・STの中には、知人の紹介で転職先を決める人もいます。リハビリ職者であるPT・OT・STは、同じ養成校の同級生や講習会で知り合った人など、幅広く人とつながりを持つ人が多くいます。そして、そうしたつながりを利用して転職を行う人もいます。

 

知人を介しての転職で得られる最も大きなメリットは「内部事情を詳しく知ることができる」ということです。

 

ハローワークや求人サイトを使った転職活動では、1枚の求人票から応募先の情報を読み取らなければいけません。当然ながら、給料や賞与、年間休日数など、基本的な情報は記載されています。ただ、求人票だけではわからないことはたくさんあります。

 

例えば、職場内の人間関係や有給の使いやすさ、昇給のしやすさなど、細かい内部事情に関しては、求人票から読み取ることは困難です。またそうしたことは、たとえ応募先のホームページなどを見てもわかることではありません。

 

それに対して、知人からの紹介であれば、かなり細かい内部事情を知った上で転職することができます。

 

また「紹介による転職は、採用されやすくなる」ということも、知人を通して転職を行う大きなメリットの1つです。

 

あなたが内部事情を知ることができるのと同じように、病院側も知人を通してあなたのことについて詳しく情報を得ています。さらに、信頼関係ができている人(知人)からの紹介であるため、それだけで病院側からのあなたに対する評価は高くなっています。

 

そのため、知人の紹介によって転職する場合には、採用される可能性がかなり高くなります。

 

このように、PT・OT・STが知人の紹介で転職することには、いくつかのメリットがあります。以下に、知人の紹介による転職で得られるメリットについて記します。

 

・応募先の内部事情を知ることができる
・採用試験に通りやすくなる

 

PT・OT・STが知人の紹介で転職するデメリット

PT・OT・STが知人の紹介で転職すると、「応募先の内部事情を知ることができる」「採用試験に通りやすくなる」というメリットを得ることができます。

 

その一方で、知人の紹介によって転職をすることで生じる可能性があるデメリットもあります。

 

知人から紹介してもらったばっかりに起こる問題の中で、最も多いのは「退職時の気まずさ」です。

 

あなたが長年勤めた上で、避けられない事情やポジティブな理由で退職をする場合には、問題ありません。それに対して、短期間かつネガティブな理由で退職する場合には、紹介してくれた知人に対して迷惑をかけることになりかねません。

 

例えば、「知人から聞いて給料より安い」「入職してみると雰囲気が合わなかった」などということは、普通に起こることです。

 

そして当然ながら、そうした理由であなたが入職後すぐに退職してしまうと、紹介した知人の顔を潰すことになります。そうしたことを避けるためには、あなたは不満を抱えたまま働き続けなければいけません。

 

つまり、そうした状況であれば、あなたは辞めても働き続けても何らかの問題を抱えることになります。

 

このように、PT・OT・STが知人の紹介によって転職を行う場合には、「退職時に気まずくなる可能性がある」というデメリットが生じる可能性があります。そのため、知り合いを介して職場を紹介してもらう際には、こうしたことを理解した上で慎重に行動するようにしてください。

 

また紹介によって入社した場合、他の社員から色眼鏡で見られる可能性もあります

 

特に条件が良いような人気の企業(病院・施設)であれば、その傾向は強くなります。そのような人気企業で働く人のほとんどは、何十倍という倍率の中から苦労して就職を勝ち取った人たちです。

 

そのため、入社するだけでも相当の努力をしてきた社員にとって「経営者や社員の知り合いだから」という紹介で簡単に入職されることは、あまり気持ちの良いことではありません。

 

また、もし知人の紹介を使わずに他の社員と同等のプロセスを経て入社しても、社員に知り合いがいるというだけで「あの人はコネで入ったのだ」と思われることも少なくありません。その結果、実力を正当に評価してもらえないということが起こりえます。

 

特に経営者の知り合いとなると、そのような傾向は強くなります。

 

そして、こうした色眼鏡を外すためには、真面目に仕事に取り組むしかありません。実際に結果を出せば、周囲の人が見る目は自然と変わってきます。

 

今回述べたように、PT・OT・STが知人を介して転職すると、「応募先の内部事情を知ることができる」「採用試験に通りやすくなる」というメリットを得ることができます。

 

その一方で、知人からの紹介による転職には、「退職時に気まずくなる可能性がある」「スタッフから色眼鏡で見られる可能性がある」というデメリットもあります。

 

PT・OT・STが知人を介して転職する際には、こうしたメリットとデメリットを理解した上で行動することが大切だということを理解しておいてください。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

PT・OT・STが知人の紹介で転職するメリット・デメリット 関連ページ

PT・OT・STが直接応募して転職するメリット・デメリット

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト