リハビリ職者におけるオススメ転職サイトの特徴と違い

rehabilitenshoku

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職するときには、多くの人が転職サイトを利用します。ただ、ほとんどの人は転職サイトの有効な活用方法を理解していません。

 

PT・OT・STに限ったことっではありませんが、転職サイトへ登録するときに最も大事なことは、「必ず複数サイトを同時に利用する」ということです。

 

担当するアドバイザーには個性があるため、当然ながらあなたに合わない人が当たる場合もあります。そうなってしまうと、せっかく転職サイトに登録しても有効に利用することができません。そのようなリスクを避けるためにも、複数サイトに登録した方が良いです。

 

また、登録が1社だけだと、アドバイザーが力を抜いてしまうことが多いです。ライバルがいないことで、アドバイザーはあなたに対して多少の手を抜いても問題ないと考えてしまうからです。

 

そのため、数社に登録することで競争させた方がアドバイザーの頑張り具合が変わります。

 

そうは言っても、転職サイトはいくつもあるため、どこのサイトに登録した方が良いのかについて悩む人は多いです。さらに、インターネット上にある情報だけでは、それぞれのサイトの特徴も分かりにくいです。

 

PT・OT・ST専門の各転職サイトの特徴を見極めることが大切

まずは、転職サイトの違いを見極めた上で、どの紹介会社があなたに適しているかを判断すると良いでしょう。転職の目的は人によって違うため、あなたの望みを得意とするサイトに登録すると、良い転職先が見つかりやすくなります。

 

例えば、紹介してもらう求人の質にこだわりたいという人はマイナビコメディカルを活用することをお勧めします。マイナビ求人では、アドバイザーが病院や施設に直接ヒアリングをして情報を得ています。さらに、求人の質にこだわっているため、転職後の定着率が高い職場しか紹介しないという徹底ぶりです。

 

また、ハローワークなどには掲載されていないようなレアな求人を紹介してもらいたい人はDODA(ドーダ)がお勧めです。企業とのつながりが強く、非公開求人をたくさん持っています。そして、企業との関係を活かして、企業側への交渉を優位に進めてくれます。

 

他にも、MEDFiT(メドフィット)に登録すると、専門のキャリアアドバイザーが面接対策を行ってくれるだけではなく、アドバイザーが面接に同行してくれます。さらに、アドバイザーが面接時に条件面の交渉も行ってくれます。

 

専門技術の向上が目的であれば、PTOT人材バンクはお勧めです。PTOT人材バンクはリハビリ事情に詳しく、どの病院が、どのような治療法に特化しているかを把握しています。そのため、あなたが学びたい分野や知識、技術を伝えると、そのことに力を入れている病院を紹介してくれます。

 

ptotsttenshoku

 

このように、それぞれの会社で特徴が異なります。以下に、それぞれの転職サイトについての詳細を記します。

 

対応地域や口コミ、これまでの実績を元に1〜4位までのランキング形式で比較して掲載します。これらを参考にした上で、3社以上を同時並行で活用しながら転職活動を進めてみて下さい。

 

ptotsttenshoku マイナビコメディカル

 

紹介先の質にこだわり、定着率の高い求人しか紹介しない

 

mynavi

 

マイナビコメディカルは、40年近くも人材関連のビジネスを行っている、日本最大の就職・転職情報サイトを運営している「マイナビグループ」が提供するサービスです。

 

マイナビの特徴

マイナビコメディカルのこだわりは「その人に合った質の高い転職先だけを紹介する」というところにあります。例えば、紹介する求人情報に関しては、各地域のアドバイザーが直接病院や施設を見学した上で、経営者や採用担当者にヒアリングを行います。

 

また、転職後の定着率にこだわり、定着率が高い病院や施設しか紹介しないという徹底ぶりです。

 

このようにマイナビコメディカルは、直接見学して聴取した確かな情報を元に、あなたの希望や人柄に合った転職先を紹介してくれます。マイナビコメディカルは、こうした取り組みを実施しているので「リハビリ関係者と就職先とのミスマッチを極限まで低くする」ことに成功しています。

 

さらに平成27年には、厚生労働省が行う委託事業の「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得しています。つまり、厚生労働省にもサービスの質の高さが認められている転職サイトです。

 

「就職先の質にこだわり、ミスマッチをなくすことで一つの職場で長く働きたい」と考えているPT・OT・STにはお勧めのサイトです。

 

マイナビを利用すべきPT・OT・STの特徴

特に、今まで以下のような経験をした人は、マイナビコメディカルを活用するようにしましょう。

 

  • 転職前に言われていた条件と実際の給料が違った
  • 同僚や上司、経営者、他部署のスタッフとの人間関係に悩んだ
  • 今度は長く働ける職場に勤めたい
  • 想像していたより残業や休日出勤が多かった
  • 仕事が忙しすぎて家事などを行う余裕がなかった

 

ただ、マイナビコメディカルは対応地域が限られています。「登録したのに紹介してもらえなかった」という事態を防ぐために、マイナビコメディカルが求人を扱っている地域を確認した上で登録するようにしてください。

 

そして、マイナビコメディカルが対応していない地域の人は、その他のDODAやMEDFiTを活用するようにしましょう。

 

「マイナビコメディカル」の対応地域

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県

 

mynavi

 

ptotsttenshoku DODA(ドーダ)

 

非公開求人が豊富で、大手企業とのつながりが強い

 

ptotsttenshoku


 

日本で最も転職支援実績が高いのがDODAです。求人情報は全国で40,000件以上であり、そのうち8〜9割以上が非公開です。そのため、DODAは登録しないと見ることができない情報がほとんどです。

 

また、DODAは企業とのつながりが強く、他では扱っていないような情報をたくさんもっています。そのため、あなたがインターネットやハローワークで検索して、希望に合った求人が見つからなかった場合でも、DODAに登録すれば、見つかる可能性があります。

 

また、そのような企業とのつながりを活かして、年収や勤務地、将来のキャリアアップなど、あなたの要望を企業に交渉してくれます。つまり、あなたの希望している条件を満たす転職先に就職できる可能性が高くなります。

 

私も、転職の際はインターネットや他の求人サイトで検索をした経験があります。しかし、希望する条件の転職先が見つかることは稀です。そして、求人を探すのはかなり手間です。ましてや、求人に応募する前に、自分自身で条件面を交渉するのは不可能です。

 

しかし、DODAに登録していれば、そのようなことをアドバイザーが全て行ってくれます。

 

また、リハビリ業界において、人事担当者の選考基準は、ますます厳しくなっています。そのため、転職を成功させるためには、履歴書の書き方や面接の受け方などの、「選考通過に関わるノウハウ」は必要不可欠になります。

 

DODAでは、そのような選考通過の可能性を高めるために必要なノウハウや情報を無料で提供してくれます。 履歴書の書き方や面接に不安を持っている方でも、安心して転職活動が行えるように支援してくれます。

 

DODAを利用すべきPT・OT・STの特徴

以下のように考えている人は、DODAを活用すべきだといえます。

 

  • 希望している条件を満たす求人がなかなか見つからない
  • 病院ではなく企業などで働いてみたい
  • 他の人とは違ったキャリア形成をしてみたい

 

ただ、DODAに登録する際の注意点として、「DODAは経験者のみが適応」だということに注意してください。そのため、学生や新卒者の人は登録しても求人を紹介してもらえないため、最初からDODAは利用しないようにしてください。

 

doda

 

 

ptotsttenshoku MEDFiT(メドフィット)

 

職種毎に専門のキャリアアドバイザーが付く

 

ptotsttenshoku


 

医療介護業界では、最も求人数が多いのがMEDFiTです。

 

そして、MEDFiTの一番の強みは、職種ごとに専門のキャリアアドバイザーが付くことです。リハビリ関連職には理学療法士や作業療法士、言語聴覚士など、さまざまな職種があります。

 

そのような中で、その職種の転職に特化したアドバイザーが担当してくれます。そのため、職種によって異なる履歴書や面接の内容や仕方など、それぞれに特徴的な留意点を指導してくれます。

 

さらに、実際の面接や見学にアドバイザーが同席してくれます。そして、自分自身では聞きにくい「給料面」や「休日」のことなどを、見学や面接でアドバイザーが確認、交渉してくれます

 

そのため、転職で重要となる「条件面の交渉」などについて心配をすることなく、見学や面接に臨むことができます。

 

なお、いまの仕事しながら登録し希望を伝えるだけで、登録して数日以内に複数の求人を紹介してくれます。退職を決める前に転職先を探せるため、退職後に仕事がなくなるという不安を持っている方にも安心です。

 

またマイナビとは違い、全国対応で地方の求人を扱っていることもMEDFiTの特徴になります。

 

MEDFiTを利用すべきPT・OT・STの特徴

以下のように考えている人は、MEDFiTを活用すべきです。

 

  • 給料面などの条件交渉を行いたい
  • 他の転職サイトでは求人が見つからなかった
  • 履歴書や面接で専門性をアピールしたい

 

medfitpt

medfitot

medfitst

 

 

ptotsttenshoku PTOT人材バンク

 

リハビリ事情に詳しく、能力向上を目指す人にはおススメ

 

ptotsttenshoku


 

ここまで挙げた転職サイトの中では最も名前が知られているのが、PTOT人材バンクだと思います。転職活動をしたことがある理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者では、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

そのようなPTOT人材バンクの特徴は、リハビリ事情に詳しいことです。

 

特に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者に関する全国の勉強会情報が、サイト上で毎日更新されています。その中には、一般的に知られているようなものから、特定の地域限定のマニアックなものまで、さまざまです。

 

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者にとって、このような情報は欠かせません。

 

また、そのような勉強会の情報が蓄積しているため、「〇〇という治療法に力を入れている病院は△△だ」というようなことに詳しいです。そのため、専門的な技術の向上を目的とした人には、おススメのサイトです。

 

 

PTOT人材バンクを利用すべきPT・OT・STの特徴

以下のように考えている人は、PTOT人材バンクを活用すべきです。

 

  • リハビリ業界に詳しい人にサポートしてもらいたい
  • スキルアップ転職を狙っている
  • 転職先で学べることについて知りたい

 

ptotjinzaibank

 

以上の4つのサイトは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者における転職サイトの中でも、特におススメのところです。

 

上記のサイトに登録して、比較検討しながら満足のいく転職活動を実施してください。

 

また、最後に4つの転職サイトにおける地域ごとの求人数を比較した表を記します。ただ、これはあくまで求人数を比べているだけであり、「評価が高い転職サイトの方が、高額の求人や定着率が高い求人といった好条件求人を紹介してもらえる」というわけではありません。

 

 

マイナビ

DODA

MEDFiT

PTOT人材

バンク

北海道

×

東北

×

関東

北陸・甲信越

東海

近畿

中国・四国

九州

×

沖縄

×

 

先に述べた転職サイトのランキングと各サイトの特徴に加えて、こうした地域ごとの求人数も登録する転職サイト選びの参考にすることが大切です。そうすることで、より効率的にあなたの希望に合った転職先を見つけることができます。

 

例えば、東北で求人を探す場合には、抱えている求人数だけでいうと、MEDFiTとPTOT人材バンクに登録すれば、DODAとマイナビの利用は必要ないように感じるかもしれません。

 

ただ、東北は好条件求人が少ないです。そのため、MEDFiTとPTOT人材バンクでは、求人数は十分に紹介してもらえるかもしれませんが、高額求人などの情報を得られる可能性は低いです。

 

そうした際には、非公開求人を多く持つDODAを併用することで問題を解消することはできます。このように3つの転職サイトを平行して利用することで、MEDFiTとPTOT人材バンクから多くの求人を紹介してもらいながら、DODAから限られた好条件求人の情報も得ることができます。

 

このように、それぞれのサイトにおける特徴を考慮すると、転職サイトは少なくても2〜3つは平行して活用することが、転職を成功させるポイントになります


サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト