スポーツリハを行いたいPT・OT・STには整形外科クリニックがおススメ

sportsreha

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者には、スポーツ選手に対して行う「スポーツリハビリテーション(スポーツリハビリ)」に携わりたいと考えている人が多くいます。

 

そのような場合、最初に入職する場所に悩む人もいると思います。

 

私が最初に就職したところは、ほとんどの理学療法士がトレーナー活動を行い、スポーツリハビリに関係しているような職場でした。

 

そのような経験も踏まえて、私はスポーツリハビリに携わりたいのであれば、整形外科のクリニックに就職・転職することをお勧めします。整形外科クリニックで勤務することは、スポーツリハビリに携わっていく中でさまざまなメリットがあります。

 

そこで今回は、スポーツリハビリに関わりたいPT・OT・STに対して「整形外科クリニックへの就職・転職を勧める理由と転職先を選ぶ際の注意点」について述べます。

 

スポーツリハを行いたいPTは整形外科クリニックへ転職すべき理由

スポーツリハを行いたいと考えている場合には、整形外科クリニックへ転職することをお勧めします。確かに、総合病院や介護保険施設などで働いていても、スポーツ分野に関わることはできます。私が知っている理学療法士は、肛門科で勤務しながらトレーナー活動を行っています。

 

ただ、スポーツリハを行いたい場合には、できる限り整形外科クリニックに勤めた方が良いと考えます。そこで、以下に私が整形外科クリニックを勧める理由について述べます。

 

整形外科クリニックではPTが治療ができる

理学療法士がトレーナー活動を行う際に、原則として「選手の治療は行わない」というものがあります。治療は医療行為であるため、必ず医師の処方がなければ実施することはできません。例えば、理学療法士が「理学療法」という治療を行うためには、医師の指示の下に実施する必要があります。

 

そのため、理学療法士はトレーナーとして、捻挫や打撲の際に応急処置は行いますが、その後の治療を行うことはできません。治療に関しては、受診した病院で行うことになります。

 

このとき、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者であれば、関係している選手の治療を行いたいと考える人が多いと思います。今まで関わってきた選手であるため、そう思うのも無理はありません。

 

そのような場合に、総合病院などに勤務していると、職場が外来の患者さんを受けていないことが多くあります。そうなると、怪我をした選手のほとんどは、外来で通院することになるため、理学療法士として選手と関わることができません。

 

一方で整形外科クリニックは、外来の患者さんがほとんどです。そして、あなたがクリニックに勤めている場合、勤務先の医者に選手を診てもらうことで、あなた自身が理学療法士として選手の治療に関わることができるようになります。

 

また、一緒に働いている医者に診察してもらえるため、選手に関する密な情報交換が行えます。

 

例えば、「画像上は問題ない」「今後はどのような方針で進めていった方が良い」といったような医者側からの細かい意見を得やすくなります。

 

さらに、あなた自身も「筋力の回復が思わしくない」「痛みが引かないため、他の治療法がないか」など、理学療法士としての意見を、そのつど医者に伝えることができます。その結果、選手のスポーツ復帰がスムーズになります。

 

このように、理学療法士が整形外科クリニックに勤務していると、選手の治療にまで関わることができる可能性が高くなるというメリットがあります。

 

PTが整形外科クリニックに勤めると身体の機能面に詳しくなる

理学療法士がスポーツリハビリを行う場合、「関節や筋の硬さ」「姿勢の崩れ」など、身体の機能の問題に対して関わっていくことが多くなります。

 

一方、デイサービスや訪問リハビリなどでは、そのような細かい身体機能面はあまり重要視されません。そのような現場では、「立ち上がり動作」や「トイレ動作」「歩行」といったような、動作自体に対してアプローチを行っていくことが多くなります。

 

そのため、理学療法士の役割は、動作練習や、杖、手すりなどの補装具の検討などが中心になります。

 

このような動作練習や補装具に関する知識は、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者にとっては必要不可欠なものです。しかしスポーツリハビリに関していえば、そのような知識より関節や筋といったような、身体機能に関して細かく知っておく必要があります。

 

そこで、理学療法士として整形外科のクリニックに勤めていると、身体機能面により詳しくなります

 

整形外科のクリニックに通院される患者さんは、「痛み」や「痺れ」、「関節の動きにくさ」といったような、身体機能面に関する症状を訴える人がほとんどです。

 

もちろん、「立ち上がりにくい」や「起き上がりができない」「座位姿勢がとれない」といったような動作の問題を主訴とする人もいますが、かなり少数です。そのため、理学療法士としては、動作練習や補装具の検討より、機能の改善を目的としたアプローチを中心に行います。

 

その結果、整形外科クリニックで理学療法士として働いていると、身体機能面に関して詳しくなります。つまり、スポーツリハビリに必要な知識を自然と学ぶことができます。

 

身体機能面だけ学んでおけば、スポーツリハビリが十分に行えるわけでありません。しかし、身体機能に関する知識は必要不可欠です。このような理由からも、理学療法士がスポーツリハビリに携わりたい場合は、整形外科クリニックに就職することをお勧めします。

 

スポーツリハを行いたいPTが転職先を選ぶ際の注意点

スポーツリハを行いたい理学療法士は、「選手の治療に関わることができる」「身体機能面に強くなる」という理由から、整形外科クリニックで働くべきだといえます。また、それだけでなく、スポーツリハに関わる場合には、転職先の選択や転職後に注意しなければいけないことがあります。

 

そこで以下に、スポーツリハを行う際に、転職先の選択時や実際に働く中で注意すべきことについて記します。

 

スポーツリハを学べる組織に就職する

これはスポーツリハビリに限ったことではありませんが、ある特定の分野を学びたいと考えた時は、それに特化した職場に就職・転職した方が効率的です。

 

学べる組織に属するということは、特にスポーツリハビリの分野に関しては大切です。病院によっては、いくつかのスポーツチームと契約を結んで、勤務する理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者をトレーナーとして働かせているところもあります。

 

冒頭でも述べたように、私が最初に勤務した職場は、勤務している理学療法士の多くが高校や大学のチームに帯同し、トレーナー活動を行っていました。

 

そのような職場では、院内で理学療法士に対してスポーツトレーナーに関する勉強会が行われることが多いです。実際に私が以前勤めていた職場では、一定のカリキュラムを受講しテストに受かることで、初めてトレーナーとしてスポーツ選手と関わることができるようなシステムになっていました。

 

そしてトレーナーになった後も、トレーナーとして活動する理学療法士に向けて勉強会が多く実施されていました。

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者は、身体の機能や動作については専門的に勉強します。ただスポーツに関わる場合は、それだけでは十分ではありません。

 

そのため、理学療法の養成校や一般的に勉強することに+αで、スポーツリハに特化したことを学ぶ必要があります。

 

そのようなことは、当然ながらもともとスポーツに特化した職場に入職した方が効率的に学ぶことができます。経験が豊富な理学療法士の先輩や上司は、スポーツリハビリを行う上で本当に必要な情報を的確に指導してくれます。

 

このような理由から、理学療法士としてスポーツリハビリに関わりたい場合は、スポーツリハビリに特化している職場に就職することをお勧めします。

 

PTがスポーツリハについて組織で学ぶ際に注意すること

理学療法士として、スポーツリハビリに特化した組織に就職・転職することで、効率的にスポーツリハビリについて学ぶことができます。しかし、その際にも注意すべき考え方があります。

 

それは、「選手との関わりは個人ではなく病院としてものである」ということです。

 

つまり、病院と関係があるスポーツチームに帯同する前提として、「あなたと選手」という関わりではなく、「病院と選手」という関係であることを忘れてはいけません。

 

これは、スポーツリハビリに限ったことではありませんが、チームに帯同する場合は特に注意が必要です。一般的な患者さんと比較して、理学療法士が選手と関わる時間はとても多くなります。そのため、選手との関係が深くなる(仲良くなる)こともあります。

 

そして場合によっては、個人として選手にケアやコンディショニングをお願いされることもあります。

 

それのようなことは、その病院を辞めると同時に、帯同していたチームとの関わりが無くなるときにも起こります。チームとしての関係ではなく、選手個人として専属のトレーナーを依頼されるというような状況です。

 

しかし、このような契約はしてはいけません。なぜならば、その選手との関係は病院がもともと持っていたものであり、あなたが理学療法士としてその病院に勤めていたからこそ作ることができたものです

 

そのため、あなたが病院を辞めた後に選手個人と契約をした場合、あなたが、病院からその選手を奪ったとみなされます。つまり、その選手とトレーナーとしての関係は、その病院を退職した時点で終わらなければなりません。

 

これが、理学療法士が組織に属してスポーツ選手に関わる際に最も注意することです。

 

ずっと関わってきた選手の今後を見たいという気持ちは、理学療法士であれば誰でも持つものだと思います。しかし、あくまで選手との関係は、「選手とあなた」ではなく、「選手と病院」のつながりであるということを忘れてはいけません。

 

もしあなたが、ある選手と個人的に関わりたいのであれば、最初からあなた自身の力で選手とのつながりを作る必要があります。そのような関係であれば、選手が離れていかない限りは、その選手の個人トレーナーとしてサポートし続けることができます。

 

今回述べたように、理学療法士としてスポーツリハビリに関わりたい場合、整形外科クリニックに就職・転職すると、さまざまなメリットがあります。そして、転職先を選ぶ際には、既にスポーツリハビリに力を入れている職場を選択するようにしてください。

 

ただ、スポーツリハでトレーナー活動をする場合は、選手との関わりには十分注意しなければいけないことも知っておいてください。

 

このように、あなたがスポーツリハビリに関わりたいと考えているのであれば、スポーツリハビリに力を入れている整形外科クリニックへの就職・転職を検討することをお勧めします。そうすることは、きっとスポーツリハビリに携わる際にあなたの強みとなるはずです。

 

しかし、整形外科クリニックの中でもスポーツリハビリに関われる施設の求人は数が少なく、転職したいと思っても簡単には求人情報が見つかりにくいです。

 

そうした場合、理学療法士専門の転職サイトを活用することで、スポーツリハビリを行っている整形外科クリニックのの理学療法士求人が見つかりやすくなります。転職サイトでは、専門のアドバイザーがあなたの希望に合った求人情報を探して紹介してくれます。

 

転職サイトは、インターネットやハローワークに載っていないような「非公開求人」を多く抱えています。そのため、普通では手に入らないような求人情報を紹介してもらえる可能性が高いです。

 

そして、特に転職サイトの中でも「マイナビコメディカル」と「MEDFiT」「PTOT人材バンク」の3つは、スポーツリハビリを行っている求人情報を多く抱えています。ただ、スポーツリハビリの求人は全国でも限られているため、いくらスポーツリハビリの求人を豊富に扱っている転職サイトといっても、それぞれが持っている求人数は限られています。

 

そのため、スポーツリハビリの求人情報を手に入れたいと考えている場合には、これら3つのサイトを平行して活用するようにしましょう。そうすることで、より多くのスポーツリハビリの求人を紹介してもらうことができるようになります。

 

ぜひ、これら3つの転職サイトを上手く活用して、スポーツリハビリを行っている整形外科クリニックのの理学療法士求人情報を得るようにしましょう。

 

ただし、マイナビコメディカルを利用する際には、対応地域を確認した上で登録するように注意してください。

 

「マイナビコメディカル」の対応地域

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県

 

mynavi



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト