理学療法士が訪問リハへ転職するメリットと注意点、求人の探し方

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ関連職が就職・転職する際は、さまざまな形態の職場があります。例えば、総合病院や整形外科クリニック、デイサービス、通所リハビリ、訪問リハビリなどが挙げられます。

 

その中でも、訪問リハビリ専門で働いている理学療法士の数は少ないです。併設されている訪問リハステーションで、病院の勤務と平行して行っている人は多くいます。その一方で、訪問看護ステーションに所属し訪問リハビリ専属として働いている人は少数です。

 

理学療法士が訪問リハビリ専属で働くと、さまざまなメリットを得ることができます。ただ、訪問リハビリだからこそ注意しなければいけないこともあります。

 

もし訪問リハビリに興味がある人は、こうした両面を知った上で、転職先として訪問リハビリを選択することが大切です。そうすることで、転職後に起こるミスマッチを防ぐことができるようになります。

 

そこで今回は、「理学療法士が訪問リハへ転職するメリットと注意点、求人の探し方」について述べます。

 

訪問リハビリの業務内容

転職する際は、あなたの生活状況や条件面などを考慮し、希望の転職先を探します。そして、どのような職場に転職するにしても、基本的な業務の内容を把握した上で、転職先を選択することが大切です。

 

そのため、それぞれの職場における業務内容や、1日の流れを知っておくことは必須になります。

 

そこで以下に、訪問看護ステーションにおける理学療法士が行う訪問リハビリの業務内容について述べます。

 

業務内容

訪問リハビリにおける理学療法の主な対象者は、介護保険を利用している人になります。またその中でも、デイサービスや通所リハビリに通うことが難しい人がほとんどであるため、高齢で介護度が高い人が対象になります。

 

理学療法士の訪問リハビリにおける基本的な業務は、そのような利用者さんに対するリハビリになります。

 

そして、身体機能の改善を目的とした理学療法も当然行いますが、生活につながるようなリハビリを行うことが多くなります

 

例えば、利用者さんが普段使用している椅子を用いて立ち上がり方の指導を行ったり、入浴動作および介助の練習を行ったりします。利用者さん自身に対するリハビリだけではなく、家族の方に効率的な介護方法を教えたりもします。

 

他にも、手すりが必要そうなところがあれば、ケアマネジャーに提案するなど、身体機能面だけでなく環境面に対しても関わっていく必要があります。

 

また、基本的には介護保険を利用している人が対象になるため、介護保険に関係した書類作成を行わなければなりません。

 

書類は、担当している利用者一人一人に必要な「報告書」と「計画書」を毎月作成します。訪問リハビリで働く理学療法士には、この書類を作る作業や整理する作業が最も負担の大きいものだと感じている人も多いようです。

 

さらに、利用者さんの介護サービスに関わる人が集まる「担当者会議」にも出席したり、サービスが始まる前に「事前訪問」などを行ったりする場合もあります。

 

この事前訪問は、入院している人であれば、病院での生活を確認し、自宅で生活している人の場合は自宅を訪ねて状況を確認します。

 

このように、理学療法士が訪問リハビリを行なっている職場で働く場合、一般的な病院では経験しないような仕事も行います。そのため、訪問リハビリを行いたいと考えている人は、そのことも理解しておくことが大切です。

 

1日の流れ

訪問リハビリでは、理学療法士が利用者さんの家を訪ねてリハビリを行うため、病院における仕事の流れとは異なります。

 

これは、サービスが入っている訪問時間などによっても異なるようですが、一例を載せます。

 

9:00    出勤
       (9時からサービスが入っている時は、出勤せずに直接利用者さん宅へ向かう)
〜9:15   掃除、朝礼
〜17:00  利用者さんのリハビリ
      (昼休みなどは各自で空いた時間に確保する)
17:00〜  カルテ、書類記載などの事務作業
      (当日のリハビリ担当者が終わった人から事務作業を行う)
18:00   就業

 

訪問リハビリと一般的な病院勤務の違いは、時間に柔軟さがあります。今回の例にあるように、始業と終業時間が決まっており、その間の時間は、「担当者さんのリハビリ以外は自由に時間を使って良い」としているところもあります。

 

ただ基本的には、空いた時間はカルテなどの書類や休憩などに当てることが通常です。間違っても、パチンコなどの娯楽に使える時間があるとは思わないようにしましょう。

訪問リハビリで理学療法士に求められる能力

訪問リハビリへ転職すると、病院やクリニックなどとは業務内容が異なります。そして、業務内容が違うため、当然ながら理学療法士に求められる能力も変わってきます。

 

そこで以下に、訪問リハビリで理学療法士に求められる能力について記します。

 

介護能力

理学療法士が働く職場の中では、整形外科のクリニックなど、介護がほとんど必要ないようなところもあります。

 

一方で、デイサービスや高齢者が多いような総合病院といった職場では、起居動作や移乗動作などで介護が必要な場面が多くあります。そのようなところでは、主な介護は介護士などが行いますが、当然、理学療法士にも介護能力が求められます。

 

このように、理学療法士にも介護能力が必要な職場は多くあります。ただ、基本的には起居動作や移乗動作などの基本動作に対する介護が主になります

 

それに対して訪問リハビリを行う場合は、そのような基本的な介護だけでなく、さまざまなことに対する介護が理学療法士にも求められます。

 

例えば、オムツ交換や、ちょっとした食事の手伝いなどが求められる場合もあります。おむつ交換を今まで経験したことない人が急にお願いされて、スムーズにできる人はいません。特に整形外科クリニックなどでしか勤務したことないような理学療法士は、経験することがほとんどないため、事前に練習しておく必要があります。

 

このように訪問リハビリでは、基本的動作の介助に加えて、主に介護士が行うような介護が求められる場面があります。そのため、初めて訪問リハビリ事業所に転職する人は注意しなければなりません。

 

判断力

訪問リハビリにおいて、病院でのリハビリとの違いの一つに、医師や看護師が近くにいないということが挙げられます。

 

病院では、リハビリはリハビリ室で行われますが、病院内には医師や看護師が必ずいます。そのため、例えば、血圧が急に上がったり、体調が悪くなったりした場合には、医師や看護師に連絡することで、すぐに対応してくれます。

 

このように、理学療法士が対応できないような状況になった場合に、医師や看護師に頼ることはとても大切です。特にバイタルの急な変化は、患者さんの命に関わる可能性があります。

 

ただ訪問リハビリの場合、医師や看護師が同行することはほとんどありません。そのため、急な体の変化などが起こった場合に、理学療法士がある程度の判断をすることが求められます

 

例えば、めまいが強くなった時に、「血圧を測るべきか」「体は起こしておくべきか横にしておくべきか」「担当医にすぐに連絡した方が良いか、それともそのまま様子を見るべきか」などの判断が求められます。

 

このような場合に適切な判断をするためには、医療に関する総合的な知識はもちろんのこと、焦らず対応するという、冷静さも必要です。理学療法士の判断一つで、利用者さんの命に関わることもあります。

 

訪問リハビリ中の緊急時には、以下のような対応が必要になります。

 

・看護師さんに連絡し、対応してもらう
・状態が本当に良くない場合は、救急車を呼ぶ

 

またその際には、利用者さん宅の場所を説明しなければならないため、住所や目印になるものを事前に把握しておく必要があります。

 

以上のように、訪問リハビリを行う理学療法士には、病院で働く人以上に判断力が試される場面が多くあります。

 

理学療法士が訪問リハへ転職することで得られるメリット

訪問リハビリは、総合病院や整形外科病院といったような病院施設で行うリハビリではなく、患者さんの自宅で行うことになります。そうした特徴ゆえに、訪問リハビリ専属として働くことで得られるメリットがあります。

 

そこで以下に、理学療法士が訪問リハビリへ転職することで得られるメリットについて記します。

 

リスク管理能力の向上

訪問リハビリと一般的な病院の一番の違いは、「医者が近くにいないこと」だといえます。これは、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ専門職者にとっては、とても大きなことです。

 

日本では、PTやOT・STといったリハビリ職者は、病気の診断を行うことができません。そのため、基本的には医者の指示の下に、理学療法や作業療法、言語聴覚訓練などを実施します。

 

これは訪問リハビリ以外でも同様です。しかし、病院であれば同施設内に医者がいるのに対して、訪問リハビリの場合は治療場面が利用者さんの自宅であるため、理学療法実施中にドクターが近くにいません。

 

そして、理学療法士が訪問リハビリで一番注意しなければいけないのは、利用者さんの状態が変化した場合です。

 

例えば、「いきなり胸が痛くなり息が苦しくなった」「腰痛が強くなって寝返ることすらできなくなった」といったように、症状が急変することもあります。

 

このように、リハビリ中に患者さんの様態が急変した場合には、かかりつけ医に連絡することは当然です。しかし、患者さんによっては「血圧がわずかに高い」「軽い関節の痛みが出てきた」「ちょっと体調が悪い」といったような、判断に困る症状を訴えることもあります。

 

そのような場合に、理学療法士が内科的疾患などの知識を持っていないと、どのように行動したらいいのかを判断ができない状況に陥ります。

 

既に述べたように、理学療法士は、基本的には医師の指示の下に仕事を行います。つまり、「危ない疾患である可能性は低く、リハビリを行っても大丈夫」という医師の判断を受けた後にリハビリの処方が出されます。

 

そして、多くのリハビリ専門職者は、医師の診断を疑わずにリハビリを行います。しかし実際には、ドクターからリハビリを処方された患者さんの中にも、診断されていない病気が隠れているケースもあります。

 

例えば、左肩の痛みを訴える患者さんに対して、「肩関節周囲炎」という診断名がついて理学療法が処方されたとします。医者は、「肩の炎症による痛み」と判断してリハビリの指示を出しています。しかしこうした左肩の痛みは、心臓や肺、胃といった内臓の疾患などから生じる可能性もあります。

 

つまり、医師から「五十肩」と診断されてリハビリを処方された人の左肩の痛みが、「心筋梗塞の前兆だった」ということもあります。

 

そのため、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者は診断をすることはできませんが、患者さんが訴える症状が「リハビリの適応か否か」という判断は行う必要があります。

 

そして、患者さんの訴える症状が、内臓疾患による痛みなど「リハビリ適応外である」と判断した場合には、医者に再度診断を依頼する必要があります。

 

病院では、毎回診察を受けた上でリハビリが処方されるため、このような疾患が見逃されることは少ないです。しかし、訪問リハビリの場合、だいたい3ヵ月に1回しか医師の診察を受けません。

 

その3ヵ月という間のほとんどは、PT・OT・STなどのリハビリ職者や看護師などが対応しています。そして、その期間中に病状が変化するという可能性は大いにあります。

 

訪問リハビリを行っている理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者は、そのような場合に、緊急に医師の診察が必要かどうかの判断を行わなければなりません

 

そのため、訪問リハビリを行っている理学療法士は、特に内科疾患などの幅広い知識を持っていることが必須になります。

 

このような理由で、訪問リハビリを行っていると必然的にリスク管理能力が高くなります。こうした「鑑別診断」と呼ばれるものは、特に日本の理学療法士が学校では学ばないことであるため、身に付けておくと大きな強みとなります。

 

患者さんの対応に余裕がある

訪問リハビリの場合、利用者さんの家でリハビリを行うため、病院のように立て続けに利用者さんに対応することはありません。

 

例えば、整形外科のクリニックで仕事をしている場合、「半日間わずかな休む時間もなく働き続けなければいけない」ということは多々あります。患者さんの予約が詰まっていると、トイレに行く時間すらないような日もあります。

 

その一方で訪問リハビリの場合には、サービスを提供する場所が利用者さんの自宅になるため、病院のような状況になることはありません。

 

また、1人1人の利用者さんに対応する間にちょっとした時間ができることが多々あります。そして多くの職場では、その時間を自由に使っていいようになっています。実際に、空き時間を利用して買い物をしたり家事を済ませたりする知り合いもいます。

 

もちろん、移動時間がギリギリしかない場合は、そのような余裕はありません。しかし、「1週間ずっと空き時間がない」という人はほとんどいません。

 

つまり、訪問リハビリを行っている人は、空き時間を有効に使うことで仕事と家事の両立が楽にしやすい環境にあるといえます。そのため訪問リハビリを専門で行っている事業所は、女性にとっては非常に働きやすい職場だといえます。

 

このように、「患者さんの対応に余裕がある」ということは、理学療法士が訪問リハビリへ転職することで得られるメリットだといえます。

 

理学療法士が訪問リハビリへ転職する際の注意点

理学療法士が訪問リハビリへ転職すると、「リスク管理能力が身に付く」「患者さんの対応に余裕がある」というメリットがあります。その一方で、訪問リハビリだからこそ理学療法士が注意しなければいけないこともあります。

 

これは、訪問リハビリへ転職することで起こるデメリットというわけではありませんが、知っておかないと大きなミスにつながる可能性があります。

 

そこで以下に、理学療法士が訪問リハビリで働く際の注意点について記します。

 

治療を望む人は少ない

訪問リハビリを受ける利用者さんは、病院に入院しリハビリを行っている患者さんとは「リハビリに対する認識」が大きく違う場合が多いです。

 

例えば、病院に入院・通院されている患者さんのほとんどは、体の状態が良くなり、退院や通院が終了することを目標にリハビリを行っています。そのため、リハビリに対する意欲は高い人が多い傾向があります。

 

一方で訪問リハビリを受けている利用者さんには、「家に誰かが来て会話をしたい」「今の状態を維持したい」「マッサージしてほしい」といった考えを持っている人が多くいます。そのため、病院で対応する患者さんと比べると積極的にリハビリを行う人は少ないです

 

そのため、「理学療法士として患者さんを良くしたい」というように、治療という面でリハビリに関与したいと考えている理学療法士にとっては、訪問リハビリの臨床は、「少し物足りない」と感じるかもしれません

 

このように、訪問リハビリを受ける利用者さんの中には、「リハビリに対する意欲が低い人がいる」ということを知っておく必要があります。

 

利用者さんと家族とのコミュニケーションが大切

訪問リハビリでは、理学療法士が利用者さんの自宅に訪問してリハビリを行います。病院などでは、理学療法士が慣れた環境、いわゆる理学療法士のホームでリハビリをすることができます。その一方で訪問リハビリの場合は、リハビリを実施するところが利用者さんの家になるため、理学療法士にとってはアウェーになります。

 

そのため、まずは利用者さんはもちろんのこと、利用者さんの家族にも理学療法士が受け入れられなければなりません。

 

例えば、理学療法士側の意見ばかり押し付けていると、利用者さんからリハビリを止められることもあります。特に、初めての訪問時に悪い印象を与えてしまうと、リハビリを拒否されなかったとしても、その後のリハビリが上手く進まない可能性が高くなります。

 

また訪問リハビリを行っていると、リハビリを進めていく上で家族の人に話を聞くことが多くなります。それは、利用者さんの自宅での生活状況を最も知っているのは家族の人だからです。そのため、生活面により近いリハビリを行うためには家族の方とのコミュニケーションが必要になります。

 

その際に、家族の人とうまくコミュニケーションが取れていないと、話を聞くことができないこともあります。

 

他にも、脳の障害によって集中力が低下している利用者さんであれば、「食事を行う時にテレビを消す」といったように、一つの物事に集中できる環境が大切です。つまり、患者さんの症状を良くしていくために、家族の協力による環境設定が重要になってきます。

 

このときに、理学療法士は家族に対して理解が得られるように話をしなければなりません。ここで、普段から家族の人とコミュニケーションを取れているかどうかが、とても重要になります。

 

このように、訪問リハビリの臨床では、病院ではなく患者さんの自宅でリハビリを行うため、利用者さんはもちろんのこと家族とのコミュニケーションが大切になります。

 

ケアマネとのコミュニケーションが必要不可欠

訪問リハビリの利用者さんは、介護保険を使っていることがほとんどです。そして、利用者さんの介護保険サービスに関することを取りまとめているのが「ケアマネージャー(ケアマネ)」です。基本的に、介護保険を利用している人には担当のケアマネが付くことになります。

 

ケアマネには、利用者さんが生活しやすくなるように、訪問リハビリやデイサービス、訪問介護などの介護サービスを利用者さんへ提案・調整する役割があります。

 

つまり、「どのようなサービスを使っているのか?」「今後利用できるサービスにはどのようなものがあるのか?」といったように、利用者さんの介護保険に関することをトータルに把握しているのがケアマネです。

 

そのため、訪問リハビリを行っている理学療法士は、ケアマネと密に連絡を取ることが大切になります。

 

例えば、担当している利用者さんに車椅子が必要になった場合には、ケアマネに相談しなければいけません。また、利用者さんのリハビリ時の様子や状態の変化なども、定期的に報告する必要があります。

 

中には、積極的にコミュニケーションを図ろうとしてくれるケアマネもいます。しかし、基本的には理学療法士からコンタクトを取ることがほとんどです。そのため、理学療法士から連絡をしなければ、ケアマネと利用者さんに関する情報交換を行えません。

 

つまり、利用者さんに対して良いサービスを提供するためには、理学療法士からケアマネへこまめに連絡することが大切だといえます。

 

このように、訪問リハビリで働く際には、ケアマネとのコミュニケーションが必要不可欠だということを知っておいてください。

 

訪問リハビリ求人の探し方

理学療法士が訪問リハビリで働くと「リスク管理能力が身に付く」「働く時間が自由」というメリットを得ることができます。その一方で、利用者さんや家族、ケアマネとの関わり方には、注意しなければいけないことも多くあります。

 

また、訪問リハビリの事業所へ転職するときには「求人の探し方」にも注意しなければいけないことがあります。特にパートとして訪問リハビリで働く際には、さまざまなことを考慮した上で、転職先を選ぶ必要があります。

 

訪問先が遠い

例えば、訪問リハビリのパートの場合、時給ではなく1件当たりの報酬で給料が決められていることが多いです。そして「1件当たり3,500円」というような好条件の求人情報も多くあります。

 

ただ事業所によっては、そうしたパートに対して移動時間が片道1時間近くかかる訪問先を担当させることもあります。

 

当然ながら、事業所としては「パートの人でも多くの利用者を担当してもらいたい」と考えているため、タイミングが合えば、利用者さんの家までの距離などは関係なく担当に当てられます。

 

しかし、パートで働く側としては、いくら1件当たりの報酬が高くても、往復2時間も移動にかかるようでは、全くわりに合いません。たとえ1件の報酬が3,500円であっても、移動時間を含めると合計3時間(移動2時間+リハビリ1時間)であるため、時給に換算すると約1,100円になります。

 

このように、訪問リハビリでパートとして働く場合には、その事業所における訪問エリアを確認しておかなければいけません。

 

空き時間の使い方

またその他には、訪問と訪問の間にある空き時間の使い方についても注意が必要です。給料が時給で計算される場合は、空いた時間であっても給料が発生しているため事務所に戻って事務仕事などを行うのは当然です。

 

その一方で、1件当たりの報酬制の場合、空き時間は給料が発生しません。そのため、多くの事業所は、そうした時間は「自由に使っても良い」としています。

 

このような場合、訪問先から自宅が近ければ、空いた時間は自宅に戻って家事や仕事などを行うことができます。また、主婦であれば買い物などの時間に充てることもできるのです。

 

ただ、中には「自由に使っても良いが、事務所で過ごさなければいけない」といったように、わざわざ事務所に一度戻らなければいけないような事業所もあるのです。そうなると、事業所まで帰る時間が無駄になりますし、事業所内ではできる作業も限られてしまいます

 

そのため、空き時間を事務所ないで過ごさなければいけないような職場で働くと、訪問と訪問の空き時間を有効に活用できなくなるのです。

 

そのため、訪問リハビリへ転職を考えている場合には、こうした空き時間の使い方などに関しても確認しておく必要があります。

 

事務作業時間の扱い方

さらに、訪問リハビリで訪問1件当たりの報酬制のパートで働いている場合には「事務作業時間の扱い方」についても把握しておくことが大切です。

 

訪問リハビリを行っている事業所では、介護保険の請求業務が欠かせません。そして、介護保険の請求業務には、それぞれの利用者さんの担当者が作成する書類が必要不可欠です。

 

例えば、「訪問リハビリの計画書」や、医者とケアマネージャー(ケアマネ)に送付する「報告書」などは、訪問リハビリを実施する上で欠かせない書類です。

 

つまり、理学療法士として訪問リハビリで働く場合には、利用者さん宅を訪れて行う訪問リハビリ以外にも、こうした計画書や報告書を作成する業務があります。

 

そして、訪問1件当たり報酬でパートを雇用している訪問リハビリ事業所の中には、以下のように、事務作業時間に訪問リハ1件当たりの報酬とは別に給料が発生するところと、そうでないところがあります。

 

・事務作業に時給が発生する:訪問リハ1件当たり3,000円の報酬 + 事務作業は時給700円
 
・事務作業に時給が発生しない:訪問リハ1件当たり3,000円の報酬(事務作業も含む

 

このような場合、当然ながら書類作成などの事務作業に時給が発生する方が給料は高くなります。また、事務作業に対して給料が発生しない契約で働いている人の中には、事務作業の多さに対して不満を持つ人も少なくありません。

 

特に訪問リハビリへ転職して最初の頃は、こうした介護保険請求に関わる書類作成に関して苦労する人は多いです。実際に私も、訪問リハビリで働き始めた頃は、書類作成にかなりの時間がかかりました。

 

具体的には、実際の訪問リハにかかる時間(移動時間も含む)とは別に、書類作成で月に5〜6時間以上費やしていました。

 

月に5〜6時間というのは、一見すると大した時間に感じないかもしれません。しかし、実際に書類作成をしているときには、非常にストレスを感じていたのを覚えています。
このように、訪問リハビリへ転職する際には、書類作成などの間接的な業務時間の扱い方についても確認しておくことが大切です。

 

以上のように、理学療法士が訪問リハビリへ転職する際には、さまざまな条件を考慮することが重要になります。ただ、こうした内部事情は、ハローワークや求人サイトに載っている求人情報からは読み取ることができません。

 

そうした際に、理学療法士の転職サイトを利用すれば、求人情報には載っていないような内部事情に関しても確認することができます。転職サイトへ登録すると、担当のアドバイザーが付いて、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

 

そしてアドバイザーは、あなたが知りたいと思っているような内部事情に関しても、調べたり直接事業所に問い合わせたりして調べてくれます。そのため、転職サイトを利用することで、転職後のミスマッチを少なくすることができます。

 

こうしたことから、理学療法士として訪問リハビリへ転職する際には、理学療法士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。

 

今回述べたように、訪問リハビリで働くことには多くのメリットがあります。また、特に訪問リハビリでは、利用者さんや家族、ケアマネなどと上手くコミュニケーションを取れるように注意しなければいけません。

 

そして、理学療法士が訪問リハへの転職を検討する場合、理学療法士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。

 

転職サイトでは、専門のアドバイザーがあなたの希望に合った求人情報を探して紹介してくれます。

 

またアドバイザーは、あなたが知りたいと思っている転職先に関する細かい情報も詳しく教えてくれます。そのため、転職サイトを利用することで、訪問リハビリへの転職で起こりやすいミスマッチを減らすことができます。

 

さらに、転職サイトは、インターネットやハローワークに載っていないような「非公開求人」を多く抱えています。つまり、普通では手に入らないような求人情報を紹介してもらえる可能性が高いといえます。

 

こうした転職サイトの特徴を上手く活用して、あなたの希望に合った訪問リハビリの理学療法士求人情報を得るようにしましょう。

 

PT・OT・STおススメの介護転職サイト



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト