理学療法士が循環器専門病院へ転職するメリットと注意点

ptzyunnkankisenmon

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が活躍する場としては、総合病院や整形外科クリニック、デイサービスなど、さまざまな職場があります。

 

その中には、心臓リハビリテーションを専門(心リハ)に行う「循環器専門の病院」に転職・就職する理学療法士もいます。ただ、そうした心リハを専門的に行っている病院で働いている理学療法士は少ないです。

 

そのため多くの理学療法士は、「循環器専門の病院で働く理学療法士がどのようなことをしているのか?」ということや「循環器専門の病院へ転職するメリット・デメリット」などを知りません。

 

もし循環器専門の病院へ興味がある人は、こうしたことを理解した上で転職先として選択することが大切です。

 

そこで今回は、「理学療法士が循環器専門(心リハ)病院へ転職するメリットと注意点」について述べます。

 

循環器専門(心リハ)病院における理学療法士の役割

整形外科疾患や脳卒中などの中枢神経疾患の患者さんを治療の対象とする病院では、それぞれで理学療法士の役割は異なります。同じように、心リハを専門とする病院でも理学療法士に求められることは、他の病院とは違います。

 

例えば、循環器専門の病院に入院している患者さんは、「体を起こす」「歩く」といった日常生活を制限されるような状態であることが多いです。また、ほとんどの人は症状を緩和させるような薬物療法や手術療法を受けています。

 

さらに、心臓などの循環器系に問題があり手術や入院を経験している場合、大半のケースの人が初めは安静が指示されます。そして、医師の管理のもと慎重に少しずつ活動量を増やしていきます。

 

具体的には、病院内での歩行ができるようになった時点で、リハビリ室における低負荷の運動を開始していきます。

 

このように理学療法士は、医師の指示に合わせた活動量の拡大や運動の指導を行います。運動中の患者さんの状態を確認し、医師と連絡を取りながら「患者さんが行う活動や運動を調整すること」が、循環器専門病院におけるPTの主な役割です。

 

また、退院後の生活で心臓に負担をかけないような工夫など、日常生活をより楽に、そして安全に過ごせるようにするためのアドバイスも行います。

 

以上のように、循環器専門の病院に勤める理学療法士は、「運動の指導や生活におけるアドバイスを行うことで、患者さんの社会復帰を支援する」という役割を持っています。

 

理学療法士が循環器専門の病院へ転職するメリット

心リハに力を入れている循環器専門の病院では、整形外科病院や総合病院などとは理学療法士に求められる役割が異なります。そしてそうした違いから、循環器専門の病院でしか学べないことが多くあります。

 

当然ながら、循環器専門病院では循環器系に関することについて詳しく学びます。こうした、心臓や血管系といった器官は、人間の生命維持に大きく関わっています。

 

例えば、心臓を栄養する血管が詰まると心臓は止まります。そして、当たり前ですが心臓が停止すると人間は生きていくことができません。また体の全ての細胞は、血液が供給されて初めて活動できます。これは、筋であっても脳であっても同じです。

 

そのため、心臓や血管系に問題が生じると全身に影響を及ぼすことになります。

 

具体的には、筋肉に血液を送っている血管が障害されると、筋は上手く働かないようになります。同じように、内臓を栄養している血管が詰まると、その内臓は適切に機能しなくなります。つまり、循環器系に起こったトラブルは、全身のさまざまな症状を出現させることにつながる可能性があるといえます。

 

もちろん、心電図などの検査で明らかに問題が見つかれば、手術療法や薬物療法といったような治療を行います。しかし、検査で異常がなかった場合でも、心臓や血管の働きが低下していることが原因で、さまざまな症状が引き起こされていることがあります

 

例えば、整形外科でよく訴えられる「運動時の疼痛」や「違和感」は、循環器系のトラブルが原因で生じる可能性がある症状の代表例です。「動く」ということは、筋が収縮する必要があるため、安静にしているときより筋肉に必要な血液量が多くなります。

 

そのため、通常以上に心臓が収縮し、さらに血管も拡張することで、筋などの組織への血流量を増やす必要が出てきます。しかし、心臓や血管に問題があると筋肉へ供給される血液が不足してしまいます。そのため、筋が適切に働くことができません。

 

そして、筋への血液供給が不足すると、痛みや違和感が生じます。その他の器官も同様で、肺への血流が不足すると息苦しさなどが出現しますし、内臓への血液が上手く送られないと腹痛などが起こる可能性があります。

 

さらに、組織が損傷した場合は、炎症による治癒反応が起こる必要があります。炎症は、主に血管が拡張したり収縮したりすることによってスムーズに進行します。例えば、炎症の過程において血管が広がることで、損傷した部位への血流量を増やし栄養を効率的に送ることができます。

 

しかし、炎症反応に必要な血管系の運動が障害されてしまうと、組織の治癒が遅くなります。その結果、痛みなどの症状が慢性化します。

 

このように循環器系の知識は、循環器疾患の患者さんだけでなく、さまざまなケースの症例に応用することができます。むしろ、理学療法士が関わる全ての分野におけるベースとなることだといえます。

 

理学療法士が心リハ専門の病院へ転職することで、「循環器系について深く学ぶことができる」というメリットがあります。

 

理学療法士が循環器専門の病院へ転職する際の注意点

PTが循環器専門の病院で働くと、理学療法士として関わる全ての分野における基礎となる循環器について詳しく学ぶことができます。このことは、理学療法士としては大きなメリットだといえます。

 

ただその一方で、心リハ専門の病院へ転職する際には、いくつか注意しなければいけないこともあります。そのことを知らずに転職すると、入職後に苦労することになりかねません。

 

そこで以下に、PTが循環器専門の病院へ転職する際の注意点について記します。

 

心リハには幅広い知識が必要

循環器専門の病院に入院されている人は、「心筋梗塞」など心臓の病気によって治療が必要な人がほとんどです。そして心臓に問題が生じる場合、多くは生活習慣の乱れが原因で起こります。

 

また、年齢層も若い人より高齢者の方が大半を占めます。つまり、循環器専門の病院には、生活習慣に問題がある高齢者の人が多く入院しています

 

そのため、理学療法士が担当する患者さんのほとんどは他の内科疾患を併発しており、心臓などの循環器系だけの問題で入院している人は少ないです。特に、生活習慣の乱れが原因で起こりやすい糖尿病などの「生活習慣病」を患っている人が多くいます。

 

整形外科病院でも同様に、「変形性膝関節症」だけでなく、「高血圧」や「糖尿病」などの内科的疾患を合併している人はいます。ただ循環器専門の病院と比べると、整形外科病院には、そのように複数の病気を患っている人は少ないです。

 

つまり、循環器専門の病院であっても、理学療法士として働く上では、循環器系に関する知識だけでは不十分だといえます。

 

例えば、糖尿病を併発している人には、心臓に関するリハビリのみでは十分な効果が得られにくいため、糖尿病の影響も考慮しなければいけません。また理学療法士には、リハビリを行う際の「リスク管理」に関する知識も広範囲に必要となります。

 

このように、理学療法士が循環器専門の病院に転職する場合は、想像しているより幅広い知識が必要になることを知っておいてください。

 

カルテに記載してある心リハで使われる略語がわからない

循環器専門の病院において、心臓疾患の患者さんに対してリハビリを行う場合、「心臓リハビリテーション指導士」の資格を取る理学療法士もいます。

 

そうはいっても、ほとんどの理学療法士はそのような資格を持たない状態で就職・転職するため、心臓リハビリの際に使用される略語の多くを理解できないことが多いです

 

循環器専門の病院に限らず、医者からの処方には略語を使って書いてあるものがほとんどです。例えば整形外科でも、「ROMex」というような言葉は使用されます。ただ、このような略語は、理学療法士の学生時代からよく聞くものであるため迷うことはありません。

 

一方で心臓に関する略語は、「EF」や「RC」「VF」など、学生のときに習ってはいるものの、聞きなれない単語が多く使われます。そしてこのような略語は、実際に循環器専門の病院で働いていないと使用することはほとんどありません。

 

そのため、理学療法士として循環器専門の病院に転職・就職する人の中には、最初に医者からの処方に書かれている略語を理解するのに苦労することが多いです。特に検査結果などに関する言葉は、リハビリを行う上でも大切になりますので、必ず把握しておかなければいけません。

 

心リハでは完治ではなくコントロールという認識が必要

また循環器専門の病院では、ほとんどの場合において「完治」がありません。例えば、整形外科病院でよく見られる「骨折」などは、レントゲン上で骨が癒合すると、完治したとされます。

 

一方で循環器疾患では、手術や薬物療法で症状は治まったとしても完治とはなりません。その人が病気になるに至った原因を患者さんが理解し、再発予防のためにコントロールしなければなりません

 

そのため、理学療法士を始めとして、多職種で連携することで患者さんの再発予防を目指すことになります。

 

例えば、「医師は薬物療法による血圧コントロール、理学療法士は運動療法を用いて体力向上、栄養士は食事指導での食生活コントロール」といったように、さまざまな職種が関わることで、継続的にその人の生活習慣を維持・改善します。

 

このように、循環器疾患に対する治療は「完治ではなく患者さん自身が習慣をコントロールできるようにしていくこと」が大切になります。

 

循環器疾患の病院に転職する際には、理学療法士もこのような視点でリハビリを行っていく必要があるということを理解しておいてください。

 

また循環器は、理学療法士が関わる疾患の中でも、最もリスク管理が難しい分野だといえます。そのため、理学療法士はリスク管理に関する能力も、他の病院以上に求められることを知っておく必要があります。

 

心リハでは高いコミュニケーション能力が求められる

心臓疾患の患者さんに対してリハビリを行う場合、既に述べたように、理学療法士はさまざまな職種の人との連携が必要になります。

 

整形外科のクリニックであれば、患者さんの事に関しては、医師と理学療法士の連携だけで済むことがほとんどです。当然、看護師さんとのやり取りが必要になる場合もありますが、そこまで多くありません。

 

一方、循環器専門の病院であれば、医師や看護師だけでなく、栄養士、ケアマネージャーなど、さまざま職種の人と連携を取る必要があります。

 

これは、循環器疾患の患者さんに対するリハビリは、状態が安定し入院や通院が終わったから安心できるというものではなく、その後の予防までを徹底して行なわなければいけないためです。循環器疾患の患者さんにおける多くは、生活習慣に問題があって病気が発症しています。

 

つまり、退院や通院が終了した後も、患者さんの習慣を変えないと再発してしまいます。このように、循環器疾患の治療は退院後の再発予防が大切になります。

 

そのため、食生活に関しては栄養士との連携が必要になりますし、介護保険を使用している人であればケアマネージャーとの協力が不可欠になります。さらに、そのような専門職だけでなく、家族の協力も欠かせません。

 

このように、循環器疾患の患者さんに対してリハビリを行う場合は、さまざまな職種の人と関わる機会が増えます。

 

その時に適切なコミュニケーションが取れることも、患者さんのリハビリがスムーズに進むかを大きく左右するポイントです。そのため、理学療法士は幅広い知識とコミュニケーション能力を身に付けておく必要があります。

 

さまざまな職種の人と、専門家として適切に意見交換をすることができれば、患者さんの社会復帰をよりスムーズにサポートすることができるようになります。

 

今回述べたように、理学療法士が心リハ専門の病院へ転職することで、さまざまな分野の基礎となる循環器系に関することを深く学べるというメリットがあります。

 

また、循環器専門の病院に勤める理学療法士に対しては、特に幅広い内科的疾患や循環器専門で使用される用語の理解、リスク管理能力、コミュニケーション能力などが求められます。そして、完治を目指す他の疾患とは違い、「患者さんが一生コントロールできることを目標にリハビリを行なう」という認識が必要になります。

 

理学療法士として循環器専門の病院に転職する際には、こうしたメリットと注意点があることを理解した上で転職先として選択することが重要です。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト