こんなPT・OT・STは退職・転職を止めるべき:リハビリ求人

 

多くの人が転職を考えるのは、今の会社に何かしらの不満を抱えたときです。例えば、人間関係で困っていたり、給料が少なかったりといった不満を持ちます。これらの悩みは、解決できない場合が多いため、転職するのが適切な選択肢となります。

 

ただ、転職はすべてが良い方向に働くわけではありません。実社会を見ると、転職をして後悔をする場合もあります。例えば、人間関係で不満を持って辞めたのに、別の就職先に移った際に、違う悩みを抱えてしまう場合があります。そして、転職した後に「前の会社の方が自分に適していた」と気づくことはあります。

 

このように、職選びには「転職しない」方が良い場合があります。もし、あなたが定年まで仕事をしっかり行いたいと思うのであれば、転職も一つの選択肢としてありますが、「転職しない」ということも有効な選択肢であると理解しなくてはいけません。

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職を考える際にも、転職をとどまった方が良いという場合があります。その場合は、その人の考え方を分析するとわかります。そうした人が「転職する理由は?」と聞かれると、ほとんどがマイナスなことしか返ってきません。その具体例として、以下のものが挙げられます。

 

 ・給料が低い
 ・休みが少ない
 ・上司と合わない
 ・会議が多い

 

このようなマイナスの理由しか思い浮かばない場合は、転職を考え直した方がよいかもしれません。そして、マイナスな理由で職場に不満を抱えている場合、少し考え方を変えて、今の職場を見直すことが必要です。

 

それによって、転職するときが来ても、大きな失敗を防ぐことができます。今回は上記に述べたような理由を思い浮かぶ場合に、転職を避けた方が良い意味とその対策について述べます。

 

不満はどのような職場でもある

転職を考え直した方がよい人の共通点として、「転職の理由が全てマイナスなこと」であるということが挙げられます。

 

もしそのような理由だけで転職を考えている場合は、一度考え直しましょう。

 

世の中に、全てが完璧で何も文句がないような職場はほとんどありません。給料が良いところは休みが少なかったり、残業が多かったりします。逆に、休みが多く、残業がないようなところは、給与が安いというように、必ず良い面と悪い面があります。

 

そのように、今の職場において悪い面しか見えていない人は、必ず次の職場でもマイナス面を探すようになります。

 

そうなると、また今と同じように、新しい職場についたとしても、別のマイナス面を探すようになります。すると、新しい職場でも、しか見えないようになり、不満を抱えます。その結果、再転職を行います。

 

そうして、転職を繰り返すとして、履歴書に転職歴ばかりが並び、面接官に「何か問題がある人物だ」と考えられるようになります。その結果、最終的には転職すらも行いにくくなってしまいます。

 

結局どのような職場で働いていても不満は出ます。特に、今の職場でマイナス面しか見えていないようでしたら、注意が必要です。そのような状態では、どのような職場に転職しても同じ状況になる可能性が高いと考えた方がよいでしょう。

 

職場の良い点を見つける

このように、転職を考えていて職場のマイナス面しか思い浮かばない人は、一度立ち止まって、職場の良い点を見つけるようにしましょう。

 

例えば、どれだけ給料が安くても、研修費のほとんどを補助してくれるかもしれません。また、休みが少なくても、有給休暇を使いやすかったり、毎日残業なしで定時に帰ることができたりするかもしれません。

 

考えてみると、必ず1つくらいは職場の良い点が見つかるはずです。先ほど述べたように、マイナス面しか見えないような状態で転職すると、新しい職場先でも同じ状態に陥る可能性があります。転職を考えたとしても、職場のプラス面を再度検討した上で行うようにしましょう。

 

もし、本当に1つも良い点がなければ、転職を決めた方がよいかもしれません。

 

しかし、転職する人の多くは、今の職場における良い点が見えなくなっているだけである可能性があります。そう考えると、転職を考えている人全てが、良い選択が転職ではありません。今行っている仕事のメリットを把握し、仕事を続けることも良い選択であるといえます。

 

転職する際は、その時の判断だけではなく、「転職をする理由」というものを明確にして実行することが大切です。その時に行うべきことの1つが「職場の良い点を見直すこと」になります。

 

今回述べたように、転職をする際は、転職する理由を明確にしておくことが大切です。その辺りは、転職サイトを利用する場合、必ず聞かれることでもあります。転職を考えた際は、本当に転職を行うことが良いなのかをしっかり考えて実行に移すようにしましょう。

 

そうすることで、結果的に良い転職につながるはずです。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト