PT・OT・STが退職・転職する時期:リハビリ求人

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職する際、の理由は、さまざまです。「給料が安いから」「家から遠いから」「帰宅時間が遅いから」といったことが、例として挙げられます。

 

そして、どのような理由にしても、退職の際に多い悩みの1つとして、辞めるタイミングが挙げられます。

 

そこで今回は、転職する時期について述べます。

 

 4月は増員、入れ替えの時期
一般的に、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者に限らず、日本の多くの会社は、4月から新年度が始まります。

 

これは、ほとんどの学校が3月卒業であるためです。特にリハビリ職者は、国家試験が3月に実施されます。国家試験に合格していないと、リハビリ関連職として仕事を行うことができません。このような理由から、4月からを年度初めとしているところが多いです。

 

そして、この時期は、転職者にとっても、転職しやすいタイミングだといえます。それは、新年度から新事業などの新しい動きを行う組織が多いためです。

 

例えば、新しくスポーツリハビリを取り組む場合などが挙げられます。学校も新年度になり、新しいメンバーが入ります。また、それだけではなく、顧問の先生も新しくなります。

 

そのため、新年度である4月から、トレーナーを雇って、チームを強化するところが多いです。

 

他にも、人数を増やすことで、施設規模を大きくし、請求できる保険点数を増やしたいと考えている場合も同じです。

 

新卒者が多い4月は、一気に多くの人数を増やすのに最適な時期です。そのため、このような施設規模の拡大や、新事業を行うのには適したタイミングだといえます。

 

このように、新たな事業を始めるためには、人を増やす必要があります。その場合、将来を見据えた上で、新卒者を多く入れたいと考えているところは多いです。一方で、新事業を円滑に進めるために経験者を求めていることも少なくありません。

 

つまり、転職者にとっても、この時期は、転職しやすいタイミングだといえます。

 

 リハビリ職者の人手不足は大きな問題
理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が働く職場では、人手が足りないことは病院にとって大きな問題です。それは、患者さんがいるためです。

 

人が辞めて、リハビリスタッフが減ったからといって、患者さんの数が急に減ることはありません。どれだけ人数が少なくても、入院されたり通院されたりする患者さんに対してはリハビリを行わなければなりません。一番問題なのは、リハビリを必要としている人がいるのに、リハビリを実施できないことです。

 

そうなると、せっかくその病院を選んでくれた患者さんは、他の病院に移ってしまうかもしれません。そのため、リハビリ職者が働く職場では、人手不足が大きな問題となります。

 

4月は、子供が通う学校の都合など、家庭の事情で退職する人も少なくありません。先ほど述べたように、新卒者が数名入る時期でもありますが、経験者が一気に辞めるタイミングだともいえます。

 

そして、経験者が辞めてしまうと、その人たちが担当していた患者さん達は、他のスタッフが対応しなければなりません。

 

新卒者は、能力の問題だけでなく、免許の申請の関係から、入職して少なくとも1ヵ月近くは患者さんを担当することができません。そのため、新卒者の入社だけでは、人員が足りない期間ができてしまいます。

 

それに対して、経験者であれば、入職後すぐに患者さんを担当することができます。多くの場合は、1週間程度研修期間として設けられています。

 

しかし、上記のように、退職者がいた場合は、そのような期間をとっている余裕はありません。

 

私は以前転職した職場で、入職初日にも関わらず、忙しく働いた経験があります。当時、電子カルテと言われる患者さんの情報をパソコンで管理するシステムも理解していないまま、転職をおこないました。すると、転職後初日から、他のスタッフと同様に患者さんの対応を行いました。さらに、その病院は電子カルテで情報を管理していました。

 

この時は、とても焦ったのを覚えています。スタッフとも患者さんとも初顔合わせであり、現場のシステムも理解できていないような状況でしたので、とても慌ただしい一日だったのを覚えています。できるのであれば、あのような体験はあまりしたくないというのが正直な気持ちです。

 

そうは言っても、病院側としては、とても助かることだと思います。このような理由から、4月は転職者にとっても、転職をしやすい時期だといえます。

 

以下に、4月に転職しやすい理由をまとめます。

 

 ・4月から新事業を始めるため、スタッフの増員を行う病院が多い
 ・3月に退職者が出やすいため、補充人員を求めている病院が多い

 

今回述べたことから、1〜3月は、転職活動を行うタイミングだといえます。この時期は、病院側も人手を求めています。また、あなた自身も、この時期に転職先を探すことで、4月から入職し、新年度に始まる新たな事業に初めから関わることができます。

 

つまり、転職を考える場合は、2月か3月に退職し、4月から新しい職場に入職するのが、良いタイミングだといえます。


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

PT・OT・STが退職・転職する時期:リハビリ求人 関連ページ

PT・OT・STが転職時に求める条件「補助金」:リハビリ求人
リハビリ職者が休日を取りやすい職場へ転職するポイント:リハ求人
リハビリ関連職者がブランク後に復帰・復職する際に抱える不安
リハ職者は転職時に休日、給与の条件に注意すべき:リハビリ求人
ブランク明けリハ職者にお勧めの再就職・転職先:リハビリ求人
一人親(シングルマザー)リハビリ職者が転職で注意する母子手当
一人親(シングルマザー)リハビリ職者が転職で注意する労働環境
定期昇給のある職場へ転職して給料アップを狙う:リハビリ求人
転職時にPT・OT・STは人間関係を意識すべき:リハビリ求人
経営方針を知りPT・OT・STが転職で成功する:リハビリ求人
PT・OT・STの非常勤(パート)転職への不安:リハビリ求人
こんなPT・OT・STは退職・転職を止めるべき:リハビリ求人
国家資格免許証がないと転職に失敗する理由:リハビリ求人
PT・OT・STが退職・転職する本当の理由:リハビリ求人
施設見学を行って転職に成功するPT・OT・ST:リハビリ求人
PT・OT・STが転職時に役立つ知識「認知症」:リハビリ求人
リハビリ関連職者における認知症患者との関わり方:リハビリ求人
リハ職(PT・OT・ST)が認知症患者の心情を理解する大切さ
ブランク後の再就職・転職でリハビリ職者の注意点:リハビリ求人
労働条件を確認し転職の失敗を避けるコツ:リハビリ求人
PT・OT・STの転職活動に起こる悩み:リハビリ求人
PT・OT・STが1年目で転職を考えたときに検討すべきこと
PT・OT・STの年収相場に影響する要因:リハビリ求人・転職
マイナンバー制度とPT・OT・STの副業・パート:リハ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト