クリニック経営者に聞くPT・OT・STが書く履歴書のポイント

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職する際、送付した履歴書は病院経営者やリハビリ管理職者に見られます。そして、経営者や管理職者によって書類選考の合否が決まります。

 

そのため、病院経営者やリハビリ管理職者が履歴書のどのような点を注意して見るかを知っておくことは、転職を成功させるためには大切なことです。

 

そこで今回は、病院経営者が履歴書を見る際に注意する点について述べます。

 

経営者は医療従事者ではないことが多い

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が転職する際に送付する履歴書は、病院の経営者にも見られます。

 

多くの場合、病院の経営者はリハビリ職者ではなく、医療従事者でもありません。院長が経営者のこともありますが、そうでないところが大半です。それは、院長は医師業務で忙しいため、経営を行う余裕がないということもあると思います。

 

そのため、院長の奥さんなど、院長以外の人が経営者であるところが多いです。

 

つまり、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者などが転職する際は、経営者にも、履歴書や面接で評価されなければいけません。いくらリハビリの知識や技術を持っていてリハビリ管理職者からの評価が高くても、経営者から認められなければ採用されることはありません。

 

そして、経営者はリハビリ管理職者などの医療従事者とは違った視点で応募者を評価します。

 

一番のポイントは勤続年数

経営者が履歴書で最も重視するところは、前職の勤続年数です。経営者は初めに、今まで勤務してきた職場を何年勤続したかを確認します。

 

それは、経営者はあなたがその病院にどれほど貢献してくれるかを最も考えているためです

 

一般的に新入職者の場合、3年間は病院にとってプラスの収益をもたらさないと考えられています。1〜2年目は、その人が病院にもたらす売上よりも、教育などかかる時間や人件費の方が多くなるため、病院の利益としてはマイナスになります。

 

そしてやっと3年目になって、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者などがもたらす売上が、その人の賃金と同程度になると考えられます。

 

経営者は1〜2年以内での転職を繰り返しているような応募者に対しては、「入職しても今までと同じように3年続かずに辞めるのだろう」と考えます。そのため、経営者としては職歴で勤続年数が3年未満である職場が多いほど、応募者に対する評価が低くなります。その結果、書類選考で不採用とすることもあります。

 

よく「同じ職場に3年間は勤めるべきである」と言われるのには、このような理由もあります。勤続が3年未満である職場が過去に複数あると、それだけで不採用を受けることになりかねません

 

ただだからと言って、職歴を詐称することだけは絶対に避けてください。経歴は調べればすぐにわかりますので、嘘を書いても間違いなくバレます。そうする必要がないように、できるだけ一つの職場には3年以上勤めるように心がけましょう。

 

今回述べたように、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が転職する際に送付する履歴書は、リハビリ管理職者だけでなく病院の経営者も見ます。

 

そして、病院の経営者が履歴書で見るところは主に職歴です。ただ職歴は、履歴書を書く際に気をつけてもどうすることもできないため正直に書くしかありません。そのような場合には職務履歴書を利用し、長く続かなかった理由を明確に示しておくことも一つの良い手段だといえます。

 

経営者も勤務が続かなかった理由がわかった方が安心しますし、面接で話を聞いてみようという気にもなります。

 

また、転職サイトを利用することも一つの有効な手段です。転職サイトに登録すると、転職のプロであるアドバイザーが履歴書を書く際にもアドバイスしてくれます。アドバイザーは今までにさまざまな経験をしているため、きっとあなたにとって最適な対処法を示してくれるはずです。

 

また転職サイトに登録していない方は、ぜひ転職さいとを利用し転職を成功させましょう。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト