PT・OT・STの転職活動に起こる悩み:リハビリ求人

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者に限らず、転職活動中は、いつも以上に気を使わなければいけない場面が多くあります。

 

例えば、服装や言葉使いは誰でも意識して注意するものです。ただそのようなもの以外でも、他に面接時の名刺交換や面接中に話す内容といったものにも十分に気をつけなければいけません。

 

そこで今回は、転職活動中に注意すべきこととして名刺交換と個人情報の取り扱い方について述べます。

 

名刺交換

どのような職種の人であっても、仕事をしていれば必ず名刺交換という場面を経験します。そのため、ほとんどの会社では入社すると初めに名刺交換の仕方などを学びます。

 

普段の仕事における名刺交換は、そのとき学んだ方法で問題になることはありません。基本的に名刺交換は、お互いに名刺を差し出します。つまり、相手から名刺を渡されると、あなたも名刺を出すのが通常です。

 

転職活動中にも、面接時などには相手側から名刺を差し出されます。ただこのとき、いつものようにあなたが名刺を出す必要はありません

 

それは、これから辞める会社の名刺をもらっても相手にとっては意味がないからです。名刺にはあなたに関することが記載されていますが、名刺に載っているのはあくまで今働いている組織におけるあなたの情報です。そこの社員で無くなった後は、名刺にある情報も変わります。

 

そのため、辞める会社の名刺を渡しても相手を混乱させてしまうだけになります。

 

そして転職活動時は、このような事情を相手側も理解しているため、あなたが名刺を要求されることはほとんどありません。

 

ただそうは言っても、相手から要望があることもあります。そのような場合、在職中であれば渡しても問題ありませんが、会社を辞めた後であれば名刺を渡すことは避けて下さい。そもそも、名刺は会社を辞めるときに会社に返却するのが一般的です。退職した会社の名刺を持っていると、それだけで不信感を抱かせてしまいます。

 

このように転職活動中の名刺交換では、基本的にあなたが名刺を渡すことはなく相手からいただくだけというのが基本になります。間違っても、退職した会社の名刺だけは差し出さないようにしてください。なんと言って名刺を渡すことを避けたらいいのかを書くといいかも。

 

個人情報

また転職活動中の面接においては、話の内容にも注意する必要があります。特に、現職場における個人情報や機密情報に関することは、絶対に話してはいけません。在職中に得た情報には、必ず守秘義務があります。

 

例えば、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者であれば、特に患者さんの個人情報には注意が必要です。

 

他にも、前職場が新しく介護保険施設などの新規事業を立ち上げるような場合なども、そのことを他者に漏らしてはいけません。もしかすると、転職先の病院がその情報を元に何か妨害をするかもしれません。

 

とにかく、個人情報や在職中もしくは前職場の機密情報を話すことは厳禁です

 

「このようなことは転職活動に影響しないだろう」と考えている人もいますが、そうではありません。あなたが面接で、在職中もしくは前職場の情報を簡単に話すと「自社に入っても同じように情報を漏らしてしまうのではないか?」と思われてしまいます。

 

そうなると、あなたの評価は一気に下がってしまいます。

 

そのため、そのようなことを聞かれても答えないようにするのが基本です。「恐れ入りますが、個人情報ですので答えることができません」と丁寧に断ると、面接官もそれ以上しつこく聞いてくるようなことはありません。

 

このように、面接では質問に対しては正直に答えることが基本ですが、守秘義務に関わるようなことは必ず話さないようにしてください。

 

今回述べたように、転職活動中は普段以上に行動や言動に注意しなければいけません。特に名刺交換や、個人情報、企業情報の取り扱いといったものには、あなたが考えている以上に気をつける必要があります。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト