新卒者の「就職面接」と「転職面接」の違い:リハビリ求人・転職

転職する際、面接は欠かせないものです。一般的に、履歴書による書類審査を通過した後に、経営者や面接担当者などとの面接が行われます。そして、面接の結果によって、その会社や病院に採用されるかが決まります。

 

そのため、面接は転職における1つの重要ポイントといえます。

 

また、面接は転職時だけではなく、新卒の就職時にも行われます。そして、この2つの面接では、面接担当者が求めているものが違います。

 

そのため、この2つの面接の違いを理解しておくことは、転職時の面接を上手く行うために役立つはずです。

 

そこで今回は、新卒時の就職面接と転職面接の違いについて述べます。

 

中途採用でも求められるのは即戦力だけではない

転職は、社会人経験者が行うものであるため、その際の採用は「中途採用」と呼ばれます。そして、新卒と中途採用に求められるものの違いを、「即戦力になるかどうか」だと考えている人は多いと思います。

 

それは、ほとんどの企業はもともと中途採用を、「辞めてしまった人の分の補充」という目的として行っていたからです。そのため中途採用者には、辞めた人と同じ働きが求められていました。

 

しかし、そのような考え方は近年、変わってきています。それは、中途採用を募集する目的自体が変化しているためです。以前は、「とにかく抜けた分のマイナスを埋める」といったように、短期的な考え方で、中途採用を募集していることがほとんどでした。

 

一方、近年では、経営方針の見直しや事業の拡大、新規事業の経ち上げの計画など、将来のために中途採用を募集する会社が増えてきています

 

このような目的で募集している場合、以前のように「即時入社」や「前任者の穴埋めのための即戦力としての実力」といった条件は求められなくなりました。その代わりに、発想力や企画力、プレゼン力など、どのような内容の仕事にも応用できるような能力が重視されることが多くなりました。

 

このことを理解し、日頃からこのような能力を高める努力をしておくと、転職の際に有利になるでしょう。

 

「何ができるか」が大切

では、新卒時の就職面接と、転職面接では具体的に何が違うのでしょうか。その違いは、面接担当者が重要視している評価項目と、選考結果の出し方の2つにあります。

 

新卒者の場合、面接の内容は、「入職後にどのようなことを行いたいか」などの、自己PRや志望動機といったものが中心となります。そして、面接担当者は、応募者の話を聞いて将来性を読み取ることで、採用の有無を判断します。

 

一方、中途採用の場合、将来性という不確かなものより、今までの実績といった「現実」が重要視されます。そのため、面接担当者は応募者から、「何をしたいか」ではなく、「今までどのようなことをしてきて、具体的に自社で何ができるのか」ということを読み取ろうとします

 

それだけに、質疑応答の内容も、自己PRや志望動機だけではなく、職歴や前職の仕事内容、役職など、シビアなものが含まれます。

 

そのため、新卒者の場合は、応募者の中から見込みのある新人を選んで、必要な人数を確保します。しかし、中途採用者の場合、自社が求めるような条件に当てはまるような人材がいなければ、全員不合格という選考結果もありえます。それほど転職は厳しいということです。

 

今回述べたように、転職面接の際に必要なものは、「あなたは、自社に入職することで何ができるのか」というアピールです。そのため、転職するときは、あなた自身の強みを見直す、いいきっかけにもなるということです。

 

このような違いを理解した上で、事前準備をしっかりして面接に臨むと、担当者にも好印象を与えることができるはずです。


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト