「未経験者歓迎」時に実務未経験者が注意すべきこと

求人情報を探していると、「未経験者歓迎」と書いてある求人は少なくありません。そのような求人を見ると、「未経験者を優先してくれる会社なんだ」と思ってしまいがちです。

 

しかし、求人情報に載っている「未経験者歓迎」は、そのような意味ではありません。この意味を捉え間違えて応募すると、転職に失敗することになります。そのため、どのような場合でも同じですが、企業側の考えを読み取り、適切な対策を取ることが大切です。

 

そこで今回は、「未経験者歓迎」について述べます。

 

未経験者でも「応募」は歓迎

「未経験者歓迎」という文字は、未経験の人を募集しているように捉えてしまいがちです。ただ、企業側が考えていることは違います。

 

ほとんどの場合、このように「未経験者歓迎」と求人に書いてあるところは、「実務経験者」を求めています。未経験者歓迎とは、「未経験者の人でも応募は歓迎しています」という意味だと考えてください。

 

そのため、もしその求人に多数の応募があり、実務経験者がたくさんいた場合、未経験者はその時点で不利になります。

 

企業は、できれば即戦力の人を雇いたいと考えています。それは、未経験者を雇ってしまうと、その人が仕事を覚えるまでの期間は、企業側にとっては、利益のない先行投資になってしまうからです。

 

つまり、いくら「未経験者歓迎」と書いてあっても、実務未経験であることは、採用選考においてハンディになることを理解しておく必要があります

 

未経験者ゆえに経験をアピールする

このような場合に、多くの人が勘違いすることは「経験がないからこそ熱意や情熱を伝えることが大切だ」と思うことです。

 

確かに、仕事に対する熱意や情熱は大切ですが、企業側は、そのようなことよりも、「あなたを雇うことでどのようなメリットがあるのか」「働いたらどんなことができるのか」を知りたいと考えています。

 

そのため、履歴書や面接の際は、気持ちを伝えるだけでは、未経験というハンディをカバーすることはできません。

 

そのような場合は、未経験だからこそ逆に「経験」をアピールすることが有効です。

 

例えば、今まで経験したことない仕事であるがゆえに「〇〇という資格を取得した」「〇〇という本を読んで、◇◇というスキルを取得した」など、具体的な努力をした経験を伝えることが大切です。

 

また、全く違う業界で働いていたとしても、以前習得したスキルで応用できるものがあれば、積極的にアピールしましょう。

 

パソコンやコミュニケーション能力、管理能力などは、どのような職場でも応用できる可能性が高いです。特に、あなたが今まで獲得したスキルを、具体的にどのような応募先に応用することができるかを説明できると、より評価されやすくなります。

 

そのため、未経験である業界に転職する場合は、今まであなたが学んできたことや習得してきたスキルなどの経験をまとめておきましょう。

 

そして、実際に応募先の仕事をリサーチし、そのような経験を具体的にどう活かせるかを考えておきましょう。そうすることで、未経験というハンディをカバーすることができます。

 

今回述べたように、求人情報に「未経験者歓迎」と書いてある求人であっても、企業側の本音は、「経験者が欲しい」という場合がほとんどです。そのため、実務未経験で応募する時は、そのハンディをカバーすることが大切です。

 

その際のポイントは、熱意や情熱などの気持ちを伝えることではなく、今までの経験をアピールすることが大切です。未経験だからこそ、今までの経験を武器することで、未経験というハンディをカバーすることができるようになります。


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト