面接時の逆質問でPT・OT・STが注意すべき点と評価されるコツ

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者に限らず、面接を苦手とする人は少なくありません。

 

面接は対面式で質問され、その場で答えないといけないため非常に緊張します。そのためPT・OT・STの中には、「あまり上手く話すことができずに失敗した」という人が多いです。また、面接中に余計な質問をしてマイナス評価を受けてしまう人もいます。

 

さらに面接では、必ずといっていいほど「最後に何か質問はありますか?」という問いかけがあります。そして、このときの質問内容で失敗する人がたくさんいます。

 

そこで今回は、「PT・OT・STが避けるべき逆質問の内容」について述べます。

 

準備不足の逆質問

PT・OT・STに限らず、ほとんどの場合には面接の最後に「他に質問はありませんか?」ということを問われます。このときに、わからないことや疑問に思ったことは聞いておくべきです。ただ、何でも聞いて良いというわけではありませんので注意してください。

 

特に、ホームページなどで事前に確認できるような情報を、改めて面接官に質問して確認することは避けるようにしましょう。

 

そのため、面接を受ける前には、ホームページや求人情報などから読み取れる情報は最低限確認しておくことが大切です。そのような事前に確認できるような情報に関して逆質問を行うと、面接担当者から「準備不足な応募者」であると捉えられます。

 

そこで、以下にそのような質問の例を記します。

 

・貴院の理念は何ですか?
・どのような事業を行っているのでしょうか?
・主にどのような疾患の患者さんが来院されますか?
・貴院の強みは何ですか?

 

以上のようなホームページを確認すればわかるような情報は、必ず事前にチェックするようにしてください。

 

また、希望先の職場における情報だけでなく、競合企業や同じ業界の企業などの情報もホームページなどで確認しておくと、逆質問によって評価を上げることができます。そのような細かい情報を得ておくことで、より踏み込んだ質問ができるようになります。

 

例えば病院であれば、「貴院と同じような治療法を行っている〇〇病院がありますが、〇〇病院と差別化を図るために工夫されていることはありますでしょうか?」といった逆質問を行うことで、面接担当者に対して「良く調べている応募者」という印象を与えることができます。

 

このように、事前に逆質問の対策を行っておくことで、面接官に対してリサーチ力や入社への熱意をアピールすることができます。

 

そして、たとえここまで深い逆質問まで行わないにしても、既に上げたような「事前に確認できるようなことに対する質問」を行うことは避けるようにしましょう。

 

自信のない質問

当然ながら会社(病院)は、「ビジネスを行って収益を上げていくこと」を目的としています。そのため、「勉強したい」といったような会社に依存したような質問や、自信がなさそうな言動は避けるべきです。このような後ろ向きなことを言うのは避け、前向きな発言を心がけるようにしましょう。

 

例えば、以下のような質問は避けるべきです。

 

・勉強させてもらえる環境はありますか?
・貴院に入社することでどのような研修を受けることができますか?
・担当の患者数が増えなかったらどうなりますか? 
・入社した後に勉強しても間に合いますか?

 

このような質問は行わないようにしましょう。確かに面接の場面で勉強意欲を見せることは大切ですが、まずは何よりも「あなたが会社へ対して貢献できること」を示すことが一番です。そのため、逆に会社から何かを得ようとする姿勢を見せないようにした方がよいです。

 

そうではなく、今まであなたが経験したことから、その病院に入社してできることを説明します。そして、そこから逆質問につなげると、高く評価されるようになります。

 

例えば、「私は徒手療法のインストラクターの資格を持っていますが、貴院ではそのような徒手療法に対する社員研修などを行っていますか?」など、「あなたの特技を会社側に活かすことができる」ということを、ほのめかすような質問を行います。

 

そうすると、面接官に対して「当院のことを考えてくれている」「この応募者が入職することで当院のレベルアップにつながる」というような、好印象を与えることができるようになります。

 

このように逆質問を行う場合には、あなたができることや、転職先で活かせそうなことを明確にし、自信を持った質問を行うことが大切です。

 

仕事への興味が感じられない質問

転職先を選択する上で、給料や休日、福利厚生などは大切な要素です。しかし、面接中にそのような待遇面に関することばかり質問していては、面接担当者から「仕事に対する熱意が低い応募者」と捉えられる可能性があります。

 

そのため、給料や休日といったような待遇に関する質問は、必要最小限にとどめるようにしましょう。

 

例えば、以下のような質問は避けるべきです。

 

・貴院の同職種における平均年収はどれくらいでしょうか?
・前年度のボーナス支給実績はどれくらいでしょうか?
・残業はどれくらいありますか?
・福利厚生にはどのようなものがありますか?
・年間休日数は何日でしょうか?

 

このような質問は、そもそも求人情報に記載してある場合が多いため、事前に確認しておくことが当然です。また求人情報に載っていなくても、面接中にこのような内容を細かく聞くことは避けましょう。

 

もしどうしても聞きたい場合は、前職場での経験と求人情報に載っていたことを引き合いに出して質問すると、相手に悪い印象を与えることなく、話を聞きだすことができます

 

例えば「前職では、月末などは書類作成などを行うために1週間で10時間程度の残業がありました。貴院の求人情報にも " 残業あり " と記載してありましたが、主な残業内容などがあれば教えていただけますでしょうか?」といった感じで質問するとよいでしょう。

 

このように質問すると、「求人情報を確認したけどわかりませんでした」ということを伝えつつ、「行っている業務に関して興味を持っています」という姿勢をさりげなくアピールできます。

 

今回述べたように、面接における逆質問時には、質問内容や聞き方に注意する必要があります。面接時にあまりに無口であることも相手に悪印象を与えますが、逆に余計な質問を行うことも、面接官からの評価を下げる要因になります。

 

そうしたことを避けるためにも、面接で逆質問を行う場合には、「準備不足の質問」と「自身がのない質問」「仕事への興味が感じられない質問」は行わないようにしましょう。

 

さらに、それぞれで述べたポイントを押さえることで、逆質問を使って面接担当者から高評価を受けることができるようになります。


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト