PT・OT・STが1年以内の転職を避けるべき理由:リハ求人

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)に限らず、転職を考える際に「どのタイミングで転職するか?」については、多くの人が悩む問題だと思います。例えば、「年度末の時期」や「ボーナスをもらった後」「就職して3年」など、人によって適当であると考える転職時期は異なります。

 

ただその中でも、絶対避けなければいけないことは、1年以内の転職です。

 

確かに、「苦労して入社したのに、入ってみると失敗だった」ということはよくあることです。しかし、どんなに大変でも1年間は頑張ることをお勧めします。

 

1年以内の転職経験は、あなたが想像している以上に、あなたの将来に影響することになります。特に、転職活動を行うときには、1年以内の転職履歴があるだけで不採用となることもあります。

 

そこで今回は、「PT・OT・STが1年以内の転職を避けるべき理由」について解説します。

 

1年以内の退職を避けるべき理由

短期間で職場を移ることのデメリットは、履歴書に一生消えない傷がつくことにあります。例えば、希望する会社に転職の応募をしても、短い期間での転職履歴がある場合には、書類審査だけで落とされてしまう可能性が高くなります。

 

いくら仕事ができて、見た目や人当たりが良くても、実際に合って面接をしてみないと、その長所は活かされません。ただ、一年以内の転職経験者は、その機会を失いやすくなります。

 

実際、「1年以内の退職経験がある人は、その他の人と比較して、書類審査を通過する確率が半分以下に下がる」と言う経営者もいます。特に、新卒で入社した会社を、すぐに辞めた人は、もっと書類審査を通る可能性が下がります。

 

仕事を行う上で、ストレスはつきものです。

 

会社に勤めていると、上司や同僚などとの人間関係や、自分がやりたくない内容の仕事、成績が上がらないことに対する焦りなど、毎日さまざまなストレスにされされます。

 

どのような職場でも、全くストレスなく働いている人はほとんどいません。そのような中で、雇用側としては「1年間のストレスにも耐えれないような場合、使い物にならない」と判断します。

 

一般職の人は、あまり意識しないかもしれませんが、人の入れ替わりが激しいと、会社としては人件費がとても高くなります。それは、転職者のほとんどは、新入社員として入社して数ヵ月は、会社に利益をもたらすような仕事ができないからです。しかもその期間は、他の職員も教育に時間がとられるため、会社の利益は下がります。

 

そして、せっかく時間をかけて育てた社員が数ヵ月後に辞めたとなると、経営者は「利益だけを下げられた」「時間だけをとられてしまった」と解釈します。

 

このような考えから、短期間しか勤めないような社員は「使い物にならない」と判断します。

 

多くの人を雇用をする大企業であるなら、資本金も従業員も豊富であるため、このように考えることはないかもしれません。しかし、中規模の会社や零細企業では、入ってきた社員に対して「少しでも早く仕事をできるようになり、即戦力として働いてほしい」と思うものです。

 

こうしたことから、経営者は早い段階で退職してしまう社員をマイナスに評価しがちです。そのため、短期間(特に1年以内)で会社を退職した経験がある人は、転職活動の際に履歴書だけで不採用とされる可能性があります。

 

3年以内の退職を避けるべき理由

一般的に、退職時期の1つの目安として「3年間」という期間を耳にします。この3年間にはどのような意味があるのでしょうか。

 

雇われている会社員を利益だけの視点で見ると、「会社を黒字にする社員(黒字社員)」と「会社を赤字にする社員(赤字社員)」の2種類の人がいます。前者は、給料以上の利益に貢献する人であり、後者は、給料分の仕事ができない人のことを指します。

 

そして大体ですが、「入社して1年目は赤字社員、2年目はトントン、そして3年目は黒字社員」というように、経営者は考えています。

 

そのため、会社側としては「3年間働いて、初めて給料分を働いてくれた」ということになります。そうは言っても、3年間だけの勤めであれば、会社側としては損も得もしていません。経営者からすると「4年以上働いてくれて、やっと会社に利益をもたらし、採用して得をした」ということになるのです。

 

つまり、3年以内に退職する人は、採用しても会社にとっては赤字をもたらす可能性があります。そのため、経営側からは、3年以内の退職経験がある人は避けられる傾向にあります。

 

今回述べたように、1年以内に退職した経験のある人は、社会人としての資質が疑われます。また、3年以内に退職した場合は、会社にとって赤字になる可能性がある人物だと判断されやすいです。

 

このように、3年以内の退職は、経営者から低い評価を受ける可能性が高いです。そうなると、当然ながら転職をする際に、応募や面接の際とても苦労することになります。

 

もし、あなたが「次の転職先で良い職場に恵まれたい」と考えるのであれば、最低1年以上、できれば3年以上は同じ職場で働くようにしてください。その努力と我慢が、次の良い職場への転職という結果につながるはずです。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

PT・OT・STが1年以内の転職を避けるべき理由:リハ求人 関連ページ

PT・OT・STが働く理由を明確にする大切さ:リハビリ求人
リハ職者がワークライフバランスを考える必要性:リハビリ求人
リハ職者が転職を成功させるための3ステップ:リハビリ求人
転職で成功・失敗するPT・OT・STの特徴:リハビリ求人・転職
PT・OT・STは注意「平均年収の罠」:リハビリ求人
転職時にPT・OT・STが学ぶべきこと:リハビリ求人
PT・OT・STが転職活動時に避けるべき行動
リハ職者が離島への転職で収入・年収アップを狙う:リハビリ求人
PT・OT・STが採用選考を通過するためのポイント
PT・OT・STが転職せずキャリアアップする:リハビリ求人
福利厚生が充実したPT・OT・STの転職先の罠:リハビリ求人
年代別のPT・OT・ST転職者に求められる基準:リハビリ求人
PT・OT・STが強みをアピールして転職で成功するポイント
PT・OT・STのブラック企業の見分け方:リハビリ求人・転職
PT・OT・STの求人情報にある経験者・第二新卒・既卒の違い
求人に応募した後に連絡が来ない場合の行動:リハビリ求人・転職
転職で成功するPT・OT・STの思考:転職時期、情報の捉え方
PT・OT・STの収入に関する用語と給与に影響する因子
企業が正社員として求める人材の特徴:リハビリ求人・転職
中高年リハ職が転職を成功させるための思考:リハビリ求人・転職
扶養内でパート勤務のPT・OT・ST:103・130万円の壁
副業するPT・OT・ST必見!副業に伴う確定申告について
PT・OT・STがストレスを溜めずに転職活動を行い成功する
PT・OT・STが交渉して給料アップを成功させる3つのポイント
転職を繰り返すPT・OT・STの特徴:リハビリ求人・転職

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト