PT・OT・STがストレスを溜めずに転職活動を行い成功する

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者の中には、転職活動時にストレスを感じる人が少なくありません。

 

転職するためには、求人情報の探索や施設見学、履歴書作成、面接など、さまざまなことを行わなければいけません。しかも、全てのことを働きながらする必要があるため、転職時は非常に忙しくなります。

 

そのため、PT・OT・STが転職を成功させるためには、そうした転職によって生じるストレスを減らすことが重要になります。

 

ストレスを溜めずに転職活動を行うことができれば、気持ちに余裕を持って転職先を選択することができ、結果的に良い職場へ転職することができるようになります。

 

そこで今回は、「PT・OT・STがストレスを溜めずに転職活動を行う方法」について述べます。

 

転職活動で起こるストレス

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者で、転職を行う際にストレスを感じない人はほとんどいません。

 

その中でも、ほとんどの人が転職活動時には、「とにかく時間がない」という悩みを持ちます。

 

転職時は、日中は通常の業務を行いながら、昼休みや業務後、休日などを使って転職活動を行います。また、退職に伴って退職届を書いたり、仕事を引き継いだりと、転職だけではなく退職に関しても多くの作業を行わなければいけません。

 

このように転職時は、退職するために現在働いている仕事自体も忙しくなります。

 

そして、そうした状況の中で、まずインターネット上の求人サイトやハローワークを使って求人情報を探す必要があります。また、希望に合った求人情報が見つかった後は、施設見学や履歴書の作成、面接など、働きながら限られた時間の中で日程を調整しなければいけません。

 

そのため転職活動時は、常に時間に追われているような状況になります。

 

多くのPT・OT・STは、こうした「時間的ストレス」を受けながら転職活動を行わなければいけません。

 

転職活動のストレスを最大限に減らす方法

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が転職活動時に最も感じるのは、時間的なストレスです。

 

そして、時間的ストレスによって焦って転職活動をして、転職に失敗する人も少なくありません。

 

そうしたことを避けるためにも、まずはあなた自身がタイムスケジュールの管理を徹底する必要があります。時間を上手く調整することで、退職や転職活動を滞りなく進めることができるようになります。

 

そのため、まずは手帳を使って「やるべきことリスト」を作成します。その中で優先順位を決めて、1つ1つの項目について「いつまでにやらなければいけないか」ということを明確にしておきます。そして、毎日、夜と朝にリストを確認します。

 

そうすることで、効率的に時間を使えるようになるだけでなく、「やり忘れ」を無くすことができます。

 

また、リハビリ職者専門の転職サイトを活用すると、さらに効率的に退職活動や転職活動を行うことができるようになります。

 

PT・OT・STが転職サイトに登録すると、リハビリ職者専門のアドバイザーが担当としてつきます。そして、アドバイザーが、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

 

例えば、アドバイザーにあなたの希望を伝えると、アドバイザーはあなたに合った求人情報を見つけて紹介してくれます。それだけでなく、履歴書の書き方や面接のポイント、施設見学、面接の日程調整など、転職活動に関わる全てのことをアドバイザーが代行してくれます。

 

このように、転職を考えているPT・OT・STは転職サイトに登録することで、転職時にかかる時間的ストレスを大きく減らすことができるようになります。

 

今回述べたように、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者のほとんどは、転職活動時に大きな時間的ストレスを受けます。そして、中には、そうした時間的ストレスが原因で転職に失敗する人もいます。

 

そうしたことを避けるためにも、転職活動時は時間管理を徹底して行うことが大切です。

 

また、リハビリ職者専門の転職サイトを上手く使うことで、さらに転職活動時にかかる時間的ストレスを大きく減らすことができます。

 

こうした理由からも、PT・OT・STが転職するときには、転職サイトへ登録することをお勧めします。あなたも、ぜひ転職サイトのアドバイザーを上手く活用して、転職を成功させましょう。


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

PT・OT・STがストレスを溜めずに転職活動を行い成功する 関連ページ

PT・OT・STが働く理由を明確にする大切さ:リハビリ求人
PT・OT・STが1年以内の転職を避けるべき理由:リハ求人
リハ職者がワークライフバランスを考える必要性:リハビリ求人
リハ職者が転職を成功させるための3ステップ:リハビリ求人
転職で成功・失敗するPT・OT・STの特徴:リハビリ求人・転職
PT・OT・STは注意「平均年収の罠」:リハビリ求人
転職時にPT・OT・STが学ぶべきこと:リハビリ求人
PT・OT・STが転職活動時に避けるべき行動
リハ職者が離島への転職で収入・年収アップを狙う:リハビリ求人
PT・OT・STが採用選考を通過するためのポイント
PT・OT・STが転職せずキャリアアップする:リハビリ求人
福利厚生が充実したPT・OT・STの転職先の罠:リハビリ求人
年代別のPT・OT・ST転職者に求められる基準:リハビリ求人
PT・OT・STが強みをアピールして転職で成功するポイント
PT・OT・STのブラック企業の見分け方:リハビリ求人・転職
PT・OT・STの求人情報にある経験者・第二新卒・既卒の違い
求人に応募した後に連絡が来ない場合の行動:リハビリ求人・転職
転職で成功するPT・OT・STの思考:転職時期、情報の捉え方
PT・OT・STの収入に関する用語と給与に影響する因子
企業が正社員として求める人材の特徴:リハビリ求人・転職
中高年リハ職が転職を成功させるための思考:リハビリ求人・転職
扶養内でパート勤務のPT・OT・ST:103・130万円の壁
副業するPT・OT・ST必見!副業に伴う確定申告について
PT・OT・STが交渉して給料アップを成功させる3つのポイント
転職を繰り返すPT・OT・STの特徴:リハビリ求人・転職

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト