転職で成功するPT・OT・STの思考:転職時期、情報の捉え方

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の中には、転職で成功しやすい人と失敗しやすい人がいます。

 

そして、転職で成功する人には、いくつかの共通点があります。例えば、転職で成功する人は、転職で成功しやすい時期を知っており、そのタイミングで転職活動をします。他にも、そうした人たちには、情報の捉え方や仕事に対する意識の持ち方などにも特徴があります。

 

転職で成功する人の思考を学んで応用することができれば、転職で成功しやすくなります。

 

そこで今回は、「転職で成功するPT・OT・STの思考」について解説します。

 

転職で成功するPT・OT・STが繁忙期を避ける理由

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者に限らず、転職で成功する人の共通点の一つに「繁忙期の転職活動を避ける」というものがあります。

 

時期を考えて転職活動する人は多くありませんが、転職には最適なタイミングというものはあります。また逆に、転職活動を行わない方が良い期間もあります。

 

そのため、適切なタイミングで転職活動を行わないと、転職で成功する可能性が低くなります。

 

そこで以下に、転職で成功する人が繁忙期を避ける理由について述べます。

 

繁忙期におけるPT・OT・STの転職活動は好ましくない

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者でも同様ですが、会社には一年を通して最も忙しい時期というものはあります。いつもより患者さんの数が多くなったり、仕事量が増えたりするようなタイミングです。

 

そのような時期は、転職活動を行うタイミングとして向いていません。それは、繁忙期は応募者にとって忙しく、転職活動の時間が確保しにくいときだからです。

 

例えば、あなたが履歴書を送付し、先方から採用を前向きに考えてもらっているとします。そして、あなたは面接の日程を決めようとしますが、繁忙期であると、残業も多く面接を受けにいく時間が取れないような状況になるかもしれません。

 

企業が求人を出しているということは、できるだけ早く新しい人材が欲しいと考えています。そのため、あなたの都合で採用活動が止まってしまうと、相手方に迷惑をかけることになります。

 

そうなると、本来であれば上手くいくような話も、流れてしまうという可能性もあります。

 

また繁忙期に転職するということは、あなたが現在働いている職場に対しても迷惑をかけることになります

 

例えば、繁忙期にあなたが辞めたことで人員が減ると、残った人の仕事量は増えます。また、忙しい中で引き継ぎを行うためスムーズにいかず、中途半端な状態で退職することになる可能性があります。

 

このように、繁忙期の転職活動は、あなたにとっても職場にとっても好ましくないものだといえます。

 

転職で成功する人は、こうしたことを理解しているため、忙しい時期に転職活動を行わないように計画的に行動します。

 

リハビリ職者(PT・OT・ST)の繁忙期

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ関連職が勤める病院や施設の繁忙期は、職場によっても異なります。

 

例えば、整形外科クリニックであれば、夏休みや運動会シーズンなどは学生の怪我が増えるため忙しくなります。

 

また3月は、ほとんどの病院が4月からの新しい体制に向けた活動を行っていることが多いため、バタバタしています。具体的には、新しく入ってくる新人に向けた教育プログラムの作成や、人事に関することなど、3月は何かと忙しい時期になります。

 

同様に4〜6月も、新しい体制での仕事が始まったばかりであるため、基本的には忙しい時期です。

 

そのため、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者は、8〜12月辺りにかけて転職活動を行うことが好ましいといえます。そのタイミングであれば、あなた自身も職場もある程度落ち着いているときですので、余裕を持って転職活動を行うことができます。

 

間違っても、「2月や3月から転職活動を始め4月から新しい職場で働く」という行動は避けるようにしましょう

 

このような時期に転職活動を行ってしまうと、あなた自身もバタバタすることになりますし、働いている職場にとっても急に人員を確保しなければいけなくなるため非常に迷惑となります。そのため、良い転職となる可能性がかなり低くなります。

 

以上のことから、転職活動は余裕を持って遅くても1月までに終わらせることをお勧めします。

 

転職で成功するPT・OT・STにおける情報の捉え方

転職で成功する人の共通点の一つに「情報の捉え方」があります。転職活動において、情報は非常に大切です。転職で成功する人は、そうした情報に対しての考え方が共通しています。

 

そのため、転職で成功する人に共通する情報の捉え方を知ることで、あなたの転職も成功する可能性が高くなります。

 

そこで以下に、転職で成功する人が情報をどのように捉えているのかについて述べます。

 

転職で成功するPT・OT・STは情報の出どころにこだわる

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者に限らず、転職で成功する人は「情報の出どころ」にこだわります。

 

何事でもそうですが、情報を扱う際は「情報源がどこであるか」ということが重要になります。

 

例えば、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が行うリハビリの中で、ある治療法が有名になったとします。その情報の出どころが、個人が作っているようなブログであれば情報の信ぴょう性は低いといえます。

 

一方で情報の出どころが、常に研究しているような大学で行われた大規模な研究であれば、信頼性の高いものだと判断できます。

 

また転職活動でいうと、転職先に関する企業研究などを、インターネット上などの口コミだけに頼ることは危険です。口コミは、情報の出どころが不明確で信頼性が低いものがほとんどです。

 

そのため、口コミだけを元に判断すると、誤った情報に踊らされ失敗する可能性があります。

 

このように、世の中にあふれている情報には、不確かで誤ったものが多くあります。その際に「情報の出どころがどこであるのか」ということはとても重要になります。

 

こうしたことから、常に情報を疑ってかかる姿勢を持ち情報源にこだわることで、より確かな情報を得ることができるようになります。普段から確実な精度の高い情報を選別するように心がけることが、転職を成功させる秘訣だといえます

 

転職で成功するPT・OT・ST一次情報と二次情報を意識している

転職で成功するPT・OT・STは、得た情報に対して「その情報は一次情報か二次情報か?」ということを考えます。

 

一次情報とは、その人自身の経験から得た情報のことを言います。例えば理学療法士であれば、「〇〇のような患者さんには、◇◇といった運動が効果的だった」という経験から得た情報は一次情報です。

 

一方で二次情報とは、「自身は経験していないけど、他人から聞いて得た情報」のことをいいます。理学療法士を例に挙げると、「〇〇のような患者さんには、△△といった治療法が効くと本に書いてあった」というような、本や文献から得た知識は二次情報です。

 

つまり、一次情報はあなた自身が経験から得た「生の情報」であり、二次情報は間接的な情報になります。あなたがこのような2つの情報を他の人から聞いた場合、どちらの方が信頼性の高いものだと感じるでしょうか。

 

おそらく、一次情報と答える人が多いと思います。これら二つを比較すると、明らかに二次情報より一次情報の方が、より臨場感が高くなるため説得力が増します。

 

実際に働いている理学療法士から「こういう症状の人には、こうすると良いよ」といわれるのと、知識だけあり経験はない理学療法士の学生から同じことを言われるのでは、まったく説得力が異なります。

 

また一次情報であれば、より詳しくリアルな情報であるため、聞いている方もイメージが付きやすくなります。

 

転職活動をする際に、履歴書の書き方や面接におけるポイントなどを、本を読んで学ぼうとする人がいます。このように、本から知識を得ることは悪いことではないのですが、これでは二次情報しか得ることができません。

 

つまり、そうした状態は「面接対策の本にはさまざまな面接テクニックが書いてある」という二次情報を持っているだけであり、それが実践で役立つかどうかはわかりません。

 

このように、二次情報ばかりを得ていると、いわゆる「情報コレクター」になってしまいます。情報を持っていることは悪いことではないと思います。しかし、何事にも実践が伴っていないと情報は活かされないことがほとんどです。

 

そして、転職で成功する人は、できる限り一次情報を得ようとします。

 

転職で成功するPT・OT・STは会社が求めているのは情報コレクターではない

また、PT・OT・STなどのリハビリ職者に限ったことではありませんが、会社(病院・施設)が求めているのは情報コレクターではありません。会社は、実際に成果を出すような人材を求めています。

 

そのため、履歴書や面接なども、「採用担当者からはこのような視点で見られている」と考えた方が無難です。

 

例えば、面接でマニュアルに書かれているような応対を行えば、面接担当者からは情報コレクターとして捉えられる可能性があります。またそのような話しの内容は、臨場感もなく聞いている方も面白くないため、評価も低くなります。

 

一方で、自分自身の経験である一次情報を元に行われる応答は、話がよりリアルになり臨場感も高まるため、面接担当者を話に引き込むことができます。

 

さらに、「この応募者は実践した結果を大事にする人物だ」と捉えられ、面接担当者の評価が良くなる可能性が高いです。そのため、一次情報を大切にしていると必然的に採用選考を通過しやすくなるといえます。

 

転職で成功するPT・OT・ST総合的かつ慎重に決める

また転職で成功する人は、物事を部分的かつ安易に決めることを避けます。必ず情報を総合的に捉え、慎重に判断します。

 

例えば求人情報を見るときに、転職で失敗する人の思考は以下のようになります。

 

・給料が高いから良い会社だ
・休日数が多いから働きやすいだろう
・勤務時間が短いから早く帰れる

 

一方で、転職で成功する人は、このような単純な思考は行いません。一つの情報だけで、安易に判断することを避けます。

 

先ほどの例でいうと、以下のような思考になります。

 

・給料が高いということは、忙しく残業が多いかもしれない
・休日数が多いということは、給料が低いかもしれない
・勤務時間は短く書いてあるが、残業はどうだろうか

 

このように、転職で成功する人は、ある一つの良い情報を得てもそれだけで安易に物事を決めることはありません。「良いことの裏には何かある」と考え、他の条件も細かく確認し、総合的かつ慎重に判断します。

 

また、ときには自分だけで判断せず、家族やアドバイザーへの相談を行い客観的な意見を取り入れます。そうすることで、より広い視点で物事を見ることができます。

 

以上に述べたように、転職で失敗する人は情報を部分的かつ安易に捉え、転職で成功する人は情報を総合的かつ慎重に判断します。そのため、こうしたことを普段から意識することが転職を成功させることにつながります。

 

転職で成功するPT・OT・STはプロ意識を持っている

転職に成功する人に共通していることとして「プロ意識を持っている」ということがあります。

 

日本において、プロ意識という言葉はさまざまな意味で使われます。ただ、どのような意味であっても、プロ意識が低い人は仕事で評価されにくい傾向にあります。それは転職活動においても同様で、プロ意識が低い人は転職で成功しにくいといえます。

 

そこで以下に、プロ意識を持っていると転職に成功しやすい理由について述べます。

 

プロ意識とは

プロとは「professional(プロフェッショナル)」の略であり、本来は「職業上の」という意味があります。対義語はアマチュア(Amateur)であり、スペシャリストなどはプロと類義語として挙げられます。

 

ただプロという言葉は、日本語としてはさまざまな意味で使われています。例えば、以下のようなものが例として挙げられます。

 

 ・認定プロ
ある団体によって認定された人を指し、プロ野球選手やプロサッカー選手、プロゴルファーなどが例として挙げられます。

 

 ・専門家
特定のある分野に関して、専門的な知識や技術を持っている人を指します。理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者は、このように専門家としての「プロ」にあたります。

 

 ・ある物事に対して厳しい姿勢で臨み、第三者にも認められるような行動をしている人
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者に限らず、ある物事に対して妥協なく取り組んでいる人に対しても「プロ」という言葉が使われます。

 

日本では、以上のような意味でプロという言葉が使われます。

 

そして、特に認定プロや専門家など、自分の知識や技術で生計を立てる人が、当たり前に求められる行動や結果を出すために努力を惜しまない姿勢を「プロ意識が高い」と表現されます。

 

一方で、認定プロや理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者のような専門家以外でも、プロ意識という言葉は用いられます。

 

例えば、ビジネスマンやアルバイトなどに対してもプロ意識という言葉が使われます。このような場合は、当然ながらプロとして生計を立てているわけではなく「会社、組織に貢献する」という意味で使われていることがほとんどです。

 

そのため、こうした認定プロや専門家以外における「プロフェッショナル」という言葉の意味は、非常に曖昧であるといえます。

 

ただ、先ほどの3つ目の例で挙げたような「ある物事に対して厳しい姿勢で臨む人」というものは、多くの人がプロとして共通して認識するものではないかと思います。

 

そのようなプロとしての意識が高い人は、転職において成功しやすいといえます。

 

プロ意識が高いPT・OT・STが転職に成功しやすい理由

プロとして生計を立てているプロも、会社や組織に貢献するという意味でのプロも、どちらにも共通して言えることがあります。それは、先ほど述べたように「ある物事に対して厳しい姿勢で臨む人」は、どのようなプロの中でも評価されやすいということです。

 

このような意味でのプロ意識を持って仕事をしている人には、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者としても、知識や技能といった能力が高い人が多いです。

 

また、認定プロや専門家以外であっても、このようなプロ意識を持っている人には「仕事ができる人」が多いといえます。逆にプロ意識が低い人は、できない言い訳ばかりをして手を抜いたりするため、周囲からは「仕事ができない人」と捉えられがちです。

 

そして、普段からこのようなプロ意識を持っているかどうかは転職活動においても違いが現れます。

 

例えば、プロ意識が高い人と低い人では、転職活動において以下のような違いが見られます。

プロ意識が高い人

プロ意識が低い人

・時間に余裕がある

・連絡の返信が早い

・履歴書の内容が簡潔でわかりやすい

・職務履歴書の書き方が丁寧

・時間に余裕がない、遅刻する

・連絡の返信が遅い

・履歴書の内容が未熟

・職務履歴書の内容が中途半端

このように、普段の仕事でプロ意識を持っている人とそうでない人では、転職活動においても明らかな違いが認められます。

 

「そんなことはない」と思う人もいるかもしれません。しかし、このような違いは本人が気づいていないだけで、採用担当者からすると一目瞭然のことです。経験豊富な脂溶担当者は、応募者の行動や履歴書などを見るだけで、普段の行動をある程度予測することができます。

 

当然、会社側としてはプロ意識が高い人を採用した方が有益です。そのため、普段からプロ意識を高く持っている人の方が、転職に成功しやすいといえます。

 

転職で成功するPT・OT・STは本業を優先する

転職で成功する人の共通点の一つに「本業に集中している」というものが挙げられます。

 

これは、当然のことのように感じる人もいると思います。ただ、「転職活動をしていると本業に集中できなくなる」という人は少なくありません。

 

確かに、転職活動と本業を両立させることは非常に大変なことです。しかし、この際に転職活動を優先させて本業を疎かにすると、結果的に転職で失敗することになります。そうならないためにも、転職活動中であっても本業に集中することが大切です。

 

そこで以下に、本業を最優先している人が転職で成功しやすい理由について述べます。

 

本業を疎かにするPT・OT・STは転職活動で失敗する

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者の多くも、転職活動は前職場に在職しているときに行います。つまり、仕事をしながら転職活動を行っている人が大半です。

 

当たり前のように思えるかもしれませんが、本業を行いながら転職活動を行うということは、非常に大変なことです。

 

転職活動では、求人の探索から履歴書の作成、面接の日程調整、面接など、行わなければいけないことがたくさんあります。しかも、本業も並行して行っているため、昼休みや就業後、休日などの時間を使って行う必要があります。

 

そのため、どうしても転職活動を行う人の中には、本業が疎かになってしまう人もいます。

 

そのような人は、転職のことばかりが頭に浮かび目の前の仕事に集中できません。さらに、「どうせ辞めるのだし、ある程度でいいだろ」という思考が生まれて、仕事の進みが遅くなりミスも多くなります。

 

その結果、いつの間にか仕事のトラブルに追われてしまい、転職活動どころではなくなってしまいます。

 

具体的には、トラブルの後始末に追われ、求人を吟味したり履歴書をじっくり書いたりといった転職活動の時間が取れなくなります。そうなると、転職活動が上手くいかず、転職先を見つけることができない可能性もあります。

 

また転職先が見つかっても、慌てて決めたところであるため、良い職場に転職できる可能性は低いといえます。

 

このように、転職活動中に本業を疎かにする人は、結果的に転職活動で失敗する傾向にあります。

 

本業を優先するPT・OT・STは転職が上手くいく

一方で本業を優先する人は、転職活動でも成功しやすくなります。いくら転職するといっても、まずは目の前の仕事に集中することが大切です。

 

本業に集中している人は、仕事を疎かにする人と比べて仕事での失敗も少なくなります。そのため、結果的に転職活動を行う時間が確保でき、余裕を持って行動できるようになります。

 

またそのような人は、仕事以外の時間を使って集中して転職活動を行うため、常に本業を優先します。

 

例えば、面接日などに急な残業が入った場合は、迷わず面接をキャンセルします。いくら辞めるからといっても、今の仕事で手を抜くことはありません。こうした急なキャンセルといった対応は、一見すると相手にとって悪い印象を与えるように思えます。しかし意外にも、採用担当者はこのようなことに対して寛大です。

 

むしろ、仕事に対する責任感を買われ、評価が高くなることも少なくありません。

 

このように、本業に集中している人は結果的に転職活動を行う時間に余裕ができる上に、採用担当者に評価されやすくなります

 

以上のことから、本業に集中する人の方が転職で成功しやすくなるといえます。

 

今回述べたように、転職で成功するPT・OT・STには以上に挙げたような特徴があります。これらのことを意識して行動すれば、より転職で成功できるようになります。


リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

転職で成功するPT・OT・STの思考:転職時期、情報の捉え方 関連ページ

PT・OT・STが働く理由を明確にする大切さ:リハビリ求人
PT・OT・STが1年以内の転職を避けるべき理由:リハ求人
リハ職者がワークライフバランスを考える必要性:リハビリ求人
リハ職者が転職を成功させるための3ステップ:リハビリ求人
転職で成功・失敗するPT・OT・STの特徴:リハビリ求人・転職
PT・OT・STは注意「平均年収の罠」:リハビリ求人
転職時にPT・OT・STが学ぶべきこと:リハビリ求人
PT・OT・STが転職活動時に避けるべき行動
リハ職者が離島への転職で収入・年収アップを狙う:リハビリ求人
PT・OT・STが採用選考を通過するためのポイント
PT・OT・STが転職せずキャリアアップする:リハビリ求人
福利厚生が充実したPT・OT・STの転職先の罠:リハビリ求人
年代別のPT・OT・ST転職者に求められる基準:リハビリ求人
PT・OT・STが強みをアピールして転職で成功するポイント
PT・OT・STのブラック企業の見分け方:リハビリ求人・転職
PT・OT・STの求人情報にある経験者・第二新卒・既卒の違い
求人に応募した後に連絡が来ない場合の行動:リハビリ求人・転職
PT・OT・STの収入に関する用語と給与に影響する因子
企業が正社員として求める人材の特徴:リハビリ求人・転職
中高年リハ職が転職を成功させるための思考:リハビリ求人・転職
扶養内でパート勤務のPT・OT・ST:103・130万円の壁
副業するPT・OT・ST必見!副業に伴う確定申告について
PT・OT・STがストレスを溜めずに転職活動を行い成功する
PT・OT・STが交渉して給料アップを成功させる3つのポイント
転職を繰り返すPT・OT・STの特徴:リハビリ求人・転職

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト