PT・OT・STが複数職場を経験する利点:リハビリ求人・転職

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ関連職に限らず、1つの職場に退職まで勤めるかどうかは、多くの人が持つ悩みだと思います。

 

1つの職場に長く勤めるメリットは、収入面だけではありません。職場を変えるということは、精神的にも大きな負担になります。そのため、最初の就職から退職まで、同じ職場で働きたいと考える人は、少なくありません。

 

しかし、特に理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ関連職にとって、複数の職場で働くことにはメリットもあります。ここでは、リハビリ関連職が複数の職場を経験することで、得られるメリットについて詳しく解説していきます。

 

リハビリ職者には幅広い知識が必要

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者の多くは、1つの職場にいる期間をある程度決めている場合が多いです。

 

それは、リハビリ関連職の人は、職場によって対応する患者さんの疾患が全く異なるためです。そのため、いろいろな仕事を経験することで、幅広い知識を持つことができるようになります

 

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士など、リハビリテーションに関わる職種は、特に広い視野を持って仕事をすることが求められます。

 

リハビリテーションとは、「社会復帰」を意味します。そのため、リハビリ専門職者は、患者さんの社会復帰を支援することが仕事だといえます。

 

もちろん、患者さんの体の機能を改善させることで、社会復帰を支援することもできます。しかし、脳梗塞後の麻痺など、どうしても残ってしまう後遺症というものはあります。そのような場合に、さまざまな制度を利用することで、社会復帰を実現できます。このように、体の機能以外のアプローチで患者の社会復帰を支援することも、リハビリ専門職に求められる大切な役割です。

 

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが働く職場は、病院などの医療保険を使ったサービスやデイサービスなどの介護保険を利用したものなどさまざまです。

 

実際には、リハビリテーションに関係する制度などを、全て網羅しておくことが必要です。ただ、ほとんどの人は自分が働いている職場で主に利用されている制度しか把握できていないのが現状です。

 

もし、いくつかの職場を経験している場合は、幅広く制度を学ぶ機会ができます。その結果、様々な制度を理解できるようになります。

 

例えば、整形外科クリニックでした働いたことない人は、介護保険について、あまり詳しくないことがほとんどです。しかし、介護保険施設で勤務したことがある人の場合、介護保険に関しても、ある程度の知識があります。

 

そのことが結果的に、患者さんの社会復帰につながることがあります。

 

治療にも総合的な知識が必要

このように、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ関連職には、リハビリテーションに関する制度を理解する必要になります。そのため、複数の職場で仕事をするという経験は大切です。

 

また、それだけではなく、患者さんの体の機能を向上させるためにも、複数の職場で仕事をすることが、とても役に立ちます。

 

例えば、整形外科のクリニックで働く場合、筋肉や関節などの知識が必要です。実際、そのような現場で働いている人の多くは、整形外科や筋肉などの運動器官に関して詳しい人が多いです。

 

ただ、整形外科クリニックで働いている人達は、内科的な知識に乏しい人がほとんどです。

 

そして、整形外科のクリニックで働く場合でも、適切な治療を行うために内科的な知識も必要です。その理由は、整形外科クリニックに通院される患者さんの多くが、内科的な疾患を持っているからです。

 

そして、内科的な疾患が、整形外科的な問題による症状を悪化させていることも少なくありません。

 

例えば、糖尿病は、関節の拘縮や手足の痺れなどに関係します。また、糖尿病は、骨折や皮膚などの治癒を遅らせる要因にもなります。

 

このように、整形外科的な病名で通院されている患者さんでも、訴えられる症状に、内科的な疾患が影響している場合も多いのです。このとき、内科の病院で勤務した経験があれば、そのことにすぐに気づくことができます。それが、結果的に早期の症状改善につながることがあります。

 

今回述べたように、患者さんの社会復帰を支援する上では、制度や疾患などに関して、多くの学びが必要になります。そして、そのように幅広い知識を身に付けるためには、さまざまな職場を経験することが、一番効率的といえます。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト