PT・OT・STに最初の職場が大切な理由:リハビリ求人・転職

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ専門職者のほとんどは、勉強に対してやる気があります。それは、患者さんを治したいという気持ちによるものが強いですが、単純に「人体に興味を持っている」という理由もあります。

 

そして、将来的にどのようなことをやっていきたいと思っているかに関わらず、最低限の専門的な勉強は行っておく必要があります。そのためには、最初の就職先が大切になります。

 

そこで今回は、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ専門職者にとって最初の就職先が大事な理由について述べます。

 

リハビリ専門職者が勉強すべき理由

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ専門職者であれば、将来的にどのような方向に進みたいと考えていても、必ず勉強すべきです。これは、仕事より私生活を優先したいと考えている人も同じです。

 

なぜならば専門職というものは、専門的な知識があるために、その対価としてお金をもらっています。そのため、最低限の能力がないということは、専門職として名乗る資格がないといっても過言ではありません。

 

確かに、人によっては私生活を優先することで、その人の人生が充実するもあると思います。そのような場合は、私生活を犠牲にしてまで勉強する必要はありません。

 

しかし、専門職である以上、最低限の知識は持っている必要があります。もしそのような能力がない場合、患者さんを転倒させたり、状態を悪くしたりする可能性があります。

 

専門職として、一番優先しなければいけないことは、患者さんの命を守ることです。その上で、患者さんを悪くしないことや患者さんの社会復帰を支援することが求められます。そして、患者さんの命を守るためには、相当な知識が必要です。これは、学校で学ぶレベルの内容では全く足りません。

 

そのため、卒業後も継続して学び続ける必要があります。つまり、専門職として働くためには、勉強することが必要不可欠だということです。

 

最初の就職先が大切な理由

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが、専門職者として、勉強する必要があることは述べました。そして、そのために最初の就職先が大切なことは納得できるかと思います。

 

それでも、「自分は環境に関係なく勉強できる」という人はいると思います。実際に、そのような人もいますが、圧倒的に少数です。ほとんどの人は、周りの環境に影響されます。

 

また、卒業後すぐは、資格を取得したばかりで、やる気に満ちています。そのため勉強に対する意欲も高いです。

 

このような時期に、学ぶ癖をつけておくと習慣化するため、その後も自然と勉強をするようになります。そして結果的に、仕事ができるようになることで周りからの評価も高くなります。

 

このような理由からも、最初の就職先はとても大切だといえます。その職場が勉強する雰囲気であれば、あなたも自然と勉強するようになります。

 

結局はあなた次第

そうは言うものの、結局、勉強をするかしないかはあなた次第です。

 

私は卒業後、教育システムがしっかり整った職場に就職しました。上司や先輩などはやる気が多い人ばかりでした。しかし、全員が精力的に勉強していたかというと、そうではありません。中には、ほとんど勉強会にも行かず、本なども読まない人もいました。

 

ここで「働きバチの法則」というものを紹介します。これは、どのような集団でも、20パーセントが良く働くハチ、60パーセントが普通に働くハチ、残りの20パーセントがあまり働かないハチに分けることができるというものです。

 

これは、さまざまな場面で適応されます。例えば、有名な進学校である高校があったとします。そのような場合も、約20パーセントの人は、勉強をしないようになります。

 

職場でも同様で、どんなに教育システムなどの環境面が整っているところであっても、頑張る人は約20パーセントの人だけだということです。そして、その20パーセントの中に入るかどうかはあなたの頑張り次第です。

 

さらに、全体のモチベーションが高い職場で、頑張る20パーセントに入れば、後はその努力を継続することで、必ず結果はついてきます。

 

もちろん、どのような職場でも同じことがいえますが、当然、レベルの高い中で頑張った方が、実力はよりつきやすくなります。このような意味でも、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者にとって最初の就職先は大切ということがいえます。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト