総合病院への転職でPT・OT・STができる経験:リハビリ求人

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)のリハビリ職者が働く場所は総合病院やクリニック等の医療機関、介護老人保健施設や訪問リハビリ等の医療福祉中間施設、その他、身体障害や精神障害者支援施設等の福祉施設と、さまざまです。

 

各施設それぞれの役割があるため、当然、経験できることは異なります。その中でも今回は総合病院に的を当て、総合病院で働いて経験できることついて述べます。

 

さまざまな場所で働くリハビリ職者が、最も多く在住している場所として、総合病院が挙げられます。

 

総合病院は、対応する患者さんや利用者さんの疾患や年齢層などが幅広く、他の職場と比較して、さまざまなことを経験することができます。その中でも、総合病院で働いていた理学療法士が、転職して特に感じると話す、総合病院の特徴について述べます。

 

数多くの疾患の治療にあたれる

各病院によって専門とする科に違いはありますが、総合病院では整形外科をはじめ、内科や脳神経外科等、さまざまな疾患の方がリハビリの対象となります。そのため、幅広い知識を学ぶことができます

 

その結果、総合病院で働いた経験があると、転職する際に、転職先を選択する際に悩むことが少なくなります。

 

例えば、整形外科のクリニックでしか勤務したことがない人の場合、「次も整形外科に関連した病院に転職したほうがよさそう」「脳卒中などの患者さんが多いところは、経験が浅いから避けよう」という思考になりがちです。

 

そうなると、どうしても転職先の選択肢が狭まります。一方、総合病院での勤務を経験していると、そのような思考には陥りにくくなります。

 

各時期(急性期〜維持期)の治療に関わることができる

大学病院などの大規模な病院では、主に急性期〜回復期の患者さん対象に治療しています。

 

一方、個人経営の総合病院では救急患者の受け入れ態勢にもよりますが、急性期〜回復期だけでなく、維持期などの患者さんに対する治療まで行っています。

 

また、個人経営の総合病院の場合、大学病院などから転院されてくる患者さんもたくさんいます。つまり、回復期までのリハビリが終わって、維持期のリハビリが必要な患者さんが多くなります。

 

そのため、大学病院などと比較して、患者さんの入院期間が長くなる傾向があります。つまり、患者さんと長く関わることができます。

 

また、個人病院の医師は、地域住民のかかりつけ医となっていることが多く、退院後も外来でリハビリに来られる方もいます。さらに、デイケアや訪問リハビリなどを併設している病院では、退院後も継続的に介護保険を使用して維持期リハビリを行う場合もあります。

 

このように、特に個人経営の総合病院では、1人の患者さんの経過をじっくりと見ることができます

 

患者さんの生活により近いリハビリができる

クリニックなど、通院だけでリハビリを行う場合は、実際に患者さんの生活状況を問診の中でしか把握することができません。

 

一方、総合病院では、患者さんの入院中における生活を実際に確認することができます

 

そのため、より退院後の生活をイメージしやすく、日常生活で問題になりそうなところを把握しやすくなります。また、リハビリの内容も、よりその人の生活に合わせたプログラムを作成することができます。

 

 ・福祉機器や住宅改修について学べる
総合病院では、基本的には転院ではなく、退院を目標にリハビリを進めていきます。その際、患者さんの身体機能と退院後の生活に合わせた福祉機器を選択する必要が出てくる場合があります。

 

また自宅へ退院する患者さんに対しては、希望に合わせ、「退院前訪問指導」を行うこともあります。

 

退院前訪問指導とは、実際に患者さんの自宅を訪問し、退院後の生活における注意点を、本人やご家族へ指導するものです。

 

具体的には、家族への介護方法を自他動したり、選択した杖や歩行器などの福祉機器が、実際に自宅の中で問題なく使用できるかなどを確認したりします。

 

また、必要に応じて住宅改修も検討します。その際は、担当ケアマネージャーや住宅改修業者も同行してもらうこともあります。そして、患者さんの生活動線などを基に、手すりや「すのこ」を設置したり、ドアを開き戸から引き戸へ変更したりすることで、自宅の環境設定を行います。

 

チーム医療を学べる

医療現場では患者さん本人を中心とし、ご家族や医師、看護師、管理栄養士、ソーシャルワーカー、ケアマネージャー、リハビリ関連職等が一つのチームとなり、患者さんのゴールに向けて、治療を行っていきます。

 

例えば、食事が思うようにとれない患者さんに対しては、管理栄養士が食事の形態を考え、リハビリ職者が介助の方法や食事をとる際の姿勢、使用する食事用具(器やスプーン等)等を提案、指導します。

 

また、チーム医療を学ぶと同時に、本人やご家族、多職種との意見交換をする機会の中で、「コミュニケーションスキル」も必然的に向上します。

 

今回述べたように、総合病院では、さまざまな疾患や年齢、家庭環境にある患者さんを対応することになります。そのため、総合病院に就職することで、患者さんの身体に関する知識はもちろんのこと、患者さんの家族や、その他の医療スタッフとの関係など、多くのことを幅広く経験できます。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト