PT・OT・STが転職して後悔しないための求人情報の探し方

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者は、他職種と比べると転職回数が多い職種だといえます。

 

そして、リハビリ職者の転職理由には「さまざまな分野を経験してスキルアップを図りたい」というポジティブなものが多いという特徴があります。

 

ただ、実際に転職をした人の中には、「転職をして後悔している」という人も少なくありません。転職して後悔する理由には、「想像していた仕事内容と違った」「残業が多くて毎日帰宅が遅い」など、さまざまなものが挙げられます

 

また、このように転職で失敗した人は、再度転職を行うことになり転職回数が無駄に増えてしまいます。短期間での転職の繰り返しは、その後の就職活動へ悪い影響を与える可能性があります。

 

そうしたことを避けるためにも、PT・OT・STが転職する際には、求人情報の探し方が重要になります。良い求人情報を見つけて転職することができれば、転職後に後悔することが少なくなります。

 

そこで今回は、「PT・OT・STが転職して後悔しないための求人情報の探し方」について述べます。

 

転職して後悔する原因

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者の中には、「転職して後悔した」という経験を持つ人が少なくないと思います。

 

基本的に、転職後に後悔することになる原因は、「あなたの想像と現実のギャップ(ミスマッチ)」にあります。

 

例えば、あなたはスポーツリハビリに興味があり、求人情報に「スポーツリハビリを行っています」と書いてある病院へ転職をしたとします。

 

しかし、「実際に働いてみると、スポーツ選手と関われる機会は多くても月1回であり、ほとんどが高齢者に対するリハビリであった」というような場合には、あなたの期待と現実にズレが生じます。その結果、転職先に対して不満を持つことになり、転職したことを後悔します。

 

このように、PT・OT・STが転職後に後悔する原因のほとんどは、予測と現実のギャップにあります。そして、このギャップが大きいほど後悔の程度も強くなります。

 

つまり、転職後に後悔することを減らすためには、こうした想像と現実のギャップをできる限り少なくすることが大切だといえます。

 

転職して後悔しないための求人の探し方

転職後に起こる後悔の多くは、あなたの予測と現実のギャップにあります。そのため、転職で後悔したにためには、求人情報を適切に読み取ることが重要だといえます。

 

ほとんどのPT・OT・STは、求人情報を正しく読み取ることができずに、自分にとって都合の良いように解釈します。

 

例えば、求人情報に「週休2日制」と書いてある場合、ほとんどの人は「毎週2日間休日を取ることができる」と考えます。しかし実際には、週休2日制は「月に最低1回以上は、週に2日休日がある」ということを意味します。つまり、毎週2日間休みが取れるわけではありません。

 

このように、PT・OT・STに限ったことではありませんが、求人情報を誤って解釈する人は少なくありません。また多くの人は、一度自分自身で解釈したことを、わざわざ転職先の担当者に再確認することはありません。

 

その結果、転職後に予測と現実にギャップが生じて後悔することになります。

 

そうしたことを避けるためにも、求人情報を探す際には、正しい知識を持った上で適切に求人情報を読み取ることが大切になります。

 

そのため、まずは求人情報を探す前に、求人情報に載っている用語について学ぶ必要があります。そして、その上でしっかりと求人情報を見て、あなたが気になるところは担当者に確認するようにしてください。

 

そうすることで、正しく求人情報を読み取ることができるようになり、転職後に後悔することが少なくなります。

 

しかし、いくら求人に関することを勉強して慎重に求人情報を読み取ろうとしても、必ずと言っていいほど誤って解釈している部分が出てきます。どれだけ慎重に行動しても、人間である限りは物事を完璧に行うことはできません。

 

ただ、求人情報を見つける際には、「第三者」を入れることで、こうした求人情報の読み違いを最小限にすることができます。

 

そして、その第三者として「リハビリ職者専門のアドバイザー」を活用することをお勧めします。PT・OT・STなどのリハビリ職者専門の転職サイトに登録すると、担当のアドバイザーが付いて、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

 

転職サイトのアドバイザーは、あなたの希望を聴取した上で、あなたに合った求人情報を探して紹介してくれます。

 

このような転職サイトのアドバイザーは、多くのリハビリ職者における転職活動を支援してきた転職のプロです。そのため、通常では必ずと言っていいほど生じる「求人情報の読み違い」もほとんど起こることはありません。

 

その結果、正しく求人情報を解釈した上で転職先を選択できるようになるため、予測と現実のギャップが小さくなります。

 

このように、PT・OT・STなどのリハビリ職者は、リハビリ職者専門の転職サイトを活用することで、転職後に後悔しないような求人情報を見つけることができるようになります。

 

今回述べたように、PT・OT・STが転職後に後悔する原因は、予測と現実のギャップにあります。そのため、後悔しない転職を行うためには、そうしたギャップが生じないように正しく求人情報を読み取ることが大切になります。

 

そこで、PT・OT・STなどのリハビリ職者専門の転職サイトを活用することで、求人情報を誤って解釈することがなくなります。このように、転職支援の経験豊富なアドバイザーを上手く利用することで、転職後に後悔することが少なくなります。

 

ぜひ転職サイトを上手く活用して、転職後に後悔しないような求人情報を見つけるようにしましょう。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト