パート掛け持ちでPT・OT・STが年収アップ:リハビリ転職

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者の中には、正社員ではなくパート(非常勤・アルバイト)を掛け持ちして働く人もいます。

 

女性セラピストの中には、家事や育児のため非常勤として働く人は少なくありません。一方、男性では非常勤ではなく正社員として勤務する人がほとんどです。

 

ただ、男性の中でも、非常勤を掛け持ちしている人もいます。そして、そうした働き方をすることで、正社員として働くよりも高い年収を得ている人が存在するのも事実です。。

 

年収(給料・収入)に不満があって転職を考えている人は、このように「非常勤を掛け持ちする」という働き方も1つの選択肢として考えておく必要があります。また、非常勤の掛け持ちには、収入以外にもさまざまな魅力があります。

 

そこで今回は、「PT・OT・STが非常勤を掛け持ちする働き方」について述べます。

 

非常勤を掛け持ちすることのメリット

一見、非常勤の掛け持ちよりも正社員として働いた方がメリットが多いように感じるかもしれません。しかし実際には、その人の働き方によっては非常勤の方が適していることもあります。

 

非常勤を掛け持ちして働くことで得られるメリットには、以下のようなものがあります。

 

時間の融通が利く

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が非常勤として働くと、正社員のように「週5回1日8時間勤務」といった固定された拘束時間がなくなります。

 

もちろん、働く時間が少なくなれば、その分給料は少なくなります。しかし、時間をずらした分を他の曜日や時間に働くことで、その分を補うことができます。

 

例えば、子供を幼稚園などに送迎した後に仕事をしたい場合には、出勤を10時からにすることで、幼稚園に送った後から仕事ができます。そして、出勤を遅くした分だけ、夕方の退勤時間を遅くしたり、休日に出勤したりして補うことで、収入は変わらずに働くことができます。

 

ただ、1つの職場で非常勤としてこのような働き方をすると、多くの場合は職場の融通が利かずに勤務時間が短くなります。

 

そこで、いくつかの職場で非常勤を掛け持ちすることで、そうした問題を解消することができます

 

このように複数の職場を掛け持ちすることで、あなたのライフスタイルに合わせて働く時間を自由に調整できる上に、収入も確保することができるようになります。

 

自由に活動できる

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が病院などで正社員として働く場合、ほとんどの職場で活動することに制限がかかります。

 

具体的な例としては、「副業の禁止」や「講習会開催の制限」、「地域活動の制限」などです。

 

副業を行うことは、法律上では勤務に支障がなければ問題ありません。ただ、多くの職場では就業規則にて副業が禁止されています。

 

そのため、ほとんどの人は副業を行うことをためらいます。また、副業ができたとしても、後ろめたさを感じながらコソコソとやらなければいけなくなります。このように、正社員として働く場合、「副業としてやりたいことがあっても行いにくい」ということが少なくありません。

 

一方で講習会開催や地域活動などは、「上司からの許可を取れば可能」というところが多いと思います。しかし、このように職場の許可を取ることで、活動開始に遅れが生じたり、活動自体が行いにくかったりすることが少なくありません。

 

確かに、病院の名前を使って活動することで得られるメリットもたくさんあります。

 

ただ、このように組織の一員として活動する場合には、組織のルールを守ることが原則となるため、思ったように行動できなくなることが多々あります。

 

それに対して、非常勤の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者でれば、副業も講習会も地域活動なども、ほとんど職場のことを気にすることなく行うことができます。

 

そのため、あなたが本当に行いたいことを好きなように行いやすくなるといえます。

 

しかし、そうは言っても、以下の点には注意しなければいけません。

 

 ・個人であるため周りの信用は低い
 ・非常勤といっても組織に所属しているため、勤務先に迷惑がか   
 かるようなことは避けなければいけない
 ・何か問題が起きたときに、正社員のように組織が守ってくれない

 

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が非常勤を掛け持ちして、さまざまな活動を行う場合には、以上の点には十分注意するようにしてください。

 

ただ、こうしたことを考慮してでも、自由に活動できるというメリットは非常勤として働く大きな魅力だといえます。

 

残業などがない

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が正社員として働く場合、どうしても会議やミーティングといったようなことで、残業しなければいけないときがあります。

 

一方で非常勤であれば、ほとんどの職場でそうした会議やミーティングに参加する必要がなくなります。

 

また、働き方によっては、昼休みの拘束時間を少なくするようなこともできます。

 

リハビリ職者の中には、「しっかりと昼休みを休みをとりたい」という人もいれば、「食事をする以外の時間は仕事をしたい」もしくは「少しでも昼休みの時間を短くしてでも早く帰りたい」という人もいます。

 

正社員であれば、基本的には規定された昼休み時間を拘束されることになります。しかし非常勤であれば、1つの勤務先における勤務時間を昼休み時間がまたがないようにすることで、「昼休み」という拘束時間をなくすことができます

 

例えば、同じように8時間働く場合でも、正社員であれば8時間の労働時間に1時間という昼休みが加わるため、実際の拘束時間は9時間です。

 

一方でパートであれば、同じように労働時間が8時間であっても、「4時間を2日間使って8時間働く」という働き方をすることができます。そうすることで、昼休みという拘束時間がなくなるため、同じ労働時間でも拘束時間を1時間短くすることができます。。

 

このように時間を上手く調整することで、同じ拘束時間でも実際の労働時間を長くすることができます。

 

私は非常勤を掛け持ちすることで、本来であれば昼休みをとるはずの時間を使ってパソコンで仕事をしたり、昼休憩時間を最小限にして次の仕事を詰め込んだりすることで、時間を有意義に使っています。

 

このように、非常勤であれば、残業や昼休みなど、労働時間外における時間を自由に使うことができるようになります

 

そうすることで、より効率的に仕事ができたり、あなたの好きなことをする時間に充てたりすることができるようになります。

 

パート掛け持ちで年収アップ

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者は、非常勤を掛け持ちして働くことで、「時間の融通が利く」「自由に活動できる」「残業などが無い」というメリットがあります。

 

こうしたことを上手く生かすことで、非常勤の仕事を掛け持ちして、年収アップを図ることも可能です。

 

例えば、訪問リハビリの非常勤を2つ掛け持ちで働くとします。だいたい訪問リハビリの場合、1件当たりの報酬が3000円程度です。

 

そして、1つの事業所が週に3日勤務で1日5件、もう一つが週に2日で1日6件の訪問リハビリの仕事を行うとします。その結果、週に「45000円(週3日の方)+36000円(週2日の方)=81000円」の収入を得ることができます。

 

そうなると、大体1月は4週半であるために、月収は「81000円×4.5週=364500円」となります。賞与がないとしても、同じ週5日勤務で年収が4300000万を超えるため、リハビリ職の中では高収入だといえます。

 

これは単純に考えた例ですが、私であればネットのライターという仕事をしているため、訪問の仕事を減らしても自宅で副業を行うことで同じように高収入を得ることができます。

 

また他にも、収入は生活できる程度に抑えておいて、自分のビジネスを構築する時間に充てることもできます。こうした場合、非常勤であれば、「会社に副業がばれる」という心配を抱えることなく、将来の独立に向けて活動することもできます。

 

このように、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者がパートを掛け持ちすることで年収アップが図れるだけでなく、生活を維持しながら将来の独立を目指すこともできます。そうした意味でも、非常勤を掛け持ちすることは、あなたの収入アップにつながることになります。

 

今回述べたように、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ職者が非常勤を掛け持ちして働くことで、さまざまな働き方をすることができます。

 

そして、働き方によっては収入アップを図れたり、将来の独立に向けた活動を行えたりもできます。また、そうした収入アップを目指さないのであれば、趣味などの好きな時間を充実させることも可能です。

 

転職を考えている人は、このように「非常勤の掛け持ち」という働き方も、選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト