離島へ転職するPT・OT・STが注意すべきこと:リハビリ求人

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者に限らず、転職先の1つとして離島を検討する人はいます。

 

そのような場合、住み慣れた地域に転職する場合と違い、いくつか注意しなければいけないことがあります。離島に転職する際は、そのことを理解しておかないと、転職後に失敗することになりかねません。

 

そこで今回は、離島に転職する際に注意することについて述べます。

 

相談相手がいない

離島に転職すると、住み慣れた地元とは違い、知り合いがいなくなることがほとんどです。そのため、悩みがある時に相談するような相手がいなくなります。

 

確かに、電話を利用すれば、家族や昔からの知人などとは簡単に連絡を取ることができます。ただ、電話で悩みを相談することが苦手という人もいますし、電話では伝えきれないことはたくさんあります。

 

特に、悩みを相談する場合などは、実際に相手と会って話をした方が感情も伝わりやすいです。

 

県外であっても、長崎と熊本、長崎と東京のように陸続きであれば、頻繁ではないにしても、年に数回程度は会って話すこともできます。しかし、離島であると、移動に時間もお金もかかるため、どうしても会って話す機会は少なくなります。

 

また、離島の職場に転職しても、同期入社の同僚がいれば、その人に相談できるかもしれません。しかし、同期入社の人と悩みを相談するような関係になるとも限りません。

 

確かに、上司や先輩などがいないことはほとんどないため、そのような人達に相談することはできるでしょう。ただ、上司や先輩には話しにくい悩みというものは多いです。

 

例えば、仕事内容に関することであれば、上司や先輩に相談することもできるでしょう。一方、恋愛や結婚など、プライベートでの悩みなどは、職場の人ではなく、昔からの気が知れた知人などの方が話をしやすいことが多いと思います。

 

このように、離島に就職する際には、相談する相手がいないということで困る人は多いようです。

 

方言がわからない

県外に転職する場合は、どこの県に行っても、その県の方言というものはあります。同じ九州内でも、長崎と熊本でも言葉が違うように、例え近くであってもその地域の特徴があります。

 

私も、長崎から熊本、広島と3つの県での生活を経験しましたが、それぞれ方言に特徴がありました。

 

確かに、高齢者の方が使うような独特の方言には、理解できない言葉というものもありました。ただ、そうは言っても、大体の意味は予測できるようなものでしたので、会話に困ることはありませんでした。

 

しかし、離島の場合、方言が強すぎて話している内容が全く理解できないようなこともあるようです

 

特に、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ関連職は、患者さんや利用者さんの生活状況や、体の状態というものを細かく把握する必要があります。その際に、言葉の意味が理解できずに、苦労するということがあるようです。

 

そのような場合は、「県外から来たのでわかりません」という態度では、相手とのコミュニケーションは上手くいきません。最初はわからなくても、「少しずつ覚えていきたいと思いますので、教えてください」というように、積極的な姿勢を見せると良いようです。

 

今回述べたように、県外に転職する場合でも、離島となると、離島独特の悩みが出てくるようです。その中でも、「相談相手がいないこと」と「言葉がわからない」という悩みは多くの人が感じることのようです。

 

離島に転職する際は、このような悩みが起こる可能性があることを知った上で選択するようにしましょう。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト