理学療法士(PT)の給料事情と収入アップを狙う具体的な方法

rigakuryouhousikyuuryou

 

理学療法士(PT)の中には、収入(給与・年収)に不満があって転職を考える人も少なくありません。特に、結婚や出産によって養うべき家族が増えたような人は、収入について悩む人が多くいます。

 

そしてその結果、収入アップを狙って転職を行います。ただ、転職することで年収(給与・年収)アップが実現できる人は多くありません。

 

しかも、年収が上がらないどころか、転職することによって年収)が下がってしまう人も少なくありません。そうなると、転職後にまたお金に関して悩んでしまうことになります。

 

そうしたことを避けるためには、収入アップがしやすい理学療法士求人の特徴や探し方を知っておく必要があります。

 

そこで今回は、「理学療法士(PT)の給料事情と収入アップを狙う具体的な方法」について述べます。

 

理学療法士の収入は低いのか?

理学療法士の中には、収入に不満を持って職場を転職したり、理学療法士という仕事自体を辞めたりする人もいます。それでは、理学療法士の収入は本当に低いのでしょうか?

 

以下に、理学療法士の年収について記します。

 

理学療法士の平均年収

理学療法士の平均年収は、年々減少傾向にありますが、400万円前後を推移しています。理学療法士の平均年齢が30歳前後であり、日本における30歳の平均年収が420万円程度あることを考えると、理学療法士の収入はそこまで低くありません。

 

ただ、理学療法士は年々資格取得者の数が増えています。さらに、理学療法の実施によって請求できる診療報酬は少なくなっているのが実状です。

 

そうした中で、理学療法士としての勤続年数を重ねても昇給が望めない現状があります。実際に、大きな病院であれば年に数千円の定期昇給があるところも少なくありませんが、個人経営のクリニックなどでは定期昇給がないところも多いです。

 

また、毎年1万人前後の理学療法士免許取得者が増えているため、理学療法士の需要は低くなってくると予測されます。

 

そのため、今後は特に、理学療法士は年齢に応じた収入を得られなくなる可能性が高いといえます。

 

理学療法士における月の手取り平均

平成27年の調査における理学療法士の月の手取りは、総支給額が27万円であり、20〜22万円前後だと考えられます。実際に、私(28歳)の周りで病院やクリニックなどに正社員として勤めている理学療法士の話を聞いても、それくらいの手取りの人が多いです。

 

ただ当然ながら、同じ理学療法士であっても、働く地域によって収入は大きく異なります。

 

例えば、「エス エム エス」が平成23年に行った調査(ここでは基本給のみであり、手当等は含まれていません)では、東京都における常勤理学療法士の基本給平均は248,952円となっています。その一方で、全国で最も低い徳島県は199,002円と報告されています。

 

また、役職の有無や年齢なども影響するため、一言で「理学療法士の手取り平均は○○円」とはいえないのが実状です。

 

そうはいっても、理学療法士の手取り平均は20〜22万円であると考えていて良いでしょう。

 

理学療法士における年代別の年収

理学療法士の収入に大きく関わる要因の一つとして、年齢が挙げられます。既に述べたように、理学療法士は昇給が期待できないのが現状です。ただそうはいっても、年代によって平均年収は異なります。

 

以下に、理学療法士における年代別の年収目安を記します。

 

20代 300万円前後
30代 400万円前後
40代 500万円前後
50代 550万円前後

 

当然この数値は目安であるため、既に述べたように住む地域や役職の有無などによって大きく変わります。

 

理学療法士の給料に男女差はあるのか?

理学療法士は、女性と比較すると男性が多い職種です。一般的に、男女の給料を比較すると男性の方が高い傾向にあります。

 

例えば、厚労省によって行われた「平成 27 年賃金構造基本統計調査」における一般労働者の平均賃金は、男性が335,100円であるのに対して、女性は242,000と報告されています。つまり、性別によって月額だけで約100,000円の差があるのです。

 

ただ「理学療法士における給料の男女差はほとんどない」と考えてよいでしょう。

 

もちろん、女性は結婚や出産というイベントがあるため、勤続年数や管理職という視点から考えても男性の方が給料は上がりやすいです。しかし、そうしたことを抜いて考えると、理学療法士で男女に給料の差はありません。

 

そのため、理学療法士の学校を卒業して同じ職場に入職すれば、男性であっても女性であっても同額の給料が支給されることになります。

 

このように、理学療法士において性差による給料差は存在しません。

 

理学療法士と他職種における給料の比較

理学療法士と比較されやすい職種として、作業療法士や看護師、介護支援専門員(ケアマネージャー:ケアマネ)、介護福祉士が挙げられます。

 

これらの職種に関しては、厚生労働省が行った「平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果」によって、介護・福祉施設で働くそれぞれの職種における給料が記されています。以下に、この調査結果から作業療法士との給料を比較します。

 

作業療法士の給料

「平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果」においては、理学療法士と作業療法士は「リハビリ職者」としてまとめて報告されています。また既に述べたように、その他の調査においても、ほとんど同額とされているのが現状です。

 

中には、理学療法士の方が若干高いという報告もあります。ただ、経験年数や勤続年数が同じであれば、理学療法士と作業療法士に給料の差はほとんどないといえます。どちらも、平均年収は390万円前後と考えて問題ないでしょう。

 

看護師の給料

看護師は、理学療法士よりも高収入であるのが現状です。資格手当は理学療法士の方が高額である職場が多いものの、看護師には夜勤手当などが支給されます。そのため、その分だけ給料が高い傾向にあります。

 

また、以下の表に記すように、平均年齢の違いも給料に影響している要因の一つだと考えられます。

 

  平均年齢(歳) 平均勤続年数(年) 平均月収(円/月)
理学療法士(リハビリ職者) 37.7 6.2 340,780
看護師 49.0 8.8 365,220

*ここで示されているのは、介護職員処遇改善加算(1)〜(4)の届出をしている事業所を対象に調べられた値です。

 

介護支援専門員(ケアマネージャー:ケアマネ)の給料

ケアマネは、理学療法士よりも給料が低い傾向にあります。これは、ケアマネと比較すると理学療法士の方が資格手当が高いことが関係しています。

 

ただ以下に記すように、介護福祉施設に限っていえば、理学療法士とケアマネの給料に大きな差はないのが現状です。

 

  平均年齢(歳) 平均勤続年数(年) 平均月収(円/月)
理学療法士(リハビリ職者) 37.7 6.2 340,780
ケアマネ 46.1 10.9 334,410

 

介護福祉士の給料

介護福祉士の給料は、理学療法士よりも明らかに低いのが現状です。理学療法士と介護福祉士では、資格手当に数万円の違いがある職場がほとんどであるため、平均月収にも大きな違いが出ています。

 

  平均年齢(歳) 平均勤続年数(年) 平均月収(円/月)
理学療法士(リハビリ職者) 37.7 6.2 340,780
介護福祉士 41.9 8.0 297,320

 

理学療法士の仕事内容・立場による給料の違い

同じ理学療法士であっても、仕事内容によっても給料は異なります。以下に、理学療法士における職場や立場による給料の違いを記します。

 

介護保険施設における理学療法士の給料

訪問看護や介護老人保健施設(老健)、デイケアといった介護保険施設における理学療法士の給料は、病院などと比較すると若干安い傾向にあります。これは、介護保険施設の収益源となっている介護報酬が低いことや、病院などと比較して母体となっている会社が小さいことが関係しています。

 

ただ、介護保険施設の中でも給料が高い職場は存在します。

 

例えば、高齢者が多い田舎で、理学療法士の需要が高いような職場は比較的給料が高いです。また訪問看護を行っている事業所の中には、好条件を提示しているところもあります。

 

ただ、全体的に介護保険施設は、総合病院などと比較すると給料は低い傾向にあります。

 

総合病院における理学療法士の給料

総合病院に勤める理学療法士は、介護保険施設やクリニックなどに比べると、全体的に給料が高いです。総合病院の場合、基本給などは他の職場とあまり変わりませんが、福利厚生が充実している傾向にあります

 

例えば、総合病院には住宅手当や扶養手当が支給されている職場が多いです。また、賞与額が高い傾向にあるのも、総合病院の特徴だといえます。

 

このように総合病院は、理学療法士が勤める職場の中では給料が高い方だといえます。

 

クリニックにおける理学療法士の給料

クリニックで勤める理学療法士の給料には、地域によって大きな差があるのが現状です。

 

例えば、熊本などの地方におけるクリニックでは、比較的給料は安い傾向にあります。その一方で、東京や神奈川では、クリニックにおける理学療法士の給料は高いです。

 

ただどちらにしても、クリニックで勤める場合には、総合病院などと比較すると福利厚生は少ない傾向にあります。そのため、クリニックにおける理学療法士の待遇が良い東京や神奈川でも、月収は高いものの年収にすると他の職場と変わらない、もしくは若干低くなってしまうのが実際です。

 

そうはいっても「クリニックの求人は全て給料が安い」ということはありません。

 

このように、理学療法士のクリニックにおける給料には「地域によって差が大きい」「福利厚生が少ない」という特徴があります。

 

国立病院、公立病院(公務員)における理学療法士の給料

国立病院や公立病院に勤める理学療法士は、公務員扱いとなるため公務員に準ずる待遇を受けることができます。

 

公務員であれば、定期昇給額や賞与額が大きいだけでなく、福利厚生も充実しています。そのため、一般的な総合病院やクリニックなどに勤める理学療法士と比較すると、基本的に収入は高いです。

 

ただ、理学療法士が公務員として働くことができる職場は非常に限られているのが現状です。

 

養成校教員・教師における理学療法士の給料

理学療法士養成校教員の給料は、総合病院やクリニックなどと比較すると高い傾向にあります。もちろん職場によって差はありますが、養成校の教員として勤めている理学療法士には、臨床で働くよりも高い収入を得ている人がほとんどです

 

ただ、養成校教員の給料は、残業や休日出勤なども含めた年俸制であることがほとんどであり、労働時間は病院などで働く作業療法士よりも多い傾向にあります。

 

そうはいっても、理学療法士養成校の教員として働くことができれば、高い給料が得られる可能性は高いです。

 

大学教授における理学療法士の給料

理学療法士の中には、大学教授として働いている人もいます。理学療法士に限ったことではありませんが、大学教授の年収は高いです。おそらく、雇用されている理学療法士の中では、大学教授が最も給料は高いでしょう。

 

具体的には、大学教授の平均年収は1,000万円を超えています。理学療法士として、雇用される立場にあって給料が1,000万円を超えるような職場はありません。

 

もちろん、理学療法士の中でも大学教授になれるのは本当に一握りであるのが現状です。

 

理学療法士の都道府県における給料の違い

理学療法士の給料は、働く地域によって大きく異なっているのが実際です。

 

例えば、「エス エム エス キャリア」調べ(2013年)による理学療法士の平均月収は、東京が248,952円であるのに対して、沖縄は219,668円と報告されています。その他にも、大阪では236,920円、福岡は213,358円と、同じ理学療法士であっても、給料は都道府県によってバラバラです。

 

このように、理学療法士の給料は都道府県によって大きく異なっています。それぞれの県における平均月収に関しては、こちらのページに記しています。

 

理学療法士として働いて狙える年収

今まで述べたように、理学療法士の収入は地域や役職、年齢などによって異なります。そこで、「どのような立場になればどれくらいの年収が望めるのか?」ということについて検討していきます。

 

年収500万円の理学療法士

理学療法士として働く中で、年収が500万円を超えている人は少ないです。特に、20代で病院などに勤めていて年収が500万円以上の人は非常に限られています。

 

ただ、福利厚生が充実している大きな病院や、都市部にある待遇が良いクリニックなどに勤めていると30代で年収が500万円に達するところも少なくありません。また、部長や科長などの役職が付くと、年収は500万円を超える可能性は高いです。

 

そのため、待遇が良い職場へ転職するか、もしくは職場内でキャリアアップすることで、理学療法士として500万円を超える年収を狙えます。

 

年収600〜800万円の理学療法士

理学療法士の中には、年収が600万円以上欲しいと考える人もいます。ただ、600万円を超えるとなると、一般的な病院勤務では難しいのが現状です。

 

確かに、大きな病院で部長や科長、技師長と呼ばれる立場にあるような人には、年収が600万円超えている人もいます。しかし実際には、そうした人たちは、理学療法士の中でもほんの一握りです。

 

もし理学療法士として年収600万円を超えたいと考えているのであれば、「養成校の教員」をお勧めします。

 

もちろん、一言で理学療法士養成校の教員といっても、地域や職場によって給料はピンきりです。ただ、理学療法士養成校教員の給料は、一般的な病院勤めの理学療法士と比較すると高い傾向にあります。

 

具体的には、理学療法士として7年目の教員で年俸が600万円後半という人もいます。

 

また、公立の病院などで公務員として働く理学療法士であれば、勤続年数が長ければ年収が600万円を超える場合がほとんどです。

 

このように、理学療法士として年収600万円超えを狙いたいのであれば、理学療法士養成校教員もしくは公務員へ転職するのがお勧めです。一般的な病院で理学療法士として勤めていて、年収が600万円を超えるのは難しいのが現状です。

 

年収1000万円以上の理学療法士

理学療法士の中には、年収800万円、もしくは1000万円超えを狙っている人もいます。理学療法士で年収が800〜1000万円を超えている人は、非常に限られています。

 

もちろん、自分自身で訪問看護ステーションなどの会社を立ち上げている人には、年収が1000万円超えている人はいます。ただ、雇用されている理学療法士という立場にある人で年収が1000円を超えている人はそうそういません。

 

そうした中でも、大学の教授などになると、理学療法士として年収が1000万円を超える人もいるようです。

 

また、経験年数が30年近くなるような人であれば、総合病院の技師長で年収1000万円以上の人もいるようです。しかし、20代や30代の人がこれからどれだけ頑張って同じ立場になっても、1000万円を超える年収を得られる可能性は低いでしょう。

 

こうしたことからも、雇用されている理学療法士として年収1000万円以上を目指すのであれば、大学の教授を目指すことをお勧めします。

 

理学療法士が収入(給料・年収)を上げる方法

理学療法士が年収を上げる方法は、さまざまです。そして、今まで述べたように、狙う年収によって収入を上げる手段は異なります。

 

ただどのような場合であっても、雇用されている理学療法士として収入アップを狙うのであれば「キャリアアップ」もしくは「転職」という方法がお勧めです。そこで以下に、理学療法士が、キャリアアップと転職によって収入を上げる方法について記します。

 

理学療法士としてキャリアアップを狙う

理学療法士が収入を上げる方法の1つに、「キャリアアップする」ということが挙げられます。主任や科長、部長という役職に就いてキャリアアップすることで、必然的に収入は上がります。

 

キャリアアップによる収入アップを狙う場合、「リハビリ職者(PT・OT・ST)の管理職者を募集している求人を探す」という方法と、「キャリアアップをしやすい職場へ転職する」という2つの手段があります。

 

 ・理学療法士の管理職者を募集している求人
理学療法士求人の中には、管理職者を募集している求人もあります。

 

しかしこうした求人には、「経験年数」や「年齢」など、応募するための条件がある場合が多いです。また、管理職者を募集している求人は、圧倒的に数が少ないというのが現状です。

 

そのため、こうした求人情報を見つけるためには、タイミングと運が必要になります。しかも、管理職者募集の求人を見つけても、採用側も応募者を厳しく選考するため、不採用となる可能性も低くありません

 

ただ、それでも管理職者を募集している求人情報を探したい場合には、理学療法士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。

 

転職サイトでは、担当のアドバイザーがあなたの希望に合った求人情報を紹介してくれます。また転職サイトは、ハローワークやインターネット上に載っていないような「非公開求人」を多く抱えています。

 

そのため、理学療法士の管理職者募集求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

 

こうした理由から、管理職者募集の求人を探して収入アップを狙う場合は、転職サイトを活用することをお勧めします。

 

 ・理学療法士としてキャリアアップをしやすい職場
理学療法士が働く職場の中には、キャリアアップしやすいところと、そうでない職場があります。

 

そのため、転職時にキャリアアップしやすい職場を探して転職することで、キャリアアップによる収入アップが狙いやすくなります。そして、キャリアアップしやすい職場には、「経営者が理学療法に力を入れている」「理学療法士の数が少ない」という2つの特徴があります。

 

経営者が理学療法に力を入れてる職場であれば、必然的に理学療法士は高い評価を受けやすくなります。

 

そしてこうした職場では、あなたが理学療法士としての専門性を高めるほど、経営者からの評価は上がります。

 

一方で、経営者が理学療法に力を入れていないような職場では、理学療法士としての専門性は、ほとんど評価対象となりません。それは、理学療法士としての知識や技術が優れていても、病院に還元する売上は何も変わらないためです。

 

つまり、売上を重視する経営者にとっては、10年目の理学療法士も1年目の理学療法士もあまり変わりないといえます

 

こうした理由から、もし年収アップを狙うのであれば、経営者が理学療法に力を入れている職場への転職を行うべきだといえます。

 

また、理学療法士の数が少ない職場へ転職すると、管理職のポストに就きやすくなります。特に、あなたより経験年数が浅いスタッフばかりのところであれば、あなたが管理職に選ばれる可能性は非常に高いです。

 

このように転職後にキャリアアップを狙う場合には、「経営者が理学療法に力を入れている」「理学療法士の数が少ない」という2つの特徴を持った職場への転職をお勧めします。

 

好条件の理学療法士求人を狙って転職する

理学療法士が転職して収入アップを狙う場合には、キャリアアップすることが1つの有効な手段だといえます。

 

ただ、理学療法士の中には、管理職のポストに就きたくないという人もいると思います。そうした場合には、管理職者でなくても収入が高い好条件求人を見つけて転職することで、収入アップを実現することができます

 

例えば、田舎にある老人保健施設のように、理学療法士の需要に供給が追いついていないような職場では、給与面の待遇が良いことが多いです。

 

しかし、こうした好条件求人は、そう簡単に見つかるものではありません。また、給与の条件が良い求人を見つけたとしても、「職場が田舎にあって通勤に1時間以上かかる」など、環境面に問題があることが多いです。

 

そうした場合、理学療法士専門の転職サイトを利用することで、環境面などにも問題が少ない好条件求人を見つけやすくなります。

 

既に述べたように、転職サイトは「非公開求人」を多く抱えているため、高収入といったような好条件求人もたくさんあります。そのため、あなたの希望に合った求人情報を紹介してもらえる可能性が高くなります。

 

このように、理学療法士が好条件求人を狙う場合には、理学療法士専門の転職サイトを上手く活用することで、効率的に希望の求人を見つけることができるようになります。

 

今回述べたように、理学療法士が収入に不満を持って転職する場合には、「キャリアアップを狙う」か「好条件求人を狙う」という2つの方法によって、年収アップを実現することができます。

 

そして、こうした求人情報を効率よく見つけるためには、理学療法士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。

 

転職サイトを利用することで、あなたに合った収入(給与・年収)アップを狙いやすい求人情報をアドバイザーから紹介してもらうことができます。そのため、収入アップを狙った転職を行う場合には、ぜひ転職サイトを上手く活用して、転職を成功させるようにしましょう。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

理学療法士(PT)の給料事情と収入アップを狙う具体的な方法 関連ページ

理学療法士(PT)の免許取得後に持っていると転職に有利な資格
理学療法士(PT)として勉強しておくべきこと:解剖学、鑑別診断学
理学療法士が非常勤(パート)として転職して働くメリット
理学療法士(PT)が仕事と家庭の両立に向く理由:リハビリ求人
理学療法士(PT)が整形外科クリニックへの転職で評価される力
手術のある病院へ理学療法士が転職する利点:リハビリ求人
理学療法士(PT)の資格を生かした転職先:リハビリ求人・転職
男性理学療法士(PT)の施術における注意点:リハビリ求人
整形外科クリニックへ転職する女性理学療法士(PT)の注意点
理学療法士(PT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット
訪問リハビリの非常勤(パート)理学療法士(PT)の注意点
短時間デイサービス・ケアへの転職で理学療法士が注意すること
PTが整形外科病院への転職で注意すべきこと:リハビリ求人
女性の理学療法士(PT)がリハ中に注意すべきこと:リハビリ求人
理学療法士(PT)の役割と魅力:リハビリ求人・転職
認定・専門理学療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
理学療法士(PT)が介護保険施設へ転職するメリット・デメリット
未経験者でも募集している理学療法士求人・転職情報の探し方
育児中理学療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
住宅手当などの福利厚生が充実した理学療法士の求人・転職先
理学療法士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
理学療法士が残業なしで定時に帰宅できる転職先の特徴と探し方
理学療法士(PT)が有給消化率の高い求人を探す方法
理学療法士が土日休み、完全週休2日制の求人情報を探す方法
育児中のブランク明け理学療法士が非常勤(パート)で再就職する
育休後にブランク明けで再就職・転職する理学療法士が持つ不安
シフト制・有給ありの非常勤(パート)理学療法士求人・転職情報
離職率の低い職場へ理学療法士が転職すべき理由:リハビリ求人
人間関係トラブルで転職を考えている理学療法士がとるべき行動
理学療法士が履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント
理学療法士は派遣として働けるのか?PTが派遣として働く条件
「年間休日120日以上」の理学療法士求人の探し方:リハ転職
急性期病院へ理学療法士(PT)が転職する魅力:リハビリ求人
理学療法士(PT)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
理学療法士(PT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート理学療法士(PT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
理学療法士が養成校教員へ転職する条件とポイント、教員の給料
理学療法士(PT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人
理学療法士(PT)が抱える今後の不安要素と将来性:診療報酬など
PTと類似資格(OT、柔整師、ATなど)における役割の違い
理学療法士(PT)の臨床と教員における相違点:リハビリ求人
理学療法士(PT)を辞めたいと思ったときに転職すべき職場
リハビリ特化型デーサービスへ転職する理学療法士が抱えやすい悩み

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト