理学療法士(PT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)のリハビリ職者は、総合病院やクリニック、デイサービスなど、さまざまな職場で働くことができます。

 

そして、それぞれの職場で対応する患者さんの疾患や年齢はもちろんのこと、理学療法士に求められる役割も異なります。そのため、転職した場所によって働く上で注意すべきことや苦労することは違います。

 

理学療法士として転職する際は、そのようなことを理解した上で、転職先を選択することが重要です。そうすることで、転職に失敗することが少なくなります。

 

そこで今回は、「理学療法士が総合病院へ転職するメリット・デメリット」と「総合病院における給料、求人事情」について述べます。

 

総合病院へ転職するメリット

「総合病院で働きたい」という理学療法士は多くいます。そして、実際に総合病院へ転職すると、理学療法士としてさまざまな経験をすることができるというメリットがあります。

 

そこで、以下に総合病院で働くことで得られるメリットについて記します。

 

さまざまな患者さんと接することができる

専門職として、ある専門分野に特化している人は多いです。例えば日本の医者は、心臓外科専門や整形外科専門など、1つの分野を専門としている人がほとんどです。

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ専門職でも、ある分野に特化していることは自分の「ウリ」を作ることにもなります。そして、転職の際の面接時などにアピールポイントとして使うことができます。

 

特に理学療法士では、整形外科の病院やクリニックに勤めていると、脳血管疾患や呼吸器疾患の患者さんなどを担当することはほとんどありません。

 

ただ、整形外科的な問題で受診している人でも、実際には「高血圧」や「糖尿病」など内科的疾患を持っている人がほとんどです。そのようなときに、理学療法士が整形外科に関する知識しかないと対処できない可能性があります。

 

また、このような内科的疾患は、整形的疾患の症状に影響を与えることが多いです。そのため、いくら整形外科の病院に努めているとは言っても理学療法士には内科的疾患の知識も必要です。

 

総合病院に理学療法士として勤めている場合、病院内に複数の診療科があることがほとんどであるため、さまざまな疾患の患者さんを対応する機会があります

 

部署ごとにチームを作っている職場もありますが、基本的にはローテーションで全部署を経験します。

 

その結果、理学療法士として総合病院に勤めていると、幅広い分野に関する知識を学ぶことになります。理学療法士は、医療職としてどのような疾患の患者さんでも最低限の知識を持って対応できるようにしておく必要があります。

 

このように、さまざまな診療科の患者さんを担当する機会があることは、理学療法士として総合病院に勤める大きなメリットといえます。

 

さまざまな職種の人と仕事ができる

また総合病院には、さまざまな診療科があるため、それだけ多くの職種の人と仕事をする機会が増えます。

 

例えば整形外科のクリニックなどでは、入院の患者さんがいないため、ソーシャルワーカーやケアマネージャーなどと関わることが少ないです。一方で入院患者さんがいる病院では、退院後の生活に向けて、そのような職種の人と連携を取る機会が多くなります。

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などは、リハビリ専門職として、患者さんの社会復帰を支援することが役割になります。そのための手段は、徒手療法などの治療的なものだけでなく、杖や装具などの補装具の使用や、介護保険や障害者手帳などの国の制度を利用するなど、さまざま方法があります。

 

理学療法士でいうと、整形外科のクリニックに勤めていると、どうしても治療的な手段ばかりに固執しがちです。

 

しかし現実には、整形外科のクリニックでも介護保険などの社会資源が必要な人はたくさんいます。そのような場合、総合病院などでの勤務経験がある理学療法士は、ケアマネ−ジャーなどと仕事をしたことがあるため、さまざまな選択肢が思いつきます。

 

その結果、患者さんの社会復帰がスムーズになることが多くあります。このような理由からも、総合病院で働くことでさまざまな職種の人と仕事をすることはメリットといえます。

 

総合病院へ転職するデメリット

多くの患者さんや他職種の人と関わることができるのは、理学療法士が総合病院で働くことで得られるメリットだといえます。

 

その一方で、総合病院では、クリニックなどでは経験しないような大変なこともたくさんあります。デメリットというわけではありませんが、そうしたことを理解した上で総合病院へ転職しないと、入職後に苦労することになりかねません。

 

そこで以下に、総合病院へ転職した理学療法士に起こりやすい苦労について記します。

 

必要な知識量が多い

総合病院において理学療法士は、さまざまな疾患の患者さんに対してリハビリを行うことになります。また、対応する治療時期も急性期から維持期と広範囲になるため、それぞれの時期における各職種の役割を勉強する必要があります。

 

総合病院では、各時期でリハビリ担当者が変わるような病院もあれば、一人の理学療法士が全時期通して担当する病院もあります。

 

後者のように患者さんの全時期を担当する場合、学ぶことが多く、特に新卒時などは苦労する人が少なくありません

 

例えば、疾患に関する知識はもちろんのこと、各時期における職種ごとの役割や、医療保険と介護保険の違いなども学ぶ必要があります。仕事に慣れてくると、そこまで負担に感じることはなくなるようですが、就職したての頃は非常に苦労したという人が多いです。

 

このように、総合病院で働く場合、理学療法士として多くの経験を積めることは良いことですが、慣れるまではとても大変だと感じる人が多いです。

 

また就職して直ぐは、患者さんに関することだけではなく、書類の書き方やコミュニケーションスキル、研究など、勉強することがたくさんあります。

 

どのような職場でも同様ですが、就職して数年間は勉強することが山積みです。特に総合病院では、理学療法士として学ばなければいけない内容が多いといえます。そのような場合は、あまりネガティブにならず、一つずつ着実に身に付けていくことが大切です。

 

以上のように総合病院では、理学療法士として必要とされる知識量が多いため、特に入職したてはその勉強量に苦労する人が多いようです。

 

他の職種や家族との関わり方が難しい

総合病院では、さまざまな職種が患者さんの退院を目標にチームとなって治療を行います。理学療法士としてチーム医療を学べることは、とても大切な経験です。しかし、年齢や仕事内容が違う他職種の人や、患者さんの家族と話をするということは思った以上に配慮が必要なことです。

 

例えば、入院中に理学療法士が患者さんと関われる時間は1日のうち長くても1時間程度です。そのため、患者さんの回復には病棟での過ごし方が重要になります。

 

そのような場合、看護師や介護士に病棟内での歩行練習や排泄練習などを協力してもらうことがあります。

 

この時、ただ単に「練習をしてほしい」とだけ伝えると、看護師の中にはあまり良く思わない人もいます。それは、それぞれがたくさんの仕事をかかえており、時間を割くことが大変だからです。

 

そのような時は、「○○さんは最近歩行が安定してきているが、自宅で過ごすには持久力が必要なので少しずつ病棟内で歩行練習をはじめたいと思います。時間に余裕のある時に声をかけて、歩行練習に協力をお願いします」といったように、状態を詳しく説明し、丁寧にお願いすると協力が得やすくなります

 

またリハビリを進めるにあたって、病院側のゴールと本人、ご家族の希望を重ね合わせてゴール設定を行うことはとても大切になります。

 

その際には、評価した内容を基にリハビリ内容や体の変化に対する予測など、今後の計画を具体的にそしてわかりやすく話さないと、ご家族への理解が得られない場合があります。

 

もし家族への理解が得られなかった場合、家族からの話を聞くことが難しくなります。またそれだけではなく、リハビリ自体が拒否されてしまうこともあります

 

病気は、患者さん本人だけでなくその家族の人生に大きく関わる出来事です。そのような状況に関わる私たち理学療法士は、患者さんや家族の立場に立って軽率な言動を行わないように注意しなくてはいけません。

 

このように総合病院では、病院内だけでなく、患者さんやその家族との関わり方にも注意する必要があります。このような、人との関わりで苦労する理学療法士も少なくないようです。

 

介助量が多い患者さんを担当する可能性がある

総合病院では、体重が重く、かつ急性期で体を自由に動かせない患者さんのリハビリを行うことがあります。そのような患者さんは、理学療法士が起床や移乗の際に介助を行います。

 

そしてそうした介助は、力のある男性であれば問題ありません。しかし、女性の理学療法士にとっては、非常に負担が大きいものになります。

 

当然ながら、力があれば良いというわけではありませんが、上手く動作をサポートするためにはコツが必要です。そのコツを覚えるまでには、特に力のない女性の理学療法士はとても苦労します。

 

整形外科のクリニックなどでは、基本的に自分で通院する患者さんを担当することになります。そのため、患者さんの起き上がりや移乗動作などを介助する機会はほとんどありません。

 

こうしたことから、特に体格が大きい人の介助を経験したことがない女性セラピストは。総合病院へ転職して苦労する可能性があることを知っておいてください。

 

総合病院の給料事情

一言で総合病院といっても、理学療法士に支給される給料はピンきりです。

 

例えば、経験年数が20年を超えており、部長や技師長クラスの役職に就いている人の中には、年収が800万円を超えているような人もいます。その一方で新卒の理学療法士であれば、年収が300万円前後の人も多いです。

 

当然ながら、公務員としての待遇を受けられる総合病院であれば、収入は高くなります。

 

このように、総合病院といっても、職場や立場などによって給料はさまざまです。もちろん、働く地域によっても給料は異なります。

 

ただ、個人が経営するクリニックや介護保険施設などと比較すると、総合病院には理学療法士の待遇が良い職場が多いです。特に母体が大きい病院であるほど福利厚生が充実しており、収入は高い傾向にあります。

 

中でも、「基本給が低くても賞与(ボーナス)が高い」というところは多いです。

 

求人票に記載されている総合病院における理学療法士の給料は、一見するとクリニックなどと比較すると低いように感じるものが少なくありません。しかし実際には「福利厚生や賞与(ボーナス)などを考えると、結果的に総合病院の方が待遇が優れていた」というケースは多いです。

 

こうしたことから、理学療法士が総合病院へ転職する際には、基本給だけで判断するのではなく、福利厚生や賞与額などを考慮することが大切です。

 

総合病院の求人事情

理学療法士が勤めている総合病院は、全国にたくさんあります。ただ、総合病院の理学療法士求人は決して多くないのが現状です。

 

それは、クリニックや介護保険施設など他の職場と比較すると、総合病院の待遇が良いためです。既に述べたように、総合病院における理学療法士の給料はピンきりですが、基本的には高い傾向にあります。

 

そのため、一度入職した後に、辞めて転職する人が少ないのです。その結果、総合病院の理学療法士求人は少なくなっています。

 

しかしそうはいっても、総合病院における理学療法士の求人は、公務員や教員の求人ほど見つかりにくいものではありません。特に、転職サイトなどを上手く活用すれば、あなたの希望に合った総合病院の求人は見つかりやすくなります。

 

今回述べたように、総合病院で働く場合、さまざまな人と関わりが持てることは理学療法士として大きなメリットだといえます。その一方で総合病院では、そうした「複雑な人間関係」や「必要な知識量」「患者さんの介助の多さ」といったことで苦労する人もいます。

 

もしあなたが総合病院へ転職したいと考えた場合には、そうしたことを考慮した上で総合病院を選択するようにしましょう。そうすることで、就職後の負担を減らすとともに、やりがいを感じながら働くことができるようになります。

 

また、総合病院における理学療法士の給料は、他の職場などと比較すると高い傾向にあります。そのことも関係して、総合病院の理学療法士求人は少ないです。

 

そのため、もし総合病院へ転職したいと考えている人は、転職サイトを活用することをお勧めします。ぜひ転職サイトを上手く利用して、あなたの希望に合った総合病院の求人を紹介してもらうようにしましょう。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

理学療法士(PT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット 関連ページ

理学療法士(PT)の免許取得後に持っていると転職に有利な資格
理学療法士(PT)として勉強しておくべきこと:解剖学、鑑別診断学
非常勤(パート)理学療法士として転職・復職するメリット
理学療法士(PT)が仕事と家庭の両立に向く理由:リハビリ求人
理学療法士(PT)が整形外科クリニックへの転職で評価される力
手術のある病院へ理学療法士が転職する利点:リハビリ求人
理学療法士(PT)が給料・収入アップを狙う具体的な方法
理学療法士(PT)の資格を生かした転職先:リハビリ求人・転職
男性理学療法士(PT)の施術における注意点:リハビリ求人
整形外科クリニックへ転職する女性理学療法士(PT)の注意点
訪問リハビリの非常勤(パート)理学療法士(PT)の注意点
短時間デイサービス・ケアへの転職で理学療法士が注意すること
PTが整形外科病院への転職で注意すべきこと:リハビリ求人
女性理学療法士(PT)がリハ中に注意すべきこと:リハビリ求人
理学療法士(PT)の役割と魅力:リハビリ求人・転職
認定・専門理学療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
理学療法士(PT)が介護保険施設へ転職するメリット・デメリット
未経験者でも募集している理学療法士求人・転職情報の探し方
育児中理学療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
住宅手当などの福利厚生が充実した理学療法士の求人・転職先
理学療法士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
理学療法士が残業なしで定時に帰宅できる転職先の特徴と探し方
理学療法士(PT)が有給消化率の高い求人を探す方法
理学療法士が土日休み、完全週休2日制の求人情報を探す方法
育児中のブランク明け理学療法士が非常勤(パート)で再就職する
育休後にブランク明けで再就職・転職する理学療法士が持つ不安
シフト制・有給ありの非常勤(パート)理学療法士求人・転職情報
離職率の低い職場へ理学療法士が転職すべき理由:リハビリ求人
人間関係トラブルで転職を考えている理学療法士がとるべき行動
理学療法士が履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント
理学療法士(PT)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
「年間休日120日以上」の理学療法士求人の探し方:リハ転職
急性期病院へ理学療法士(PT)が転職する魅力:リハビリ求人
理学療法士(PT)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
理学療法士(PT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート理学療法士(PT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
理学療法士(PT)が養成校教員へ転職する条件とポイント
理学療法士(PT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人
理学療法士(PT)が抱える今後の不安要素:診療報酬や老後など
PTと類似資格(OT、柔整師、ATなど)における役割の違い
理学療法士(PT)の臨床と教員における相違点:リハビリ求人
理学療法士(PT)を辞めたいと思ったときに転職すべき職場
リハビリ特化型デーサービスへ転職する理学療法士が抱えやすい悩み

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト