理学療法士が履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント

 

理学療法士(PT)に限らず、転職する際に多くの人が悩むものに「志望動機」があります。志望動機は、履歴書だけでなく面接でも必ずといっていいほど尋ねられる内容です。

 

ただ実際には、採用側で志望動機を重視している人はいません。しかし、そうした中で他の応募者とは一線を画する志望動機でアピールできれば、採用選考にプラスとなることは間違いありません。

 

そこで今回は、「理学療法士が転職活動で必須となる志望動機のポイント」について述べます。

 

採用側から考える志望動機

理学療法士の中には、転職活動における履歴書や面接の志望動機に関して悩む人が多くいます。

 

それは、理学療法士のほとんどが「志望動機の内容が採用の有無に大きく影響している」と思っているからです。例えば、「ありきたりな志望動機では不採用になる」「インパクトのある内容にしなければ採用されない」といった考えです。

 

そのため、転職する理学療法士の多くは「できるだけ採用担当者に良い印象を与えよう」という気持ちで志望動機を考えます。

 

ただ、理学療法士を採用する側である病院経営者やリハビリ管理職者は、履歴書や面接において、志望動機をそこまで参考にしていません

 

採用側の人たちに話を聞いてみると「志望動機はだいたい同じようなことが書いてあるからあまり参考にしない」と話す人が多いです。ただ、ほとんどの人が同じような志望動機をであるということは、特徴的な内容であれば高い評価を受けるポイントになります。

 

例えば、「病院の理念について」や「事業内容」などに関係するような志望動機であれば、採用担当者に対して「良く勉強している」「本気で当院に就職したいのだな」という印象を与えることができます。

 

このように、「志望動機の内容が一般的過ぎる」という理由で低い評価を受けることは少ないです。ただ、特徴的な内容の志望動機であれば、履歴書や面接で高い評価を受ける可能性があるということを知っておいてください。

 

志望動機でアピールするポイント

既に述べたように、志望動機が一般的過ぎるといった理由で、理学療法士が採用試験で不採用を受ける可能性は低いです。

 

そうはいっても、「少しでも志望動機で評価を上げて採用につなげたい」という人は多いと思います。そこで以下に、理学療法士が志望動機でアピールするため3つのポイントを述べます。

 

病院の理念への共感を示す

病院の理念に関することを志望動機として挙げると、経営者やリハビリ管理職者から高い評価を受けやすくなります。例えば、「ホスピタリティマインドの精神で患者様と接する」や「最先端の医療を追求する」といったものです。

 

こうした、病院が掲げる理念は、経営者が病院を運営している目的にもつながるものです。そのため、理念への強い共感をアピールすることで、経営者に対して良い印象を与えることができます。

 

また、病院の理念を理解していることに対して、「よく勉強している」「事前の準備を怠らない応募者だ」という好印象を持つ採用担当者は多いです。

 

こうしたことから、理学療法士が志望動機として「病院の理念に対する共感」を挙げると、転職活動に有利になるといえます。

 

事業内容と自分の能力をアピール

志望動機において「自分が持っている知識やスキルを、転職先の事業で具体的にどのように生かすことができるのか?」ということをアピールします。

 

多くの経営者やリハビリ管理職者が志望動機に対して感じていることは「みんな同じような内容」ということです。そして、そのような志望動機の大半は、中身が抽象的なものになっています。

 

例えば、以下のような表現は、理学療法士が使う抽象的な志望動機としてよく聞くものです。

 

・貴院の業務内容に興味を感じたため
・やる気だけは負けない自信がある

 

こうした志望動機は、どのような職場でも通用するものです。そして、多くの応募者を面接してきた経営者やリハビリ管理職者は、何度もこのような志望動機を見てきています。そのため、「またか」「マニュアル通りだな」という印象を与えることになり、志望動機として全くアピールすることができません。

 

その一方で、あなたの志望動機が具体的であるほど、採用側に対して強い印象を与えることができます。例えば、以下のように病院の事業内容とあなたの能力における関係性をアピールすることは有効です。

貴院の患者さんに多い○○という疾患には、□□といったリハビリ手技が有効だといわれています。そして、私は□□について学んできたため、貴院でもぜひその経験を生かせると考え、今回応募させていただきました

 

このように、「あなたの能力を、転職先で具体的にどのように生かすことができるのか?」という内容であれば、採用側に強くアピールできる志望動機になります。

 

転職して行いたいことを明確にする

また、先ほど述べたことと被りますが、「あなたが転職した後に行ないたいこと」を志望動機に入れると、採用側に強い印象を与えることができます。

 

例えば、以下のような志望動機です。

私は以前からスポーツリハビリに関わりたいと考えていました。そして、トレーナー活動を積極的に支援している貴院であれば、転職後に、より私自身の行ないたいことができると考えたため、応募させていただきました。

 

例文のように、転職後に行ないたいことを明確に示せば、採用側も「本気で就職したいのだな」「明確な目標を持っている応募者だ」というように、あなたに対して良い印象を持ちます。

 

このように、「あなたが転職した後に何を行ないたいのか?」ということを明確にして志望動機の内容に組み込むことで、採用側に強くアピールすることができます。

 

履歴書に書く志望動機の例文

履歴書に志望動機を書くときには、あなたの立場や転職先が力を入れていることによって、注意すべきことが異なります。そこで以下に、新卒者と既卒者、整形外科病院へ転職する時の志望動機について、ポイントを述べながら例文を記します。

 

新卒者

新卒者という立場で就職する人は、既卒者とは違い社会人としての経験がありません。そのため、経験や能力をアピールするのではなく、既に述べたような「病院への理念」や「入職後に行いたいこと」などをアピールします。

 

以下に、新卒の理学療法士における志望動機の例文を記します。

このたび、医療職としての基礎を身に付けたいと考えて貴院を志望しました。

 

貴院は理念として「ホスピタリティマインド」を挙げられています。また、社員研修として定期的に接遇研修を実施していると伺っています。そして、実際に施設見学をさせていただいたときに、受付スタッフはもちろんのこと、看護師や理学療法士など、全スタッフの接遇能力の高さを実感しました。

 

医療従事者として、専門的な能力だけではなく接遇能力は必要不可欠です。貴院であれば、接遇能力を学べるだけでなく、実践しやすい環境であると思い応募しました。

 

入職後は、院外の接遇に関する勉強会などにも積極的に参加します。さらに、将来的には私自身が院内研修として、接遇に関する情報発信を行っていきたいと考えています。

 

このように、新卒者であれば「理念への共感」や「入職後に行いたいこと」をアピールすることで、他の応募者との違いを作ることができます。

 

既卒者

既卒者の場合は、新卒者と違ってこれまでの理学療法士としての経験を取り入れた志望動機にすることが大切です。

 

以下に、既卒者が書く志望動機の例文を記します。

 

今回、内科疾患の中でも糖尿病を専門とする貴院を志望します。

 

私はこれまで整形外科クリニックの理学療法士として7年間勤めてきました。その中で、どのような病気であっても「糖尿病を患っている患者様は治りが遅い」ということを実感したのです。

 

こうした経験から、糖尿病のコントロールの重要性を感じたため、糖尿病を専門的に学びたいと思い応募しました。

 

入職後は、貴院で実務経験を積ませてもらい「糖尿病療養指導士」の資格を取得します。そして、貴院を通じて地域に対して糖尿病予防の大切さを伝えていければと考えています。

 

以上のように、既卒者であれば病院の事業内容だけでなく、これまでの理学療法士としての経験を組み合わせた内容にすると、採用担当者の心に刺さる志望動機となります。

 

整形外科病院への転職

また、転職先が専門としている分野によっても、志望動機の内容は変える必要があります。

 

例えば、整形外科病院への転職であれば、以下のような志望動機にします。

このたび、人工膝関節置換術後のリハビリに力を入れている貴院を志望します。

 

私は、これまで整形外科クリニックに勤務してきました。そして、人工膝関節の患者様を担当してきた中で、術後にリハビリを実施した人とそうでない人の経過の違いを目の当たりにし、術後におけるリハビリの重要性を感じたのです。

 

貴院は、人工膝関節置換術を専門とする医師が在籍しています。またそれだけではなく、術後のリハビリにも力を入れていることで有名です。

 

そのため、貴院で人工膝関節置換術後のリハビリを学び、多くの患者さんが手術後、スムーズに生活が送れるように支援していきたいと考えています。また、理学療法士として人工膝関節置換術後に関する研究を実施し、積極的に学会へ参加していきたいと考えています。

 

このように、転職先の病院が力を入れていることをアピールすれば、履歴書で高い評価を受けることができるようになります。

 

今回述べたように、理学療法士の志望動機に関しては、どれだけ一般的な普通の内容であっても、それだけで不採用を受けることはありません。

 

そして、多くの経営者やリハビリ管理職者は、同じような志望動機が多いため、そのようなものに関してはほとんど関心を持ちません。

 

その一方で、以上に述べた3点を意識したような志望動機であれば、採用側に強い印象を与えてアピールすることができます。そのため、理学療法士が志望動機を考える際は、今回述べた3点だけでも意識するようにしましょう。

 

また、さらに面接での質問への対策を行いたい場合には、理学療法士専門の転職サイトを活用することは有効な手段になります。転職サイトとは、あなたの転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。

 

転職サイトに登録すると、担当のアドバイザーがつきます。そして、転職支援の経験が豊富なアドバイザーが、あなたの面接に対してアドバイスをしてくれます。

 

転職サイトのアドバイザーは、多くの理学療法士における転職活動を支援した経験があります。そのため、理学療法士における志望動機のポイントなどを理解しており、あなたに適切なアドバイスを行ってくれるのです。

 

そして、理学療法士専門の転職サイトは無料で利用できるため、転職活動時に活用しないのは非常にもったいないといえます。

 

こうしたことから、志望動機など転職活動で悩むことがあった場合には、ぜひ転職サイトのアドバイザーを上手く活用して、転職を成功させましょう。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

理学療法士が履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント 関連ページ

理学療法士(PT)の免許取得後に持っていると転職に有利な資格
理学療法士(PT)として勉強しておくべきこと:解剖学、鑑別診断学
非常勤(パート)理学療法士として転職・復職するメリット
理学療法士(PT)が仕事と家庭の両立に向く理由:リハビリ求人
理学療法士(PT)が整形外科クリニックへの転職で評価される力
手術のある病院へ理学療法士が転職する利点:リハビリ求人
理学療法士(PT)が給料・収入アップを狙う具体的な方法
理学療法士(PT)の資格を生かした転職先:リハビリ求人・転職
男性理学療法士(PT)の施術における注意点:リハビリ求人
整形外科クリニックへ転職する女性理学療法士(PT)の注意点
理学療法士(PT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット
訪問リハビリの非常勤(パート)理学療法士(PT)の注意点
短時間デイサービス・ケアへの転職で理学療法士が注意すること
PTが整形外科病院への転職で注意すべきこと:リハビリ求人
女性理学療法士(PT)がリハ中に注意すべきこと:リハビリ求人
理学療法士(PT)の役割と魅力:リハビリ求人・転職
認定・専門理学療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
理学療法士(PT)が介護保険施設へ転職するメリット・デメリット
未経験者でも募集している理学療法士求人・転職情報の探し方
育児中理学療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
住宅手当などの福利厚生が充実した理学療法士の求人・転職先
理学療法士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
理学療法士が残業なしで定時に帰宅できる転職先の特徴と探し方
理学療法士(PT)が有給消化率の高い求人を探す方法
理学療法士が土日休み、完全週休2日制の求人情報を探す方法
育児中のブランク明け理学療法士が非常勤(パート)で再就職する
育休後にブランク明けで再就職・転職する理学療法士が持つ不安
シフト制・有給ありの非常勤(パート)理学療法士求人・転職情報
離職率の低い職場へ理学療法士が転職すべき理由:リハビリ求人
人間関係トラブルで転職を考えている理学療法士がとるべき行動
理学療法士(PT)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
「年間休日120日以上」の理学療法士求人の探し方:リハ転職
急性期病院へ理学療法士(PT)が転職する魅力:リハビリ求人
理学療法士(PT)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
理学療法士(PT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート理学療法士(PT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
理学療法士(PT)が養成校教員へ転職する条件とポイント
理学療法士(PT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人
理学療法士(PT)が抱える今後の不安要素:診療報酬や老後など
PTと類似資格(OT、柔整師、ATなど)における役割の違い
理学療法士(PT)の臨床と教員における相違点:リハビリ求人
理学療法士(PT)を辞めたいと思ったときに転職すべき職場
リハビリ特化型デーサービスへ転職する理学療法士が抱えやすい悩み

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト