理学療法士(PT)の役割と魅力:リハビリ求人・転職

rigakuryouhousiyakuwari

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者の中でも、理学療法士は運動機能の専門家としてリハビリを行います。そして、理学療法士が活躍する現場には、整形外科病院やデイサービス、スポーツジムなど、さまざまな場所があります。

 

そうした中でも、理学療法士には主に「治療家」と「リハビリテーションを支援する専門家」という2つの役割があります。理学療法士として働く上では、こうした職種が求められる役割を明確に理解しておくことが大切です。

 

そこで今回は、「理学療法士の役割と魅力」について述べます。

 

理学療法士における2つの役割

PT・OT・STといったリハビリ職者の中でも、理学療法士には「治療家」と「リハビリテーションを支援する専門家」としての役割が求められます。

 

以下に、理学療法士に求められる2つの役割について記します。

 

治療家としての理学療法士の役割

理学療法士は、治療を行うことで社会復帰を支援するという側面があります。治療とは、患者さんの体に生じた機能障害を改善することです。

 

例えば、関節の可動域が制限されていることで更衣動作が障害されていたとします。このような場合、治療家が「関節可動域制限」という機能障害を改善することで、患者さんは着替えが行えるようになります。その結果、患者さんは日常生活の問題が解消され、さまざまな活動が行いやすくなるということです。

 

痛みに関しても同様です。肩が痛いために、スポーツへの参加が制限されているとします。そのような場合、理学療法士は、肩に疼痛が発生している原因を解消し、痛みなくスポーツができるようにすることで社会復帰を支援します。

 

このように、理学療法士には痛みや可動域制限などの機能障害を治療するという役割があります。

 

これは、とくに整形クリニックに勤める理学療法士に求められる役割です

 

整形クリニックの患者さんは、痛みや関節の可動域制限といった機能障害が問題で通院されている人がほとんどです。そのため、患者さんの動作を妨げている機能障害を改善することが理学療法士には求められます。

 

機能障害を解消することで、結果的に動作が変化し、スポーツへ参加できるようになったり、生活しやすくなったりします。

 

リハビリテーションを支援する専門家としての理学療法士の役割

リハビリテーションとは、日本語でいうと「社会復帰」です。理学療法士の役割は、どのような形であれ患者さんの社会復帰を支援することにあります。

 

その1つの方法として、先ほど述べた「身体の機能障害を改善する」ことが挙げられます。

 

しかし、起こってしまった機能障害は理学療法では改善できない場合もあります。例えば、関節の変形などは、一度生じると元に戻ることはありません。他にも、脳梗塞などで生じた運動麻痺などは、どうしても100パーセント解消することは困難です。

 

そのような場合、機能障害を抱えた状態で患者さんが社会復帰できるように支援しなければなりません。つまり、「機能障害=社会活動の制限」ではありません

 

例えば、脳梗塞後の後遺症によって下肢が麻痺し歩行が困難になったとします。そのままの状態では、買い物にも行けず、地域のレクレーションなどにも参加できないため社会活動が大きく制限されてしまいます。

 

このような場合、まずは治療家として機能障害の改善を図ります。しかし、機能障害は完治できず残ってしまう場合もあります。

 

そのとき、視点を変える必要があります。それは「環境を変化させる」という考え方です。どのような方法であっても、その人の社会復帰を支援できれば良いので、使えるものは使うということです。

 

先ほどのようなケースでいうと、装具と杖を使用することで普段の生活で歩行動作を行なえるようにすることはできます。それによって、買い物やレクレーションへの参加が可能になるかもしれません。

 

他にも、家の中に手すりやスロープを付けることで家族の介助なく生活できるようになるかもしれません。

 

このように、理学療法士には、環境を整えることで社会復帰を支援するという役割もあります。このような側面は、特に入院病棟がある病院で働く理学療法士に求められる能力です。

 

理学療法士として働く魅力

理学療法士として働くことには、さまざまな魅力があります。

 

そこで以下に、理学療法士として働く魅力の中でも、特に私が感じる2つの魅力について記します。

 

理学療法士として働くと、人の役に立てる

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ関連職の中でも、特に理学療法士は患者さんの身体機能面に対してのリハビリを行います。そのため、普段の生活におけるちょっとしたことに対して、深く考えることができるようになります。

 

例えば、スポーツを行う際に「今日は身体が動きにくい、硬い感じがする」ということを感じる人は少なくありません。

 

そのような場合、理学療法士であればその理由について答えることができます。そして、そのような悩みへの対処法も助言することができます。

 

このように身近な人が体の不調で困っている際に、理学療法士であれば、適切なアドバイスをその場で行うことができます。そのため、大きなことではありませんが人の役に立つことができます

 

また、他人だけでなく、理学療法士である自分自身の健康管理も行えるようになります。自分の体を分析することで、関節痛や痺れといったような体の不調が出現する前に予防することも可能です。

 

以上のように、理学療法士は運動機能に関する知識が身に付くことで、普段の生活で起こるちょっとした体の問題に対応できるようになります。

 

理学療法士は安定した仕事である

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ関連職は、国家資格であり、基本的には国の診療報酬によって得られた利益から給料が支払われています。

 

また、おそらく今後どれだけ医療が進歩しても、病院に通う人がいなくなることはないと思います。そのため、理学療法士が行うリハビリの需要が全くなくなることはほとんどないと考えられます。

 

このような理由から、他の職種と比較して職がなくなるという可能性は低い職業だといえます。確かに給料が高いとはいえませんが、仕事自体が無くなるという事態は起こりにくいといえます。

 

また、ほとんどの職場では週休2日制であり、残業も少なく夜勤もないことが多いです。そのため、仕事とプライベートのバランスが取りやすいということも理学療法士という仕事の特徴です。

 

今回述べたように、理学療法士には「治療家」と「リハビリテーションを支援する専門家」としての2つの役割が求められます。また、理学療法士は飛び抜けて条件の良い職種だとはいえませんが、仕事と家庭のバランスも取りながら安定した収入を得られるという魅力があります。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

理学療法士(PT)の役割と魅力:リハビリ求人・転職 関連ページ

理学療法士(PT)の免許取得後に持っていると転職に有利な資格
理学療法士(PT)として勉強しておくべきこと:解剖学、鑑別診断学
理学療法士が非常勤(パート)として転職して働くメリット
理学療法士(PT)が仕事と家庭の両立に向く理由:リハビリ求人
理学療法士(PT)が整形外科クリニックへの転職で評価される力
手術のある病院へ理学療法士が転職する利点:リハビリ求人
理学療法士(PT)の給料事情と収入アップを狙う具体的な方法
理学療法士(PT)の資格を生かした転職先:リハビリ求人・転職
男性理学療法士(PT)の施術における注意点:リハビリ求人
整形外科クリニックへ転職する女性理学療法士(PT)の注意点
理学療法士(PT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット
訪問リハビリの非常勤(パート)理学療法士(PT)の注意点
理学療法士が短時間デイサービスへ転職する際に注意すべきこと
PTが整形外科病院への転職で注意すべきこと:リハビリ求人
女性の理学療法士(PT)がリハ中に注意すべきこと:リハビリ求人
認定・専門理学療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
理学療法士(PT)が介護保険施設へ転職するメリット・デメリット
未経験者でも募集している理学療法士求人・転職情報の探し方
育児中理学療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
住宅手当などの福利厚生が充実した理学療法士の求人・転職先
理学療法士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
理学療法士が残業なしで定時に帰宅できる転職先の特徴と探し方
理学療法士(PT)が有給消化率の高い求人を探す方法
理学療法士が土日休み、完全週休2日制の求人情報を探す方法
育児中のブランク明け理学療法士が非常勤(パート)で再就職する
育休後にブランク明けで再就職・転職する理学療法士が持つ不安
シフト制・有給ありの非常勤(パート)理学療法士求人・転職情報
離職率の低い職場へ理学療法士が転職すべき理由:リハビリ求人
人間関係トラブルで転職を考えている理学療法士がとるべき行動
理学療法士が履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント
理学療法士は派遣として働けるのか?PTが派遣として働く条件
「年間休日120日以上」の理学療法士求人の探し方:リハ転職
急性期病院へ理学療法士(PT)が転職する魅力:リハビリ求人
理学療法士(PT)が大学病院へ転職するメリットと求人の見つけ方
理学療法士(PT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート理学療法士(PT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
理学療法士が養成校教員へ転職する条件とポイント、教員の給料
理学療法士(PT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人
理学療法士(PT)が抱える今後の不安要素と将来性:診療報酬など
PTと類似資格(OT、柔整師、ATなど)における役割の違い
理学療法士(PT)の臨床と教員における相違点:リハビリ求人
理学療法士(PT)を辞めたいと思ったときに転職すべき職場
リハビリ特化型デーサービスへ転職する理学療法士が抱えやすい悩み

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト