理学療法士が短時間デイサービスへ転職する際に注意すべきこと

ptdayservice

 

「短時間のデイサービスで理学療法士として働いてみたい」と思いませんか?

 

半日という短時間のデイサービスに通う利用者さんは、基本的にリハビリに対する意欲が高いです。そのため、短時間のデイサービスでは理学療法士としての実力がより求められる傾向にあります。

 

そうはいっても、短時間のデイサービスで働くときには注意しなければいけない点もいくつかあります。

 

そのことを理解した上で短時間デイサービスへ転職すれば、より良い転職になります。

 

そこで今回は、「理学療法士が短時間デイサービスへ転職する際に注意すべきこと」について解説します。

 

短時間デイサービスにおける理学療法士の仕事内容

短時間のデイサービスは、利用者さんが1日滞在するような長時間のデイサービスと業務内容が大きく異なります。そのため、短時間のデイサービスに転職したいと考えた時には、業務内容や1日の流れを理解しておくことが必須です。

 

以下に、短時間の通所サービスにおける理学療法士の仕事内容について述べます。

 

理学療法士の業務内容

短時間のデイサービスにおける理学療法士の仕事は、主に介護保険を利用している人に対するリハビリになります。

 

短時間デイサービスにおける利用者の特徴

特に短時間のデイサービスを利用している人は、介護保険における被保険者の中でも自立度が高く「積極的にリハビリを行いたい」と考えている人が多いです。そのため、他の介護保険サービス施設よりは活動性が高い人が理学療法士のリハビリ対象となります

 

もちろん、理学療法として関節可動域制限や筋に対しての徒手療法なども行いますが、運動療法を中心にリハビリを実施しているところが多いです。

 

そして、理学療法士とのマンツーマンのリハビリも行いますが、運動器具などを用いた運動もたくさん実施します。その際の負荷や回数の設定も、担当の理学療法士が行う仕事の1つです。そのため理学療法士には、マシントレーニングに対する知識も必要になります。

 

短時間デイサービスでは業務内容が多岐に渡る

また、基本的にはリハビリ業務が主ですが、理学療法士が送迎を手伝うところも多いです。そのような理由から、普通自動車の免許証を持っていることは、短時間デイサービスへ転職の際には有利になります。

 

さらに、介護保険利用者の場合、毎月作成する報告書や計画書などの書類もあります。それに加えて、担当者会議などにも出席する場合もあるのです。

 

このように、理学療法士が介護保険施設で働く場合、リハビリ以外の業務も多く行わなければなりません。特に短時間のデイサービスでは、送迎を手伝うことが多いのは特徴です。

 

理学療法士のデイサービスにおける1日

短時間のデイサービスにおいては、それぞれの事業所によって1日の流れは異なります。職場によっては理学療法士が送迎に関わることもありますし、レクレーションなどを行う場合もあります。

 

今回は、一例としてある短時間デイサービスにおける1日の流れを以下に記します。

 

8:20   朝礼
8:30   送迎、事務作業
9:10   バイタルチェック 体操
9:20   リハビリ
11:30  整理体操
12:00 送迎
      休憩
12:50  送迎
13:30  バイタルチェック 体操
13:50  リハビリ 
16:00  整理体操
16:30  送迎  
17:00  掃除、事務作業
17:15  ミーティング
17:30  業務終了

 

基本的にはこのような流れになります。ただ、送迎の関係上、病院などと違って昼休憩の時間が一定していないことが多いです。

 

例えば、送迎がない人は12〜13時まで休憩しますが、午前の利用者さんを送迎する人は、12時から利用者さんを家に送った後に昼休みになります。また、11時過ぎから昼休憩に入り、12時から午前、午後の利用者さんと続けて送迎を行う人もいます。

 

短時間デイサービスで理学療法士が注意すべきこと

理学療法士が短時間デイサービスへ転職する際には、他の職場とは違って注意しなければいけないことがいくつかあります。短時間の通所サービス事業所へ転職する際には、そうした注意点を理解しておくことが大切です。

 

以下に、短時間デイサービスで働く際に注意すべきことについて記します。

 

デイサービスでは介護保険に関する書類が大変

短時間のデイサービスだけではありませんが、介護保険に関わる理学療法士のほとんどが感じているのは「作成する書類が多い」ということです。

 

介護保険を利用している場合、毎月の「計画書」や「報告書」、自宅訪問を行った際の記録など、さまざまな書類を作成する必要があります。

 

介護保険サービスでは理学療法士やケアマネージャー、担当医師、介護職員などが、そのような書類を情報交換の主な手段としています。そのため、医療保険でのサービスを提供する場合と比較すると、どうしても事務作業が多くなります。

 

特に、短時間のデイサービスに専従している場合は、担当利用者さんの数が40〜50人になることもあります。そうなると、利用者さんの数だけ書類を毎月作成しなければなりません。

 

そして、このような書類がないと利用者さんは介護保険のサービスを受けることができないので、とても大切なものになります。そのため、理学療法士として忘れずに作成することはもちろんのこと、内容も充実したものにする必要があります。

 

医療保険の分野から介護保険領域に転職した理学療法士の多くは、書類作成の大変さを感じているようです。

 

デイサービスでは理学療法の目標に対して希望が高い利用者が多い

理学療法士の転職先となる短時間のデイサービスというと、「短時間の通所リハビリ」や「リハビリ特化型のデイサービス」といったものが例として挙げられます。

 

これらの特徴は、施設への滞在時間が約3時間と短いことにあります。また、ほとんどの短時間デイサービスは、「リハビリ」をウリにしているところが多く、理学療法士が専従していたり、運動機器が豊富に揃えてあったりします。

 

そのため、短時間のデイサービスを利用する人は、介護保険利用者の中でも以下のような特徴を持った人達になります。

 

 ・長時間拘束されるのを嫌う
 ・自立度が高い
 ・リハビリに対して意欲的

 

全ての人が、このような人達かというとそうではありません。確かに、家族の人が「短時間でも預かってほしい」と希望しているために通われている方もいます。ただ、利用者さんの多くは、このように自立度が高くリハビリに対して積極的である人になります。

 

そのため、利用者さんのリハビリに対する目標も高い場合がほとんどです。これはとても良いことだと思いますが、理学療法士としては注意が必要です。

 

目標の立て方が難しい

リハビリを行う上で高い目標を持つことは、本人の意欲にもつながるためとても大切なことです。ただ理学療法士は、身体の専門家として、実際に利用者さんの希望が妥当かを判断することも仕事の一つになります。

 

例えば、20年前から脳梗塞後の麻痺によって、起き上がることが困難な人がいたとします。その利用者さんの希望が「100メートルを10秒で走れるようになりたい」というものであった場合、これは現実的に考えて不可能です。

 

この例は極端ですが、理学療法士は、利用者さんの希望と身体の状況、家族の要望など、さまざまなものを考慮した上でリハビリの目標を決める必要があります。

 

そして、その目標は達成可能である妥当なレベルのものにすることが大切です

 

利用者さんの意欲を落とさない目標設定が大切

短時間のデイサービスにおける利用者さんの中には、先ほどのような極端な例ではありませんが、現実的に考えて達成が難しいような目標を立てる方もいます。

 

そのような人に対して、理学療法士は専門家として妥当性のある目標を提案する必要があります。そして、その際に、「その目標は高すぎるので無理です」「現実的に不可能です」などと言ってしまうと、利用者さんの意欲が下がってしまいます。

 

そのため「その目標の前に、〇〇という段階をクリアしないといけないから、まずは△△を目標にしましょう」など、利用者さんの意欲を落とさないような言い方をすることが大切です。

 

このように、理学療法士が勤務する短時間のデイサービスを利用している人には、希望が高い人が多いです。そのため、妥当な目標設定と、その説明には十分注意する必要があります。理学療法士の伝え方一つで、大きなトラブルの元となる可能性もあります。

 

短時間デイサービスで理学療法士が求められる能力

短時間のデイサービスは、病院やクリニックなどとは仕事内容が異なります。そのため、当然ながら求められる能力も違います。そのことを理解した上で転職先として短時間デイサービスを選択すると、入職後に焦ったり失敗したりすることが少なくなります。

 

そこで以下に、短時間のデイサービスにおいて理学療法士として求められる能力について述べます。

 

デイサービスでは高いコミュニケーション能力が求められる

短時間のデイサービスに限った事ではありませんが、理学療法士には必ずコミュニケーション能力が必要になります。

 

中でも、介護保険サービスに関わる理学療法士は特にコミュニケーション能力が求められます。

 

デイサービスではさまざまな人と関わる機会がある

それは、介護保険を利用している人のリハビリを進めていく上では、利用者さんだけではなく、その家族や担当ケアマネージャー、担当医師、介護職員など、利用者さんに関わる全ての人との情報交換が必要になるためです。

 

例えば、理学療法士がリハビリの目標を立てたり、家での状態を聞いたりするためには、家族の人と話をする必要があります。

 

また、送迎を行っている介護職員から、車の中での様子や当日の状態を聞くこともあります。当然、リハビリの経過などをケアマネージャーや担当医師と話をすることもあります。

 

目標設定にも高いコミュニケーションが必要

そして、特に短時間のデイサービスで理学療法士が注意しなければいけないことは、利用者さんのリハビリに対する目標が高い場合が多いということです。

 

リハビリの目標を高く設定することは、利用者さんの意欲につながるため大切なことです。ただ、理学療法士としては、身体の状態や生活状況などを総合して妥当性のあるゴールを立てなければなりません。

 

当然、利用者さんの希望が一番ではあります。ただ、妥当性の高い目標設定には、利用者さんの希望より、家族やケアマネージャーの意見の方が重要になってくる場合も多いです

 

このように、理学療法士として介護保険領域における仕事を行う場合、多くの人とコミュニケーションを取ることが大切になります。そのため、特に短時間のデイサービスでは、理学療法士に対して高いコミュニケーション能力が求められるといえます。

 

デイサービスでは理学療法士としての幅広い知識と視野が求められる

理学療法士が介護保険分野で働く場合、多くの人とコミュニケーションを取ることが大切になります。そして、さまざまな分野の人と話をするためには幅広い知識を持っている必要があります。

 

例えばケアマネージャーと話をする際に、介護保険に関する知識が全くないと会話がスムーズに進みません。

 

利用者さんの担当医師と話をする際も同様です。利用者さんが内科疾患を患っている場合は、理学療法士でも内科疾患に関する知識がないと、ドクターとも内容の濃い話はできません。

 

また、介護保険分野で働く理学療法士には、幅広い視野が求められます。

 

例えば、整形外科のクリニックに通院される患者さんであれば、リハビリによって筋力や可動域などの身体機能面の改善が望める人が多いです。一方で短時間のデイサービスを利用している理学療法の対象者は、そのような人ばかりではありません。

 

数十年前の怪我によって変形してしまった膝や、脳梗塞によって起こった麻痺など、どうしてもリハビリでは改善される望みが低いような病態というものはあります。

 

短時間のデイサービスを利用している人の中には、そのように理学療法によって改善する見込みが低い障害を持った人が多くいます。このようなケースでは、いくらリハビリを行っても利用者さんの状態が大きく変化する可能性は低いです。

 

そのような場合には、装具や杖を利用したり、家に手すりを付けたりすることで、身体機能が改善しなくても利用者さんやその家族の生活を支援することができます。

 

確かに、理学療法士として身体機能面の改善を図ることは大切です。ただ、身体の機能ばかりに固執せずに利用者さんやその家族の生活を考えることも必要です。

 

特に、短時間のデイサービスにおいては、利用者さんの活動性や意欲が高いため、身体機能面だけに注目してしまうことが少なくありません。しかし、このように幅広い視野で利用者さんの生活を考えることも、短時間のデイサービスで働く場合は必ず求められる能力の一つになります。

 

短時間デイサービスにおける理学療法士求人の探し方

ここまで述べたように、短時間デイサービスの仕事は他の職場とは違った注意点があったり、能力が求められたりします。いってしまえば、短時間デイサービスで働ければ、そうした能力が身に付くということです。

 

ただ、短時間のデイサービスへ転職したいと思っても、なかなか求人が見つからないかもしれません。

 

利用者さんが1日滞在するデイサービスの理学療法士求人は多くありますが、短時間のデーサービスは少ない傾向にあります。また、短時間デイサービスは個人経営のところが多いため、待遇などもバラバラです

 

そうした中で、効率的に好条件である短時間デイサービスの理学療法士求人を見つけるためには、転職サイトを利用することをおすすめします。

 

転職サイトとは、理学療法士の転職を支援するサービスです。具体的には、登録すると担当者が付いて、求人情報の紹介や履歴書・面接へのアドバイスなどを行ってくれます。
転職サイトには、表に出ていないような求人もたくさんあるため、好条件である短時間デイサービスの理学療法士求人も見つかりやすいのです。

 

こうしたことから、短時間デイサービスへの転職を考えているのであれば、転職サイトの利用をおすすめします。特に、介護施設に特化した転職サイトであれば、より短時間デイサービスの求人を紹介してもらいやすくなります。

 

PT・OT・STおススメの介護転職サイト

 

今回述べたように、短時間のデイサービスは、介護保険サービスであるため書類が大変だと感じている理学療法士が多いです。

 

また、介護保険分野の中でも、短時間のデイサービスを利用する人は、目標が高い傾向にあります。そのゴールに対して妥当性を検討し、現状にあった目標を利用者さんに納得してもらうことも、理学療法士が苦労することの一つです。

 

PT・OT・STおススメの介護転職サイト



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

理学療法士が短時間デイサービスへ転職する際に注意すべきこと 関連ページ

理学療法士(PT)の免許取得後に持っていると転職に有利な資格
理学療法士(PT)として勉強しておくべきこと:解剖学、鑑別診断学
理学療法士が非常勤(パート)として転職して働くメリット
理学療法士(PT)が仕事と家庭の両立に向く理由:リハビリ求人
理学療法士(PT)が整形外科クリニックへの転職で評価される力
手術のある病院へ理学療法士が転職する利点:リハビリ求人
理学療法士(PT)の給料事情と収入アップを狙う具体的な方法
理学療法士(PT)の資格を生かした転職先:リハビリ求人・転職
男性理学療法士(PT)の施術における注意点:リハビリ求人
整形外科クリニックへ転職する女性理学療法士(PT)の注意点
理学療法士(PT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット
訪問リハビリの非常勤(パート)理学療法士(PT)の注意点
PTが整形外科病院への転職で注意すべきこと:リハビリ求人
女性の理学療法士(PT)がリハ中に注意すべきこと:リハビリ求人
理学療法士(PT)の役割と魅力:リハビリ求人・転職
認定・専門理学療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
理学療法士(PT)が介護保険施設へ転職するメリット・デメリット
未経験者でも募集している理学療法士求人・転職情報の探し方
育児中理学療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
住宅手当などの福利厚生が充実した理学療法士の求人・転職先
理学療法士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
理学療法士が残業なしで定時に帰宅できる転職先の特徴と探し方
理学療法士(PT)が有給消化率の高い求人を探す方法
理学療法士が土日休み、完全週休2日制の求人情報を探す方法
育児中のブランク明け理学療法士が非常勤(パート)で再就職する
育休後にブランク明けで再就職・転職する理学療法士が持つ不安
シフト制・有給ありの非常勤(パート)理学療法士求人・転職情報
離職率の低い職場へ理学療法士が転職すべき理由:リハビリ求人
人間関係トラブルで転職を考えている理学療法士がとるべき行動
理学療法士が履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント
理学療法士は派遣として働けるのか?PTが派遣として働く条件
「年間休日120日以上」の理学療法士求人の探し方:リハ転職
急性期病院へ理学療法士(PT)が転職する魅力:リハビリ求人
理学療法士(PT)が大学病院へ転職するメリットと求人の見つけ方
理学療法士(PT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート理学療法士(PT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
理学療法士が養成校教員へ転職する条件とポイント、教員の給料
理学療法士(PT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人
理学療法士(PT)が抱える今後の不安要素と将来性:診療報酬など
PTと類似資格(OT、柔整師、ATなど)における役割の違い
理学療法士(PT)の臨床と教員における相違点:リハビリ求人
理学療法士(PT)を辞めたいと思ったときに転職すべき職場
リハビリ特化型デーサービスへ転職する理学療法士が抱えやすい悩み

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト