高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職

 

言語聴覚士(ST)が転職を考える1つの理由に、「収入(給与・年収)への不満」が挙げられます。言語聴覚士の場合、長年働いていても、管理職に就かない限りは大きく収入(給与・年収)が上がることは期待できません。

 

そのため、言語聴覚士としての経験を重ねるにつれて、もらっている収入(給与・年収)に納得できなくなる人は少なくありません。

 

そして、そうした場合に、収入(給与・年収)を挙げるための有効な手段の1つとして転職があります。転職することで、キャリアアップを図ったり、年収が高いような職場に移ったりすることができる可能性があります。

 

ただ、言語聴覚士が転職によって収入(給与・年収)を上げることは簡単ではありません。逆に転職先の選択ミスによって、収入が減ってします可能性もあります。そのため、そうした好条件求人を見つけたい場合には、良い案件を探すコツを知っておくことが大切です。

 

そうすることで、効率的にあなたの目的に合った好条件求人を見つけることができるようになります。

 

そこで今回は、「収入(給与・年収)アップが期待できる言語聴覚士求人の特徴と見つけ方」について述べます。

 

キャリアアップで収入アップ

キャリアアップを行うことは、言語聴覚士が収入(給与・年収)を上げるための1つの有効な手段といえます。そのため、収入(給与・年収)に不満を持って転職を考えた場合には、まずは職場内でのキャリアアップで収入を上げることができないかを検討することが大切です。

 

転職活動は、あなたにとって非常に負担の大きなものです。もし転職を避けて問題が解決できるのであれば、そうした方が圧倒的に良いです。

 

ただ、今の職場でのキャリアアップが難しいような場合には、転職によってキャリアアップを狙うしかありません。そのため、キャリアアップしやすそうな言語聴覚士求人の特徴を知っておく必要があります。

 

キャリアアップしやすい言語聴覚士求人には、「経営者が言語聴覚療法に力を入れている」「言語聴覚士の数が少ない」という2つの特徴があります。

 

経営者が言語聴覚療法に力を入れている

言語聴覚士が働く病院や施設では、「保険点数を請求するために言語聴覚士を雇っている」という職場と、「患者さんや利用者さんに言語聴覚療法が必要だから」と考えて言語聴覚士を募集しているところがあります。

 

例えば前者のように、保険点数を請求するために言語聴覚士を募集しているようなところであれば、あなたの専門的な知識や技術は収入(給与・年収)に結びつく可能性は低いです。

 

なぜならば、どれだけ経験と実力があっても、経営者からすると言語聴覚士でしかないからです。結局、1年目で不真面目な人であろうが、10年目で知識や技術が優れていてまじめな人であろうが、病院にもたらす収益は同じです。

 

そのためこうした職場では、どれだけ専門職として頑張っても収入(給与・年収)アップにつながりにくくなります。

 

一方で、患者さんや利用者さんのために言語聴覚士の必要性を感じて募集しているような職場では、専門的な知識や技術が評価されやすくなります。そして高い評価を受けた結果、収入(給与・年収)も上がることになります。

 

このような職場では、経営者が言語聴覚士の専門性に対する評価を行ってくれる可能性があります。そのため、あなたが専門職として頑張るほど、収入(給与・年収)が上がりやすくなります。

 

以上のように、経営者が言語聴覚療法に力を入れているようなところは、転職後にキャリアアップを図りやすい職場であるといえます。

 

言語聴覚士の数が少ない

言語聴覚士が少ない転職先も、キャリアアップをしやすい職場の1つといえます。

 

例えば、あなたが病院で1人目の言語聴覚士であったとします。そうした場合、もしかしたら入職直後から、あなたが言語聴覚士の管理職者という役職に就く可能性もあります。

 

また、転職先に数人の言語聴覚士しかおらず、なおかつスタッフがあなたより経験年数が少ない人ばかりであれば、あなたが管理職者となる可能性は高くなります。

 

一方で、転職先に言語聴覚士が数十人もいるような職場では、あなたに役職のポストが回ってくる可能性はかなり低いといえます。

 

このように、言語聴覚士の絶対数が少ない職場も、キャリアアップしやすい転職先の1つだといえます。

 

ちなみに、最初から言語聴覚士の管理職者を募集しているような求人もあります。ただ、こうした求人には年齢や経験年数に対して条件が付いていることが少なくありません。

 

さらに、管理職者募集の求人情報は、数が多くないため簡単には見つかりません。

 

そうした場合には、言語聴覚士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。転職サイトには、求人サイトやハローワークなどには載っていないような「非公開求人」がたくさんあります。

 

転職サイトに登録すると、このような非公開求人からも紹介してもらえる可能性があるため、管理職者募集の求人が見つかりやすくなります。

 

好条件求人で収入アップ

言語聴覚士が転職によって収入(給与・年収)を上げたい場合には、「キャリアアップをしやすい職場」もしくは「管理職者を募集している職場」への転職を行うことは、有効な手段の1つだといえます。

 

ただ、「管理職のポストに就きたくない」と考える言語聴覚士も少なくありません。

 

特に、言語聴覚士の資格所有者には女性が多いため、仕事と家庭を両立している人が多くいます。そうした場合、どうしても管理職になると帰宅が遅くなることがあるため家事と育児の両立が難しくなることが少なくありません。

 

そのような場合には、一般職でも収入(給与・年収)が高いような好条件求人を見つけて転職することで収入(給与・年収)を上げることができます

 

例えば、言語聴覚士における需要の高まりに合わせて、「1人でも多くの言語聴覚士を採用したい」と考えているような職場では、ある程度の希望した条件を叶えてくれます。他にも、急に言語聴覚士が辞めて、言語聴覚士を急募しているところなどでは、給与面の条件が優れている可能性が高いです。

 

しかし、こうした好条件求人は数が少ないため、タイミングが良くないと見つかりません。

 

そうした場合には、言語聴覚士専門の転職サイトを活用することをお勧めします。転職サイトに登録してアドバイザーに求人を紹介してもらうことで、あなたの希望するような好条件求人が見つかりやすくなります。

 

転職サイトは、ハローワークや求人サイト上には掲載されていないような「非公開求人」を多く抱えています。また、アドバイザーは常に求人情報をチェックしているため、あなたに合った好条件求人が出た際に、すばやく教えてくれます。

 

さらに、あなたの性格面も考慮した上で転職先を紹介してくれるため、転職後にミスマッチが起こる可能性も低くなります。

 

このように、管理職に就きたくないという言語聴覚士が収入(給与・年収)アップを狙う場合には、「好条件求人を見つけて転職する」という方法も有効な手段になります。

 

今回述べたように、収入(給与・年収)に不満を持って転職を考えている言語聴覚士は、「キャリアアップ」「好条件求人への転職」という2つの方法によって収入(給与・年収)アップを狙えます。

 

ただ、このような転職先は簡単に見つかるものでもありません。そのため、収入(給与・年収)を上げたいと考えている言語聴覚士は転職サイトを活用することをお勧めします。転職サイトを上手く利用することで、収入(給与・年収)アップを狙える求人を効率的に見つけることができます。

 

今の収入(給与・年収)に不満がある言語聴覚士の人は、ぜひ転職サイトを上手く利用して収入(給与・年収)アップを実現させてください。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職 関連ページ

言語聴覚士(ST)の役割:リハビリ転職・求人
言語聴覚士(ST)に必要な能力:観察力
言語聴覚士の給料・給与・年収について:リハビリ求人・転職
言語聴覚士の病院における役割と医療機関へ転職するメリット
言語聴覚士として働く際に注意すること:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)の資格を活かせる転職先と職域
女性が言語聴覚士(ST)として働くメリット・デメリット
言語聴覚士として勉強しておくべきこと:解剖学と脳神経
言語聴覚士として保健所、保健センターに転職するメリット
言語聴覚士が正社員ではなくパート(非常勤)で転職・就職する
言語聴覚士が介護保健施設(老健等)へ転職するメリット・デメリット
言語聴覚士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力
認定言語聴覚士の取得でスキルアップ・転職を成功させる
住宅手当などの福利厚生が充実した言語聴覚士の求人・転職先
言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機
言語聴覚士(ST)が残業なしで定時に帰宅できる転職先とは
育児中のブランク明け言語聴覚士が非常勤(パート)で再就職する
言語聴覚士が土日休み、週休2日の求人・転職情報を探す方法
未経験者でも募集している言語聴覚士求人・転職情報の探し方
シフト制・有給ありの非常勤(パート)言語聴覚士求人・転職情報
離職率の低い職場へ言語聴覚士(ST)が転職すべき理由
言語聴覚士(ST)が有給消化率の高い求人情報を見つける方法
言語聴覚士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
人間関係で転職・退職を考えた言語聴覚士(ST)が取るべき行動
育休後にブランク明けで再就職・転職する言語聴覚士が持つ不安
言語聴覚士(ST)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
言語聴覚士が「年間休日120日以上」の求人へ転職する方法
言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート言語聴覚士(ST)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)が養成校教員へ転職する条件とポイント
言語聴覚士(ST)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト