育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め

 

言語聴覚士(ST)の資格所有者は、半数以上が女性です。そして、言語聴覚士の中には、出産後に常勤として復帰する人が多くいます。

 

そうした育児をしながら言語聴覚士として復職する場合、働く職場は慎重に選ばないと苦労することになります。特に、新しい職場での再就職を考えている人は、転職先に求める条件を意識することが大切です。

 

育児中の言語聴覚士が転職先に求めるべき条件には、さまざまなものがあります。当然、人によって優先すべきものは異なります。

 

ただどのような言語聴覚士であっても、育児中で常勤として復帰する際には、「職場内に託児所、院内保育がある職場」という条件は求めるべきものだといえます。そうした求人情報は多くはありませんが、意識して探すことで見つかる可能性は高くなります。

 

そこで今回は、「育児中の言語聴覚士が託児所・院内保育のある求人を探すべき理由」について述べます。

 

臨機応変に対応できる

保育園に預けるような年齢の子供は、まだ小さいため健康状態が急に崩れることも少なくありません。

 

そして、子供が体調不良となったときでも、そこまで子供の様子がおかしくない場合には、母親に判断を任せられる可能性があります。

 

ただ、直接子供の様子を確認することなく、電話で状態を判断するのはかなり困難です。そのため、ほとんどの場合は早退して迎えに行くことになります。

 

そのようなとき、病院内にある託児所・院内保育に子供を預けていれば、空いた時間を使って子供の様子を見に行くことができます。そして、直接状態を確認した上で状況を判断できます。その結果、「まだ大丈夫そうだ」と判断して、仕事に戻ることもできます。

 

また職場内に子供がいるため、状態がさらに悪化した場合は、すぐに子供の元へ駆けつけることができます。

 

一方、院外にある保育園に預けている場合、そのように子供が急に体調不良となったときはすぐに誰かが子供を迎えに行かなければいけません。

 

あなたが実感の近くに住んでいて、自分の両親がいつでも迎えにいけるような状況であれば、あなたは心配することなく仕事ができます。しかし、そのような人ばかりではありません。

 

誰も迎えに行くことができない場合は、あなたが仕事を早退して保育園へ向かわなければいけません。そうなると、当日にリハビリを行う予定であった患者さんは、リハビリを行うことができないか、もしくは他の言語聴覚士に代わってリハビリを行ってもらわなければいけません。

 

このように、子育て中の言語聴覚士が、職場内に託児所・院内保育がある職場に転職すると、子供が体調不良となった際などに、臨機応変に対応することができます。そのため、職場へ迷惑をかけることも少なくなるため、安心して仕事に復帰することができます。

 

送迎にかかる手間が無くなる

子供を保育園に預けて常勤で働いている言語聴覚士に多い意見の中に「保育園への送迎が大変である」ということがよく挙がります。

 

特に保育園に通うような年齢の子供の場合、ご飯を食べることや着替えに時間がかかってしまい、出勤前はかなりバタバタします。そのような状況で、保育園に送迎をしないといけないため、かなり忙しくなります。

 

また業務後も同様で、患者さんの対応が終わったらすぐに帰宅できるわけではありません。カルテや計画書などの書類業務が残っていれば、残業する必要があります。

 

そのため、予定していた時間に保育園へ迎え行くことができない場合もあります。そうした場合、保育園へ電話して連絡しなければいけない上に、書類業務が終わった後に急いで迎えに行くことになります。

 

一方で、託児所や院内保育がある職場であれば、急な延長にも柔軟に対応してくれることが多いです。また預けている場所が職場内であるため、そこまで慌てて迎えに行く必要もありません。

 

このように、職場内にある託児所や院内保育に子供を預けることで、送迎にかかる手間をできる限り少なくすることができます。

 

託児所ありの求人で注意すべきこと

育児中であるGE後聴覚士が職場復帰する際には、託児所や院内保育付きの職場を探すことをお勧めします。ただ、託児所や院内保育には、いくつか注意しなければいけないこともあります。

 

例えば、病院内にある託児所には、かなりスペースが限られており、子供がのびのびと遊ぶことができないようなところが多いです。また、子供の数に比べて保育士が少ないところもあります。

 

こうしたことから、託児所付きの職場を見学する際には、こうした院内託児所の環境についてチェックしなければいけません。

 

また、託児所が付いている病院の求人は、給料などの条件面が悪い傾向にあります。そのため、託児所がある職場を見つけても、その他の条件面も総合的に考慮した上で転職先を決めることが大切です。

 

今回述べたように、子育て中の言語聴覚士が託児所・院内保育のある職場へ再就職することには、さまざまなメリットがあります。そのため、子供を預けて常勤職として再就職したいと考えている言語聴覚士には、ぜひ求めるべき条件だといえます。

 

ただ、冒頭でも述べたようにこのような求人情報は多くありません。そのため、このように託児所・院内保育がある求人を探す場合は、言語聴覚士専門の転職サイトを利用することをお勧めします。

 

転職サイトに登録すると、インターネット上やハローワークには掲載されていないような「非公開求人」を紹介してもらうことができます

 

また、転職サイトのアドバイザーがあなたの希望に沿った言語聴覚士の求人を探してくれます。そのため、転職サイトを活用することで、あなたが求める条件の揃った求人が見つかりやすくなります。

 

こうした転職サイトの強みを活かし、ぜひ託児所・院内保育のある職場への再就職を成功させてください。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め 関連ページ

言語聴覚士(ST)の役割:リハビリ転職・求人
言語聴覚士(ST)に必要な能力:観察力
言語聴覚士の給料・給与・年収について:リハビリ求人・転職
言語聴覚士の病院における役割と医療機関へ転職するメリット
言語聴覚士として働く際に注意すること:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)の資格を活かせる転職先と職域
女性が言語聴覚士(ST)として働くメリット・デメリット
言語聴覚士として勉強しておくべきこと:解剖学と脳神経
言語聴覚士として保健所、保健センターに転職するメリット
言語聴覚士が正社員ではなくパート(非常勤)で転職・就職する
言語聴覚士が介護保健施設(老健等)へ転職するメリット・デメリット
言語聴覚士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力
認定言語聴覚士の取得でスキルアップ・転職を成功させる
住宅手当などの福利厚生が充実した言語聴覚士の求人・転職先
言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機
言語聴覚士(ST)が残業なしで定時に帰宅できる転職先とは
育児中のブランク明け言語聴覚士が非常勤(パート)で再就職する
言語聴覚士が土日休み、週休2日の求人・転職情報を探す方法
未経験者でも募集している言語聴覚士求人・転職情報の探し方
シフト制・有給ありの非常勤(パート)言語聴覚士求人・転職情報
離職率の低い職場へ言語聴覚士(ST)が転職すべき理由
言語聴覚士(ST)が有給消化率の高い求人情報を見つける方法
言語聴覚士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
人間関係で転職・退職を考えた言語聴覚士(ST)が取るべき行動
育休後にブランク明けで再就職・転職する言語聴覚士が持つ不安
言語聴覚士(ST)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
言語聴覚士が「年間休日120日以上」の求人へ転職する方法
言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート言語聴覚士(ST)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職
言語聴覚士(ST)が養成校教員へ転職する条件とポイント
言語聴覚士(ST)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト