言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機

 

言語聴覚士(ST)の転職活動において、「志望動機」は履歴書や面接で必ず必要になるものです。

 

ただ、履歴書や面接における言語聴覚士の志望動機は、ほとんどの人がマニュアル化されたものを書いていたり答えたりするため、経営者やリハビリ管理職者からあまり採用選考基準としては重要視されていません。

 

しかし、逆に強い印象を与えるような志望動機であれば、他の応募者との違いを明確にできるようになるため、採用選考を有利にするアピールポイントとなります。

 

そこで今回は、言語聴覚士の転職時における志望動機の伝え方について述べます。

 

志望動機は正直に答える

言語聴覚士の中には、相手に良い印象を与えようと思って、志望動機で下手に飾った言葉を使用する人もいます。

 

しかし、どこにでもあるような聞こえの良い言葉は、面接者に本心を見抜かれる可能性が高いです。転職時の面接では、多くの経営者やリハビリ管理職者いった面接者は人柄を重視しています。

 

良い印象を与えようと思って考えた言葉が、逆にあなたの評価を下げることにつながりかねません。

 

そのため志望動機では、あまりにあなたの考えからかけ離れたことを答えることは避けるようにしましょう。転職活動における志望動機では、あなたの正直な思いを伝えることが大切です。

 

そうはいっても、「給料が良いから」「家から近いため」というような志望動機では、あまり面接者も良い印象を持ちません。

 

そのような場合は、言い方を工夫する必要があります。

 

例えば、給料が高いという理由でその職場を選んだ場合であれば、「結婚して家族を養っていく必要が出てきたため」「勉強会に積極的に参加したいから」といったように、ポジティブな理由をプラスして答えることが大切です

 

このように、少し答え方を工夫するだけで、志望動機を正直に答えた上で相手に悪い印象を与えないようにすることができます。

 

強くアピールすべきポイント

言語聴覚士の転職における志望動機では、第一に正直に答えるということが大切になります。そして、さらに相手に強いインパクトを与えることで、採用選考を有利にすることができます。

 

ただその際にも、心にも思っていないようなことを答えるのは控えましょう。以下に述べるポイントで、あなたに当てはまるものがあれば参考にしてください。

 

病院の理念への共感

志望動機を書いたり答えたりする際に、経営理念への共感を示すと強いインパクトを与えることにつながります。

 

特に毎朝朝礼で理念を読み上げているような病院では、経営理念をかなり大事にしています。そのため、経営者はもちろんのこと、リハビリ管理職者も理念の重要性を認識しています。

 

そうした病院における面接では、特に理念へ共感を示すような志望動機は評価されやすいです。

 

また、履歴書や面接時などに経営理念を出すと、「事前によく調べている」「普段も準備を怠らないのだろう」といった好印象を与えることもできます。

 

このように、志望動機に「病院の理念への共感」を入れると、あなたの存在を強くアピールすることにつながります。そのため、理念で共感する部分がある場合は、ぜひ志望動機に取り入れるようにしましょう。

 

今までの経験と転職後に行ないたいこと

あなたには何か転職する目的があると思います。もしかしたら、「人間関係の問題」「給与の問題」といったようなネガティブな理由での転職ということもあります。

 

ただ、言語聴覚士の転職を行なう人でも「キャリアアップ」などのポジティブな理由である人も多くいます。そのような場合は、転職先の職場において「学びたいこと」や「行ないたいこと」があるはずです。

 

そして、もし具体的に行ないたいことが決まっている場合には、そのことを志望動機としてアピールしましょう。

 

例えば、今まで小児専門の言語聴覚士として働いてきたとします。ただ、転職先は小児科ではなく、脳卒中で一時的に言語機能が低下した高齢者へのリハビリが主になるような病院だったとします。

 

そのような場合であれば、「小児専門で働いてきた経験を元に、発達段階を考えた治療を高齢者の方のリハビリに対しても生かしていきたいと考えています」というように、転職することで行ないたい内容を、より明確で具体的に述べます。

 

そうすると、面接者は「明確な目標を持っている応募者だ」「当院の特徴を理解している」といように好印象を受けます。

 

このように「あなたが転職後に行ないたいこと」を明確にして志望動機として述べることで、面接担当者に対して強い印象を与えることができます。

 

今回述べたように、言語聴覚士の志望動機では、第一に「正直に答える」ということを意識してください。そして、さらに「理念への共感」や「具体的に行ないたいこと」を脂肪動機に組み込むことで、面接担当者にアピールすることができます。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機 関連ページ

言語聴覚士(ST)の役割:リハビリ転職・求人
言語聴覚士(ST)に必要な能力:観察力
言語聴覚士の給料・給与・年収について:リハビリ求人・転職
言語聴覚士の病院における役割と医療機関へ転職するメリット
言語聴覚士として働く際に注意すること:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)の資格を活かせる転職先と職域
女性が言語聴覚士(ST)として働くメリット・デメリット
言語聴覚士として勉強しておくべきこと:解剖学と脳神経
言語聴覚士として保健所、保健センターに転職するメリット
言語聴覚士がパート(非常勤)として転職するメリット
言語聴覚士が介護保健施設(老健等)へ転職するメリット・デメリット
言語聴覚士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力
認定言語聴覚士とは?認定言語聴覚士を取得する条件やポイント
住宅手当などの福利厚生が充実した言語聴覚士の求人・転職先
言語聴覚士(ST)が残業なしで定時に帰宅できる転職先とは
育児中のブランク明け言語聴覚士が非常勤(パート)で再就職する
言語聴覚士が土日休み、週休2日の求人・転職情報を探す方法
未経験者でも募集している言語聴覚士求人・転職情報の探し方
シフト制・有給ありの非常勤(パート)言語聴覚士求人・転職情報
離職率の低い職場へ言語聴覚士(ST)が転職すべき理由
言語聴覚士(ST)が有給消化率の高い求人情報を見つける方法
言語聴覚士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
人間関係で転職・退職を考えた言語聴覚士(ST)が取るべき行動
育休後にブランク明けで再就職・転職する言語聴覚士が持つ不安
言語聴覚士(ST)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
言語聴覚士が「年間休日120日以上」の求人へ転職する方法
言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート言語聴覚士(ST)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職
言語聴覚士(ST)が養成校教員へ転職する条件とポイント
言語聴覚士(ST)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト