認定言語聴覚士とは?認定言語聴覚士を取得する条件やポイント

ninteigengotyoukakusi

 

言語聴覚士(ST)の資格を取得すると、ほとんどの人は「日本言語聴覚士協会」の会員になります。日本言語聴覚士協会は、日本における言語聴覚士の社会的立場を確立することや、社会的認知を高めることを目的に作られています。

 

そのような日本言語聴覚士協会が勧める資格に「認定言語聴覚士」があります。認定言語聴覚士は、日本言語聴覚士協会の中で初めて作られた制度です。

 

言語聴覚士として、日本言語聴覚士協会が推奨する認定言語聴覚士の資格を所有していることは、転職やキャリアアップなどに有利に働きます。そのため、言語聴覚士として取得しておくべきものだといえます。

 

そこで今回は、認定言語聴覚士の資格取得に必要な条件について述べます。

 

認定言語聴覚士とは

日本言語聴覚士協会は、2000年に職能団体として発足したものであり、理学療法士や作業療法士などと比較すると、歴史の浅い団体です。ただ、言語聴覚士の社会的ニーズはかなり高まっています。

 

言語聴覚士の仕事内容としては、大きく「失語症」「摂食・嚥下障害」「高次脳機能障害」という3つの障害を抱えた人に対するリハビリになります。

 

その中でも、全体の7割以上の言語聴覚士が摂食・嚥下障害に対するリハビリに関わっています。ただ、経験が浅い言語聴覚士や、養成校で摂食・嚥下障害の訓練や講義を受けていない言語聴覚士が多いため、質の高いサービスを提供できていないところがほとんどです。

 

また、摂食・嚥下障害はリスクが高いため、多くの言語聴覚士が不安に持つ領域です。そのため、社会的なニーズは高いものの、それに答えられるような十分な供給がないというのが現状です。

 

そこで、「摂食嚥下障害に対するリハビリを誰もが身近なところで受けられるように」と、日本言語聴覚士協会で摂食・嚥下障害に特化した認定制度として作られたのが認定言語聴覚士制度です。

 

2016年現在では、摂食・嚥下障害領域と失語・高次脳機能障害領域、言語発達障害領域の3つの領域に関するものがあります。

 

認定言語聴覚士になるための条件

認定言語聴覚士の資格を取得するためには、言語聴覚士の国家資格以外にも、いくつかの条件を満たさなければいけません。

 

まずは、認定言語聴覚士を取得するために必要な研修と試験を受けるために、以下の条件をクリアして登録が認められる必要があります。

 

・摂食、嚥下に関する臨床経験6年目以上
・協会が定める障害学習プログラム(基礎・専門)を修了

 

以上の条件を満たすことで、認定言語聴覚士の受講生としての資格を与えられます。そして、その後に症例発表と実技を含めた研修を6日間受け、認定を受けるための筆記試験に合格すると認定言語聴覚士の資格を取得できます。

 

また、「日本摂食・嚥下リハビリテーション学会」でも、多職種の会員を対象に摂食・嚥下に関する学会認定士の資格制度を設けています。そして学会認定士は、認定言語聴覚士であれば、申請のみで取得することができます

 

つまり、認定言語聴覚士を取得しておくと、言語聴覚士だけでなく他職種との関わりも持てるようになります。そのような意味でも、認定言語聴覚士の資格は、取得しておいて損はないものだといえます。

 

さらに注意しなければいけないことは、5年ごとに認定言語聴覚士の資格を更新しなければいけないということです。そのために必要なことは、以下の4つです。

 

・日本言語聴覚士学会に2回以上参加すること
・取得した領域において、学会発表、論文発表、教育講演、特別講演のうち最低1つを行うこと
・更新の申請書を提出すること
・生涯学習プログラムの専門講座などによって、さらに研鑽を重ねること

 

以上の4つを、5年間の間に履行することで、認定言語聴覚士の資格を更新することができます。

 

今回述べたように、認定言語聴覚士を取得することはそう簡単なことではありません。ただ、認定言語聴覚士を持っていることは、言語聴覚士における社会的立場の確立と、職域拡大のためには欠かせないものだといえます。そのため、言語聴覚士としてキャリアアップを考えている人は、ぜひ取得しておくべき資格だといえます。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

認定言語聴覚士とは?認定言語聴覚士を取得する条件やポイント 関連ページ

言語聴覚士(ST)の役割:リハビリ転職・求人
言語聴覚士(ST)に必要な能力:観察力
言語聴覚士の給料・給与・年収について:リハビリ求人・転職
言語聴覚士の病院における役割と医療機関へ転職するメリット
言語聴覚士として働く際に注意すること:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)の資格を活かせる転職先と職域
女性が言語聴覚士(ST)として働くメリット・デメリット
言語聴覚士として勉強しておくべきこと:解剖学と脳神経
言語聴覚士として保健所、保健センターに転職するメリット
言語聴覚士がパート(非常勤)として転職するメリット
言語聴覚士が介護保健施設(老健等)へ転職するメリット・デメリット
言語聴覚士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力
住宅手当などの福利厚生が充実した言語聴覚士の求人・転職先
言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機
言語聴覚士(ST)が残業なしで定時に帰宅できる転職先とは
育児中のブランク明け言語聴覚士が非常勤(パート)で再就職する
言語聴覚士が土日休み、週休2日の求人・転職情報を探す方法
未経験者でも募集している言語聴覚士求人・転職情報の探し方
シフト制・有給ありの非常勤(パート)言語聴覚士求人・転職情報
離職率の低い職場へ言語聴覚士(ST)が転職すべき理由
言語聴覚士(ST)が有給消化率の高い求人情報を見つける方法
言語聴覚士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
人間関係で転職・退職を考えた言語聴覚士(ST)が取るべき行動
育休後にブランク明けで再就職・転職する言語聴覚士が持つ不安
言語聴覚士(ST)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
言語聴覚士が「年間休日120日以上」の求人へ転職する方法
言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート言語聴覚士(ST)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)が大学病院へ転職するメリットと求人の見つけ方
高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職
言語聴覚士(ST)が養成校教員へ転職する条件とポイント
言語聴覚士(ST)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト