言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力

 

言語聴覚士(ST)の中には、「リハビリ特化型のデイサービス」や「リハビリ特化型のデイケア」と呼ばれるような短時間デイサービスへ転職する人もいます。このような短時間デイサービスは、7〜9時間滞在するようなデイサービスやデイケアとは異なり、3〜5時間以内の利用になります。

 

そして、短時間デイサービスの利用者さんには、他の介護保険施設とは違った特徴を持った人が多くいます。そのため、言語聴覚士が短時間デイサービスへ転職する場合、他とは異なったことが評価されるようになります。転職を成功させるためには、そのことを理解しておくことが大切になります。

 

そこで今回は、「言語聴覚士が短時間デイサービスへ転職する際に求められる能力」について述べます。

 

言語聴覚士が短時間デイサービスで求められる能力

言語聴覚士が短時間デイサービスで働く場合、病院やクリニックとは違ったことが求められます。以下に、言語聴覚士が短時間デイサービスで働く際に求められる能力について記します。

 

介護保険に関する知識

言語聴覚士における転職先の1つである短時間デイサービスは、介護認定を受けることで利用できるサービスです。そのため、利用者さんは基本的に介護保険を持っています。

 

そして利用者さんのほとんどは、短時間デイサービスだけではなく、複数の介護サービスを使っています。例えば、訪問介護を利用することで、家の掃除や買い物、ご飯の準備などをヘルパーに行ってもらっている人は少なくありません。

 

このように、言語聴覚士の対象者となる利用者さんは、さまざまな介護サービスを使って生活をしています。

 

当然、言語聴覚士は利用者さんがどのような介護サービスを使っているかということを把握しておかなければいけません。またそれだけではなく、他にもどのような介護サービスがあり、活用することができるのかについても理解しておく必要があります。

 

言語聴覚士は、リハビリを通して利用者さんの身体機能向上を図ります。しかし、リハビリを行う対象者の中には、症状が慢性化しリハビリだけでは改善することができないような人も多くいます。そのような場合は、杖や装具を使用したり住宅改修を行ったりすることで補うことが大切になります。このときに、介護保険の知識が必要になります。

 

そのため、言語聴覚士は介護保険について理解し、利用者さんに必要だと思うサービスを提案できるようにしておかなければいけません。

 

ただ、もし介護保険に関して詳しくない場合は、ケアマネに相談することでも問題は解決できます。例えば「○○といった機能の改善が難しいため、介護保険内でレンタルや購入できる□□のような機能がある道具はありますか?」といったように、利用者さんに必要な機能を伝えると、介護保険の専門家であるケアマネが具体的な案を提案してくれます。

 

そうはいっても、言語聴覚士が短時間デイサービスへ転職する場合は、ある程度の介護保険に関する知識は求められることを理解しておいてください。

 

コミュニケーション能力

短時間デイサービスで言語聴覚士が働く場合、さまざまな人とのコミュニケーションをとる機会が増えます。言語聴覚士は、利用者さんの家族やケアマネ、相談員といった人と密に連絡を取り合うことが大切になります。

 

これは医療機関であっても、他の介護保険施設であっても同様のことです。しかし、短時間デイサービスで言語聴覚士が働く場合は、特にこのような家族や他職種の人とのコミュニケーションが重要になります。

 

短時間デイサービスを利用している人には、リハビリに対する希望が高い人が多くいます。そして利用者さんがリハビリに対して望むことの中には、現実的に考えて達成することが難しいようなものであることも少なくありません。そのようなときには、言語聴覚士は利用者さんだけでなく、その家族やケアマネといったような人たちと、妥当性のある目標を再設定しなければいけません。

 

このときに、上手くコミュニケーションを取ることができないと、利用者さんにとってより良い目標を立てることが難しくなります。利用者さんとその家族、ケアマネとしっかり話をすることで、初めて最適な目標を決めることができます

 

このように、短時間デイサービスで言語聴覚士が働く場合、特にリハビリの目標を設定する際にコミュニケーション能力が求められることになります。

 

短時間デイサービスで言語聴覚士が注意すべきこと

短時間デイサービスでは、病院やその他の介護保険施設などとは、対象者やシステムが異なります。

 

そのため、言語聴覚士として短時間デイサービスに転職したいと考えている場合は、その特徴や注意点などを理解した上で転職先として選択することが大切です。そうすることで、転職後に起こるミスマッチを防ぐことができます。

 

そこで以下に、短時間デイサービスに言語聴覚士が転職する際に注意すべきことについて述べます。

 

短時間デイサービス利用者さんの特徴

言語聴覚士における転職先の1つである短時間デイサービスとは、いわゆる「リハビリ特化型のデイサービス」や「リハビリ特化型のデイケア」です。

 

デイサービスやデイケアというと、1日滞在するところをイメージする人が多いかもしれませんが、短時間デイサービスのように、利用時間が3〜5時間というところも少なくありません。

 

短時間のデイサービスでは、多くのところがリハビリを重視しています。そのため、言語聴覚士や理学療法士、作業療法士といったリハビリの専門家が在籍していたり、運動器具を豊富に取り揃えていたりします。

 

このように短時間デイサービスでは、介護というよりもリハビリを「ウリ」にしているところがほとんどです。その結果、入浴介護などの介護サービスを望んでいるような人ではなく、身体機能の向上を目的としている利用者さんが多くなります。そのため、短時間デイサービスを活用している人には、以下のような特徴があります。

 

・生活の自立度が高い
・長時間の拘束を嫌う
・リハビリに対して意欲的

 

言語聴覚士が勤める短時間デイサービスには、以上のような特徴がある利用者さんが多いため、必然的にリハビリの目標が高くなります

 

例えば、7〜9時間滞在するようなデイサービスを利用している人の場合、「これ以上悪くならないように」「もう少し立ち上がりが楽にできるようになればいいな」といったように、身体機能の大きな改善を目標とする人は少ないです。

 

一方で短時間デイサービスの利用者さんは、「ゴルフをまたできるようになりたい」「足の筋力をつけて走れるようになりたい」といったように、リハビリの目標がかなり高く、具体的な方が多いです。そして、言語聴覚士が行うリハビリに対しても積極的な人がほとんどです。

 

目標が高すぎるという問題

リハビリに対する目標が高いことは、本人の意欲も高まるため大切なことです。ただ言語聴覚士は、リハビリの専門家として利用者さんの希望に妥当性があるかどうかを判断しなければいけません。

 

例えば、数十年間に脳梗塞を発症して、それ以来言語障害が残ってしまった利用者さんがいたとします。現状では、「こんにちは」という簡単な挨拶もできないような状態です。そしてその人の希望が、「リハビリを行い、1カ月でカラオケを歌えるようになる」であった場合、現実的に不可能です。

 

これは極端な例ではありますが、短時間デイサービスの利用者さんには、このように現状と目標があまりにかけ離れているような人が多くいます。

 

言語聴覚士は、そのような利用者さんの望みだけではなく、その家族の要望と現状の身体状況を考慮した上で、達成可能な妥当性のあるリハビリの目標を立てなければなりません。

 

そのため、あまりに利用者さんの希望が高い場合は、目標を再設定しなければいけません。そしてそのときには、利用者さんに納得してもらえるように話をする必要があります。そこでいきなり「現状を考えると希望が高すぎるため無理です」などと言ってしまうと、せっかくのリハビリに対する意欲を落とすことになります。

 

そのようなことを避けるためにも、「○○という希望を達成するために、まずは□□が必要です。ですので、□□を目標にしましょう」というように、利用者さんへの話し方を工夫しなければいけません。

 

このような言語聴覚士の伝え方1つで、大きなトラブルに発展することもあります。そのため、特に短時間デイサービスへ転職した際に、利用者さんの目標設定を変更するときには十分注意する必要があります。

 

今回述べたように、言語聴覚士が短時間デイサービスへ転職する際には「介護保険に関する知識」「コミュニケーション能力」の2つが特に求められます。そのため、もし短時間デイサービスへ転職したいと考えている場合は、この2つだけでも意識して勉強するようにしましょう。

 

また、短時間デイサービスの利用者さんには、目標が高い人が多い傾向にあるため、目標設定には十分注意しなければいけません。

 

PT・OT・STおススメの介護転職サイト



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

言語聴覚士が短時間デイサービスに転職する際に求められる能力 関連ページ

言語聴覚士(ST)の役割:リハビリ転職・求人
言語聴覚士(ST)に必要な能力:観察力
言語聴覚士の給料・給与・年収について:リハビリ求人・転職
言語聴覚士の病院における役割と医療機関へ転職するメリット
言語聴覚士として働く際に注意すること:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)の資格を活かせる転職先と職域
女性が言語聴覚士(ST)として働くメリット・デメリット
言語聴覚士として勉強しておくべきこと:解剖学と脳神経
言語聴覚士として保健所、保健センターに転職するメリット
言語聴覚士がパート(非常勤)として転職するメリット
言語聴覚士が介護保健施設(老健等)へ転職するメリット・デメリット
言語聴覚士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
認定言語聴覚士とは?認定言語聴覚士を取得する条件やポイント
住宅手当などの福利厚生が充実した言語聴覚士の求人・転職先
言語聴覚士(ST)が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機
言語聴覚士(ST)が残業なしで定時に帰宅できる転職先とは
育児中のブランク明け言語聴覚士が非常勤(パート)で再就職する
言語聴覚士が土日休み、週休2日の求人・転職情報を探す方法
未経験者でも募集している言語聴覚士求人・転職情報の探し方
シフト制・有給ありの非常勤(パート)言語聴覚士求人・転職情報
離職率の低い職場へ言語聴覚士(ST)が転職すべき理由
言語聴覚士(ST)が有給消化率の高い求人情報を見つける方法
言語聴覚士が残業無し・通勤時間短の求人・転職先を探すべき理由
育児中言語聴覚士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
人間関係で転職・退職を考えた言語聴覚士(ST)が取るべき行動
育休後にブランク明けで再就職・転職する言語聴覚士が持つ不安
言語聴覚士(ST)の派遣と非常勤(パート・アルバイト)の違い
言語聴覚士が「年間休日120日以上」の求人へ転職する方法
言語聴覚士(ST)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート言語聴覚士(ST)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
言語聴覚士(ST)が大学病院へ転職するメリットと求人の見つけ方
高給与・高年収・高時給の言語聴覚士(ST)求人:リハビリ転職
言語聴覚士(ST)が養成校教員へ転職する条件とポイント
言語聴覚士(ST)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト