作業療法士(OT)が養成校教員へ転職する条件とポイント

sagyouryouhousi

 

作業療法士(OT)として働く人の多くは、病院や介護保険施設といった職場に勤務しています。その一方で、臨床ではなく作業療法士養成校の教員として勤めている人もいます。

 

病院や介護保険施設などで臨床家として働いている作業療法士の中にも、作業療法士養成校の教員として仕事をしてみたいと考えている人は少なくありません。しかしそのように考えていても、「どのようにすれば学校の先生になることができるのかわからない」と思っている人がほとんどです。

 

そこで今回は、作業療法士養成校の教員へ転職するためのポイントについて述べます。

 

作業療法士養成校教員として働くために必要な2つの条件

理学療法士や言語聴覚士でも同様ですが、作業療法士養成校の教員として働くためには、ある一定の条件を満たす必要があります。具体的には、「経験年数」と「学位」の2つが必要になります。

 

そこで以下に、作業療法士が養成校の教員として働くために必要な2つの条件について記します。

 

作業療法士としての経験年数

作業療法士養成校の教員として転職する場合、当然のことですが「作業療法士の免許」を持っていることは前提になります。これは病院などの臨床で働くときも同様であり、学校の先生でも作業療法士の資格を所有していることは必須です。

 

病院などで勤務する場合は、作業療法士の免許さえ持っていれば誰でも働くことができます。その一方で、作業療法士養成校の教員になるには、資格を所有しているだけでは不十分です。

 

作業療法養成校の教員に転職するためには、作業療法士の資格を持っていることに加えて、「5年以上の臨床経験」が必要になります。そのため、学校の先生として働きたいと考えている場合は、まずは作業療法士として臨床で5年以上勤務しなければなりません。

 

これは、作業療法士養成校の教員へ転職する場合は必須条件になるため、必ず認識しておくようにしてください。

 

特に女性は、結婚や出産によって臨床を離れてしまうことがあります。そのような場合は、たとえ作業療法士養成校を卒業して5年以上経っていても、教員になる条件を満たしていないこともあります。

 

そのため、養成校の教員になりたいと考えている場合は、必ず自分自身の正確な臨床経験年数を把握するようにしてください。

 

作業療法士が大学教員として働くためには学位が必要

作業療法士養成校の教員として働く職場としては、専門学校と大学の2つがあります。どちらも作業療法士の学生が対象という点は共通していますが、就職するための条件は異なります。

 

専門学校の教員であれば、既に述べたような「作業療法士の免許」と「臨床経験5年以上」という2つの条件を満たしていれば転職することができます。

 

一方で大学の教員に転職する場合は、その2つの条件に加えて「学位」が必要になります。

 

学位とは、「大学を卒業した人や大学院課程を修了した人に対して与えられるもの」です。学位を取得するためには、必ず研究が必要になります。そのため、学位によってその人の研究能力がわかります。

 

また大学の教員では、職位によって必要な学位が異なります。

 

具体的には、助教授は「学位」以上、講師や准教授であれば「修士」以上、教授では「博士」以上の学位が必須になります。つまり、一言で大学の教員といっても、あなた自身が就きたい職位によって、持っておくべき学位が異なるということです。

 

こうしたことから、もし大学において作業療法士の教員として働きたいと考えている人は、まずは大学や大学院に進んで学位を取得しておくことをお勧めします。そして、「最終的にはどの職位に就きたいのか?」ということも考えておくことが大切です。

 

このように、作業療法士養成校の教員として仕事をする場合には、満たさなければいけない条件が2つあります。そのため、教員として働きたいと考えている人は、こうしたことを理解しておく必要があります。

 

作業療法士の専門学校教員へ転職するポイント

既に述べたように、作業療法士養成校としては大学と専門学校の2つがあります。そして、それぞれにおける教員の募集方法には大きな違いがあります。それは、大学の場合は多くが公募であるのに対して、専門学校では基本的に公募が行われていないということです。

 

大学教員の場合、採用する基準として今までの研究実績が重視されます。そのため、公募によって募集が行われます。

 

一方で専門学校は、公募ではなく働いている教員からの紹介などで採用されることがほとんどです。そのような中でも、その専門学校を卒業した人や、その他、臨床における評判が高い人などから選ばれることが多いです。

 

そのため、作業療法士養成校の教員へ転職したい場合は「人脈」が大切になるといえます。

 

ただそうは言っても、闇雲に人脈を増やせば良いかというと、そうではありません。人とのつながりが多くなる中で、自分自身の立ち位置や立ち振る舞いが重要になります。

 

例えば、「非常勤講師として依頼されたときに快く受ける」「臨床においても率先して教育を行っている」「勉強会などで積極的に発表する」などは大切になります。このような、教育に力を入れていたり、人前で話したりすることを行っている人は、教員の募集があったときに声がかかりやすくなります

 

このように、大学と専門学校では、同じ教員といっても求められるものが異なります。作業療法士養成校で働きたいと考えている場合は、以上のことを理解しておく必要があります。
今回述べたように、作業療法士養成校の教員として働くためには、満たさなければいけない条件があります。そしてその上で、以上に述べた教員へ転職するためのポイントを押さえておくことが大切です。

 

そして基本的には、養成校の教員は知り合いの紹介で決まることがほとんどです。ただその中でも、「マイナビコメディカル」と「MEDFiT」「PTOT人材バンク」の3つの転職サイトであれば、養成校教員の求人情報を得ることができる可能性があります。

 

一方で、ハローワークや求人サイトでは、ほとんど養成校教員の求人情報は得ることができません。

 

そのため、作業療法士の養成校教員へ転職を検討している人は、ぜひマイナビコメディカルとMEDFiT、PTOT人材バンクの3つへ登録して、養成校教員への転職を成功させてください。

 

ただし、マイナビコメディカルが対応している地域は限定されていますので注意してください。

 

「マイナビコメディカル」の対応地域

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県

 

mynavi



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

作業療法士(OT)が養成校教員へ転職する条件とポイント 関連ページ

作業療法士(OT)の役割:リハビリ転職・求人
作業療法士(OT)に必要な能力:発想力
作業療法士(OT)の給料・年収について徹底解説:リハビリ求人
作業療法士(OT)が認知症に対する作業療法を勉強するメリット
作業療法士が行う身体障害領域のリハビリ:リハビリ求人・転職
作業療法士が整形外科病院へ転職するメリット・デメリット
作業療法士が転職時の履歴書・面接で必要になる志望動機のポイント
離島に転職する作業療法士が注意すべきこと:リハビリ求人・転職
作業療法士(OT)が養成校教員へ転職するメリット・デメリット
パート(非常勤)で作業療法士として働くメリット:リハビリ求人
作業療法士が仕事と家庭の両立を行いやすい理由:リハビリ求人
作業療法士養成校の教員における給料について:リハビリ求人
作業療法士(OT)が訪問リハビリへ転職するメリット・デメリット
作業療法士が短時間デイサービスに転職する際に注意すべきこと
作業療法士(OT)が総合病院へ転職するメリット・デメリット
整形外科クリニックへ作業療法士が転職する際の注意点と苦労すること
作業療法士の免許取得後に持っていると転職で有利になる資格
認定・専門作業療法士の取得でキャリアアップ・転職を成功させる
作業療法士が介護保険施設へ転職するメリット:リハビリ求人
住宅手当などの福利厚生が充実した作業療法士の求人・転職先
作業療法士は残業が当たり前?残業なしで帰宅できるOT求人の見つけ方
育児中のブランク明け作業療法士が非常勤(パート)で再就職する
作業療法士が土日休み、週休2日の求人・転職情を探す方法
シフト制・有給ありの非常勤(パート)作業療法士求人・転職情報
作業療法士が有給消化率の高い求人を見つける方法
未経験者でも募集している作業療法士求人・転職情報の探し方
離職率の低い職場へ作業療法士(OT)が転職すべき理由
育休後にブランク明けで再就職・転職する作業療法士が持つ不安
人間関係で転職・退職を考えた作業療法士(OT)が取るべき行動
育児中作業療法士の再就職は託児所・院内保育ありの求人がお勧め
作業療法士は派遣として働けるのか?OTが派遣として働く条件
「年間休日120日以上」の作業療法士求人の探し方:リハ転職
作業療法士(OT)が求人サイトより転職サイトを利用すべき理由
パート作業療法士(OT)が扶養内で働く条件:リハビリ求人
高給与・高年収・高時給の作業療法士(OT)求人:リハビリ転職
作業療法士(OT)が大学病院へ転職するメリット:リハビリ求人
作業療法士(OT)が公務員として転職する方法:リハビリ求人

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト