PT・OT・STが直接応募して転職するメリット・デメリット

ptotsttenshoku

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職を行う際には、さまざまな方法があります。

 

例えば、リハビリ職者の中には、ハローワークや求人サイトを利用して求人情報を探す人もいれば、転職サイトへ登録する人もいます。また、友人から紹介してもらったり、直接病院や施設へ問い合わせたりする人もいます。

 

ただ、ほとんどの人はこうした転職手段を比較・検討することなく、自分自身が知っている方法を使って転職活動を行います。しかし実際には、それぞれの手段をしっかりと比べた上で、あなたに適した転職手段を選択した方が、良い転職につながる可能性が高くなります。

 

そこで今回は、「リハビリ職者(PT・OT・ST)が直接応募して転職するメリット・デメリット」について述べます。

 

PT・OT・STが直接応募によって転職するメリット

数は多くありませんが、PT・OT・STの中には、病院や施設へ直接応募して転職を行う人もいます。

 

病院や施設によっては、求人情報をホームページで掲載しているところもあります。そして、ホームページから応募する際には、ハローワークや求人サイト、転職サイトを介することなく直接やりとりをすることになります。

 

こうした、病院や施設への直接応募で得られる最大のメリットは、「やり取りを素早く行うことができる」ということです。

 

ハローワークや転職サイトを使った転職では、あなたと病院や施設との間に仲介者が入ります。そのため、どうしてもやり取りに時間がかかってしまいます。また、仲介者の都合によっても、連絡のスピードに違いが生じます。

 

それに対して、あなた自身が直接応募する場合には、仲介者を介することがないため、スムーズにやり取りを行うことができます。

 

このように、あなたのペースで転職活動を進めていくことができるのは、直接応募して転職することで得られる大きなメリットだといえます。

 

また、病院や施設の中には、採用活動はしているけれども、ハローワークや求人サイトだけでなく、ホームページにすら情報を掲載していないところもあります。特に、人気がある病院や施設であれば、そうした求人活動を行わなくても応募者が来るため、そうしたところに求人情報を載せる必要がありません。

 

そうした病院や施設へ転職するためには、あなた自身が病院へ電話して、直接担当者へ問い合わせるしか方法はありません。

 

病院や施設の中には、このように採用活動の有無から自分で確認しなければいけないところもあります。

 

そのため、PT・OT・STが直接応募という方法で転職活動を行っていると、ハローワークや求人サイトでは見つからなかったような求人情報を得ることができる可能性があります。

 

つまり、「ハローワークや求人サイトには求人情報が出ていないけど、もしかしたら求人活動を行っているかも……」と考えて問い合わせてみると、「実は採用活動を行っていた」ということがあります。

 

こうした、表に出ていない求人情報を得ることができる可能性があるのも、直接応募で転職するメリットです。

 

以下に、PT・OT・STが直接応募で得られるメリットについてまとめます。

 

・病院や施設とのやり取りをスムーズに行うことができる
・表に出ていない求人情報を得ることができる

 

PT・OT・STが直接応募によって転職するデメリット

PT・OT・STが直接応募によって転職活動を行うと、「やり取りをスムーズに行うことができる」「表に出ていない求人情報を得ることができる」というメリットを得ることができます。

 

その一方で、直接応募による転職には、いくつかのデメリットもあります。

 

例えば、「やり取りが手間」ということは、直接応募による転職を行ったPT・OT・STの多くが感じることです。

 

転職サイトなどを利用して転職を行う場合には、アドバイザーがサポートしてくれます。そのため、履歴書の形式や面接時に必要な書類の確認、面接の日程調整など、さまざまなことをアドバイザーが代行して行ってくれます。

 

それに対して直接応募の場合は、全てのやり取りをあなた自身で行わなければいけません。

 

例えば、転職活動時には、多くのことを行わなければいけないため、1回の電話で必要事項を確認し忘れることも少なくありません。

 

具体的には、採用担当者と面接の日程調整を行った後に、「面接時に持っていかなければいけない書類を確認するのを忘れていた……」ということは多々あります。そうなると、また採用担当者に再度電話して確認しなければいけません。

 

さらに、給料や休日などの条件面における交渉も、あなた自身が直接行わなければいけません。

 

このように、直接応募の場合には、あなた自身が全てのやり取りをする必要があるため、「非常に手間がかかる」というデメリットがあります。

 

また、「応募先に関して得られる情報が少ない」ということも、直接応募によって転職することで生じるデメリットです。

 

直接応募の場合、ホームページに記載されていることや病院側から提示される条件から、応募先の状況を読み取らなければいけません。これは、あなたが想像している以上に難しいことです。

 

そして、曖昧な情報から誤って解釈したまま転職を行ってしまうと、入職後に「ミスマッチ」が起こる可能性が非常に高くなります。

 

こうした情報量の少なさも、直接応募することで生じるデメリットだといえます。

 

以下に、PT・OT・STが直接応募によって転職活動をすることで生じる可能性があるデメリットについてまとめます。

 

・やり取りが手間(条件面の交渉なども行わなければいけない)
・得られる情報量が少ない(ミスマッチが起こる可能性が高くなる)

 

今回述べたように、PT・OT・STが直接応募による転職活動を行うと、「やり取りをスムーズに行うことができる」「表に出ていない求人情報を知れる可能性がある」というメリットを得ることができます。

 

ただその一方で、直接応募による転職活動は「やり取りが手間」「得られる情報量が少ない」というデメリットもあります。

 

あなたが、もし直接応募による転職活動を検討しているのであれば、直接応募のメリットとデメリットを理解した上で選択することが大切です。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト