PT・OT・STがハローワークを使って転職するメリット・デメリット

ptotsthellowork

 

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者が転職を行う際には、さまざまな方法があります。

 

例えば、ハローワークや求人サイトを利用して求人情報を探す人もいれば、転職サイトへ登録する人もいます。また、友人から紹介してもらったり、直接病院や施設へ問い合わせたりする人もいます。

 

ただ、ほとんどの人はこうした転職手段を比較・検討することなく、自分自身が知っている方法を使って転職活動を行います。しかし実際には、それぞれの手段をしっかりと比べた上で、あなたに適した転職手段を選択した方が、良い転職につながる可能性が高くなります。

 

そこで今回は、「リハビリ職者(PT・OT・ST)がハローワークを使って転職するメリット・デメリット」について述べます。

 

PT・OT・STが利用するハローワークとは

ハローワークとは、厚生労働省が管轄する行政機関であり労働者の雇用を確保するために設置されているものです。正式には「公共職業安定所」と言い「職安」とも呼ばれます。その名の通り、国民の職業を安定させるための機関です。

 

ハローワークは転職サイトと同様に、求職者と企業の両方にサービスを提供しています。ただ、以下の点で求人サイトとは異なります。

 

・企業側に採用コストがかからない
・アドバイザーが付かない

 

このように、企業が転職サイトを利用して求人活動を行う場合は紹介料がかかります。一方でハローワークに求人情報を載せることは、一切費用が必要ありません。これは企業側にとってはメリットであります。

 

またハローワークでは、転職サイトのように担当のアドバイザーが付くことはありません。つまり、求人情報の提供と、企業との簡単な連絡(紹介状の提供)のみです。

 

転職サイトとハローワークには、このような違いがあります。

 

以下に、求職者に向けたハローワークのサービスについてまとめます。

求職手続き

雇用保険手続き

その他

・求職申込み

・職業相談

・職業紹介

・失業等給付

・就職促進給付

・教育訓練給付

・育児、介護休暇等の雇用継続給付

・就職や仕事に関する情報提供

・資格や職業訓練等の情報提供

 

PT・OT・STがハローワークを使って転職するメリット

PT・OT・STの中には、転職する際にハローワークを利用する人が少なくありません。ハローワークを使った転職は、自分自身でハローワークのサイトや求人検索機を使って求人情報を探して、気に入った職場があればハローワークを介して応募します。

 

求人情報の中には、「ハローワークを介しての応募が必須」というところもあるため、ハローワークを利用しないと応募できない求人先もあります

 

またハローワークを利用することで、状況に応じて失業保険や基本手当、再就職手当などの「雇用保険」による手当を受けることができるようになります。

 

さらに、地方の求人情報に関しては、他の手段と比較するとハローワークは充実しています。

 

求人サイトや転職サイトでは、都心部と比較すると地方の求人情報が少ない傾向にあります。それに対して、ハローワークは求人サイトや転職サイトと比較すると、地方の求人情報が豊富に揃っています。

 

ハローワークを利用すると、以上のようなメリットを得ることができます。以下に、PT・OT・STがハローワークを利用して転職する場合のメリットについてまとめます。

 

・ハローワークでしか得られない求人情報がある
・地方の求人情報に強い
・状況に応じて雇用保険による手当てを受けることができる

 

PT・OT・STがハローワークを使って転職するのデメリット

PT・OT・STがハローワークを使って転職をすると、「ハローワーク独自の求人情報が得られる」「地方の求人情報に強い」「雇用保険を活用できる」というメリットがあります。

 

その一方で、ハローワークを使った転職にはデメリットもあります。

 

例えば、「ハローワークにある求人情報は内容が大雑把であることが多い」ということが挙げられます。

 

転職サイトなどと違って、ハローワークの求人は、転職先の情報を吟味されて掲載されているわけではありません。つまり、ハローワークにある求人情報は、病院や施設がハローワークに登録して載せているだけです。そのため、当然ながら病院や施設が提供している情報しか記載されていません。

 

また、専門のアドバイザーが付いてくれるわけではないため、そうした曖昧な求人情報をあなた自身が吟味して判断しなければいけません。

 

特に、転職経験が少ないPT・OT・STが求人情報を正しく読み取ることは、安易なことではありません。そのため、多くの人は求人情報を誤って解釈して転職先を選択します。その結果、転職後に「想像していたのと違った」「求人情報に書かれていたことと違う」というような「ミスマッチ」が生じます。

 

さらに、いくらハローワークが地方の求人が強いといっても、好条件の求人情報は、ハローワークには載っていないことが多いです。それは、そうした好条件求人は、転職サイトなどの「非公開求人」として扱われていることがほとんどであるためです。

 

そのため、ハローワークを利用して求人情報を探していると、特に条件が良い転職先が見つかりにくくなります。

 

そして、基本的にハローワークを介した転職活動は、全てあなた自身が行わなければいけません。転職サイトを利用すると、担当のアドバイザーが付いて、あなたの転職活動全般をサポートしてくれますが、ハローワークではそうしたサービスは受けることができません。

 

つまり、求人情報の探索から履歴書の送付、面接日程の調整、応募先との条件交渉など、全てを誰からのサポートもなく、こなさなければいけません。

 

このように、転職活動を1人で行わなければいけないということも、ハローワークを利用するデメリットの1つだといえます。

 

以下に、PT・OT・STがハローワークを使って転職するデメリットについてまとめます。

 

・求人情報が曖昧な上に、自分自身で解釈しなければいけない(ミスマッチにつながる可能性が高い)
・非公開求人などの好条件である求人情報を得ることができない
・転職活動を全て1人で行わなければいけない

 

今回述べたように、PT・OT・STがハローワークを使って転職する場合には、「ハローワーク独自の求人情報を得られる」「地方の求人情報に強い」「雇用保険の手当を受けられる」というメリットがあります。

 

その一方で、「求人情報が曖昧な上に、自分自身で解釈しなければいけない」「好条件求人情報を得にくい」「全ての転職活動を1人で行わなければいけない」というデメリットがあります。

 

ハローワークを使って転職する場合には、こうしたメリットとデメリットを理解した上で選択することが大切です。



リハビリ関係者が転職を考えるとき、転職サイトを活用するとより自分の希望に沿う求人を見つけることができるようになります。自分一人では頑張っても1〜2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設を含め、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社があれば、面接まで同行することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、大手企業に強みを発揮する会社があれば、地方求人を多く保有している会社もあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


注目の人気記事


 ・管理人による転職体験記

理学療法士として、私が実際に転職サイトを利用して転職した経験を述べています。見学の際に感じたことや、失敗した経験から、転職の際に必要だと感じたことなどを詳細に記しています。
管理人による転職体験記

 ・転職サイト利用の流れ

転職サイトを活用するとはいっても、初めて利用する人がほとんどなので「どのような流れで進んでいくのか分からない」という不安が残ります。実際には難しいことは何一つないのですが、どのような手順で進んでいくのかを解説しています。
転職サイト利用の流れ

 ・転職サイトを有効活用する方法

良い求人を見つけ、転職を成功させるときは転職サイトの利用が一番の近道です。しかし、リハビリ関連職者の中でも、転職サイトを利用したことがないという人は多いです。そこで、転職サイトの有効な活用方法について記しています。
転職サイトを有効活用する方法

サイトマップ
HOME 転職体験記 転職サイトとは 転職サイトの流れ 転職サイト活用法 おススメ転職サイト